プリンスリーグ関東第5節
横浜F・マリノスvs帝京


横浜F・マリノスユース

昨シーズンは、
プリンスリーグ関東:2位 
→プレーオフは敗退しプリンスリーグ残留

クラブユース選手権:グループリーグ敗退
Jユースカップ:優勝

今大会は、
第4節終了時点で、2勝2分勝点8で2位。


今シーズン初観戦。
GK 
20 寺門  陸  2年 181/73 横浜F・マリノス

DF
2  日隈 雄作  3年 170/62 横浜F・マリノス

3  和田 昂士  3年 186/78 横浜F・マリノス
5  池田  航  3年 176/70 横浜F・マリノス追浜
6  小林 夏生  3年 175/68 横浜F・マリノス
MF
7  井出 真太郎 3年 165/61 横浜F・マリノス追浜

11 松田 詠太郎 3年 169/62 横浜F・マリノス追浜
13 植田 啓太  2年 174/64 横浜F・マリノス
14 吉尾 虹樹  3年 167/59 横浜F・マリノス
FW
23 津久井 匠海 2年 178/73 クマガヤSC
17 ブラウンノア 賢信
          3年 188/76 横浜F・マリノス追浜


ーーーーー津久井ーーーノアーーーーー
ー井出ーーーーーーーーーーーー松田ー
ーーーーー植田ーーーー吉尾ーーーーー
ー池田ーーーーーーーーーーーー日隈ー
ーーーーー小林ーーーー和田ーーーーー
ーーーーーーーー寺門ーーーーーーーー

60分
17 ブラウンノア→

8  石井 宏育  3年 164/58 横浜F・マリノス
3  和田→
12 木村 恵風  2年 182/73 VIVAIO船橋

2019年U-17日本代表/津久井
2018年U-17日本代表/小林、松田、ブラウンノア
2018年U-16日本代表/植田

 

 

帝京高校

昨シーズンは、
東京都1部リーグ:優勝
→プリンス参入戦に勝ち抜きプリンスリーグ昇格
インターハイ:東京都ベスト8
高校選手権:東京都準優勝

今大会は、
第4節終了時点で、1勝3分勝点6で3位。

今シーズン初観戦。
GK

1  冨田 篤弘 3年 180/67 FC多摩
DF
2  柳  大弥 3年 174/65 三菱養和SC調布

3  石井 隼太 3年 169/55 FC東京むさし
4  鳥木 秀音 3年 ???/?? 東急レイエス
19 山川 高輝 2年 163/53 FCトリプレッタ
MF
6  佐藤 悠生 3年 162/55 三菱養和SC調布

9  高橋  岳 3年 170/65 アントラーズつくば 
13 中瀬 拓夢 3年 ???/?? FCトリプレッタ
14 宮﨑 海冬 2年 170/52 FC多摩

FW
7  小島 匠瑛 3年 168/55 FC東京深川

8  石川 航大 3年 172/61 アントラーズつくば

ーーーー石川ーーーーーー小島ーーーー
ー高橋ーーーーーーーーーーーー中瀬ー 
ーーーー宮﨑ーーーーーー佐藤ーーーー 
ー石井ーーーーーーーーーーーー山川ー 
ーーーー鳥木ーーーーーーー柳ーーーー 
ーーーーーーーー冨田ーーーーーーーー

26分
19 山川→
18 本山 大器 2年 175/62 FC東京深川
HT

8  石川→
15 松村 亮祐 3年 171/56 三菱養和SC調布
70分
13 中瀬→
12 中井 翔一 3年 ???/?? 三菱養和SC巣鴨

77分
6  奥田→
10 五町  蓮 1年 165/56 アントラーズつくば
85分
14 宮﨑→
17 松村 敦矢 2年 167/52 FCトッカーノ

 

 

試合形式は45分ハーフ。

マリノスは、スピードのある右の11松田詠太郎、左の7井出真太郎の両翼をサイドの前方スペースに走らせる。
彼らが相手陣地奥でボールを拾い、サイドバックもフォローして厚みのある攻撃を展開。

サイドへの展開後は、浅い位置から中央へ簡単に入れる。
サイズのある17ブラウンノア賢信、23津久井匠海が体で勝って前を向いてフィニッシュの狙い。
開始直後には、ライン裏に走り込んだ17ブラウンノア賢信が、
DFに競り勝ってワントラから左足を振り向いたが、ゴールわずか右へ外れた。

その後も、左バック5池田航を軸に、サイドからのパス交換で敵陣深くに侵入していくが、
そこからの突破、クロスの精度が今ひとつ。決定機には至らない。

一方の帝京。時折パスカットから前を向く場面もあったが、
焦りからかキックミスが続き、マイボールを維持できない。
9高橋岳、3石井隼太と左利きが揃う左サイドからのフィードには可能性を感じるが、
ボールを持ってからの余裕がなく、受け手とのタイミングが合わない。

