プレミアリーグ参入戦決勝
浦和レッズvs長崎総科大附


プレミアチャンピオンシップから一路広島へ。

毎年恒例となったプレミア参入戦。普段はなかなか足を運べない各地域の「最強」チームが一同集い、クラブほかシーズン最終戦となるチームも多く見逃せない大会となりました。

会場は、夏のインターハイでも訪れた広島広域公園。ピッチ脇に雪が積もるなど気温が一際下がる郊外に位置していますが、今日は陽射しも強く暖かいグッドコンディションに。

 

浦和レッズユース

プリンスリーグ関東は、

11勝1敗6分勝点39で1位。

クラブユース選手権は、ベスト16。
Jユースカップは、ベスト16。

今大会は、
1回戦: vs 帝京長岡 4-0 

今シーズン3回目の観戦。
4/29 プリンス関東3節 vs 東京ヴェルディ
8/20 プリンス関東10節 vs 山梨学院
今シーズン最終戦。

GK

1  山田 晃士 3年 181/77 アスルクラロ沼津
DF
3  関 慎之介 3年 180/71 浦和レッズ
5  遠藤  凌 3年 181/70 坂戸ディプロマッツ
15 荻原 拓也 2年 174/58 浦和レッズ
40 橋岡 大樹 2年 183/73 浦和レッズ
MF
7  伊藤 敦樹 3年 183/73 浦和レッズ
8  松高  遼 3年 171/66 浦和レッズ
9  川上エド オジョン知慧
         3年 167/68 浦和レッズ

10 渡辺  陽 3年 167/65 浦和レッズ
16 大西 翔也 2年 175/67 浦和レッズ
FW
11 時里 元樹 2年 169/65 朝霞ESTRELLA

2016年U-19日本代表候補/橋岡

ーーーーーーーー時里ーーーーーーーー
ー渡辺ーーーーー伊藤ーーーーー川上ー
ーーーー大西ーーーーーー松高ーーーー
ー荻原ーーーーーーーーーーーーー関ー
ーーーー遠藤ーーーーーー橋岡ーーーー
ーーーーーーーー山田ーーーーーーーー

 

長崎総合科学大学附属高校

プリンスリーグ九州は、
16勝2分勝点50で1位。

高校総体は2回戦敗退。
高校選手権は長崎県優勝。全国大会進出。
1回戦は、vs 桐光学園(神奈川)。 

今大会は、
1回戦:vs 岡山学芸館 5-2

今シーズン2回目の観戦。
3/20 サニックス杯 vs アビスパ福岡

GK

1  湊  大昂  2年 175/67 サガン唐津
DF
8  田中 純平  2年 174/60 シャルムFC熊本
10 前野 翔伍  3年 172/64 ルーヴェン福岡
14 嶋中 春児  2年 176/67 シャルムFC熊本
22 小川 貴之  2年 164/60 JUVEN FC
MF
3  森田 将生  3年 177/65 寝屋川SC
4  山本 大樹  3年 173/67 五島市立福江中
23 薬真寺 孝弥 3年 173/70 FC佐伯S-Play・MINAMI
FW

7  右田  翔  3年 163/62 アルバランシア熊本
11 宇高 魁人  3年 178/66 FC佐伯S-Play・MINAMI
13 安藤 瑞季  2年 175/67 FC佐伯S-Play・MINAMI

2016年U-17日本代表/安藤

ー宇高ーーーーー安藤ーーーーー右田ー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーー山本ーーーーー薬真寺ーーーー
ー前野ーーーーー森田ーーーーー小川ー
ーーーー田中ーーーーーー嶋中ーーーー
ーーーーーーーー-湊-ーーーーーーーー



 

試合形式は45分ハーフ。

4-5-1の浦和は、最前線11時里が広範囲に動き回って縦パスの受け皿となり、コンタクトの強さも活かし起点の役割。特徴的なのは両サイド。右9川上エドは、ワイドに位置取ることが基本ながら、逆の左サイド前方へ走り込むこともあり自由も与えられています。一方の左10渡辺は、判断の良さを活かしサイドからのゲームメイクを司るほか、時折中央に入ってフィニッシュを狙います。

4-3-3の総附は、縦に速く馬力のある3トップが特長。大きくワイドに開く両WGに対し、中央13安藤も両サイドに流れてスルーパスを引き込み単騎での突破を狙います。中盤では、攻撃の役割を担うのはほぼ23薬真寺のみで、実質彼と3トップの4人が攻撃陣。その他中盤、最終ラインは珍しいマンツーマンディフェンス。縦横相手に長い距離ついていくので、システムがなかなか見極められなかったほど。

最初のチャンスは浦和。2分、左サイドから押し込むと、スローインをエリア内で受けた11時里が後ろから倒されますが、これはノーホイッスル。

続く3分、浦和は右サイドへのミドルパス。これがDFの頭を超え7伊藤が抜け出すと、角度のないところから右足でフィニッシュ!これは総附1湊がなんとか触ってコースを変えます。ゴールわずか左。

5分、浦和は今度は左から展開。16大西がライン裏をつく素晴らしいフィードを見せると、走り込んだ9川上エドに通るもトラップは流れてしまいます。

立ち上がりから浦和が圧倒。11時里ほか、球際で上回ると縦パスをライン裏へ通してエリアに侵入。あと一歩の場面も。

6分、今度は総附のチャンス。左サイドでボールを受けた13安藤が、股抜きでDFを剥がしエリア横まで前進しますが、倒されてファウル。このセットプレーは、DFがクリア。

その後もペースを握るのは浦和。ボランチの8松高、16大西が正確な位置取りでボールを受けると、観客を沸かせる剥がしから正確なロングキックで見事な展開力。浦和ってこんなに洗練されたサッカーだっけ?という出来栄え。4バックは空中戦で優位に立ち、セカンドボール回収から厚みのある攻撃を仕掛けます。

18分、浦和はゴール左寄り30mの位置でセットプレー。11時里が直接狙いますがゴール右。

20分、総附のカウンター。23薬真寺が右サイドへ素晴らしいフィードを見せると、7右田がキレのあるドリブルで間合いを取ってクロス。しかしこれは精度をかきます。

21分、総附は再び右サイドを押し込むと、23薬真寺のクロスに13安藤がボレーで合わせますがゴール左。ミートできなかったものの可能性のあった場面。

23分、総附は中盤で7右田がボールを奪いカウンター。13安藤の落としから23薬真寺がダイレクトで右へ展開しますが、7右田のクロスは精度欠きDFが
クリア。

総附は、バネのある右7右田が縦への仕掛けからのクロスを狙うも、対面の15萩原を剥がしきれないため精度をかいてチャンスに繋がらなかったのですが、これにプレービジョン、キック精度を備える23薬真寺が絡むと、崩しのクオリティが一気に上昇。

20分のカウンターから押し込まれた浦和は、選手間の距離感が乱れ、パスミス、判断の遅れからボールを奪われる嫌な時間帯。

28分、総附は浦和のパスミスを奪いカウンター。右7右田のドリブルから中13安藤へ繋ぎますが、撃ちきれずDFに囲まれてカット。

総附は思うように剥がせない7右田と11宇高のポジションをチェンジ。

悪い流れをなかなか取り戻せない浦和でしたが、37分、右サイドへのロングフィードに7伊藤が走り込むも、飛び出した総附1湊がクリア。しかしこれが痛恨のキックミス。浦和11時里へのプレゼントボールとなると、すぐさま放ったロングシュートの行方を選手、観客共に見守ります。ひととき静寂の後、マウスに吸い込まれたことを確認してからの歓声。ラッキーな形で浦和が先制!
浦和レッズユース 1-0 長崎総合科学大学附属高校〉

先制して再び勢いを取り戻した浦和は、42分カウンター。左9川上エドがテンポを刻んだドリブルでDFを剥がすと、縦へ繋ぎ11時里がキープ。中央で楔を受けた10渡辺が右足巻いて狙いますが、これは惜しくも右ポストを直撃!

前半最後のチャンスは総附。45分、カウンターから7右田がバランスを崩しながらも強引に立て直し右サイドへ展開。13安藤の右クロスは精度を欠きファーへ抜けてしまいます。

前半は浦和の1点リードで折り返し。

 


スタートから総附の交代。
14嶋中→15荒木 駿太(2年/170/60/ルーヴェン福岡)。
左WGに入り、システムを4-2-1-3に変更。布陣を以下の通りに。
ー荒木ーーーーー安藤ーーーーー右田ー
ーーーーーーーー宇高ーーーーーーーー
ーーーー山本ーーーーー薬真寺ーーーー
ー前野ーーーーーーーーーーーー小川ー
ーーーー田中ーーーーーー森田ーーーー

7分、総附は左サイドへのフィード。15荒木が40橋岡と競り合いながらキープし、右足でクロス。ファーDFは頭で後ろに逸らしてしまいますが、ゴールわずか右。その後、総附のコーナー続きますが、弾き続ける浦和。

11分、総附は縦パスからゴール右寄り13安藤が抜け出すと、鋭い切り返しで剥がしかけるも自らバランスを崩します。

14分、浦和は11時里が左サイドをちぎると、落としから10渡辺が横パス、7伊藤がスルーして、エリア内9川上エドがワントラップから左足で強引に狙うもゴール左。

15分、総附は左サイドを10前野が運び、逆へ大きく展開。7右田のドリブルからクロスにDFのクリアが浅くなると、拾った23薬真寺のスルーパスに、左11宇高がシュートもDFがブロック。

16分、浦和の交代。
11時里→14井澤 春輝(2年/178/74/ソレッソ熊本)。
井澤はU-17日本代表。トップ下に入り、9川上エドが最前線。7伊藤が右へ。

16分、浦和は、総附のクリアを弾き返すと、一気に相手ゴール前へ。これに抜け出した7伊藤がダイレクトで狙いますがゴール上。

17分、総附の交代。
7右田→9中居 克仁(3年/186/74/太陽SC熊本)。
最前線で張らせると、両サイドも高い位置に残し、ほとんど4-2-4と言っても良い状態に。前線へのハイボール主体に切り替え、勝負に出ます。

19分、総附の交代。
4山本→6武富 海希(3年/181/70/佐世保市立日宇中)。

25分、浦和の交代。
9川上エド→23シマブク カズヨシ(2年/164/62/浦和レッズJY)。

途中交代となった9川上エドですが、持ち前のバネと細く刻むテンポから繰り出されるドリブルは凄みを増しており、ボールを受けると、シンプルに返すことはせずに必ず仕掛けるプレーぶりからは強い自信を感じさせました。

レッズはスピードのある23シマブクを最前線に置いたものの、攻撃時も後ろに人数を残したままで、2点目を「取れたら取る」というスタンス。むしろ総附のロングボール攻勢に対し、「守り切れる」という判断か。相手陣内サイドに攻め込むと、早くもキープに入り、勝負への拘りを感じさせます。

29分、浦和の交代。
7伊藤→21弓削 翼(2年/174/58/浦和レッズJY)。

その後も執拗にロングボールを投入し続ける総附ですが、立ちはだかるのは浦和40橋岡。前からのボールへの対応では世代最強とも言える評判そのままに、落下点の予測からスピーディーな位置どり、そして驚異的な跳躍力で、水を得た魚のように、次々と弾き返します。

38分、総附は1湊のロングキックが右サイドへ通ると、クロスに左サイド11宇高が合わせますが、DFに
当たりゴール上。

39分、浦和の交代。
15荻原→29大桃 伶音(1年/187/73/浦和レッズJY)。
CBに投入し、守り切る体制を明確に。

41分、総附の交代。
13安藤→5吉田 隆之助(3年/178/66/島原第一中)。
注目の安藤は、切り返しの深さや瞬発力に高いポテンシャルが垣間見えたものの、同世代の浦和40橋岡に抑え込まれ持ち味を発揮しきれず。とはいえ、時折笑顔も交えていたこの二人のマッチアップは非常に見応えがありました。

41分、総附はロングキックからバイタルでボールを得ると、23薬真寺がミドルで狙うもゴール上。

45+1分、総附は左サイドのセットプレー。クロスはやや長くファーに抜けてしまいます。

45+2分、浦和の交代。
10渡辺→6鈴木 海都(3年/174/68/アスルクラロ沼津)。

最後まで集中を維持した浦和が守りきり1-0でタイムアップ。2012年に降格して以来、4年ぶりとなるプレミア昇格を果たしました。



選手権では注目チームの一つとなっている長崎総科大附ですが、プリンス九州で猛威を振るった13安藤、7右田、11宇高がここまで抑え込まれてしまったのは想定外だったか
。後半は長い時間をハイボールに費やしましたが、最終ラインにサイズのある選手を揃え、中でも世代最強クラスの対応力を備える40橋岡がいるレッズ相手では有効な策とは言い難く、戦術的な幅の小ささを感じざるを得ませんでした。タイムアップ後は、多くの選手が倒れ崩れ、ミスが失点に繋がってしまった1湊は涙を流すなど選手は全力で勝利を目指していたようでしたが、名将小嶺監督ほかスタッフは、既に選手権を見据え出し惜しんだのでは?と勘ぐってしまう内容でした。選手権の緒戦・桐光学園戦では、あっと驚く采配もありそうです。

 

プレミアリーグ参入戦 決勝
浦和レッズユース 1-0(1-0)長崎総合科学大学附属高校
@広島広域公園第一球技場
(浦和)35分 時里元樹

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です