JユースカップR16
ヴィッセル神戸vsFC東京


ヴィッセル神戸U-18

今シーズンはプレミアリーグWESTに所属。
第15節終了時点で、6勝8敗勝点18で8位(1試合未消化)。

夏のクラブユース選手権は、ベスト16。

今大会は、2回戦からの登場。
2回戦:vs サガン鳥栖 3-2

今シーズン初観戦。
GK 
1  多久美 景紀 2年 181/74 レイソルA.A.TOR
DF
2  宋  勝鳳  3年 176/69 ヴィッセル神戸
5  右田  楓  3年 176/68 バレイアSC
6  谷村 尚哉  3年 177/67 和歌山ヴィーヴォ
20 坂口  薫  2年 179/68 ヴィッセル伊丹
MF
7  山内  翔  2年 175/71 ヴィッセル伊丹
8  船越 大夢  3年 175/66 ヴィッセル神戸
10 原   尊  3年 171/68 上州FC高崎
11 泉  柊椰  3年 173/61 柏田SC
25 押富 大輝  1年 170/64 ヴィッセル神戸
FW
13 臼井 勇気  2年 172/65 ヴィッセル神戸

ーーーーーーーー臼井ーーーーーーーー
ー泉ーーーーーー船越ーーーーーー原ー
ーーーー山内ーーーーーー押富ーーーー
ー坂口ーーーーーーーーーーーー谷村ー
ーーーー宋ーーーーーーー右田ーーーー
ーーーーーーー-多久美-ーーーーーーー

65分
6  谷村→
33 藤本 颯真  1年 172/66 ヴィッセル神戸
83分
13 臼井→
27 五味 郁登  1年 176/64 ヴィッセル神戸

2018年U-16日本代表/山内

 

FC東京U-18

今シーズンはプレミアリーグEASTに所属。
第15節終了時点で、4勝1分10敗勝点13で9位。

夏のクラブユース選手権は、ベスト16。

今大会は、
1回戦:vs ジェフ千葉 EX3-2
2回戦:vs カターレ富山 4-1

今シーズン初観戦。
GK
30 野澤 大志ブランドン 1年 191/81 FC琉球
DF
2  木村 誠二  2年 184/71 FC東京深川
4  草住 晃之介 3年 176/68 FC東京深川
22 バングーナガンデ 佳史扶
          2年 174/67 FC東京深川
28 大森 理生  1年 180/70 FC東京むさし
MF
7  小林 里駆  2年 169/60 FC東京むさし
9  鈴木 智也  3年 173/68 FC東京むさし
14 沼田 航征  2年 176/63 FC東京むさし
37 角 昂志郎  1年 165/60 東京武蔵野シティ
FW
18 久保 征一郎 2年 185/71 太陽スポーツクラブ
25 青木 友佑  1年 170/66 FC東京深川

ーーーー久保ーーーーーー青木ーーーー
ー鈴木ーーーーーーーーーーーーー角ー
ーーーー小林ーーーーーー沼田ーーーー
ーバングーナーーーーーーーーー草住ー
ーーーー木村ーーーーーー大森ーーーー
ーーーーーーーー野澤ーーーーーーーー

63分
25 青木→
13 宮田 和純  2年 183/72 FC東京深川
66分
37 角→
10 芳賀 日陽  3年 168/60 FC東京深川

2018年U-17日本代表/木村、バングーナ、大森
2018年U-16日本代表/野澤、角、青木

 

 

・試合形式は45分ハーフ。
・昨晩から降り続いた雨の影響で、天然芝ピッチから人工芝ピッチに当日変更。開始時には雨は止んでいたものの、時折降り注ぐ天候。
・神戸はCBのU-19日本代表4小林友希(3年・ヴィッセル神戸)がAFC選手権出場のため不在。また、2018年U-17日本代表9小田裕太郎(2年・ヴィッセル神戸)も不在。
・東京は下級生にタレントを揃えるが、今日はスタメンに3年生は2人のみという布陣で臨んできた。

・スリッピーなピッチコンディションの影響もあるのか、両チームとにかくパスが繋がらない。二本以上繋がるのは稀という状況で、異常にキックやタッチが乱れている。
・神戸はストロングポイントの左サイド11泉柊椰がドリブルで前に運ぶが、中央の押し上げが遅くそこから崩すことができない。

