プレミアリーグEAST第4節
大宮アルディージャvs鹿島アントラーズ


本日2戦目は、横浜から一気に志木へ。

志木駅からバスで20分程度のNTT東日本志木グラウンドは、川沿いの天然芝グラウンド。
ユースウォッチャーとして、屋根なし観客席なしは経験してきたけれど、まさか土手からの観戦とは・・・。

 

大宮アルディージャユース

前節は、アウェーでコンサドーレ札幌に2-1で勝利。
第3節終了時点で、1勝2分け勝ち点5で5位。

GK 
1  加藤 有輝  3年 187/79 大宮アルディージャ
DF 
2  古谷 優気  3年 170/70 大宮アルディージャ
3  朝妻 佑斗  3年 174/70 大宮アルディージャ
12 立石 爽志  3年 166/64 大宮アルディージャ
16 北西 真之  2年 181/71 大宮アルディージャ
MF 
4  山田  陸  2年 175/71 大宮アルディージャ
6  高柳 拓弥  3年 171/59 大宮アルディージャ
7  松崎  快  3年 171/65 大宮アルディージャ
10 黒川 淳史  3年 170/60 大宮アルディージャ
14 長谷川 元希 2年 177/64 大宮アルディージャ
FW
11 川田 拳登  3年 170/61 大宮アルディージャ

ーーーーーーーー川田ーーーーーーーー 
ー藤沼ーー黒川ーーーー高柳ーー松崎ー
ーーーーーーーー山田ーーーーーーーー 

ー朝妻ーーーーーーーーーーーー立石ー
ーーーー北西ーーーーーー古谷ーーーー
ーーーーーーーー加藤ーーーーーーーー

2015年U-18日本代表候補/加藤 
2014年U-16日本代表候補/黒川、長谷川

 

 

 

 

鹿島アントラーズユース

前節は、ホームで流経大柏高に2-0で勝利。
第3節終了時点で、3勝勝ち点9で首位。ここまで無失点。

GK 
1  沖  悠哉  1年 183/74 鹿島アントラーズ

DF  
2  宮本 健太  3年 176/66 アントラーズつくば
3  中野  純  3年 180/73 鹿島アントラーズ
4  町田 浩樹  3年 188/74 アントラーズつくば
6  大里 優斗  3年 172/67 アントラーズつくば
MF 
5  千葉 健太  3年 171/70 鹿島アントラーズ
8  平戸 太貴  3年 177/70 鹿島アントラーズ
10 田中 稔也  3年 175/67 FCクリロ
15 松浦 航洋  2年 178/70 鹿島アントラーズ
FW 
9  吉岡 樹利也 3年 165/68 ソレッソ熊本
13 垣田 裕暉  3年 186/78 鹿島アントラーズ

ーーーーーーーー垣田ーーーーーーーー 
ー吉岡ーーーーー平戸ーーーーー田中ー
ーーーー松浦ーーーーーー千葉ーーーー
ー大里ーーーーーーーーーーーー宮本ー
ーーーー町田ーーーーーー中野ーーーー
ーーーーーーーー−沖−ーーーーーーーー

2015年U-18日本代表候補/町田 
2014年U-15日本代表/沖

 

 

 

序盤押し込んだのはアントラーズ。
ワントップ13垣田へロングボールを供給すると、垣田は大きな体躯を活かし、ヘディングでのポストプレー。
相手を背負っての入れ替わりなど、重要な役割を果たします。

それでも10分を過ぎたころから、徐々にアルディージャもボールを持てるように。
ワントップ11川田がトップ下まで引いてポイントになります。

両チーム、一進一退の中、先にチャンスを迎えたのはアントラーズ。

21分、右サイド10田中が切り返して左足でクロスを入れると、
13垣田が頭であわせますがこれはゴール上へ。

一方アルディージャも24分、左サイドへの大きな展開。
3朝妻が落としたボールを6高柳が狙いますが、これもゴール上へ外れます。

アルディージャはサイドを大きく使うシーンが目立ちます。
中央からのポゼッションはどうしても遅攻となってしまうため、
これまでの試合ではなかったセンタリングも見られるように。

33分、アルディージャはパス交換から14長谷川が左足で狙いますが、
これはアントラーズ1年生GK沖がセーブします。

この後も、完全にボールを支配したアルディージャの攻撃が続きます。

38分、4山田のスルーパスから14長谷川が落とし、
6高柳が左足でシュートを放ちますが、これはゴール左へ外れます。

40分、7松崎が独力で右サイドを突破。
センタリングはうまく通らず拾った11川田を起点にやり直すと、4山田を経由し、左サイド3朝妻がクロス。
飛び込んだ10黒川の頭にミートしますが、惜しくもゴール上へ。

結局前半はこのままスコア動かず終了。

序盤、押し込まれたアルディージャでしたが、徐々に陣地を回復。
左右への展開からいくつかチャンスも。
関与が限られた10黒川にもっとボールが入れば、より決定的な攻撃となりそうです。

一方、アントラーズは球際の厳しさ、しつこさはさすが。
押されながらも決定的なチャンスは作らせません。
ただし、ボランチの存在感が希薄なのが気になるところです。

後半、引き続きアルディージャのポゼッション。
10黒川にボールが入るようになり、左サイドをじわじわと攻略していきますが、決定機にはなかなか至らず。

一方、アントラーズは13垣田の運動量が目に見えて落ちたこともあり、
ロングボールが繋がらず、なかなか押し返すことができません。

それでも65分、アントラーズはカウンターから8平戸が抜け出すと、
エリア直前でアルディージャ16北西がひっかけイエロー。
このFKを6大里が直接沈め、劣勢の中先制点をゲットします。
<大宮アルディージャユース 0-1 鹿島アントラーズユース>

一方、アルディージャは67分、後半攻撃機会の増えていた左サイドバック3朝妻が、カットインから右足でクロス。
FWの前に流れ鹿島DFも見送ったボールは、弧を描いてそのまま左ネットを揺らしゴール。
すぐさま同点に追い付きます。
<大宮アルディージャユース 1-1 鹿島アントラーズユース>

突き放したいアルディージャは、14長谷川を下げ前線に2014年U-16日本代表候補9小柏剛(2年/大宮アルディージャ)を投入。

一方、アントラーズは15松浦に代え、スピードのある7色摩雄貴(3年/アントラーズつくば)を投入。
疲れの見える垣田をトップ下に下げ、前線の布陣は以下の通りに。

ーーーーーーーー色摩ーーーーーーーー 
ー吉岡ーーーーー垣田ーーーーー田中ー
ーーーー平戸ーーーーーー千葉ーーーー

見ごたえがあったのは、アルディージャ9小柏とアントラーズ4町田のバトル。
一瞬の早さで小柏が振り切りかけますが、町田は素早く体をぶつけボールアウト。町田に軍配が上がります。

終盤、アントラーズは守備固めに。
アルディージャは、左右にボールを展開しながら隙を伺いますが、さすがの集中力で、スペースをしっかり埋め尽くします。

そしてロスタイム、アルディージャはセットプレーから3朝妻がフリーで頭で合わせますが、
これをGK1沖がビッグセーブ。

結局得点は奪えず、引き分けで終了しました。

アルディージャは持ち前のポゼッションで大半の時間を支配していたものの、またも勝ち切れず。
相手の守備固めは、今後も何度も訪れるであろう状況だけに、ここで一皮むけなければ上位進出は難しいかもしれません。

この日同点ゴールの左サイドバック朝妻は、対人守備が強く両足を駆使してパス交換に加わることもでき、
個人的には、U-18代表にも絡むべきレベルの選手。
チーム方針かもしれないですが、彼がファーストタッチで前を向き、
攻撃のスイッチを入れられる存在になることが、上位進出のカギとなるかもしれません。


一方アントラーズは、割り切って徹底的に守備を固めるところはさすがの徹し方。

一方、攻撃面では、垣田の運動量が落ちた後半、打つ手がないようにも見えたので、
今後研究された時のためにもボランチからのビルドアップなど、別のプランがにも必要になりそうです。

 

 

プレミアリーグEAST 第4節
大宮アルディージャユース 1-1(0-0) 鹿島アントラーズユース
@NTT東日本志木グラウンド
(大宮)67分 朝妻佑斗
(鹿島)65分 大里優斗

 

DSC015721

DSC015571

DSC015611

 

 


youthkiosk(ユースキオスク)

2種にはロマンがある

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする