プレミアリーグEAST第1節
FC東京vs清水エスパルス


高円宮杯プレミアリーグ開幕戦。

味スタ西で行われているEASTセントラル開催第一日、
次の試合は、昨シーズンは共に中位で終わったFC東京とエスパルスの一戦です。

 

FC東京U-18

昨シーズンの成績は以下の通り。
クラブユース選手権:ベスト16
高円宮杯:プレミアリーグEAST5位
Jユースカップ:ベスト8

今シーズン初観戦。
DSC08260
GK
1  波多野 豪 3年 196/86 FC東京むさし
DF
2  坂口 祥尉 2年 174/70 FC東京むさし

5  蓮川 壮大 3年 178/72 FC東京深川
7  生地 慶充 3年 176/64 FC東京むさし
24 荒川 滉貴 2年 169/62 FC東京深川
MF
4  鈴木 喜丈 3年 181/76 FC東京むさし

8  伊藤 純也 3年 172/63 FC東京むさし
12 小林 真鷹 2年 173/64 FC東京むさし
14 内田 宅哉 3年 176/67 FC東京深川
FW
10 松岡 瑠夢 3年 175/60 FC東京むさし

11 半谷 陽介 3年 173/61 FC東京深川

2016年U-19日本代表候補/波多野
2015年U-16日本代表/小林

ーーーー半谷ーーーーーー松岡ーーーー 
ー内田ーーーーーーーーーーーー伊藤ー 
ーーーー鈴木ーーーーーー小林ーーーー
ー生地ーーーーーーーーーーーー荒川ー 
ーーーー坂口ーーーーーー蓮川ーーーー
ーーーーーーー−波多野−ーーーーーーー

 

 

清水エスパルスユース

昨シーズンの成績は以下の通り。
クラブユース選手権:ベスト16
高円宮杯:プレミアリーグEAST6位
Jユースカップ:2回戦敗退


今シーズン初観戦。

DSC08259
GK
1  水谷 駿介 3年 179/76 FC.フェルボール愛知
DF
2  中島 杏輔 3年 165/58 清水エスパルス
3  伊藤 研太 2年 175/60 グランパス三好FC
5  立田 悠悟 3年 189/75 清水エスパルス
15 監物 拓歩 1年 186/74 清水エスパルス
MF
6  梅村  豪 3年 168/58 清水エスパルス
8  佐野 皓平 3年 175/64 清水エスパルス
10 望月  陸 3年 168/61 清水エスパルス
23 滝  裕太 2年 166/54 清水エスパルス
FW
11 中野 優太 3年 168/62 F.C.コーマラント
19 平墳  迅 2年 180/77 岐阜VAMOS

2016年U-16日本代表候補/監物
2015年U-17日本代表/立田、梅村

ーーーー中野ーーーーーー平墳ーーーー
ー滝ーーーーーーーーーーーーー望月ー 
ーーーー佐野ーーーーーー梅村ーーーー
ー伊藤ーーーーーーーーーーーー中島ー 
ーーーー監物ーーーーーー立田ーーーー
ーーーーーーーー水谷ーーーーーーーー

 

 

試合形式は45分ハーフ。

序盤は、風上にたった清水のペース。

キックオフから積極的にプレスをかけると、
右サイド10望月のクロスに11中野が頭で合わせますが、威力はなくキーパーキャッチ。

続く3分、清水は左サイドを押し込むと、
エリア内で相手を背負う11中野にショートパスを入れ、ワントラップから振り向き様シュート!
強烈なシュートは、ニアポストを直撃。
あわや先制の場面を作ります。

このコーナーは、一旦クリアされるも、
再度10望月のクロスに11中野が頭で合わせますが、ミートできず。

5分、清水は15監物が相手に入れ替わられしまい、
引っ掻けて早くもイエローをもらってしまいます。
この辺りは経験不足が出たか。

5分、東京はバイタルでのボールカットから、10松岡が左足ミドル。
キーパー強襲も、清水1水谷がキャッチします。

その後は、両チームなかなかバイタルに運ぶことができません。

18分、東京はボランチ4鈴木から左サイドへ展開。
7生地が強引に突破し、グラウンダークロスを入れると、
一旦クリアされるも、再び4鈴木がねじ込みますがDFがブロック。

するとこのプレーで4鈴木が負傷退場。
東京は、42平川 怜(1年/174/67/FC東京U-15)が、
いきなりのプレミアデビューを迎えます。
平川は2016年U-17日本代表。

28分、清水は右サイドを連携から崩すと、
10望月がシュートフェイントから切り返し、
左足で狙うも、ディフェンスが寄せてブロックします。

この右コーナー、ニアで再び10望月が合わせますが、シュートはゴール上。

33分、今度は東京。
右サイド7生地が一人を剥がして得意の左足でクロス。
エリア内混戦となり、ボールはキーパー越えますが、押し込むことはできず。

36分、清水はライン裏へのミドルパス。
これを東京5蓮川が処理を誤ると、
清水19平墳が詰めて奪いますが、ハーブボレーはミートできず。

さらに36分、 左サイド11中野がボールを奪い、
自ら運んで右足ミドルで狙いますが、キーパー正面。

40分、清水は前半最大のチャンスが。
右コーナー、ニア5立田が頭でそらし、ファーフリーの11中野が合わせますが、ゴール上。
決定的なチャンスを逃します。

43分、清水は右サイドでボール奪取から細かいパス交換で10望月が抜けだすと、
シュートまで持ち込みますが、東京5蓮川が体はって止めます。

44分、東京はサイドを大きく使い、右サイドで12小林がスルーパス。
走り込んだ10松岡が、エリア内引っかけられたかに見えましたが、ここはノーホイッスル。

前半最後のチャンスは清水。
正面30mの位置でのフリーキック、
19平墳が左足強烈なキックで狙いますが、ゴール上。

前半はスコアレスで折り返し。

両チーム形を作る場面は僅かも、風上の清水が押し気味か。
パス交換から、11中野のフリックでブロックをちぎりかけましたがシュートには持ち込めず。

FC東京が思った以上に出来がよくない印象。
持ち味の縦の速さがハイボール頼みになってしまっており、
189cmの5立田、186cmの15監物からなる清水CBには分が悪いはずですが・・・。

 

 

清水は選手を入れ替え。
15監物→25伊藤 駿光(2年/173/58/清水エスパルスJY)。
監物は、イエローをもらった場面以外はそつなくこなしていたものの、
2枚目のリスクを回避するためか。

51分、清水は右サイドを崩し、
10望月の折り返しを8佐野がワントラップからシュート。
これが当たり損ね、ゴール前への流れたボールに23滝が詰めますが、
キーパー1波多野が距離を詰めて足でセーブ。

53分、東京は右コーナーのチャンス。
早いキックに、ニア5蓮川がドンピシャで合わせますが、ゴールわずか左。
これは枠内に収めたかったところ。

59分、清水が選手交代。
19平墳→14平松 昇(3年/165/56/清水エスパルスJY)。
そのまま前線へ。

一方、東京も前線をテコ入れ。
11半谷→18鈴木 郁也(3年/180/66/FC東京U-15深川)。

その後こう着状態が続きますが、
78分、東京はカウンター。
右から左へサイドチェンジを見せると、
7生地が左足ミドルで狙うも、ディフェンスがブロック。

79分、東京が選手交代。
10松岡→20品田 愛斗(2年/178/63/FC東京U-15深川)。
品田は2015年U-16日本代表。
ボランチに投入し、布陣を以下の通りに。
ーーーーーーーー鈴木ーーーーーーーー
ー内田ーーーーー平川ーーーーー伊藤ー
ーーーー小林ーーーーーー品田ーーーー

80分、一方の清水も選手交代。
11中野→28鈴木 魁人(2年/174/65/清水エスパルスJY)。
鈴木は2015年U-16日本代表。

81分、早速その28鈴木が見せ場を作ります。
カウンターから
前線にロングパスが通ると、
鈴木がドリブルで運びエリアに侵入。
相手を交わし、左足シュートまで持ち込みますが惜しくもミートできず。

85分、 清水は右サイド10望月が又抜きで突破。
クロスを試みますが、東京7生地も何とか食らいついてコーナーへ逃げます。

そしてこの右コーナー、
ファー5立田が
頭で折り返すと、28鈴木がスライディングで詰めてボールはゴール左隅へ転がり込みます。
途中出場鈴木の殊勲のゴールで、清水が先制!
〈FC東京U-18 0-1 清水エスパルスユース〉

追う立場になった東京は42分、
8伊藤→15小林 幹(2年/181/69/FC東京U-15むさし)。

しかし最後のチャンスも清水。
AT、カウンターから10望月がドリブル突破。
エリアに侵入し、スライディングシュートでゴールを狙いますが、キーパー正面。

そしてタイムアップの笛。
ペースを握り続けたエスパルスが、終盤のゴールで結果もモノにしました。

 

 

エスパルスは、主に右サイドからチャンスを創出。

10望月は、小柄ながらドリブルスピードの速さと又抜きなどの小技を駆使し、
右サイドを何度も蹂躙。
チームのストロングポイントとなっています。

守備では、チーム全体として戻りの速さが印象的で、
すぐに数的有利つくり、ボールを奪取するシーンを何度も作りました。

守備の要である5立田は、
昨シーズン見た時は身長の伸びにウエイトが追いついておらず、地上では苦戦。
パートナーの村松 航太(順天堂大)におんぶに抱っこという感じでしたが、
ずいぶんと体がたくましくなり、ボディバランスも劇的に改善。
対人では当然の圧勝を見せるとともに、今度はパートナーを支える役割もになっていました。


一方のFC東京は、実質ホームの味スタ西で普通に力負けし、
なかなかに深刻な状態かもしれません。

チームのスタイルは発展途上にしても、
個の特徴も出ず、ファイトできる選手が見当たらなかったのが率直な感想です。

昨年からレギュラーの7生地は、今年は昇格を現実的に見据えたシーズンとなりそうですが、
今日はサイドバックでの出場も(上のカテゴリーを見据えた起用?)守備で後手に回り、
存在感を示すことができませんでした。

U-23チームの立ち上げにより、そちらに駆り出される選手も多く、
チームの構築に対して、想像以上に影響を与えているのかもしれません。

ガンバやセレッソもそうですが、
今シーズンから始まったU-23チームの立ち上げが、U-18カテゴリーにどんな影響を及ぼすのか、
一つ気になるテーマですね。



 

プレミアリーグEAST 第1節
FC東京U-18 0-1(0-0)清水エスパルスユース
@味の素スタジアム西競技場
(清水)86分 鈴木 魁人

 

 

DSC08274

DSC08304

DSC08307

DSC08289

DSC08287

DSC08279

DSC08312

DSC08315

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です