プレミアリーグEAST第4節
三菱養和vs流経大柏


千葉高体連2強ラリー2試合目は、流経大柏高。立地抜群・巣鴨の養和グラウンドへ向かいます。

 

三菱養和SCユース

昨シーズンはプレミアEAST7位。
3節終了時点で1勝1分け1敗、勝ち点4で5位。

GK
18 畚野 直柔  3年 175/69 三菱養和SC調布

DF 
4  関野 太聖  3年 170/60 三菱養和SC巣鴨

5  池田 樹雷人 3年 181/70 三菱養和SC巣鴨
25 清野 拓斗  2年 174/62 三菱養和SC巣鴨
MF 
7  相馬 勇紀  3年 162/63 三菱養和SC調布

10 下田 悠哉  3年 168/70 三菱養和SC巣鴨
14 瀬古  樹  2年 173/61 三菱養和SC巣鴨
16 鯨井 広夢  2年 164/56 三菱養和SC巣鴨
20 多田 大河  2年 三菱養和SC調布
27 平山  駿  1年 180/65 三菱養和SC巣鴨
FW 
9  ディサロ 燦シルヴァーノ 
          3年 175/67 三菱養和SC巣鴨

ーーーディサローーーーー平山ーーーー
ーーーーーーーー下田ーーーーーーーー 
ー鯨井ーーーーーーーーーーーー相馬ー
ーーーー多田ーーーーーー瀬古ーーーー 
ーーー池田ーーー関野ーーー清野ーーー
ーーーーーーーー畚野ーーーーーーーー

 


流通経済大学付属柏高校

昨シーズンはプレミアEAST・チャンピオンシップ優勝。
3節終了時点で2勝1分け、勝ち点7で2位。

GK
17 鳥海 祐哉  3年 186/75 GRANDE FC
DF 
2  小川 諒也  3年 178/67 Forza‘02
13 濱野 勇二  3年 168/60 フレンドリー
26 浜野 駿吾  2年 182/72 ジェファFC
11 久保 和己  3年 170/63 柏イーグルスTOR’82
MF
10 相澤 祥太  3年 177/65 ジェファFC
15 新垣 貴之  3年 170/60 那覇市立小禄中
16 渋谷 峻二郎 3年 167/63 F.C.LIBERTAD
24 松本 雅也  2年 175/66 ヴェルディAJUNT
FW 
8  伴  恭輔  3年 177/68 ジェファFC
21 高橋 万覇人 1年 マインツ

ーーーー高橋ーーーーーー松本ーーーー 
ー新垣ーーーーーーーーーーーー渋谷ー
ーーーー相澤ーーーーーーー伴ーーーー
ー久保ーーーーーーーーーーーー濱野ー
ーーーー小川ーーーーーー浜野ーーーー
ーーーーーーーー鳥海ーーーーーーーー

 

前半2分、養和は左CKを得ると、10下田が頭で合わせ早速先制します。
<三菱養和SCユース 1-0 流通経済大学付属柏高校>

以降先制点をとった養和はゾーンでしっかり守りを固め、中盤の早いパスワークで攻め込む流経に対応する展開に。

流経は、左サイドで幾つか展開を見せる一方で、右サイドはSBに入った13濱野と周囲の連携がかみ合わず、今一つ攻めきることができません。

前半はそのまま養和がリードを守り切り終了します。

 

後半、流経は右SBを21黒澤 丈(2年/前橋ジュニアユース)に交代。ボール扱いに長けた黒澤の攻め上がり等により、右サイドにもリズムが生まれ始めます。

そして50分、流経はPA直前でFKを得ると、10相澤が直接叩き込んで同点に追いつきます。
<三菱養和SCユース 1-1 流通経済大学付属柏高校>

このまま流経がリズムにのっていくかに思われましたが、追加点を奪いきれずにいると、64分、養和はまたもセットプレーからPA内での混戦でファウルをゲット。これを再び下田が決めて突き放すことに成功します。
<三菱養和SCユース 2-1 流通経済大学付属柏高校>

しかし流経は、前半途中から出場した20福井祟志(3年/RIPACE SC)の執拗なプレスで徐々に押し込み、72分PA直前でのこぼれ球をこの福井が叩きこんで再び同点に追いつきます。
<三菱養和SCユース 2-2 流通経済大学付属柏高校>

試合はその後も激しく動きます。83分、養和はカウンターで左サイドからクロスを上げると、ゴール左で待っていた9ディサロがビューティフルボレーで逆サイドに流し込み、再度リードします。
<三菱養和SCユース 3-2 流通経済大学付属柏高校>

これで勝負は決したかに思われましたが、試合終盤の一つのミスが命取りとなってしまいます。

91分、養和は右サイドでの守備で、7相馬がフリーで処理できるにも関わらず雑なキックで相手にCKを与えてしまうと、それを起点に流経26浜野に押し込まれ土壇場で同点に。
<三菱養和SCユース 3-3 流通経済大学付属柏高校>

そして間もなく試合終了のホイッスル。笛と共に倒れこんでいたように、本人も悔しがっていた相馬のミスで勝ち点を逃す結果となってしまいました。

 

選手層の厚さに差が出た印象です。

流経は相手のスタイルや選手の調子に合わせて交代で対応できる一方、養和は流れに対応する選手交代に欠けていました。セットプレーから効率的に得点を重ねましたが、流経の中盤の圧力に耐え切れず失点を重ねてしまいました。

しかし、ディサロのゴールは見事。やはりゾーンDFからのカウンターという養和の戦術の中で、彼の決定力、瞬間的にマークを外す技術はとても重要。

テクニックで勝る流経は、バイタルに入ってからの崩しが物足りず、トップがパワー不足という印象も。また、セットプレーにおける守備は改善の余地が見られました。

 

プレミアリーグEAST 第4節
三菱養和SCユース 3-3(1-0)流通経済大学付属柏高校
@三菱養和巣鴨グラウンド

(養和)2分 下田悠哉、64分 下田悠哉、83分 ディサロ燦シルヴァーノ
(流経)50分 相澤祥太、72分 福井祟志、90+1分 浜野駿吾

 

R0002439 R0002444


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です