プレミアリーグEAST第3節
柏レイソルvs青森山田


今日は日立柏サッカー場へ。
昨晩から降り続いた雨も止み、曇りだけど空は明るくなってきた試合前。

高円宮杯プレミアリーグイースト第3節。
ホーム開幕戦のレイソルが、連勝スタートを切った青森山田を迎えます。

 

柏レイソルU-18

昨シーズンの成績は、
クラブユース選手権:ベスト8
高円宮杯:プレミアリーグEAST7位
Jユースカップ:ベスト16

プレミアリーグEASTは、
第1節(H)vs 横浜F・マリノス 1-1
第2節(A)vs 鹿島アントラーズ 3-2

今シーズン2回目の観戦。
4/10 プレミアEAST1節 vs 横浜F・マリノス
DSC08661
GK
16 猿田 遥己 2年 189/75 横河武蔵野FC
DF
2  坂本 涼斗 3年 173/66 柏レイソル
3  城和 隼颯 3年 187/76 柏レイソル

5  東山 航大 3年 181/73 柏レイソル
23 田中  陸 2年 167/62 柏レイソル
MF
6  鬼島 和希 3年 175/65 柏レイソル

27 落合  陸 2年 175/70 柏レイソル
28 加藤 匠人 2年 169/62 柏レイソル
FW
9  中村 駿太 2年 170/66 柏レイソル

14 中村  陸 3年 166/60 柏レイソル
15 大谷 京平 3年 167/60 柏レイソル

2016年U-18日本代表/田中、中村駿

ーーーーーーー–中村駿–ーーーーーーー 
ー大谷ーーーーーーーーーーー中村陸ー 
ーーーー落合ーーーーーー鬼島ーーーー
ー田中ーーーーー加藤ーーーーー坂本ー 
ーーーー東山ーーーーーー城和ーーーー
ーーーーーーーー猿田ーーーーーーーー

前回観戦時からの変更点は、
CBに20中川  創(2年/184/71/柏U-15)に替え城和を起用、大谷を一列あげて、インサイドハーフに落合を起用、中村駿太が先発。

 

 

青森山田高校

昨シーズンの成績は、

高校総体:2回戦敗退
高円宮杯:プレミアリーグEAST2位
高校選手権:ベスト4

プレミアリーグEASTは、
第1節(A)vs 流経大柏高 3-0
第2節(H)vs 大宮アルディージャ 2-1

今シーズン2回目の観戦。
4/10 プレミアEAST1節 vs 流経大柏

DSC08660
GK
1  廣末  陸 3年 184/78 FC東京深川
DF
3  小山  新 3年 185/78 青森山田中
4  橋本 恭輔 3年 180/78 クリアージュFC
5  三国 スティビアエブス
         3年 185/71 青森山田中

13 小山内 慎一郎 2年 175/64 青森山田中
MF
6  住永  翔 3年 172/68 コンサドーレ札幌
7  郷家 友太 2年 180/69 ベガルタ仙台
8  嵯峨 理久 3年 166/60 ウインズFC
9  バスケス バイロン
         1年 173/63 東松山ペレーニア

10 高橋 壱晟 3年 178/74 青森山田中
FW
11 鳴海 彰人 3年 174/74 新ひだか町立静内中

2016年U-19日本代表/廣末

ーーーーーーーー鳴海ーーーーーーーー
ーバイロンーーーーーーーーーー嵯峨ー 
ーーーー郷家ーーーーーー高橋ーーーー
ー三国ーーーーー住永ーーーーー小山ー 
ーーーー小山内ーーーーー橋本ーーーー
ーーーーーーーー廣末ーーーーーーーー

前回観戦時からの変更点はなし。

 

 

試合形式は45分ハーフ。

開始から予想通りレイソルがポゼッション。

2分、左サイドから大きくサイドチェンジを仕掛けると、
山田9バイロンのポジションが悪く、2坂本がワントラップで中へ侵入。
エリア内のスペースへのラストパス、走り込んだ6鬼島は倒されたかに見えましたがノーホイッスル。

4分、レイソルはまたも右サイド、
14中村、2坂本がうまく縦を使って打開しクロス。
後ろから走り込んだ27落合が、ワントラップから突破を試みますが、山田DFが瀬戸際で防ぎます。

