プリンスリーグ関東参入戦1回戦
桐生第一vs帝京第三


今日はプリンスリーグ関東参入戦。

今シーズンは東京開催。
会場の駒沢は、雲ひとつない快晴。
寒さもそれほどではなく絶好のコンディションです。

第1試合は、群馬代表・桐生第一と山梨代表・帝京第三の一戦。

 

桐生第一高校

群馬県1部リーグ2位
(1位は前橋育英B。前橋育英Aがプレミア参入戦に敗れたため繰上げ)

高校総体:2回戦敗退
高校選手権:群馬県予選決勝で前橋育英高に敗退。

今シーズン初観戦。
DSC06599

GK 
1  休石  陸 3年 176/70 前橋ジュニア

DF 
2  堀越 零王 3年 166/62 前橋ジュニア

3  竹内 達也 3年 177/71 FCおおた
11 今泉 祐哉 3年 174/69 前橋エコー

18 松家  諒 3年 169/65 AZ’86東京青梅 
MF  
7  井上 翔太 3年 170/63 AZ’86東京青梅
8  滝沢 和司 3年 175/62 リトルジャンボ
14 一宮 憲太 3年 175/60 AZ’86東京青梅

23 竹内 一将 2年 ?
25 黒澤  翔 ?
FW
10 滝沢 昂司 3年 181/66 リトルジャンボ

ーーーーーーー−滝沢昂−ーーーーーーー
ー滝沢和ーーーー一宮ーーーーー井上ー 
ーーーー黒澤ーーーーー竹内一ーーーー 
ー堀越ーーーーーーーーーーーー松家ー 
ーーーー竹内達ーーーーー今泉ーーーー 
ーーーーーーーー休石ーーーーーーーー

 

 

帝京第三高校

山梨県1部リーグ2位
(1位は山梨学院2nd。山梨学院1stがプリンス関東残留のため繰上げ)

高校総体:ベスト16
高校選手権:山梨県予選優勝、全国大会へ。

今シーズン2回目の観戦。
高校選手権山梨県決勝 vs山梨学院

DSC06593
GK 
1  浅野 舜介  3年 179/65 モノリスFC

DF 
3  穂坂 勇希  3年 173/60 フォルトゥナSC
4  鮫島  龍  3年 176/68 アスペガスFC
5  山下 直希  3年 178/65 ドルフィンFC
6  木村 祥太郎 3年 174/63 東京ヴェルディ
MF 
2  吉野 巧人  3年 176/60 帝京FC
10 加藤 竜基  3年 170/60 ジェファFC
11 村上 光樹  3年 165/55 帝京FC
12 加藤 勇穂  3年 175/60 横浜GSFC
FW 
8  谷戸 捺希  3年 170/60 ヴァンフォーレ八ヶ岳
9  小山  駿  3年 178/68 AZ’86東京青梅

ーーーーーーーー小山ーーーーーーーー
ー加藤勇ーーーー谷戸ーーーーー村上ー 
ーーーー加藤竜ーーーーー吉野ーーーー
ー穂坂ーーーーーーーーーーーー木村ー
ーーーー鮫島ーーーーーー山下ーーーー
ーーーーーーーー浅野ーーーーーーーー

 

 

お互いが分厚い中盤で潰し合う五分の展開。

帝三は10加藤が意表をつくタッチで打開を試みますが、
桐一もチェックが激しく、相手の自由を奪うタイトなディフェンス。


最初のチャンスは桐一。
8分、右サイドショートコーナーからのリスタート。
23竹内のクロスは一旦クリアされますが、これを25黒澤がハーフボレー。
しかしミートできずゴール左。


続く10分。
桐一は7井上を起点に右サイドを押し込み、DFライン裏へスルーパス。
10滝沢が抜け出しますが、ダイレクトでのシュートを試みるもミートできず。

立て続けチャンスをつくったのは桐一でしたが13分、
帝三は右サイド6木村からの大きなクリアが逆サイド12加藤へ繋がると、少ないタッチで11村上、9小山と展開し、
対応しきれていない桐一左サイドからグラウンダーのクロス。
これに走り込んだ8谷戸が点で合わせ先制!お見事!
〈桐生第一高校 0-1 帝京第三高校〉

