関東大学リーグ1部第3節
早稲田大vs中央大


早稲田大学

昨シーズンは、

関東大学1部リーグ:優勝
総理大臣杯:2回戦敗退
インカレ:ベスト8

関東大学リーグ1部は、
第2節終了時点で、2敗勝ち点0で12位。


今シーズン初観戦。
GK 
16 山田 晃士 3年 180/81 浦和レッズ
DF
3  大桃 海斗 4年 181/82 帝京長岡
4  鍬先 祐弥 3年 175/72 東福岡

5  杉山 耕二 3年 180/73 三菱養和SC
6  阿部 隼人 3年 167/70 横浜F・マリノス
MF
7  金田 拓海 4年 174/68 ヴィッセル神戸

8  栗島 健太 4年 175/71 流経大柏
9  武田 太一 4年 183/81 ガンバ大阪
33 西堂 久俊 1年 180/72 市立船橋

34 山下 雄大 1年 179/73 柏レイソル
FW
11 蓮川 雄大 4年 183/73 FC東京


ーーーーーーーー蓮川ーーーーーーーー
ー西堂ーーーーーーーーーーーー武田ー
ーーーーー栗島ーーーー金田ーーーーー
ー阿部ーーーーー山下ーーーーー鍬先ー
ーーーーー大桃ーーーー杉山ーーーーー
ーーーーーーーー山田ーーーーーーーー

HT
33 西堂→
10 梁  賢柱 3年 171/73 東京朝鮮
78分
34 山下→
19 田部井 悠 2年 173/65 前橋育英
90分
10 梁→

12 大里 優斗 4年 168/67 鹿島アントラーズ

2019年全日本大学選抜/武田
2019年関東A大学選抜/大桃、鍬先
2019年関東B・北信越大学選抜/杉山、金田

 

 

中央大学

昨シーズンは、
関東大学2部リーグ:優勝
総理大臣杯:出場なし
インカレ:出場なし

関東大学リーグ1部は、
第2節終了時点で、2敗勝ち点0で12位。

今シーズン初観戦。GK

1  飯吉 将通  4年 184/72 新潟西
DF
3  深澤 大輝  3年 174/69 東京ヴェルディ

4  安部 崇士  4年 180/74 桐光学園
6  今掛 航貴  3年 170/62 興國
28 荒木 遼太  1年 172/69 興國
MF
5  中村 亮太朗 4年 179/70 新潟明訓

7  宮城 和也  4年 175/65 興國
8  大久保 智明 3年 170/62 東京ヴェルディ
10 加藤 陸次樹 4年 178/69 サンフレッチェ広島

13 縄  靖也  4年 176/74 ベガルタ仙台
FW
9  小山  駿  4年 176/71 帝京第三


ーーーーーーーー小山ーーーーーーーー
ー加藤ーーーーーーーーーーー大久保ー 
ーーーー縄ーーーーーーー宮城ーーーー 
ー今掛ーーーーー中村ーーーーー荒木ー 
ーーーー安部ーーーーーー深澤ーーーー 
ーーーーーーーー飯吉ーーーーーーーー

82分
8  大久保→
31 上村 尚輝 2年 180/78 桐蔭学園
85分
9  小山→

15 川元 雄太  4年 163/59 座間
86分
13 縄→
18 松本 大輔  3年 183/79 帝京第三

2019年関東A大学選抜/加藤
2019年関東B・北信越大学選抜/中村

 

 

試合形式は45分ハーフ。

両チーム中盤に5枚を割く4-1-4-1を採用。
中央のサッカーは初めて見たがビルドに長けるCB3深澤大輝の起用を始め、
狭い中でも捌ける7宮城和也、13縄靖也がバランスよくボールに寄って
中継点となりマイボールを大切にして一歩一歩進める。
ヴェルディ出身らしい技量のある右WG8大久保智明が中に位置取り、
SB28荒木遼太が大外に張るのも特徴的。

この28荒木遼太が非常に面白く、
SBの水準以上のボールテクニックでビルドに関与できると共に、
単騎で突破できるドリブルも兼ね備えている。
他校含め期待値込みでの新人起用が目立つが、純粋に戦力になっていた。

最初のチャンスは中大。
早稲田のファーストブロックをパスワークで打開。
自陣で受けた10加藤陸次樹がドリブルで30mほど運ぶと、
切り返して1枚を剥がし、25m左寄りから右足を一閃。
アウト気味にコースを変えたボールは、惜しくもクロスバーを強打!

一方の早稲田は、同じく中盤5枚もアンカー34山下雄大からのサイドチェンジ、
あるいは強靭な体躯を誇る9武田太一と11蓮川雄大のパワーで、
強引にこじ開けようとする狙いも見える。


今日は武田の右WG起用が意外で、
ボックスで勝負する武田と重戦車・蓮川の位置は逆なのでは、なんて思っていたら、
ミドルフィードにDFの後方からスタートした蓮川があっという間に追い抜いて抜け出し、
キーパーには防がれたが、一対一まで持ち込む。

そしてこのコーナー。
意表を突くマイナスのクロスに34山下雄大が合わせるもDFがブロック。
しかしこれを11蓮川雄大が突き刺す!早稲田が先制!

先制後、早稲田は前線をポジションチェンジ。
ーーーーーーーー蓮川ーーーーーーーー

ー西堂ーーーーーーーーーーーー武田ー

その後、早稲田はカウンターからのチャンスが続く。
右33西堂久俊がワンツーで抜け出すと、折り返しにニア9武田太一のキープ。
落としに34山下雄大がダイレクトで狙うも、クロスバーを直撃!

さらに、またも右サイドを33西堂久俊が9武田太一とのワンツーで打開すると、
中央へ繋ぎ8栗島健太が一枚剥がして左へ。
完全フリーの状態で受けた11蓮川雄大は右足巻いて狙うも、
わずかに浮いてまたもクロスバー!

2度の超決定機を逃した早稲田。
前半は1点リードで終了するものの、これが後々響いてくることに。

 


後半、前に出る中央に対し、早稲田は防戦一方に。
8大久保智明がサイド、中央と位置を変えながら攻撃のタクトを奮う。
相手を見切った緩急あるドリブル、そして中央からワンツーでバイタルへ侵入。

クロスやパスワークなど際どいシーンが続くが、
早稲田は最終ラインが堅く、
体を張って絶対に入れ替わらせない3大桃海斗、
これを行かれるとまずいという場面で、最後に足を出してくる4鍬先祐弥を中心に、
何とか耐える。

早稲田は、後半スタートから33西堂久俊に替わった10梁賢柱の調子が今一つで、
再び右に移った9武田太一がマーカーをなぎ倒して中央に入り、
左足フィードでチャンスメイクも
形にはならず。
11蓮川雄大やインサイド2枚の存在感も希薄で、
攻撃でほとんど時間を割くことがになったのも苦戦の一因だろう。
ポジトラが遅く、比重を後ろに置きすぎている?

その後も続く中央のミドル、クロスに対し、
早稲田は16山田晃士のビッグセーブで防ぐが、ついにその時が。
37分から前線に投入された中央31上村尚輝が体を張ったプレーでDFの注意を誘うと、
40分、5中村亮太朗のロングフィードに二列目から抜け出した10加藤陸次樹が、
エリア内ダイレクトボレーで合わせる。
一度はDFがブロックするも、こぼれを自ら押し込んでついに同点!

年代別代表経験もある中央10加藤陸次樹は、
体格的な理由からか年齢を重ねるごとにCFから徐々にポジションを下げ、
どのようなプレーヤーになっているのか気になっていたが、
一瞬の加速を活かした局面打開とシュート感覚で、
危険なセカンドストライカーに変貌していた。

その後も中央の押せ押せムードに対し、耐える早稲田。
結局試合は動かずドロー決着。

結果はイーブンも、
1部でもやれるという手応えをより強めたであろう中央と、
いまだ勝ち星なく混迷の中にある早稲田とその内情は大きく異なるようだ。

 

2019年4月27日 14:00K.O.
関東大学リーグ1部 第3節
早稲田大学 1-1(1-0)中央大学
@味の素フィールド西が丘
(早稲田)27分 蓮川雄大
(中央)85分 加藤陸次樹

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です