その後両者これといった決定機が作れないまま時間が進むが、
24分、マリノスは左サイドのパス交換から7井出真太郎が縦に抜け出す。
ゴールライン際からのクロスに、
ニア17ブラウンノア賢信が頭で合わせネットを揺らす。
キーパーを越す圧倒的な高さを活かした得点だった。

しかし帝京も30分、交代で右バックに入った18本山大器が出足良いパスカット。
左に展開し、エリア角から9高橋岳がアーリークロス。
これを7小島匠瑛がダイビングヘッドで見事に突き刺す!
帝京がファーストチャンスで追いつくことに成功。

追いつかれたマリノスだが、
38分、23津久井匠海がスルーパスに抜け出しエリア左寄りに侵入。
カットインから深い切り替えしでDFを剥がし左足を一閃。
豪快にぶち込んで突き放す。

さらに40分、マリノスは左寄り20mの位置でセットプレーのチャンス。
じゃんけんでキッカーを勝ち得た7井出真太郎が直接狙うもバーを直撃。
井出が自ら拾って逆サイドへ展開すると、
右サイドから11松田詠太郎が鋭く切れ込み、グラウンダーのクロス。
これを3和田昂士がFW顔負けのボレーで叩き込む!

3和田昂士は、空中戦でも圧倒的な高さで次々と撃墜。
帝京は基本キーパーキックからスタートだが、
どう見ても空中戦は分が悪いので、もう少し工夫がほしい。
最終ラインで回すほどリスクを犯したくないということかもしれないが。


マリノスは、ワンステップで左右両足から鋭いフィードを繰り出す14吉尾虹樹、
そして両サイドバックが素晴らしい。
左の5池田航はこのレベルでは圧巻。
どんどん前に出て超攻撃的に振舞う。フィニッシュに絡む場面も何度か。
2日隈雄作も代々の右バックと違わず堅実。
プレー選択が的確で、攻守に実に気の利く選手だ。


前半はマリノスの2点リードで終了。

 

 

2点を追う帝京は、中盤サイドの守備の位置どりを上げ、
リスクを追ってマリノスのビルドに対する圧力を高める。

これが功を奏し、中盤での奪取から相手陣内でのプレー時間が増大。

パワー、スピードに長けた選手がいない分、
個々の距離を縮めてダイレクトでのパス交換で崩す狙いは見えるが精度があと一歩。


しかし3分、バイタルまで押し込むと、
25m左寄りの位置から14宮﨑海冬が思い切り良く右足を振り抜く。
ファー上段の素晴らしいコースへ突き刺さる!
宮﨑のゴラッソで帝京が1点差に迫る。

さらに10分、帝京は左サイドでセットプレーのチャンス。
3石井隼太の素晴らしいクロスから、
フリーで走り込んだ14宮﨑海冬が今度は頭で突き刺す!

2ゴールと大活躍のボランチ14宮﨑海冬(かいと)。
爆発的なスピードを誇る兄・宮﨑純真(山梨学院→ヴァンフォーレ甲府)と特徴は異なるが、
得点感覚は同じく非凡。


帝京は、右バック18本山大器も面白い。
間合いの取り方など経験の不足も感じさせるが、
バネがあり果敢なパスカットがいい流れを生み出している。

マリノスは、すぐさま2枚を入れ替えてテコ入れ。
ここでベンチに退いた17ブラウンノア賢信。
当然高さはあるが、ポストの精度や動き直しの量、クロスに合わせる感覚はまだまだ。
パワーだけで、この年代ではある程度通用してしまうけど、
まだまだ時間がかかりそうだ。

追いつかれてしまったマリノスだが、
徐々に帝京の運動量が低下してきたことに加え、
間受け能力の高い8石井宏育の投入でパスコースができたことにより再び攻勢に。

7井出真太郎や23津久井匠海が単騎の仕掛けからゴールを脅かすと、

24分、相手陣で津久井がボールを奪取。
エリア左寄りに運び中へ繋ぐと、8石井宏育が右へ一歩持ち出しDFの股の間を撃ち抜く。
マリノス勝ち越し。

前半は、得点以外無駄走りやフリックなどの決まり事をこなすだけで、
窮屈さが否めなかった23津久井匠海。
石井の投入以降は、落ちてボールを引き込む場面が増えパワフルな突破を見せた。


帝京は、1年生で10番を背負うレフティ五町蓮(ごちょうれん)などを投入。
再び強度を高め、FKやCKから3石井隼太のプレースキックで同点弾を狙う。


派手な撃ち合いの熱いゲームとなったが、
後半途中から鳴り始めた雷によって、AT突入後間も無く中断そして中止決着を迎えた。

 

 

2019年5月4日 13:00K.O.
プリンスリーグ関東 第5節
横浜F・マリノスユース 4-3(3-1)帝京高校
@ニッパツ三ツ沢球技場
(マリノス)4分 ブラウンノア賢信、37分 津久井匠海、40分 和田昂士、68分 石井宏育
(帝京)30分 小島匠瑛、49分 宮﨑海冬、55分 宮﨑海冬

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です