プレミアリーグプレーオフ
尚志vs横浜F・マリノス


尚志高校

プリンスリーグ東北は、15勝2分1敗勝点47で優勝。

インターハイは全国2回戦敗退。

高校選手権は福島県大会優勝。
全国大会初戦は、神村学園(鹿児島)。

今大会は、
1回戦:vs JFAアカデミー福島 1-1(PK4-3)


今シーズン初観戦。
GK
16 鈴木 康洋 2年 180/70 柏ラッセル
DF
14 高橋 海大 3年 168/61 市原市立国分寺台中
4  フォファナ マリック 3年 183/70 町田相原FC
5  沼田 皇海 3年 172/64 アントラーズノルテ
20 黒澤 誓哉 3年 179/70 VIVAIO船橋
MF
2  石川 竣祐 3年 171/61 バディーSC
6  坂下 健将 3年 166/52 ACカラクテル
8  菅井 泰祥 3年 166/53 Wings
15 大川  健 3年 172/61 鹿島アントラーズ
18 河村  匠 3年 175/62 三井千葉SC
FW
7  二瓶 由嵩 3年 174/58 ラッセル郡山

ーーーーーーーー二瓶ーーーーーーーー
ー河村ーーーーーーーーーーーー菅井ー
ーーーー坂下ーーーーーー石川ーーーー
ー沼田ーーーーー大川ーーーーー高橋ー
ーーーー黒澤ーーーーマリックーーーー
ーーーーーーーー鈴木ーーーーーーーー

HT
7  二瓶→
9  染野 唯月 3年 178/63 アントラーズつくば
8  菅井→
11 加瀬 直輝 3年 164/50 ACカラクテル
18 河村→
17 吉田 泰授 3年 174/64 ラッセル郡山
84分
6  菅井→
10 伊藤 綾汰 3年 166/58 ベガルタ仙台

2018年U-17日本代表/染野

 

横浜F・マリノスユース

プリンスリーグ関東は、9勝2分7敗勝点29で2位。

クラブユース選手権はグループステージ敗退。

Jユースカップは優勝。

今大会は、
1回戦:vs 旭川実 7-0


今シーズン3回目の観戦。
5/26 関東クラブユース vs 東京ヴェルディ
10/28 Jユースカップ vs 名古屋グランパス
GK
16 吉嵜 勝哉  3年 178/82 横浜F・マリノス追浜
DF
2  木村 卓斗  3年 165/66 横浜F・マリノス
3  五十嵐 大悟 3年 177/70 横浜F・マリノス
8  岩澤 桐人  3年 172/60 横浜F・マリノス追浜
15 日隈 雄作  2年 170/61 横浜F・マリノス
MF
6  土佐 陸翼  3年 170/61 横浜F・マリノス
7  椿  直起  3年 169/63 横河武蔵野FC
14 吉尾 虹樹  2年 167/59 横浜F・マリノス
24 松田 詠太郎 2年 170/62 横浜F・マリノス追浜
FW
10 榊原 彗悟  3年 161/47 横浜F・マリノス
39 津久井 匠海 1年 178/70 クマガヤSC

ーーーーーーー-津久井-ーーーーーーー
ー椿ーーーーーー榊原ーーーーー松田ー
ーーーー吉尾ーーーーーー土佐ーーーー
ー日隈ーーーーーーーーーーーー木村ー
ーーーー岩澤ーーーーー五十嵐ーーーー
ーーーーーーーー吉嵜ーーーーーーーー

77分
24 松田→
11 山谷 侑士  3年 176/60 横浜F・マリノス追浜
90+2分
11 山谷→ 
18 岩井 龍翔司 2年 170/62 横浜F・マリノス
87分
10 榊原→
26 ブラウンノア 賢信
         2年 187/74 横浜F・マリノス追浜

トップチーム昇格/椿、山谷
2018年U-18日本代表/椿
2018年U-17日本代表/松田、津久井、ブラウン

 

 

・試合形式は45分ハーフ。
・気温は低く、雨が降りしきる厳しいコンディション。
・両チーム警告や負傷により欠場者多数。
・マリノスは、CBの5鈴木駿之介(3年・横浜F・マリノス)、2018年U-17日本代表の13小林夏生(2年・横浜F・マリノス)、Jユースカップ得点王のFW17栗原秀輔(3年・横浜F・マリノス)が不在。ボランチが本職の8岩澤桐人が最終ラインに入っている。
・尚志は、1回戦でGK1森本涼太(3年・FC古河)が退場、CB3馬目裕也(3年・アントラーズつくば)が負傷欠場。エース9染野唯月はベンチスタートとなっている。

・静かな立ち上がり。予想通りマリノスがボールを保持するが、コンディションの影響もあってかなかなかテンポが上がらない。
・尚志はかなり引き気味の布陣。前から行かず自陣のスペースを埋めてミドルプレス。
・マリノスは左の7椿直起、右の24松田詠太郎と強力なサイドアタッカーがいるが、スペースを埋められてスピードを殺された上、対人でも苦戦。
・松田へのファーストコンタクトでがっつり足元を狩りに行った5沼田皇海。早速警告を
受けたが、松田は面食らったか以降縦ではなく横のドリブルが増えた気も。

・椿に対しては、右SB14高橋海大のファーストアタックに、インサイドの2石川竣祐が後ろでカバーし、二人に潰しに行って抑え込む。

・ブロックを敷いて前には越させない。マリノスのパステンポも引き続き上がらず、ずらすまでに至らない。
・尚志は後ろに人数を欠けている分攻め手はほとんどない状況だが、正選手を欠くにもかかわらず守備のオーガナイズがよくとれており、局面では引きずる場面もあり足腰の強さを感じさせる。

・しかし29分、マリノスは左7椿直起が中に切れ込み、滑らかなシザーズで間合いをコントロールし、中へ繋ぐ。39津久井匠海がDFと入れ替わりエリアに侵入。強引にフィニッシュに持ち込むが、距離を詰めたキーパーがストップ。DFのクリアミスのこぼれを、最後は10榊原彗悟が落ち着いてループでネットを揺らす。


・攻めあぐねていたマリノスが先制に成功したが、その後も膠着状態は変わらず1点リードで折り返し。

 

 


・尚志は後半スタートから、エース9染野唯月始め前線3枚を入れ替え4-5-1から4-2-3-1に変更。以下の布陣に。
ーーーーーーーー染野ーーーーーーーー
ー吉田ーーーーー坂下ーーーーー加瀬ー
ーーーー大川ーーーーーー石川ーーーー

・ハイプレスに移行し前からハメに来る。高い位置でボールを奪取し、ロングスローからシュートに持ち込む場面も。

・15分、マリノスを左サイド深くまで押し込むと、圧力に焦ったか、マリノスDFがGKとの連係ミスでまさかのオウンゴール。
・マリノスとしては、低い位置でもクリアではなくビルドを心掛けるのは当然だが、焦りからのミスが最悪のタイミングで出てしまった。

・なおも勢いに乗る尚志ペースは続く。9染野唯月のくさびから2列目の6坂下健将、11加瀬直輝、17吉田泰授が強度の高いスプリントでどんどん飛び出していく。
・ゴール付近でパワー勝負に持ち込まれたマリノス。ビルド重視の布陣だけに対応力は高くなく厳しい状況に。ゴール前の際どいクロスが増えていく。

・31分、尚志はセットプレーから、クリアを5沼田皇海が左足ハーフボレーで狙うもキーパーが弾く。

・しかしピンチを耐え抜きその後立て直して攻め立てるが、バイタル以前の圧力が足りず決定機に持ち込めない。
・尚志も引き続きカウンターを繰り出し、一進一退の展開に。
・マリノスはトップ昇格の11山谷侑士を投入。ゴリブルで押し込み猛攻を仕掛けるが、3五十嵐大悟の決定的なシュートも枠内をカバーしていたディフェンスが死守。

・互角の闘いのまま終盤へ。
・尚志は独力で10番の伊藤綾汰を投入。44分、伊藤はエリア右寄り鋭いターンからドリブルでこじ開けフィニッシュも、マリノス16吉嵜勝哉が何とか体に当てる。

・このプレーで得た左コーナー、9染野唯月が高打点のドンピシャヘッドで突き刺す!尚志が土壇場で逆転!

・マリノスはその後26ブラウンノア賢信を投入するも、時すでに遅し。
・尚志が理想的なゲーム運びで、格上のマリノスに逆転勝利。ベンチ含めて喜びを爆発させていた。

・ブロックを固める前半から、ハイプレス移行の後半と戦術遂行力の高さが際立っていた尚志。
・複数主力を欠く中でも堂々の戦いぶりで、選手権は厳しい組み合わせとなったものの、エース9染野唯月が決定機をモノにできれば突破できる可能性も十分にある。

 

2018年12月16日 13:30K.O.
プレミアリーグプレーオフ 決定戦
尚志高校 2-1(0-1)横浜F・マリノスユース
@コカ・コーラ ボトラーズジャパン広島スタジアム
(尚志)60分 オウンゴール、90分 染野唯月
(マリノス)29分 榊原彗悟

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です