ビハインドを負うことになった桐一は、直後14分、
左コーナー23竹内の柔らかいボールに14一宮が打点の高いヘッドで合わせますが、ゴールわずか上に外れます。

16分、またも帝三のカウンター、左サイドで人数をかけて押し込むと、
3穂坂がキックフェイントから相手を交わしエリアに侵入。
右足クロスを上げますが、惜しくもゴールわずか右。

18分、帝三は3穂坂から逆サイドへ大きく展開。
11村上が粘ってボールをキープすると、最後は6木村が遠目から狙いますが、これはゴールを大きく越えます。

23分、桐一は10滝沢昂から左サイドへ展開。
8滝沢和が一対一、上体のキレで相手を惑わし、ヒールで追い越してきた2堀越へ。
堀越の完璧なクロスに、ファー、フリーでいた10滝沢昂がインサイドで合わせますが、ミートできず帝三ディフェンスがクリア。


25分、帝三はバイタルで11村上がためて前線へ縦パス。
桐一が一旦カットするも、それを再び11村上がミドルで狙いますが、ゴールを大きく越えてしまいます。


26分、帝三は中盤でのパス交換からエリア手前まで運ぶと、中央9小山がシュートフェイントで一人剥がし右足一閃。
強烈なシュートは、桐一キーパー1休石がファインセーブ。
しかしこれで得たコーナー、左サイドからファーへの速いボールを送ると、キーパー飛び出すも届かず。
2吉野が頭で合わせて帝三が追加点!
〈桐生第一高校 0-2 帝京第三高校〉


あっという間に2点を追う立場になった桐一は、32分右サイドで14一宮がヒールリフトを使って相手を剥がし、
クロスを上げますが、ディフェンスがクリア。


このコーナー、桐一がキーパーと競りあい押し込んだかに見えましたが、これはノーゴールの判定。
インプレー、こぼれを7井上が強烈シュートも、帝三が体を投げ出してなんとかブロック。
決定的なチャンスもゴールに繋げることができません。


24分、桐一は左サイド8滝沢和が上体で揺さぶり、インカットから右足ミドルで狙うもキーパーキャッチ。

37分、帝三はカウンター右サイドから数敵優位を作り、8谷戸がシュート。
ディフェンスにブロックされますがこぼれを自ら拾い、キーパーと完全に一対一。
しかしシュートをゴール左に外してしまいます。
これは決めておかなければならない場面でした。


前半のうちに1点は返しておきたい桐一ですが、39分相手陣内に押し込み23竹内が高い位置から右サイドへ展開。
7井上がエリアに侵入しDFとGKの間にクロスを送ると、帝三は味方同士が交錯しクリアしきれず。
チャンスボールでしたが桐一も詰めきれず。チャンスを逃します。


43分、帝三は12加藤と9小山の連携で中央突破。
右サイド11村上へラストパスを送ると、村上はシュートを放つも、ディフェンスが戻ってなんとかブロックします。

そして前半は帝三の2点リードで終了。

チャンスの数ではほぼ互角も決定力に上回った帝京第三。
しかし桐生第一も、右サイド7井上の強引な突破でボールを運び、
逆サイドへの展開から8滝沢が上体のキレで相手を剥がしてチャンスを創出。
あわやゴールインという場面もあり、後半も試合はまだまだ動きそうな予感。

 

後半、桐一は18松家に替え、4金子凌大(3年/DF/前橋ジュニアユース)を投入。
センターバックに入り3竹内が右サイドへ。


49分、三点目を狙う帝三が相手陣内に押し込み、左サイドへの速い縦パス。
これを12加藤が見事なトラップからシュートまで持ち込みますが、惜しくもゴール右。


桐一は54分、相手陣内でボール奪いショートカウンターを仕掛けると、23竹内の持ち上がりから右サイドへスルーパス。
走り込んだ7井上がキーパーの動きを冷静に見極め、あざ笑うかのようなチョップキック!
ゴールネットを揺らし、早速1点を返します!
〈桐生第一高校 1-2 帝京第三高校〉


