プリンスリーグ関東第13節
大宮アルディージャvs東京ヴェルディ


大宮アルディージャユース

今大会は、
第12節時点で、5勝3分3敗勝点18で3位(1試合未消化)。

中断期間中に行われたクラブユース選手権は準優勝。

今シーズン3回目の観戦。
6/23 プリンス関東 vs 山梨学院
7/30 クラブユース選手権 vs サンフレッチェ広島
GK
16 村田  耀  3年 186/70 大宮アルディージャ
DF
2  梅本 琉生  3年 163/62 GRANDE FC
3  白根 和紀  3年 176/67 大宮アルディージャ
4  森  侑里  3年 183/68 大宮アルディージャ
25 林 勇太朗  2年 177/62 FC深谷

MF
6  安島  樹  3年 179/68 大宮アルディージャ
10 高柳 郁弥  3年 171/63 大宮アルディージャ
11 髙田 颯也  2年 179/62 坂戸ディプロマッツ
15 渡辺 俊介  3年 168/62 大宮アルディージャ
FW
9  吉永 昇偉  3年 176/73 大宮アルディージャ
14 瀬良 俊太  2年 170/59 大宮アルディージャ

ーーーー瀬良ーーーーーー吉永ーーーー
ー髙田ーーーーーーーーーーーー渡辺ー
ーーーー安島ーーーーーー高柳ーーーー
ー梅本ーーーーーーーーーーーーー林ー
ーーーー白根ーーーーーーー森ーーーー
ーーーーーーーー村田ーーーーーーーー

70分
15 渡辺→
8  五百藏 悠  3年 176/62 大宮アルディージャ
83分

14 瀬良→
19 新井 成志郎 2年 170/65 大宮アルディージャ
11 髙田→
20 田中 颯太  2年 170/59 大宮アルディージャ

2018年U-18日本代表/吉永、安島
2018年U-17日本代表/髙田

 

 

東京ヴェルディユース

今大会は、
第12節時点で、4勝2分6敗勝点14で7位。

中断期間中に行われたクラブユース選手権はベスト16。

今シーズン3回目の観戦。
5/6 プリンス関東 vs 桐光学園
5/26 クラブユース選手権 vs 横浜F・マリノス
GK
26 カウンゼン マラ 1年 187/70 東京ヴェルディ
DF
2  門倉 捷人 3年 174/66 東京ヴェルディ
3  綱島 悠斗 3年 185/72 東京ヴェルディ
4  三浦 雅人 3年 167/60 東京ヴェルディ
17 遠藤 海斗 2年 170/64 東京ヴェルディ
MF
23 山下 柊飛 2年 166/55 東京ヴェルディ

10 森田 晃樹 3年 167/59 東京ヴェルディ
14 山本 理仁 2年 178/68 東京ヴェルディ

FW
7  飯島  蓮 3年 169/58 東京ヴェルディ
11 松橋 優安 2年 170/55 東京ヴェルディ
30 家坂 葉光 1年 167/60 東京ヴェルディ

ーーーーーーーー松橋ーーーーーーーー
ー家坂ーーーーーーーーーーーー飯島ー
ーーーー森田ーーーーーー山本ーーーー
ー遠藤ーーーーー山下ーーーーー三浦ー
ーーーー門倉ーーーーーー綱島ーーーー
ーーーーーーーーマラーーーーーーーー

56分
17 遠藤→
18 坂巻 日向 2年 172/66 東京ヴェルディ
61分
30 家坂→ 
8  村井 清太 3年 169/61 東京ヴェルディ
70分
3  綱島→ 
39 三村 愛斗 1年 170/66 Wings
90+3分
39 三村→
24 石川 拓磨 2年 171/65 東京ヴェルディ

2018年U-19日本代表候補/山本
2018年U-17日本代表/松橋

 

 

 

・試合形式は45分ハーフ。
・天気は曇、蒸し暑さはあるもののまずまずのコンディション。
・ヴェルディは守備の要、アンカーもしくはCBを務めていたU-17日本代表・馬場晴也(2年・東京ヴェルディ)がベンチ外。
・今季のコンセプトの象徴だった「ゼロトップ10森田晃樹」を見送りインサイドに起用。ハーフスペースに頻繁に侵入していたサイドバックの位置どりも標準的で、県リーグ降格の危険性が拭えない中でリスク軽減で臨んできたか。

・ポゼッション志向の両チームの対戦だが、開始からプレッシングの強度が著しく高い。最終ラインのパスが引っかかる場面も時折見られ、ミスが許されない神経戦に。
・球際も激しいが、ここはスピード、コンタクトに勝る大宮が優位。大宮はシンプルに蹴って両サイドを走らせる場面も見られる。
・ヴェルディはインサイドの二枚10森田晃樹、14山本理仁がケアされており、アンカー23山下柊飛が散らしの役割を担う。

・最初のチャンスはヴェルディ。12分、狭いスペースを10森田晃樹が足裏で引き込んで打開。右へ展開すると、7飯島蓮から追い越した4三浦雅人がクロスもGKがセーブ。
・さらに14分、左サイド相手陣でボールを奪った11松橋優安が中央へ繋ぐと、走り込んだ14山本理仁がダイレクトで狙う。左隅コースついたが、これは大宮16村田耀が弾く。

・しかし先制は大宮。18分、ヴェルディは自陣のバックパスからGK26カウンゼンマラが痛恨のトラップミス。これをチェイスしていた9吉永昇偉がカットすると、折り返しを受けた14瀬良俊太が蹴り込んで先制!

・非常に勿体無い失点となったヴェルディだが、21分、今度は大宮のバックパスからGK16村田耀の処理がもたついたところを11松橋優安がチェイス。交錯してPKを得ると、これを自ら決めてすぐさま追いつく。

・両チームミスからの失点となったが、30分、大宮は右サイドに運んだ10高柳郁弥から低空の素晴らしいフィードが供給されると、ラインを抜け出した9吉永昇偉が足先で見事に収め、キーパーとの一対一を冷静に制して勝ち越し。

・大宮は勝ち越し後ペースを落とし、ここからはヴェルディがボールを保持する時間に。
・32分、ヴェルディは11松橋優安が奪って右へ展開。7飯島蓮がミドルで狙うと大宮16村田耀が弾いて右ポストを直撃。これを松橋がつめるも再びセーブ。

・今日はインサイドに入った10森田晃樹だがやはり働きはピカイチ。狭いスペースの中、ターン方向の判断が素晴らしく敵の逆をついて前を向き危険エリアに侵入していく。もう一人のインサイド14山本理仁は左から右に展開するパスが短く、カウンターの起点となってしまう場面が何度か。開いた7飯島蓮が受けてからのフォローに工夫がなく絡めずに終わってしまうことが多く、タイプこそ違うものの森田の動きを見習って欲しいところ。

・共にU-17日本代表に選ばれているヴェルディ11松橋優安は、慣れないワントップでの起用もチェイシングで同点弾を奪ったほか、ポストプレーもまずまずの出来。一方の大宮左サイド11髙田颯也は、長いストライドのスプリントに迫力を見せたものの、関与する積極性が見られずサイドの一対一でも止められることが多かった。

・その後スコアは動かず大宮の1点リードで前半終了。

 

 

・後半、ヴェルディは10森田晃樹と14山本理仁の位置を入れ替えて修正。
・1点リードの大宮は、前半のようなプレッシングは控え自陣で受けてのカウンター狙いに。
・20分、大宮は14瀬良俊太がCBからボールを奪ってカウンター。フォローした10高柳郁弥がブロックを外し右サイドへスルーパス。フリーの15渡辺俊介がフィニッシュも、これはファーポストを直撃!

・さらに22分、またも14瀬良俊太のカットからスルーパスに今度は9吉永昇偉が抜けだすと、GKと一対一のチャンスからフィニッシュもゴールわずか上。リードを広げることができない。

・カウンターの起点となっている14瀬良俊太は、スプリントに優れ最終ラインに圧力を掛けるだけでなくしっかり奪い切るところまでタスクを全うした。
・その後もヴェルディはボールを保持し続けるが、4-4のブロックの密度を高め対応する大宮を崩せない。大宮はボランチの6安島樹、10高柳郁弥が球際でしっかりファイトでき、最終ラインもスライドが乱れない。守備の局面でもハイレベルなチームだ。

・ATに突入。ヴェルディは途中出場8村井清太がドリブルで運びバイタルで繋ぐと、これを受けた18坂巻日向が振り向き様ミドルを放つ。これはバーを直撃するが、4三浦雅人がつめて土壇場で追いつく!

・大宮はプラン通りゲームを進め、勝点3をほぼ手中に収めていたが痛恨のドロー。

・プレミア復帰に向け予断を許さない状況が続くが、技術、フィジカル共に水準が高くバランスのとれた好チームであることは間違いない。
・トップ昇格に届きそうなレベルの選手が複数いる。キャプテン9吉永昇偉は、ガッチリとした体格にスピードも水準以上で高い身体能力を備えているが、それ以上にオフザボールでの振る舞いが好印象。味方選手に対し、緩いプレーを見せた場面では叱咤、攻撃を防ぎ切った都度賞賛の拍手を送り鼓舞と、チーム全体への波及力という意味で高校生離れした存在感を放っている。

・ボランチ10高柳郁弥はアシストの高精度キック他剥がしにも長けテクニカルなタイプだと思っていたが、今日は球際でのファイト、終盤まで尽きない運動量と泥臭い部分での魅力を見せていた。いい選手。

・意地を見せたヴェルディだが、リードを許しブロックを固められる展開になるとやはり厳しい。シーズン序盤に比べ敵の対策も進み、パスワークが形になる頻度は減少傾向にあるようだ。次節は首位・矢板中央戦。セットプレーを得意とする矢板相手に、累積警告でFP最長身3綱島悠斗を欠く布陣で臨むこととなる。正念場。

 

2018年09月16日 16:00K.O.
プリンスリーグ関東 第13節
大宮アルディージャユース 2-2(2-1)東京ヴェルディユース
@埼玉スタジアム第2グラウンド
(大宮)17分 瀬良俊太、30分 吉永昇偉
(ヴェルディ)22分 松橋優安、90+3分 三浦雅人

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です