レイソルは守備時も引きが非常に速く、スペースをすぐに埋めてしまいます。

7分、青森山田はハーフライン付近のセットプレー。
10高橋の鋭いキック、頭で逸らしてそのままゴールへ向かうも、
キーパーががっちりキャッチ。

レイソルは、両サイドバックの捌きがうまく、
ハメにいった山田は、ここで剥がされバランスを崩してしまうことに。
レイソルはワンサイドゲームの様相。

ポゼッションを許す山田は、最終ラインからビルドアップを試みるも、
がっちりとスペースを埋めたレイソルに、一本目のパスで潰されてしまいます。

それでも22分、山田は左コーナー。
10高橋のファーへのキックは、味方と意図が合わずそのまま流れてしまいます。

23分、中盤でのルーズボール。
接触プレーでその10高橋にイエロー。

レイソルはとりわけ右サイドの2坂本が、相手最終ラインまでポジションを高めにとっており、
マークする9バイロンにはポジショニングに迷いが感じられます。

27分、山田は左サイドを押し込むと、
10高橋のミドルはディフェンスがブロック。
こぼれを右へ展開、オーバーラップした3小山のミドルは、
キーパーのファンブルを誘うも、つめきれず。

29分、レイソルは左サイドをパス交換から打開。
27落合から勝負をかけたラストパスもやや長く、ディフェンスがクリア。
しかしこれを15大谷が体に当ててライン突破。
フィニッシュまであと一歩も、1廣末が出足よくボールを回収。

31分、山田は右サイドを打開。
バイタルで受けた10高橋が、シュートフェイントから突破を試みるも、
レイソルDFが体を張って防ぎます。

山田はこぼれを拾い再構築せんとしますが、後ろへの戻しで痛恨のパスミス。 
かっさらった9中村が、一人を交わしてハーフラインから独走。
戻ったディフェンスが追い付きますが、競り合いながらも爪先でフィニッシュ。
しかしここは巧くコースを消した1廣末がなんとかキャッチ。

34分、山田は左サイド9バイロン、7郷家、5三国のパス交換で打開。
三国のハイクロスに11鳴海が飛び込みますが、キーパー16猿田がキャッチ。

34分、またも山田のショートカウンター。
縦パスを9バイロンが見事なファーストタッチで収めると、左足アウトで絶妙のスルーパス。
ライン裏完全に抜け出した11鳴海が左足フィニッシュも、ゴールわずか右。
決定的なチャンスを逃します。

30分を過ぎ、徐々に山田がサイドを攻略し始めると、
攻守が次々入れ替わる展開に。

39分、レイソルは中盤でのパス交換からバイタルに侵入。
15大谷のルーレットは流れるも、これを9中村が左足で強烈ミドル。
ディフェンスに当たってタイミングがずれたボール、
既に飛んでいた1廣末は、右手を目一杯伸ばし何とかかきだします。

この右コーナー、ゴール手前で混戦となると、
最後は9中村が左足で叩き込みます!レイソル先制!
〈柏レイソルU-18 1-0 青森山田高校〉

41分、山田は早くも9バイロンを下げます。
→18瀬尾 純基(2年/165/54/ガイナーレ鳥取U-18)。
バイロンは、前節も同じ時間帯での交代だったようなのでそういう方針?
まだ下半身ができてないのかバランスを崩して滑るシーンが目立ち、
守備のポジショニングに戸惑いが感じられましたが、絶妙なスルーパスで見せ場は作りました。

45+2分、青森山田は右コーナー。
5三国がヘッドもキーパー正面。

ここで前半終了。

30分ごろまではレイソルが圧倒的にゲームを支配していたものの、
山田もカウンターからチャンスを作ると攻守が次々入れ替わる展開に。

それまでのレイソルのポゼッションは圧巻。
一二列目の出し引きが絶妙で、走り込むことを前提にスペースにパスを出すので的を絞ることができません。

青森山田はレイソルのポゼッションに対し、引かざるを得ず、
最終ラインで何とか食い止める場面が続きました。

 

 

後半、引き続きボールを握るのはレイソル。
左サイドを大きく使う場面が増えるように。

53分、レイソルは左サイドのライン裏を使い、
15大谷、23田中と戻して逆サイドへ展開。
9中村が右足ミドルで狙うも、キーパーがキャッチ。


55分、レイソルは右サイドパス交換から2坂本が深く抉り、飛び込んできた14中村へ。
エリア内に侵入、時間かかってしまいシュート機会を失いますが、
深い切り返しで縦へ突破。折り返しに待っていたのは15大谷!
きっちり押し込んで、幸先よくレイソルが追加点をゲット。
〈柏レイソルU-18 2-0 青森山田高校〉


69分、またもレイソルは右サイド2坂本、14中村のコンビで相手をちぎると、
坂本のグラウンダーのクロス。
15大谷がダイレクトで合わせますが、抑えきれずゴール上。

防戦一方の山田は、右サイドから仕掛けますが、
レイソルのマークの受け渡しがよく、崩すことができません。

ワンサイドゲームの様相に。

66分、山田はゲームに入り込めていなかった18瀬尾を下げます。
→17佐々木 友(2年/172/66/青森山田中)。

70分、山田はゴール右寄りでセットプレー。
ライン裏へのボール、11鳴海が収めるも、ディフェンスが寄せて打ち切れず。

徐々に運動量が落ちてきたレイソルは、視野が狭くなったのか前線へパスが通らなくなってきました。
山田は、左右サイドを大きく使って活路を見出します。

27分、山田は右サイドセットプレー。
10高橋のハイクロスに、7郷家がヘッドで合わせるもゴール左。

74分、レイソルは押し込まれている左サイドをてこ入れ。
15大谷→24朝倉 涼介(2年/167/67/柏レイソルU-15)。

山田は7郷家を前線に上げて2トップに。

76分、山田は右サイドから7郷家のロングスロー。
中央、頭で逸らしてファーフリーで待っていた10高橋がインサイドで狙うも、
ミートできず上へ打ち上げてしまいます。これはキーパーがキャッチ。

79分、ペースを引き戻したいレイソルは、
右サイド14中村のキープから、27落合のミドルパスで、2坂本がライン裏へ突破。
深くえぐってクロスも、DFがクリア。

80分、山田はバイタルにボールを入れると、
11鳴海がヒールでそらし、左サイド抜け出し郷家が左足フィニッシュ!
しかしゴールわずか右。

山田は積極性があり、フリーランの光る17佐々木の投入で右サイドが活性化。
疲れの見えるレイソルは、ここが正念場か。


84分、山田は選手交代。
11鳴海→19佐々木 快(3年/180/76/リベロ津軽SC)。

88分、レイソルは左サイドでセットプレー。
14中村の速いボールに、27落合がヘッドで合わせるもゴール右。

その後は続く山田のロングスロー攻勢。
しかし、レイソルもサイズのある3城和、5東山のCBを中心に弾き返します。

そして90分、レイソルはカウンター。
左サイドを抜け出した24朝倉がためてスルーパスを送ると、
これに走り込んだ9中村が左足で流し込み、決定的な三点目を奪います!
〈柏レイソルU-18 3-0 青森山田高校〉


90+1分、両チーム選手を入れ替え。
山田は、
3小山→21佐藤 拓海(2年/177/71/三菱養和SC 調布JY)。
左サイドに入り、5三国が右サイドへ。
レイソルは、
6鬼島→37小野寺 巧(1年/165/54/柏レイソルU-15)、 
2坂本→13宮本 駿晃(2年/170/63/柏レイソルU-15)。
宮本は2015年U-16日本代表。
ベンチへ下がる二人に対して、レイソルサポーターから大きな拍手。


1点を返したい山田は、90+3分、
エリア内のルーズボール、頭を出した19佐々木に対しレイソルDFが足を上げて間接FK。
10高橋のクロスに、13小山内がヘッドで合わせますが、惜しくもクロスバーを直撃。

その直後、試合終了の笛。
レイソルが、3発快勝でホーム開幕戦を飾りました。

 

 

レイソルは、理想的な試合運びで快勝。
ビルドアップの連動性、守備時のスペースの埋め方と、組織として非常に完成度が高く、
就任から間もない永井俊太監督の手腕は賞賛されるべきでは。

6鬼島、27落合、28加藤からなるスリーボランチの距離感が非常によく、
囲まれたと思ったところでも巧みに繋ぎ、観衆を唸らせる場面がたびたびありました。

右サイドで起点になり続けた14中村、2坂本は、
フィジカル能力は標準も、状況判断が非常に速く、
相手の意表をつくプレーもできる好選手。

運動量が落ちてからは、青森山田のロングスロー攻勢に苦しめられましたが、
CBに3城和、5東山と180cm超級のサイズを持つ選手を揃えており無難に対応。
特に城和はフィードも正確で、年代別代表に選出されてもおかしくないレベルでは。

そして9中村駿太はさすがの決定力。
2ゴールと結果を残した
嗅覚は素晴らしく、
そして両足ともミートが抜群で、コンパクトな振りで強烈なシュートを放ちます。
ポゼッションにおいても、センターバックに挟まれながらいいタイミングで落ちて関与でき、
鋭い反転での剥がし、お尻をつきだしてのボールキープも水準以上。
本当に魅力的な選手です。

 

青森山田は、完璧に崩されての失点を重ね、スコア通りの完敗。

2失点後、運動量の落ちたレイソルに対してサイドを大きく使い、
3小山、途中出場17佐々木友の右サイドで押し込むと、
7郷家のロングスローからゴールを狙いましたが、得点を上げることはできませんでした。

中盤の破壊力不足は否めず、
局面でさすがのプレーを見せた10高橋以外に、起点になれる選手の存在が急務。
とりわけ7番を背負い、次世代の中心として期待されている郷家あたりに、
その役割を担ってほしいところですが・・・。



 

プレミアリーグEAST 第3節
柏レイソルU-18 3-0(1-0) 青森山田高校
@日立柏サッカー場
(柏)40分 中村 駿太、53分 大谷 京平、90分 中村 駿太

 

 

DSC08715

DSC08683

DSC08709

DSC08718

DSC08679

DSC08724

DSC08725

DSC08726

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です