プレミアリーグEAST第10節
横浜F・マリノスvs柏レイソル


先週のプリンス関東に続き、今週からプレミアも再開。

今日は小机へ。
プレミアイースト第3クール緒戦、横浜F・マリノスユースvs柏レイソルU-18。

天気は曇り。夏も終盤に入り、比較的涼しいので、ポゼッション主体の両者による一戦は、いいゲームが期待できそう。

 

横浜F・マリノスユース

プレミアリーグEASTは、
第9節終了時点で3勝3敗3分勝点12で7位。

クラブユース選手権はベスト16。

今シーズン3回目の観戦。
4/10 プレミアEAST1節 vs 柏レイソル
6/26 プレミアEAST6節 vs 大宮アルディージャ
DSC09983
GK

31 原田  岳 3年 186/75 横浜F・マリノス
DF
3  板倉  洸 3年 176/63 横浜F・マリノス
5  坂本 寛之 3年 175/64 横浜F・マリノス追浜
22 藤田 一途 2年 172/56 横浜F・マリノス
26 松井 康輔 2年 170/59 横浜F・マリノス
MF
6  佐多 秀哉 3年 175/61 横浜F・マリノス
10 吉尾 海夏 3年 162/50 横浜F・マリノス
14 山田 康太 2年 175/60 横浜F・マリノス
17 薄葉 迅人 3年 161/51 横浜F・マリノス
25 岩城 大助 2年 168/51 横浜F・マリノス追浜
FW
9  渡辺 力樹 3年 171/64 横浜F・マリノス追浜

ーーーーーーーー渡辺ーーーーーーーー
ーーーーーーーー薄葉ーーーーーーーー
ー山田ーー吉尾ーーーー佐多ーー岩城ー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ー藤田ーー坂本ーーーー板倉ーー松井ー
ーーーーーーーー原田ーーーーーーーー

U-17日本代表の27堀 研太(2年/162/60/横浜F・マリノスJY)は、負傷により登録抹消。

 

柏レイソルU-18

プレミアリーグEASTは、
第9節終了時点で4勝5敗1分で勝点13で6位。

クラブユース選手権は、ベスト8。


今シーズン4回目の観戦。
4/10 プレミアEAST1節 vs 横浜F・マリノス
4/17 プレミアEAST3節 vs 青森山田
5/1 プレミアEAST4節 vs FC東京
DSC09982
GK
16 猿田 遥己 2年 189/75 横河武蔵野FC
DF
2  坂本 涼斗 3年 173/66 柏レイソル
4  古賀 太陽 3年 182/71 柏レイソル
13 宮本 駿晃 2年 170/63 柏レイソル
20 中川  創 2年 184/71 柏レイソル
MF
6  鬼島 和希 3年 175/65 柏レイソル
23 田中  陸 2年 167/62 柏レイソル
28 加藤 匠人 2年 169/62 柏レイソル
FW
11 太田 泰河 3年 175/69 柏レイソル
14 中村  陸 3年 166/60 柏レイソル
15 大谷 京平 3年 167/60 柏レイソル

2016年U-19日本代表/古賀
2016年U-17日本代表/猿田、宮本、中川、田中

トップチーム昇格/古賀

ーーーーーーーー太田ーーーーーーーー 
ー大谷ーーーーーーーーーーーー中村ー 
ーーーー鬼島ーーーーーー田中ーーーー
ー宮本ーーーーー加藤ーーーーー坂本ー 
ーーーー古賀ーーーーーー中川ーーーー
ーーーーーーーー猿田ーーーーーーーー

U-17日本代表チェコ遠征から帰国したばかりの、9中村 駿太(2年/170/66/柏レイソルU-15)はベンチスタート。

 

試合形式は45分ハーフ。

最終ラインからのビルドアップを試みるレイソルに対し、マリノスは受け身。縦パスが出ると素早く囲んで奪いどころにし、ショートカウンターを狙います。

レイソルはパススピード、精度ともに水準を保つも、その上を行くマリノスの強度の高いプレス。余裕を持ってボールを捌けず、気づけば自陣でのパス回しばかりに。

しかし14分、マリノス9渡辺のバックパスをレイソル14中村がカット。ドリブルでエリア右寄りに侵入すると、ためてヒールでスイッチ。11太田が角度のないところから狙いますが打ち上げてしまいます。

17分、マリノスの右コーナー。意表を突くショートコーナーからクロスをあげると、ファーにいたレイソルDFは、準備ができておらず処理ミス。これを3板倉が頭で押し込みます!ホームのマリノスが先制!
〈横浜F・マリノスユース 1-0 柏レイソルU-18〉

22分、レイソルは4古賀がパス交換から左サイドを前進。中へ速いパスを入れると、前線の11太田が見事な落とし。左サイド15大谷が抜け出し右足巻いて狙いますが、ここは31原田がコースを読み余裕をもってキャッチ。

左サイドでチャンスを作ったレイソルですが、チームのストロングポイントである右サイドは沈黙。2坂本は、マリノス14山田の徹底ケアを受け、ファーストタッチでボールを奪われてしまう場面が多数。

33分、マリノスは右サイドからライン裏へのフィード。26松井のグラウンダークロスに17薄葉はスルー、逆サイド14山田がダイレクトで狙いますがゴール左。

35分、マリノスはレイソルの浅いライン裏をつくと、処理が遅れた4古賀から9渡辺がボールを奪取。エリアに侵入しますが、飛び出した16猿田がボールを回収。

35分、レイソルは右からライン裏対角線のフィード。バウンドが変わりマリノス26松井の処理遅れると、15大谷が奪いエリアに侵入し、GKと一対一のチャンス。左足フィニッシュに31原田が何とか足を当てますが、左ポストにあたりゴールイン。
〈横浜F・マリノスユース 1-1 柏レイソルU-18〉

39分、レイソルは右寄り30mでセットプレー。14中村が直接狙いますが壁に当ててしまいます。

41分、レイソルはパス交換で左サイドを打開。13宮本のアーリークロスはDFがクリアしますが、味方に当たってしまったボールはゴールへ向かうも、わずか左。

44分、レイソルはまたも左サイドからダイレクトでパスを繋ぐと、14中村のヒールでの落としを15大谷がダイレクトで狙いますが、ゴール右。決定的なチャンスを逃します。

45+1分、マリノスは右サイド深くへ走り込んだ10吉尾を使うと、戻しから26松井のハイクロス。これを17薄葉がボレーで狙いますがゴールを超えてしまいます。

前半を同点で折り返します。


後半スタートからレイソルは11太田に替え9中村を投入。

しかし流れをつかんだのはマリノス。ショートパスを繋いで仕掛け始め、明らかにギアチェンジ。受け身ではなく主体的なサッカーに。

10分、レイソル23田中がドリブルで中央突破。左足ミドルで狙いますがキーパー正面。

14分、マリノスは右サイドを縦パスからのフリックでちぎると、25岩城のクロスはファーに抜けてしまいますが、これを14山田が折り返し。高く舞ったボールに対し、後ろから突っ込んだ9渡辺が頭で合わせます。DFに当たりコースが変わったボールは、ゴール左隅へ。マリノス勝ち越し!
〈横浜F・マリノスユース 2-1 柏レイソルU-18〉

16分、レイソルは右サイドのセットプレー。14中村が左足のいいクロスを上げますが、31原田が飛び出し高い打点でパンチング。

16分、マリノスは17薄葉が単騎で左サイドを突破。カットインを仕掛けますが、これはDFがカット。しかし、こぼれを10吉尾が左足で狙いますが、抑えきれずゴール上。

17分、レイソルはライン裏右サイドへ展開。2坂本がそのままクロスを上げますが、ゴールわずか左、そのままラインを割ります。

17分、マリノスは相手陣内でボールを奪われるも、プレスバックで奪い返すと、9渡辺がドリブルを仕掛けます。エリア手前でDFと交錯しますが、フォローした14山田が混線を突破。左足で31原田の左脇を冷静に抜き、大きな追加点。
〈横浜F・マリノスユース 3-1 柏レイソルU-18〉

19分、マリノスの交代。25岩城→42椿 直起(1年/169/60/横河武蔵野FC)。椿もU-17日本代表チェコ遠征から帰国したばかり。左サイドに入り、10吉尾が右サイド、14山田が中央へ。
ーーーーーーーー渡辺ーーーーーーーー
ーーーーーーーー薄葉ーーーーーーーー
ー椿ーーー山田ーーーー佐多ーー吉尾ー

20分、レイソルも交代。14中村→24朝倉 涼介(2年/167/67/柏レイソルU-15)。左サイドに入り、15大谷が右へ。

23分、レイソルは右サイドへ大きな展開。2坂本がクロスを上げますが、DFがクリア。

24分、レイソルは右サイドを15大谷が抉り折り返し、9中村が合わせますが、キーパー正面。

レイソルは、選手を入れ替え守備意識に変化が見られたマリノスの左サイドをつきますが、
クロスに対して中の枚数が足りず、決めることができません。すると再びマリノスの時間帯に。

25分、マリノスは左サイドから14山田と17薄葉がワンツーで突破。最後は9渡辺が左足で狙いますが、DFが体に当てます。

27分、マリノスは9渡辺がライン裏へいいタイミングで抜け出し、そのままシュートへ。追ったDFが蹴り足に食らいつきコースを変え、ボールはゴール右へ。

29分、マリノスはパス交換からバイタルへ侵入。10吉尾が数人を引き付け、爪先で浮かすスルーパス。16猿田が回収に飛び出しますが、まさかの後逸。22藤田が無人のゴールに流し込みます。レイソルは痛すぎる失点。
〈横浜F・マリノスユース 4-1 柏レイソルU-18〉

31分、レイソルの交代。28加藤→12森 大輝(2年/175/64/柏レイソルU-15)。

32分、レイソルは最終ラインから右サイドへフィード。15大谷が抜け出すと、2坂本にスイッチ。折り返しますが、中には合わず。

34分、レイソルは9中村が右サイドで起点になると、2坂本がちぎってクロス。ファーで12森が粘り、最後は中村が狙いますがDFがブロック。

36分、マリノスのカウンター。左サイド42椿がスピードで振りきると、代表の盟友20中川との一対一。これをキレのあるシザーズであっさりちぎり、余裕をもって左足のフィニッシュ。シュートは16猿田の股を抜き、とどめを刺す5点目。
〈横浜F・マリノスユース 5-1 柏レイソルU-18〉

39分、レイソルは右サイドから押し込むと、逆サイドから走り込んだ24朝倉がエリア内でキープ。2坂本がクロスを、ファー12森が折り返し、最後は9中村が頭で押し込みますが、またも立ちはだかる31原田の正面を突きます。

その後は、中盤で時間を使うマリノス。

45+2分、レイソルは24朝倉が左サイドでキープ。落としから右サイドに走り込み再び受けると、2坂本、15大谷の連携でエリア侵入。シュートに持ち込みますが、31原田が足でセーブ。こぼれを詰めきれず。

45+3分、マリノスの交代。14山田→8川原田 湧(3年/160/50/横浜F・マリノスJY)。

結局レイソルはその後もゴールならず。マリノスが予想外の大差で、プレミア再開初戦を飾りました。


マリノスは、相手に合わせていた前半から、後半ギアチェンジ。ショートパスを繋ぎ自ら仕掛けると、いい時間帯に勝ち越し。前のめりになった相手に対しその後も得点を積み重ね、終わってみれば大量得点での勝利となりました。

中断明け、大きな進歩が見られたのは守備。特にプレスバックの意識が素晴らしく、奪われると強度を高めすぐさま奪い返し、二次攻撃へ。相手陣内でのプレーを維持し続け、厚みのある攻撃を仕掛けました。

5点目を奪った42椿はやはり特別なタレント。単純なスピードに加え、コーディネーション能力が非常に高く、重心移動が軽やか。局面でも、新人らしからぬ余裕があるプレーぶりを見せ、U-16日本代表にも、アジア最終予選後には間違いなく招集されるであろう逸材です。

レイソルは、前半ボールを握るも、相手の守備を崩せない時間が続くと、後半は、主導権を握られ自陣に押し込まれる時間が長く、途中出場の9中村は孤立化。2坂本などを使って右サイドをえぐる場面が何度かあったものの、中の枚数が足りずゴールには繋げることができませんでした。

 

 

プレミアリーグEAST 第10節
横浜F・マリノスユース 5-1(1-1)柏レイソルU-18
@日産フィールド小机
(マリノス)18分 板倉 洸、59分 渡辺力樹、64分 山田康太、74分 藤田一途、82分 椿直起
(柏)35分 大谷京平

 

DSC09994

DSC00037

DSC00040

DSC09996

DSC00027

DSC00017

DSC00019 copy

 

 


youthkiosk(ユースキオスク)

youthkiosk(ユースキオスク)

2種にはロマンがある

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする