2015高円宮杯プレミアリーグEAST 展望


いよいよ次週、高円宮杯プレミアリーグが開幕!
待ちきれないので、個人的な備忘も含めて展望してみました(ちょこっと順位予想も)。

 

柏レイソルU-18(千葉県/関東)
2年連続2年目

前年実績
高円宮杯:プレミアリーグEAST優勝
主要大会:クラブ選手権/関東予選敗退 Jユースカップ/ベスト16

プレミア昇格→優勝のこの2シーズン、中心を担ってきた世代が卒業。再出発の年となりますが、下部組織からの一貫したポゼッションは浸透も早く、個の成長次第で連覇も。速さと技術を活かした突破が持ち味の伊藤や、185cm近い体躯を誇る浮田がポスト・フィニッシュのタスクを全うし、アンカー安西がチームの生命線であるビルドアップを担えるかに注目です。

注目選手
安西 海斗 3年 172/64 柏レイソル
浮田 健誠 3年 184/77 ミナトSC
伊藤 達哉 3年 168/62 柏レイソル
古賀 太陽 2年 182/71 柏レイソル

※高3世代 U-15時代の主要大会成績:
クラブ選手権/ベスト16

 

清水エスパルスユース(静岡県/東海)
5年連続5年目

前年実績
高円宮杯:プレミアリーグEAST2位

主要大会:クラブ選手権/ベスト16 Jユースカップ/ベスト4

トップ昇格を果たした北川、水谷、宮本のほか中心選手が多数卒業し、昨年ほど戦力は充実していませんが、新3年生もU-15時代はクラ選ベスト4と成績を残しており、地力はあるので大崩れはしないはず。年代別代表経験のあるCB村松、SB梅村や裏への抜け出しが持ち味のエース大野に注目。

注目選手
村松 航太 3年 170/69 藤枝東FC
大野 椋馬 3年 175/65 帝京大可児中
梅村  豪 2年 165/58 清水エスパルス

※高3世代 U-15時代の主要大会成績:
クラブ選手権/ベスト4 高円宮杯/ベスト16

 

 

鹿島アントラーズユース(茨城県/関東)
3年連続3年目

前年実績
高円宮杯:プレミアリーグEAST3位

主要大会:クラブ選手権/ベスト16 Jユースカップ/優勝

昨年のJユース杯優勝メンバーが多数残り、強さ・速さなどフィジカル的特長を活かした縦に速いサッカーで、リーグを牽引する存在になりそう。昨シーズンプレミア8得点の平戸やU-18代表でも中心を担うであろう左利きのCB町田がセンターラインを固め、Jリーグ2種登録とチームの期待も大きい田中、U-17代表のドリブラー西本など各ポジションにタレントを揃えます。

注目選手
町田 浩樹 3年 188・74 アントラーズつくば
平戸 大貴 3年 177・70 アントラーズつくば
田中 稔也 3年 175・65 FCクリロ
西本 卓申 2年 164・58 アルバランシア熊本

※高3世代 U-15時代の主要大会成績:
(鹿島アントラーズ)クラブ選手権/グループリーグ敗退

 


市立船橋高校(千葉県/関東)
2年連続2年目

前年実績
高円宮杯:プレミアリーグEAST4位

主要大会:高校総体/1回戦敗退 高校選手権/千葉予選準優勝

昨年から出場機会を得ていた選手が多く、運動量で中盤を制する椎橋古屋、超人的なスピードを持つ永藤、名門・市船のレギュラーを1年で獲得したなど、人材豊富な今シーズンは優勝も現実的な目標に。FWのくさびを軸にした昨年のスタイルから、ポゼッションサッカーへどれだけ早く移行できるかにかかっています。また、神がかり的なセーブを見せていたGK志村(ジュビロ磐田)の穴がどう埋まるか。

注目選手
椎橋 慧也  3年 176/68 船橋市立八木が谷中
古屋 誠志郎 3年 160/53 船橋市立八木が谷中
永藤  歩  3年 168/62 順蹴F.A.
高  宇洋  2年 172/64 川崎フロンターレ

 


JFAアカデミー福島U18(静岡県/東海)
3年連続3年目

前年実績
高円宮杯:プレミアリーグEAST5位

主要大会:クラブ選手権/ベスト4

昨年は5位でフィニッシュも、最終節まで残留争いと厳しいシーズンに。今シーズンもプレミアの座を守ることが現実的な目標になりそうです。主力の大半が卒業しましたが、身体能力の高いGKオビンナや、U-16代表のレギュラーだった下口を中心とした守備で失点をどこまで減らせるか。年代別代表経験のあるMF飛鷹にも注目。

注目選手
オビ パウエル オビンナ 3年 191/77 JFAアカデミー福島
下口 稚葉 2年 177/68 JFAアカデミー福島
飛鷹 啓介 2年 174/62 ソレッソ熊本

 

 

流通経済大学付属柏高校(千葉県/関東)
5年連続5年目

前年実績
高円宮杯:プレミアリーグEAST6位
主要大会:高校総体/千葉予選ベスト4 高校選手権/ベスト4

突出したタレントはいないものの、新3年は人材の豊富さに定評があり、今年も新たな好プレーヤーが現れるはず。例年波の大きなチームなので、安定と成長のバランスを本田監督がどうとっていくかにも注目です。昨年から出場機会を得ていた本村、菅原、瀬口などを軸に、チームの熟成速度次第では優勝争いに絡むかも。

注目選手
本村 武揚 3年 177/66 FC多摩
菅原 俊平 3年 170/65 ベルマーレ平塚
瀬口 隼季 3年 178/67 ベルマーレ平塚

 


青森山田高校(青森県/東北)

5年連続5年目 

前年実績
高円宮杯:プレミアリーグEAST7位
主要大会:高校総体/ベスト4 高校選手権/1回戦敗退

昨年は、走力を軸とした粘り強い戦いで手堅く勝ち点を奪い、プレミアの座を守り抜きました。判断力の光るGK廣末、激しい上下動を見せるSB北城、長身で身体的ポテンシャルの高い常田など昨年からのメンバーが多数残る守備陣は計算できる上、攻撃陣には東京ヴェルディユースから神谷が新加入。春先のサニックス杯での国内最上位の準優勝と結果を残しており、今シーズンは余裕を持ってのフィニッシュも。

注目選手
北城 俊幸 3年 167/62 青森山田中
常田 克人 3年 188/76 大宮FC
神谷 優太 3年 176/70 東京ヴェルディ
廣末  陸 2年 180/73 FC東京深川

※高3世代 U-15時代の主要大会成績:
全国中学生大会/優勝 高円宮杯/1回戦敗退

 

 
コンサドーレ札幌U-18(北海道)
5年連続5年目 

前年実績
高円宮杯:プレミアリーグEAST8位
主要大会:クラブ選手権/ベスト4 Jユースカップ/予選リーグ敗退

昨シーズンは低調な戦いが続き、8位でぎりぎり残留。ホームでは抜群の強さを誇るので、昨年からチームの中心だった杉山久保田、U-17代表で強烈な左足が持ち味のを軸に、アウェイでどこまで持ちこたえられるかにプレミア残留がかかっています。

注目選手
杉山 雄太  3年 168/68 コンサドーレ札幌
久保田 成悟 3年 170/66 コンサドーレ札幌
菅  大輝  2年 170/68 コンサドーレ札幌

※高3世代 U-15時代の主要大会成績:
クラブ選手権/ベスト16

 

大宮アルディージャユース(埼玉県/関東)
1年目 

前年実績
高円宮杯:プリンスリーグ関東優勝
主要大会:クラブ選手権/グループリーグ敗退 Jユースカップ/予選リーグ敗退

U-15時代、プレミアカップと高円宮杯で準優勝した「大宮史上最強世代」がプレミアの舞台に。黒川、川田など技術的に優れた選手たちで織り成すポゼッションスタイルは必見。加藤小柏など世代トップクラスの選手もそろえており、攻守両面で、決定的場面でのミスを減らせば昇格即優勝も見えてきます。

注目選手
加藤 有輝 3年 187/77 大宮アルディージャ
黒川 淳史 3年 170/60 大宮アルディージャ
川田 拳登 3年 170/60 大宮アルディージャ
小柏  剛 2年 174/69 大宮アルディージャ

※高3世代 U-15時代の主要大会成績:
高円宮杯/準優勝

 


FC東京U-18(東京都/関東)
3年ぶり2年目

前年実績
高円宮杯:プリンスリーグ関東2位
主要大会:クラブ選手権/準優勝 Jユースカップ/ベスト4

正確なビルドアップと前線の突破力を軸にした縦に速いサッカーで、昨年はプレミア昇格と共にその他主要大会でも好成績を残すなど、チームとしての強さがあります。安定したボール裁きを見せる安部、スピード溢れる突破が持ち味の大熊など今期もそのサッカーを担う人材が揃っています。また、国内随一のポジション争いを誇るゴールマウスを預かる波多野、U-15高円宮杯優勝の大型ボランチ・品田など下級生の台頭にも期待です。

注目選手
安部 柊斗 3年 166/62 FC東京むさし
大熊 健太 3年 173/71 FC東京深川
波多野 豪 2年 194/79 FC東京むさし
品田 愛斗 1年 179/65 FC東京深川

 

(優勝予想)
本命:鹿島アントラーズユース
対抗:柏レイソルU-18、市立船橋高校、大宮アルディージャユース
大穴:流通経済大学付属柏高校

 


youthkiosk(ユースキオスク)

2種にはロマンがある

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする