プリンスリーグ関東第8節
三菱養和vsヴァンフォーレ甲府


今週末最後のゲームは、プリンスリーグ関東。

ハシゴといえばの養和巣鴨グラウンドへ。
昨シーズンは一番訪れた会場だったのだけど、今シーズンは初めてです。

 

三菱養和SCユース

前節はアウェーで前橋育英高に1-2で敗戦。
第7節終了時点で、2勝4敗1分勝ち点7で9位。
DSC02434 copy

GK
18 塚田 匡壮  2年 183/80 三菱養和SC巣鴨
DF 
4  清野 拓斗  3年 174/63 三菱養和SC巣鴨
16 杉山 耕二  2年 178/65 三菱養和SC巣鴨
25 高橋ラシード 2年 176/64 横浜F・マリノス
MF 
6  多田 大河  3年 175/67三菱養和SC調布
7  瀬古  樹  3年 174/64 三菱養和SC巣鴨
10 松井 輝純  3年 158/56 尚志高
15 齋藤  一  2年 175/68 三菱養和SC巣鴨
23 久保井 俊喜 3年 170/63 三菱養和SC巣鴨
FW
14 平山  駿  2年 180/68 三菱養和SC巣鴨
19 八木原 匠  2年 177/67 東京ベイFC

2015年U-18日本代表候補/瀬古

ーーーーーーー−八木原−ーーーーーーー 
ーーーーー松井ーーーー平山ーーーーー 
ー高橋ーーーーーーーーーーー久保井ー 
ーーーーー齋藤ーーーー瀬古ーーーーー
ーーー多田ーーー清野ーーー杉山ーーー
ーーーーーーーー塚田ーーーーーーーー

 

 

ヴァンフォーレ甲府U-18

前節は、アウェーで山梨学院附高に2-3で敗戦。
第7節終了時点で、2勝3敗2分勝ち点8で8位。
DSC02432 copy
GK
12 関  敦也  2年 172/70 浦和レッズ
DF 
2  河野 陸也  3年 174/62 ヴァンフォーレ甲府
3  佐藤  開  3年 181/72 ヴァンフォーレ甲府
4  依田 章汰  2年 170/62 ヴァンフォーレ甲府
5  入間川 啓太 1年 179/61 ヴァンフォーレ甲府
MF 
6  西海 那音  2年 180/67 ヴァンフォーレ甲府
10 末木 裕也  3年 178/73 ヴァンフォーレ甲府
7  深澤 泰雅  3年 167/58 ヴァンフォーレ甲府
9  土屋 真輝  3年 177/66 ヴァンフォーレ甲府
11 川手 修斗  3年 174/68 ヴァンフォーレ甲府
FW
8  宮川 瑞希  2年 168/64 フォルトゥナSC

2015年U-18日本代表候補/末木

ーーーーーーーー宮川ーーーーーーーー 
ー深澤ーーーーー土屋ーーーーー川手ー 
ーーーー末木ーーーーーー西海ーーーー 
ー依田ーーーーーーーーーーー入間川ー
ーーーー佐藤ーーーーーー河野ーーーー
ーーーーーーーー−関−ーーーーーーー

U-18代表候補でキャプテンのGK中村 将(3年/FC杉野)は怪我?で欠場。

 

序盤ペースを握ったのは養和。
7瀬古と10松井を起点にボールを散らしてチャンスをうかがいます。
すると12分、養和はエリア手前で得たFKを7瀬古が直接沈め先制します。
〈三菱養和SCユース 1-0 ヴァンフォーレ甲府U-18〉

ヴァンフォーレはカウンターを狙いますが、形を作ることができません。

それでも17分、ヴァンフォーレは7深澤が左サイドを持ち上がりそのままミドルで狙いますが、
これはGKの正面をつきます。

養和は10松井と19八木原、14平山の関係性がよく、
一旦あてて攻め上がってもう一回、という形がかなり惜しいとこまでいっています。

一方、徐々にペースをつかみ出したヴァンフォーレは24分、エリア左でFKを得ると、
10末木がいい位置にボールをいれますが、合わせることができません。

続く25分にも、ヴァンフォーレは中盤でボールを回し右サイドへ展開すると、
5入間川がダブルタッチでひとりかわしミドルシュート。
DFに当たったボールは、左ポスト内側を直撃します。

29分には、7深澤がハーフラインから前方にフィードすると、走り込んだ8宮川が頭でGKの頭上をこすビューティフルゴール、かに思われましたが、
これは惜しくもオフサイドの判定。
ヴァンフォーレが徐々に得点の匂いを漂わせ始めます。

立て直したい養和は、40分10松井がボールを奪い前進すると、
14平山がミドルで狙いますが、これはDFがブロックします。

42分、養和は16杉山から縦パス。
これを受けた10松井がいい位置で前を向き得意の左足で狙いますが、これはヴァンフォーレGK12関がキャッチします。

そして44分、ヴァンフォーレは左から攻め混むと、クロスから中央で混戦となり、
こぼれ球を6西海がダイレクトで巻いてゴールに沈め、同点とします。
〈三菱養和SCユース 1-1 ヴァンフォーレ甲府U-18〉

前半はこのまま終了。

序盤、養和がペースをつかむも、徐々に慣れたヴァンフォーレもチャンスをつくりイーブンに。

共にU-18代表候補でキャプテンマークを巻く瀬古と末木のマッチアップは見ごたえ十分。
意識しあっているのか、いずれかがボールを持つと激しくチェックしあいます。


後半は打って変わってヴァンフォーレペース。
特に右サイドからチャンスをつくります。


53分、8宮川が右からインカットして左足で狙いますが、ゴール上へ。

養和は3バックがサイドまで出て対応し、なんとか耐えます。

そして61分、耐えた養和は6多田が左足でロングフィード。
19八木原にいい形で入り、DFとの競り合い制してGKとの1vs1。
横に揺さぶって交わすと無人のゴールへ流し込み、苦しい時間帯で貴重な追加点をゲットします。
〈三菱養和SCユース 2-1 ヴァンフォーレ甲府U-18〉


息を吹き返した養和は65分、左サイドから攻めこみ、こぼれを10松井が逆足でミドルを狙いますが、ゴール右へ外れます。


67分、養和は19八木原がボールをおさめ右へ展開。
23久保井がインカットから左ミドルで狙いますが、これは惜しくもゴール僅か左へ。


対するヴァンフォーレは縦の速さを高め、
73分、左サイドへのスルーパスに7深澤が飛び込みますが、養和GK18塚田が勇気ある飛び出しで防ぎます。

なかなか養和の牙城を崩せないヴァンフォーレでしたが、
78分、右CKから9土屋が左足で速いボールを入れると、4依田がわずかに触って左ネットを揺らします。
〈三菱養和SCユース 2-2 ヴァンフォーレ甲府U-18〉

勢いに乗るヴァンフォーレは83分、カウンターから8宮川がDFライン裏いい位置へボールをいれると、
7深澤がDFを抑えながらスライディングシュート。
決定的な場面でしたが、これは養和GK12塚田がなんとか足に当てて防ぎます。

ここからは両チーム意地の見せどころ。
苦しい時間帯ながら懸命に走って手に汗握る攻防を見せます。


そしてAT、養和は右クロスからのこぼれ球、15斎藤がミドルで狙いますが、これは惜しくもゴールわずか右へ。

ラストチャンスが終わって試合終了。

結果としては両チーム痛み分けとなりましたが、持ち味を存分に発揮したグッド・ゲームでした。

 

養和は、プリンスそしてクラブユース関東予選と結果が出ていませんが、内容としては決して悪くないゲームでした。

前線に台頭した19八木原と、サイズと技術を兼ね備え、くさびは年代トップクラスといってもいい14平山が、
10松井と連動して織りなす攻撃はなかなかの破壊力。
16杉山などDFの選手のフィードも水準以上で、現在の成績が不思議なくらいです。


ヴァンフォーレも縦への速さが光る好チーム。

今更ながら10末木は本当にいい選手。
密集で剥がす力があり、散らす判断スピードも早く「大人なプレー」を見せます。
プレースキックの正確性は固唾もの。

そしてもう一人目を引いたのは、1年生右SB入間川。
機動力が高く、ボールタッチも安定。試合後1年と知って驚いたほど、的確な判断を見せていました。

このレベルの両チームが下位に沈んでいるとは、やはりプリンス関東はすごいですね。
そしておもしろい。

 

プリンスリーグ関東 第8節
三菱養和SCユース 2-2(1-1) ヴァンフォーレ甲府U-18
@三菱養和会巣鴨グラウンド
(養和)12分 瀬古樹、61分 八木原匠
(甲府)44分 西海那音、78分 依田章汰

 

DSC02453 copy

DSC02454 copy

DSC02458 copy

 

 


youthkiosk(ユースキオスク)

youthkiosk(ユースキオスク)

2種にはロマンがある

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする