マリノスカップ決勝戦
横浜F・マリノスvs東福岡


昨日に引き続き今日もマリノスカップ。

2日連続のマリノスタウン、今日は天然芝ピッチ。
スタンドからの観戦となりますが、残念ながら日差しは隠れ、風も強くなってきました。

 

横浜F・マリノスユース

今シーズンはプリンスリーグ関東に所属。

今大会は京都橘、前橋育英、コンサドーレ札幌と同居の予選リーグを、3連勝で首位。
   DSC011521  
GK
16 上田 朝都 3年 182/77 横浜F・マリノス

DF 
2  坂内 祐太 3年 167/56 横浜F・マリノス

19 坂本 寛之 2年 177/70 横浜F・マリノス追浜
22 有馬 弦希 2年 178/70 横浜F・マリノス追浜
26 平澤 拓巳 2年 177/63 横浜F・マリノス
MF 
6  佐多 秀哉 2年 176/64 横浜F・マリノス
7  遠藤 渓太 3年 174/66 横浜F・マリノス

8  西浦 英伸 3年 168/64 横浜F・マリノス
27 根本 圭輔 2年 177/64 横浜F・マリノス追浜
FW 
9  渡辺 力樹 2年 172/62 横浜F・マリノス追浜

11 中杉 雄貴 3年 171/61 横浜F・マリノス追浜

2014年U-17日本代表/根本 
2014年U-16日本代表候補/上田

ーーーー渡辺ーーーーーー中杉ーーーー
ー西浦ーーーーーーーーーーーー遠藤ー
ーーーー佐多ーーーーーー根本ーーーー
ー平澤ーーーーーーーーーーーー坂内ー
ーーーー坂本ーーーーーー有馬ーーーー
ーーーーーーーー上田ーーーーーーーー

 

 

東福岡高校

今シーズンはプレミアリーグWESTに所属。

今大会は日大藤沢、名古屋グランパス、ベガルタ仙台と同居の予選リーグを2勝1敗で首位。
 DSC011531
GK
14 前島 正弥  2年 181/75 長崎レインボーSC
DF 
2  林  雄斗  3年 170/67 レオーネ山口
5  山田 英二  3年 176/72 FC花鶴
13 小田 逸稀  2年 173/68 サガン唐津
15 児玉 慎太郎 2年 178/65 レオーネ山口
MF 
4  鍬先 祐弥  2年 176/68 長崎南山中
6  藤川 虎太朗 2年 166/56 サガン鳥栖
7  毎熊 晟矢  3年 179/67 FC BRISTOL
8  橋本 和征  3年 170/56 ファジアーノ岡山
10 中村 健人  3年 171/65 UKI-C.FC
FW 
9  餅山 大輝  3年 184/72 ルーヴェン福岡

ーーーーーーーー餅山ーーーーーーーー 
ー橋本ーーーーーーーーーーーー毎熊ー
ーーーー藤川ーーーーーー中村ーーーー
ー小田ーーーーー鍬先ーーーーーー林ー
ーーーー児玉ーーーーーー山田ーーーー
ーーーーーーーー前島ーーーーーーーー

 

序盤から風上のマリノスが攻め立てます。
2分、ショートカウンターから11中杉がシュートまで持ち込みますが、ゴール上へ。

4分、中盤でボールを奪取、素早いカウンターから11中杉がドリブルで前進。
東福岡DFがブロックしたボールを、7遠藤が強烈なミドルで狙いますが、ボールは惜しくもゴール左へ外れます。

マリノスは昨日の札幌戦に続きプレスが非常に激しく、
東福岡は何とかクリアするものの、風に押し流されて陣地を回復できません。

そして6分、マリノスは左サイドのルーズボールを、11中杉がDFとのスピード勝負に勝って独走。
そのままゴール右に流し込み先制します。
<横浜F・マリノスユース 1-0 東福岡高校>

マリノスの攻撃は止まりません。
18分には、11中杉のキープから9渡辺へ繋ぐと、ヒールで左サイド26平澤へ相手の意表をつくラストパス。
シュートは東福岡GK14前島がセーブしますが、こぼれ球を東福岡DFがハンド。
PKを獲得します。
マリノスは追加点のチャンス、キッカー7遠藤の左隅へのシュートは、東福岡GK14前島がセーブ。
何とか失点を免れます。

ピンチを脱した東福岡でしたが、その直後にアクシデント。
中盤でのコンタクトで負傷した6藤川が交代を余儀なくされてしまいます。
代わって16高江 麗央(2年/MF/ロアッソ熊本JY)が左WGに入り、8橋本が左インサイドハーフへ。

何とかペースを立て直したい東福岡は、中盤でボールを展開。
10中村はさすがの落ち着き。
際どいボールも体をうまく使ってマイボールにし、左右両足で的確に散らしていきます。
右SB2林から惜しいクロスも供給されるように。

東福岡は31分、左サイド8橋本が9餅山とのパス交換からカットインしてシュートを狙いますが、
これはマリノスGK16上田がしっかりとセーブします。

ペースを握られつつあったマリノスですが、36分にチャンスが。
左サイド、東福岡DFのクリアを11中杉がブロック。
このこぼれを驚異的なスピードでかっさらうと、ライン際エリア内に侵入。
折り返しを8西浦がつめて、いい時間での追加点。
<横浜F・マリノスユース 2-0 東福岡高校>

前半はこのまま終了。

アグレッシブなマリノスに序盤圧倒された東福岡は、
先制を許した後、一時ペースを握りかけた時間があったものの、痛恨の追加点を献上。

9餅山にボールが収まる時間が増えれば、より効果的な攻撃が仕掛けられそうですが、
その餅山が時折足をひきづる仕草を見せていたのが、気になるところ。

後半開始早々の50分、やはり9餅山は負傷のため交代。
19濱田 照平(2年/MF/サガン鳥栖U-15唐津)が右WGに入り、7毎熊がトップへ。

マリノスは前半に続き、11中杉のスピードが猛威をふるいます。
52分、カウンターからドリブルで前進すると、
追いかけてきた7遠藤に落としてシュートを狙いますが、GKが何とか弾きます。

一方、東福岡も54分、19濱田のグラウンダークロスを4鍬先がダイレクトで狙いますが、GKがセーブ。

60分、マリノスは2坂内が右サイドで粘ってクロスをあげると、9渡辺が合わせますがGKがセーブ。
8西浦は押し込みきれず、ボールはGK前島の懐へ。

67分、東福岡は左サイドからのクロスを19濱田が折り返し、7毎熊がダイビングヘッドで狙いますがGKがセーブ。
DFの必死のブロックで押し込みきれず。

両チーム一進一退の展開。
東福岡は9餅山の交代後、シンプルにサイドを使い始め好機が生まれ始めます。
一方、マリノスはカウンターをしかけますが、両チームともに決めきれず。

ここからは両チームともに選手交代を行い、最終的に以下の布陣に。

マリノス
ーーーー河原地ーーーーー中杉ーーーー
ー阿部ーーーーーーーーーーーー薄葉ー
ーーーー佐多ーーーーー川原田ーーーー
ー平澤ーーーーーーーーーーーー常本ー
ーーーー坂本ーーーーーー有馬ーーーー
ーーーーーーーー上田ーーーーーーーー
71分 
25 川原田 湧  2年 161/53 横浜FMJY
77分 
17 薄葉 迅人  2年 165/57 横浜FMJY
24 常本 佳吾  2年 172/63 横浜FMJY
84分 
12 阿部 隼人  2年 165/66 横浜FMJY追浜
18 河原地 亮太 2年 166/54 横浜FMJY追浜


東福岡
ーーーーーーーー佐藤ーーーーーーーー 
ー姫野ーーーーーーーーーーーー濱田ー
ーーーー高江ーーーーーー中村ーーーー

76分 
17 姫野 天輝 2年 169/65 WestKidsDuel FC
20 佐藤 凌我 2年 179/69 福岡市立次郎丸中

マリノスは80分、25川原田のいい落としから11中杉が狙いますが、GKがセーブ。

82分には、右サイドへ大きく展開し24常本のパスから、再び11中杉がシュートを狙いますが、ボール上。

その後、東福岡・交代出場の17姫野の突破から何度かチャンスが生まれますが、フィニッシュには至らず。

結局スコアは動かず試合終了。
マリノスが、予選リーグから全勝でマリノスカップ完全優勝を果たしました。

 

マリノスはこの日ゴールラッシュとまではいかなかったものの、
前線からの激しいプレスと鋭いカウンターを使い分け、ゲームを支配。

途中いくつかピンチを迎えたものの、GK上田を中心に最後のところで守りきり、無失点でゲームを終えました。

9渡辺のポストプレーはやはり素晴らしかった。
置く場所、タイミング、ボールの質、全てパーフェクトに近く、
ゴールこそ決められなかったものの、攻撃特にカウンター時の展開において重要な役割を果たしていました。

間もなく開幕するプリンスリーグ関東でも、いい戦いを見せてくれそう。


東福岡は、序盤風下だったこともあり圧倒される時間帯があったものの、
伝統のサイドアタックが機能しはじめた後半は、度々チャンスも。

例年になく2年生の出場が多く、チームの構築には時間を要しそうなので、
プレミアリーグWESTでは、特に序盤戦、何とか持ちこたえて欲しいところです。

 

 

マリノスカップ 決勝
横浜F・マリノスユース 2-0(2-0) 東福岡高校
@マリノスタウン
(横浜)6分 中杉雄貴、36分 西浦正伸

 

DSC011701

DSC011921

DSC012081

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です