プレミアリーグEAST第17節
柏レイソルvs青森山田


プレミアリーグもいよいよ終盤戦。

今節の結果次第ではレイソルの優勝が決まります。その瞬間を見届けようと、前日足を運ぶと決めたのは日立柏。が当日、午前の2位エスパルスの敗戦で試合開始前にレイソル優勝が決定・・・。ちょっと残念な思いを抱えつつも、スタジアムで彼らの雄姿が見られるなら足を運ぶ価値は十分なんだ。なんてね。

 


柏レイソルU-18

16節終了時点で2位に勝ち点6差をつけ1位。
同日午前に2位エスパルスが敗れたため優勝が決定。

GK 
1  木村  真 3年 175/69 柏レイソル

DF 
2  熊川  翔 2年 174/60 柏レイソル

15 加藤 颯人 3年 174/63 柏レイソル
20 上島 拓巳 3年 183/70 柏レイソル
37 古賀 太陽 1年 181/70 柏レイソル
MF 
4  中山 雄太 3年 177/73 柏レイソル

6  手塚 康平 3年 175/64 柏レイソル
7  麦倉 捺木 3年 175/70 柏レイソル
14 山﨑 海秀 2年 179/69 柏レイソル

8  会津 雄生 3年 169/64 柏レイソル
FW 
9  大島 康樹 3年 177/65 柏レイソル


2014年U-18日本代表/会津、大島 
2014年U-17日本代表/中山、上島 

2014年U-16日本代表候補/古賀 

ーーーーーーーー大島ーーーーーーーー
ー会津ーーーーーーーーーーーー熊川ー
ーーーー麦倉ーーーーーー山﨑ーーーー
ー古賀ーーーーー手塚ーーーーー加藤ー
ーーーー中山ーーーーーー上島ーーーー
ーーーーーーーー木村ーーーーーーーー

 

青森山田高校

16節終了時点で6位。
降格圏の9位三菱養和とは勝ち点差2と気を抜けない状況なので、少しでも勝ち点を得たいところ。

高校選手権は青森県予選突破。初戦は中津東。

GK
21 廣末  陸  1年 180/78 FC東京深川

DF 
2  小笠原 学  3年 164/58 横河武蔵野FC

3  平松 遼太郎 3年 173/72 アスペガスFC
13 北城 俊幸  2年 167/62 青森山田中
19 常田 克人  2年 186/76 大宮FC
MF 
6  霞  恵介  3年 169/60 青森山田中

7  山下 優人  3年 173/65 ジェフ千葉
8  野口 雄輝  3年 168/60 小倉南FC
9  木戸 隆生  3年 172/66 バレイアSC
10 丹代 藍人  3年 174/67 青森山田中
FW
11 松木 駿之介 3年 170/62 青森山田中

ーーーーーーーー松木ーーーーーーーー
ー丹代ーーーーー野口ーーーーー木戸ー
ーーーー山下ーーーーーーー霞ーーーー
ー北城ーーーーーーーーーーー小笠原ー
ーーーー常田ーーーーーー平松ーーーー
ーーーーーーーー廣末ーーーーーーーー

 

まずチャンスを得たのは青森山田。5分、GKのロングボールから左サイドを突破し、中央で8野口がシュートを狙いますが、ゴール左へ外れます。

序盤は青森山田がボールを支配。8野口が細かなテクニックを用いてタメをつくり、ゲームを優位に進めます。

レイソルは10山本 健司(3年/
柏レイソルU-15)が怪我で先発を外れた影響か、普段の中盤でのテンポの速いパス回しが鳴りを潜め、CB4中山からのロングボールでDFライン裏を狙う展開が目立ちます。

青森山田は左サイドを中心に展開。対面するレイソルの1年生・37古賀は処理が危うい場面が見られそこをつきますが、クロスに精度を欠きます。

それでも19分、左サイドでFKを得ると、クロスボールは誰も触れずに右ポストを直撃。青森山田がゴールまであと一歩と迫ります。

その後30分ごろからは徐々にレイソルが中盤を支配。押し込みますが、青森山田もサイドを絞って中央のスペースを消し、バイタルへの侵入を許しません。

しかし37分、青森山田のミスからレイソルは右サイドを突破。PA内に深く侵入してグラウンダーのクロス。8会津が狙いますがゴール上へ。

42分、8会津のスルーパスから37古賀がクロス。走りこんだ7麦倉のシュートはゴールわずか右へ外れます。

45分、攻めあがった6手塚が狭いスペースの中股抜きパスを通すと、8会津のクロスから9大島を経て2熊川が狙いますがGK正面。

ここで前半終了。レイソルは得点を奪うまでには至りませんでしたが、パス回しで相手の体力を削り取るゲームプランを着実に遂行します。

 

後半、最初の決定機は青森山田。10分、GKのクリアから左サイドの競り合いを制し、10丹代へ。ワンフェイクからタイミングを外しシュートを狙いますが、レイソルGK1木村の正面へ。

レイソルはカウンターを仕掛けますが、攻め上がりが遅くチャンスを作れません。

22分、26分に15加藤、7麦倉を下げ、23伊藤 達哉(2年/柏レイソルU-15)、10山本 健司(3年/柏レイソルU-15)を投入。布陣を以下に。
ーーーーーーーー大島ーーーーーーーー
ー会津ーーーーーーーーーーーー伊藤ー
ーーーー山本ーーーーーー山﨑ーーーー
ー古賀ーーーーー手塚ーーーーー熊川ー
ーーーー中山ーーーーーー上島ーーーー
ーーーーーーーー木村ーーーーーーーー

28分、8会津→23伊藤のパス交換からエリア内侵入。23伊藤が倒されますが、ノーホイッスル。

横パスが多い中で、23伊藤のドリブルがアクセントとなります。マークがずれてパスの出しどころができるように。

しかし時間はあっという間に経過。アディショナルタイムに10山本がドリブルを開始、斜めに2人を交わしながら進み、エリアに侵入。角度のないところから右足で狙ったシュートはポストを直撃。

試合はこのまま終了し、スコアレスドローとなりました。

 

プレミアリーグEAST 第17節
柏レイソルU-18 0-0 青森山田高校
@日立柏サッカー場

 

IMG_20141130_143705

IMG_20141130_141013

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です