プレミアリーグEAST第1節
流経大柏vs青森山田


プレミアリーグEAST開幕戦セントラル開催。

最後の試合は、名門高体連同士の対決。

 

流通経済大学付属柏高校

昨シーズンはプレミアリーグEAST6位。
高校選手権ベスト4。

プレシーズンは、イギョラ杯でFC東京、日大藤沢などを下して優勝。
DSC014221 
GK 
1  高井 悠貴 3年 183/75 Forza‘02
DF 
3  浜野 駿吾 3年 182/72 ジェファFC
4  本村 武揚 3年 177/64 FC多摩
13 富樫 和樹 3年 168/57 ベルマーレ平塚
26 宮坂 健太 3年 170/58 クラブドラゴンズ柏
MF 
6  松本 雅也 3年 175/66 ヴェルディAJUNT
10 菅原 俊平 3年 170/67 ベルマーレ平塚
21 宮坂 昂輝 2年 168/60 レイソルA.A.TOR’82
14 ジャーメイン正 3年 180/66 FC厚木JY DREAMS
FW 
7  中村  翼 2年 175/70 ラルクヴェール千葉
19 木村 稜斗 3年 169/62 鹿島アントラーズ

ーーーーーーーー木村ーーーーーーーー
ー松本ーーーーー中村ーーーー宮坂昂ー
ーーーージャメーーーーー菅原ーーーー
ー富樫ーーーーーーーーーーー宮坂健ー
ーーーー浜野ーーーーーー本村ーーーー
ーーーーーーーー高井ーーーーーーーー

 

 

青森山田高校

今シーズンはプレミアリーグEAST7位。

プレシーズンは、サニックス杯でU-17韓国代表に次ぐ国内最高位の準優勝。
 DSC014211
GK
12 廣末  陸 2年 180/72 FC東京深川
DF 
3  常田 克人 3年 188/80 大宮FC
4  近藤 瑛佑 3年 188/75 三井千葉SC
5  原山 海里 3年 173/63 クマガヤSC
6  北城 俊幸 3年 167/65 青森山田中
MF 
7  高橋 壱晟 2年 175/65 青森山田中
8  住永  翔 2年 172/62 コンサドーレ札幌
9  豊島 祐希 3年 178/70 青森山田中
10 神谷 優太 3年 178/67 東京ヴェルディ
14 三上 孝太 3年 168/60 青森山田中
FW
17 鳴海 彰人 2年 173/70 新ひだか町立静内中

2014年U-16日本代表候補/住永、三上

ーーーーーーーー鳴海ーーーーーーーー 
ー三上ーーーーー神谷ーーーーー豊島ー
ーーーー住永ーーーーーー高橋ーーーー
ー北城ーーーーーーーーーーーー原山ー
ーーーー常田ーーーーーー近藤ーーーー
ーーーーーーーー廣末ーーーーーーーー

 

叩き上げ感の強いチーム同士の対戦らしく、序盤から強度の高い展開。
出足が鋭く、コンタクトも激しさがあります。

4分、青森山田は右サイド9豊島が瞬発力を生かして突破しクロス。
絶好のチャンスを迎えますが、ボールは17鳴海の頭を掠めます。

一方、流経も7分、ロングボールの競り合いを19木村が制し、
ミドルで狙いますが、惜しくもサイドネット。

共に一歩も譲らないという強い意志を感じる展開となります。

その中で、際立つのは青森山田10神谷の技術。
厳しいボールも的確に繋ぎます。

じわじわと青森山田が陣地を前に進めると、迎えた27分、
右サイドゴール20mで得たFKを、14三上が左足で鮮やかに叩き込み先制します。
<流通経済大学付属柏高校 0-1 青森山田高校>

青森山田の勢いは止まりません。
続く32分、10神谷が左サイドからクロスを上げると、
逆サイドに流れたボール、9豊島がえぐって再びクロス、17鳴海が押し込みますが、ゴール左へ外れます。

流れを変えたい流経は早速、選手交代。
右サイド21宮坂に替え23境目 正義(3年/MF/小倉南FC)、6松本に替え9鈴木 豪(3年/MF/RIPACE SC)を投入。
これが功を奏したのか、23境目のフリーランで青森山田を押し込み、右サイドから侵攻します。

そして40分、流経は右サイド26宮坂、23境目、7中村とつなぎクロスをあげると、
9鈴木が狙いますが、ゴール上へ外れます。

サイドから攻め手はつくれるようになったものの、
かなり深く抉らなければ青森山田のCB4近藤、5常田の高さを崩すことは難しそうです。

前半は青森山田リードのまま終了。

プレシーズンの結果通り、青森山田はかなり強い。
前線は馬力のある選手が多く、加速力は驚異的。
右サイド9豊島は体も強く、度々流経DFの脅威となっています。

一方流経は、途中出場23境目が出てから右サイドが活性化し、選手がどんどん追い越していくように。
青森山田左SB6北城とのバトルは見ごたえがあります。

 


後半、流経は13富樫に替え、長身の5高橋 秀斗(3年/大宮アルディージャJY)を投入。
FWに入り、7中村が中盤、14菅原が左SBへ。

早速49分、流経はCKからエリア内でこぼれたボールを、4本村がもつれながら押し込み同点に追いつきます。
<流通経済大学付属柏高校 1-1 青森山田高校>

流経が流れを呼び込むに見えましたが、直後50分、青森山田は左サイドから5原山がロングスロー。
一旦弾き返されますが、7高橋のクロスを、DFライン際うまく余った17鳴海がフリーの状態で頭で流し込みます。
<流通経済大学付属柏高校 1-2 青森山田高校>

追いつきたい流経は、長身の5高橋めがけてロングボールを供給しますが、
更に長身の青森山田3常田、4近藤の牙城をなかなか崩せません。

青森山田はカウンターで対応。
77分、10神谷、途中出場の11田中 優勢(3年/FW/青森山田中)と繋ぎ、
16吉田 開(3年/FW/FCクラッキス松戸)があげたクロスは、GKの頭を超えクロスバーを直撃します。

さらに85分、FKから10神谷がボールをキープ。
味方との連携からインカットして左足で狙いますが、これは流経GK1高井がキャッチします。

結局、青森山田がこのままリードを守り抜き試合終了。
テンションの高い開幕戦を勝利で飾りました。

 

青森山田はプレシーズンの結果通りかなりの出来栄え。

守備では近藤、常田の高さは圧倒的で、常田は左足のキックでもいいものを見せていました。

攻撃でもタレントがそろう中、特筆すべきはやはり神谷。
背筋の張った出で立ちと柔軟なゴールタッチは雰囲気十分。
周囲からの要求も盛んで、加入間もないとは思えないほど馴染んでいました。

例年とは異なり序盤戦から勝ち点を積み重ねていけそうです。


一方流経は、イギョラ杯から選手が大きく入れ替わっているように、まだ試行錯誤の段階。

気持ちが前に出すぎたのか、ロングボール中心の単調な攻撃になってしまいました。

一人気を吐いたのは2年生の7中村。
攻撃では盛んに顔を出し、がっちりとした体を活かしてキープ。
基準点の役割を果たしていました。

この日出場機会のなかった中でも力のある選手が多く、今後もどんどん入れ替わっていくことが予想されますが、
どうチームとして仕上がっていくのか楽しみなところです。

 

 

プレミアリーグEAST 第1節
流通経済大学付属柏高校 1-2(1-1) 青森山田高校
@味の素スタジアム西競技場
(流経)49分 本村武揚
(山田)27分 三上孝太、50分 鳴海彰人

 

DSC014491

DSC014301

DSC014501

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です