プレミアリーグEAST第3節
FC東京vs市立船橋


今日は味スタ西へ。

プレミアリーグEAST3節、FC東京vs市立船橋。
東京はJ3がお休みのため久保建英、平川怜なども復帰。ベストメンバーで臨みます。
開幕2連敗中の市船は、キャプテン杉山弾斗が日本高校選抜欧州遠征から帰還。

天候は快晴。日差しが強く半そででもいいほどの陽気。

 

FC東京U-18

昨シーズンは、
クラブユース選手権:優勝
Jユースカップ:優勝
高円宮杯:プレミアリーグEAST2位

今大会は、第2節終了時点で1勝1敗勝点3の4位。
第1節: vs 清水エスパルス(H)2-3 
第2節: vs 浦和レッズ(A)2-1

今シーズン初観戦。

GK
16 高瀬 和楠  3年 182/77 FC東京深川
DF
2  坂口 祥尉  3年 174/73 FC東京むさし
3  篠原 新汰  3年 182/71 FC東京深川
4  長谷川 光基 3年 178/69 FC東京深川
5  岡庭 愁人  3年 169/64 FC東京深川
MF
8  小林 真鷹  3年 174/64 FC東京むさし
10 小林  幹  3年 182/72 FC東京むさし
18 品田 愛斗  3年 180/66 FC東京深川
23 平川  怜  2年 175/67 FC東京むさし
FW
14 原  大智  3年 187/73 FC東京むさし
15 久保 建英  1年 170/63 FC東京むさし

ーーーー久保ーーーーーーー原ーーーー
ー小林幹ーーーーーーーーーー小林真ー
ーーーー品田ーーーーーー平川ーーーー
ー坂口ーーーーーーーーーーーー岡庭ー
ーーーー長谷川ーーーーー篠原ーーーー
ーーーーーーーー高瀬ーーーーーーーー

2017年U-20日本代表候補/久保
2017年U-17日本代表/平川
2016年U-17日本代表/岡庭、小林真

 

 

市立船橋高校

昨シーズンは、
高校総体:優勝
高円宮杯:プレミアリーグEAST4位
高校選手権:2回戦敗退

今大会は、第2節終了時点で2敗勝点0で10位。
第1節: vs 鹿島アントラーズ(H)1-2
第2節: vs 青森山田(A) 0-1


今シーズン初観戦。

GK
1  長谷川 凌 3年 191/70 順蹴F.A.
DF
4  橋本 柊哉 2年 178/68 VIVAIO船橋SC
5  余合 壮太 2年 178/65 FC東京深川
7  杉山 弾斗 3年 178/65 FC東京むさし
12 有田 朱里 3年 164/60 1FC川越水上公園
MF
8  井上  怜 2年 165/58 VIVAIO船橋SC
13 平川 孟人 3年 178/70 アントラーズつくば
16 大関 克弥 2年 168/60 三井千葉SC
FW
10 郡司 篤也 2年 168/66 JSC CHIBA
11 福元 友哉 3年 180/68 横浜F・マリノス
27 松尾 勇佑 2年 170/60 ジェファFC

ーーーーーーーー松尾ーーーーーーーー
ー福元ーーーーーーーーーーーー郡司ー
ーーーー井上ーーーーーー大関ーーーー
ー杉山ーーーーー平川ーーーーー有田ー
ーーーー橋本ーーーーーー余合ーーーー
ーーーーーーー-長谷川-ーーーーーーー

2017年U-18日本代表/杉山
2017年U-16日本代表/井上
2016年U-16日本代表候補/郡司



 

試合形式は45分ハーフ。

FC東京はオーソドックスな4-4-2。
J3で前節欠場した両SBの岡庭愁人、坂口祥尉、中盤の小林幹、平川怜、2トップの原大智、久保建英が復帰し現時点でのベストメンバー。

市立船橋は4-3-2-1。
インサイドハーフにU-16代表フランス遠征から復帰した井上怜が起用され、郡司篤也が一列前に。

最初のチャンスは東京。3分、サイズを活かしてボールを収められる14原大智に預けると、フォローした18品田愛斗から左へ展開。2坂口祥尉のクロスにファー8小林真鷹が左足ハーフボレーで狙いますが、抑えきれずゴール上。

続く5分、東京は市船最終ラインのフィードを弾き返すと右サイド15久保建英から中央へ展開。10小林幹がロングで狙いますがゴールを大きく超えます。

東京がペースを握る展開も、市船の厚い中盤のチェックを剥がせず。ロングボールが主体で、崩せている場面はなく比較的静かな立ち上がり。
市船は、4橋本柊哉、5余合壮太の2年生CBペアが東京の強力2トップに対し屈さずに応戦。攻撃ではDFの裏に落とすミドルフィードで起点になると、走力のある27松尾勇佑が追い懸けてあわやの場面を作ります。

13分、市船は左サイドを7杉山弾斗が攻め上がると、リターンを受けて突破し鋭いクロスを供給。DFラインとGKの間へ絶妙なボールが入ると、27松尾勇佑がダイビングヘッドで合わせますが惜しくもゴール左。得点にはならなかったものの可能性を感じる形。