流れを引き戻したい帝三は、57分相手陣内でのプレスを強めボールを奪うと、
左サイド10加藤竜が12加藤勇とのパス交換から左足ミドルで狙いますが、体勢悪く威力なし。


63分、帝三はカウンターから前線右サイドに残っていた6木村に展開。
木村から素早くDFライン裏へボールを送ると、走り込んだ9小山がスライディングで合わせますが、
シュートは惜しくもゴール左。


じわじわと追加点に近づく帝三に対し、桐一も左サイド2堀越が、相手のラストパスにポジショニングと出足の早さで対応。
瀬戸際でなんとか踏ん張ります。


しかし68分、桐一はキーパーのショートパスからのリスタートも、
これを受けた最終ライン11今泉の処理がもたつきバックパスが乱れます。
GK1休石のトラップが大きくなると、先に拾った帝三9小山を引っかけPKの判定。
これを8谷戸が決め帝三追加点。
桐一にとっては非常にもったいない失点でした。
〈桐生第一高校 1-3 帝京第三高校〉


ゲームを終わらせたくない桐一は、74分セットプレーのハイボールから混戦。
3竹内が押し込みますがゴール左。

74分、その3竹内に替え20手塚真広? を投入。
トップ下に入り、ボランチ25黒澤が右バック、14一宮が一列後ろに下がります。

しかし80分、桐一のコーナーキックから帝三がカウンター。
故障明け途中出場のエース7梅田至(3年/FW/Forza’02)が抜け出し右サイドに攻め込むと、一枚剥がしエリアへ侵入。
さらに潰しにいったディフェンスをタイミングをずらして交わしに行くと、足を引っかけられまたもPKをゲット!
これをその7梅田が落ち着いてゴールに沈め、試合を決めます。
桐一は、人数も揃っており、慌てる必要はなかったのですが。
〈桐生第一高校 1-4 帝京第三高校〉


その後、桐一はテンションが落ちてしまったのか、前線の運動量が著しく低下。
頭部を負傷しテーピングを巻いて出場を続ける14一宮が、中盤で孤軍奮闘もボールが繋がらず。

その後軒並み主力を下げ、余力を残した帝三がゲームをしっかりと締めて快勝。決勝戦に駒を進めました。

 

 

帝京第三は、各ポジションが水準以上で、穴のない好チーム。
先制点は、右、左とワンタッチツータッチで両サイドを大きく使い崩しきった見事なゴールでした。

最前線の9小山は、スピードのあるボールも、味方のフォローに最適なスピードで落とせるくさびが素晴らしい。
狭いスペースをちぎれるチームの大きな武器となっています。

対人、カバーリングに優れ、キャプテンシーも備える6木村を中心にゲーム運びにも安定感があります。

スタッフ陣も比較的若いのか、萎縮せずそれといて緩さもなく雰囲気のよさを感じました。

プリンス関東昇格も射程圏内。
選手権は、大津vs前橋育英の勝者と対戦する三回戦が山場になりそうですが、食う力は十分にありそうです。

 


桐生第一は、後半早い時間に一点を返したものの、ディフェンスの拙い対応で二つのPKを与えてしまい、
非常にもったいないゲームとなりました。

これで今シーズンは終了。

選手権出場を逃し、巻き返しを図る来シーズンに向け、期待が持てるのは23竹内。
1アシストを記録した2年生ボランチは、
視野が広く、アウトサイド含めて正確な右足キックを備え、展開力のあるグッドプレーヤーでした。

 

 

プリンスリーグ関東参入戦 1回戦
桐生第一高校 1-4(0-2)帝京第三高校
@駒沢第2球技場
(桐一)55分 井上翔太
(帝三)14分 谷戸捺希、27分 吉野巧人、70分 谷戸捺希(PK)、82分 梅田至(PK)

 

DSC06613

DSC06622

DSC06636

DSC06631

DSC06624

DSC06662

DSC06645

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です