・中盤デュエルでは東京が若干優勢。闘える7小林里駆を中心にセカンドを回収し始め、攻撃を仕掛ける。

・しかし最初のチャンスは神戸。12分、神戸は前線のプレスからクリアをブロック。13臼井勇気が前線でつぶれ、フォローした11泉柊椰が右足で狙うも東京30野澤大志ブランドンが横っ飛びで掻き出す。
・その後も両チーム形を作れず。特に気になるのが神戸3ボランチの運動量の少なさ。プレーモデルのポゼッションで中心的な役割を担うはずだが、関与がなく攻守いずれも切り替えが遅い。
・対する東京は、長身18久保征一郎が裏抜けを狙うがミドルパスの精度を欠き、違いを作れるのは右サイド37角昂志郎のみという状況。角はスプリントやプレースキックも任されているキックはポテンシャルを感じるが、少しでも遅れるとコンタクトで潰されてしまう場面が多い。

・それでも34分、神戸は右サイドから侵攻するとエリア内深く抉り折り返し。これが東京のハンド?を誘いPKをゲット。疑問の残る判定だが、8船越大夢が確実に決め先制する。


・前半は神戸の1点リードで折り返し。

 

 

・後半も引き続き両チーム攻め手を欠く。
・神戸は最前線の13臼井勇気が献身的なチェイシングを見せ、時折引っ掛ける場面を迎えるも味方のフォローなく空砲に終わってしまう。右サイド10原尊も違いの作れるタレントのはずだが、マッチアップの東京22バングーナガンデ佳史扶を警戒しているのか前への飛び出しをかなり自重している感がある。

・東京はその22バングーナガンデ佳史扶を使う形が徐々に増える。スピードはそれほどでもないが、最前線まで駆け上がる長距離の上下動を繰り返せるタフネスの持ち主。左のプレースキックも任されているが、キックはもう少しパンチ力が欲しいところ。

・バングーナの攻め上がりに焦ったのか、神戸は1多久美景紀が何でもないボールをファンブルし、あわやの場面も。多久美は前半もキャッチミスや飛び出しの躊躇など脆さを感じる場面があり、自信を喪失しているようにも見える。心配。

・神戸は前半と変わらずポゼッション志向が全く見られない。空中戦では2木村誠二など東京CBに分があるが、意図なく蹴り込むシーンが多い。どうした?

・両チーム決定的な場面を作れないでいるが、東京は33分左サイドのロングスローから、これは神戸がクリアするが競り合いの中で押さえ込んだとのジャッジでPK。帳尻としか思えないまたも疑問の残る判定。これを途中出場の10芳賀日陽が狙うが、外してしまう。

・終盤、ハイクロスから圧力をかける東京。46分、右からのクロスに神戸ディフェンスとキーパーが連携ミスで交錯。こぼれを7小林里駆が無人のゴールに沈め、土壇場で追い付くことに成功する。


 

・延長前半、神戸は右サイドへのミドルフィード。東京2木村誠二が前に出てクリアを試みたところ、死角から突っ込んできた神戸の選手と交錯し、今日3本目となるPKの判定。またまた厳しいのでは?と感じさせるジャッジ。これを再び8船越大夢が沈め、神戸が勝ち越し。

・結局その後スコアは動かず。両者流れの中でのチャンスが乏しい試合だったが、二度のPKのチャンスをモノにした神戸が準々決勝進出を決めた。

・共にプレミアでの苦戦ぶりが伺える厳しい内容だった。下級生中心の布陣で臨んでいる東京は致し方ない部分はあるが、気になるのが神戸。
・アカデミーのプレーモデルとして確立してきたポゼッション志向が、試合を通じて全く感じられなかった。アジア予選を通過した02ジャパンで主軸を担わなければならない7山内翔などタレントはいるはずだが、今日はその山内もノーインパクトに終わっている。
・妄想の域であってほしいが、「イニエスタ以降」始まった体制変更の中でネガティブな変化が起きてなければいいのだけど。

 

 

2018年10月27日 10:30K.O.
Jユースカップ 3回戦(R16)
ヴィッセル神戸U-18 EX2-1(1-1)FC東京U-18
@時之栖スポーツセンター裾野グラウンド
(神戸)34分 船越大夢、98分 船越大夢
(東京)91分 小林里駆

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です