17分、東京の右スローイン。走り込んだ18品田愛斗が深く抉ってグラウンダークロスをあげますが、中は触れず。

21分、東京は左サイドから10小林幹がカットイン。エリア付近で右足でシュートを狙うもこれはDFにブロック。しかしこのこぼれをすかさず拾ったのは15久保建英。左アウトで一歩外に出すと、角度のある体勢から左足でズドン。市船1長谷川凌が一歩も反応できない豪快な一撃を叩き込みます。
FC東京U-18 1-0 市立船橋高校>

先制を許した市船でしたが、29分、左サイドから人数をかけて厚みのある攻撃をしかけると、細かいパス交換から13平川孟人が右足のクロス。手前で競った後ろ、フリーで余っていた10郡司篤也が頭で合わせネットを揺らします。
<FC東京U-18 1-1 市立船橋高校

同点に追いつかれた東京でしたが、34分にショートカウンター。市船はボランチで一旦止めるもその後処理にもたつき再び奪われてしまうと、左サイド23平川怜が相手を引き付け中の10小林幹へラストパス。落ち着いて蹴りこみあっという間に突き放します。
FC東京U-18 2-1 市立船橋高校>

40分、ここで東京にアクシデント。
8小林真鷹が負傷退場し、11横山塁(3年/FC東京U-15深川)を投入。

40分、市船は東京のクリアを4橋本柊哉がそのまま前線へ繋ぐと、左サイドを抜け出した11福元友哉が確度のない所から右足で狙いますが、これは東京16高瀬和楠がセーブ。

前半は東京の1点リードで終了。


3分、東京は18品田愛斗がハーフライン近くから意表を突くロングシュート。ゴールへ向かったボールは惜しくもクロスバーを直撃!

9分、東京は右寄りの位置でセットプレー。15久保建英が鋭いキックを見せると、これに4長谷川光基が飛び込みますが惜しくも合わず。

15分、市船は右から左へテンポよく展開すると、7杉山弾斗のアーリークロスに飛び込んだ11福元友哉が頭で合わせますが、ゴールわずか右!

17分、東京は中盤から15久保建英がドリブルで20m近く運びバイタルへ侵入すると、10小林幹→11横山塁と展開し、最後は右サイド長い距離を走った5岡庭愁人がフィニッシュ!しかしこれはキーパーキャッチ。

18分、東京は左サイドを2坂口 祥尉、10小林幹の連携で崩し深く抉ってクロスを上げると、ファー11横山塁がヘッドで合わせますが威力を欠きます。

24分、市船はロングフィードから右10郡司篤也がラインを抜け出しかけますが東京DFが身を挺してブロック。しかし再び11福元友哉が奪い返すと、右寄りの位置からミドルで狙いますが、ゴール右へ外れます。

28分、市船は最初のカードをきります。
27松尾 勇佑→19千葉隆希(2年/A.Cアスミ)。
左サイドに入り、11福元友哉が中央に。

30分、市船は2人目の交代。
16大関克弥→15西堂久俊(2年/三井千葉SC)。
右サイドに入り、10郡司篤也が一列落ちてインサイドに。

32分、市船は10郡司篤也から左サイドへ素晴らしいフィード。7杉山弾斗のグラウンダークロスに、ニア11福元友哉が合わせますがこれはDFがブロック。

32分、東京の最初の交代。
10小林幹→7杉山 伶央(3年/FC東京U-15むさし)。

36分、東京のカウンター。右サイドからのクロスはDFに弾かれますが、23平川怜が拾い左足でシュート。これはキーパー正面をつきます。

38分、市船の交代。
12有田朱里→3吉田歩未(3年/Wings)。

41分、市船は左コーナー。ショートコーナーから7杉山弾斗がクロス。ファー13平川孟人が頭で合わせますがゴール上。

41分、市船の交代。
11福元友哉→9波多野治郎(3年/JSC CHIBA)。


43分、東京はここで久保建英を下げます。
→9吹野竜司(3年/FC東京U-15深川)。

結局スコアは動かずタイムアップ。
東京が前半のリードを保ち、連勝を飾りました。


FC東京は、ベストメンバーで臨み手堅く勝利をつかみましたが、圧倒し違いを見せるほどには至らず。得点はいずれも力で押し込んだ形で、連携面はまだまだこれからといったところでしょう。

個で光ったのはキャプテンの岡庭愁人。コーディネーション能力が極めて高く、厳しい体勢やトップスピードでもキック、トラップの質が全く落ちない。トップチームは徳永悠平、室屋成と右サイドバックの層は厚いですが、有力な昇格候補では。

市立船橋は厳しい開幕3連敗。今年は残留を狙う我慢の一年になりそうですが、タレント、内容は悪くなく今後の成熟で十分射程距離だと思います。

直近の課題は中盤の守備。サイズはなく個々の守備力は期待できない上、今日はプレーが所々途切れ、それが二つの失点に繋がってしまいました。8井上怜はまだ剥がすまでの能力はなく、危険な位置でボールを失ってしまった場面もいくつか。

攻撃では、CBからのフィードから7松尾勇佑の裏抜け、そしてやはり絶品の7杉山弾斗のクロスとストロングポイントの成熟は進んでいる一方、ボールの持ち方や右足のキックに間違いなくタレントを感じる10郡司篤也は、ゴールこそ決めたものの、STとインサイドいずれもポジショニングに迷いが感じられ、適正ポジションは模索中の状態が続いています。

 

プレミアリーグEAST第3節
FC東京U-18 2-1(2-1)市立船橋高校
@味の素スタジアム西競技場
(東京)23分 久保建英、39分 小林幹
(市船)29分 郡司篤也

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です