JユースカップR16
川崎フロンターレvsセレッソ大阪


Jユースカップ3回戦セントラル開催。
1日目第2試合は、迷った挙句今シーズン未見のセレッソのゲームに。

第1試合のB1グラウンドは砂埃が舞うほど短い芝でしたが、こちらのCグラウンドは長めの芝生。
果たしてどんな展開になるか。

 

川崎フロンターレU-18

プリンスリーグ関東は、15節終了時点で7勝2分6敗勝ち点23で6位。
クラブユース選手権はベスト16。

今大会は1回戦:vs ジェフユナイテッド千葉 3-2
2回戦:vs 鹿島アントラーズ 2-1。


今シーズン5回目の観戦。

プリンス関東7節 vs浦和レッズ
クラ選グループリーグ vsガンバ大阪
クラ選ラウンド16 vs大宮アルディージャ
プリンス関東11節 vsヴァンフォーレ甲府

DSC04673
GK 
1  名良橋 拓真 3年 181/71 川崎フロンターレ

DF 
3  島崎  竜  3年 172/62 川崎フロンターレ
4  長谷川 隼  3年 176/70 川崎フロンターレ

5  武田 太一  3年 173/60 川崎フロンターレ
26 伊従 啓太郎 1年 184/73 川崎フロンターレ
MF 
8  渡邉 啓太郎 3年 166/58 清水エスパルス

10 三苫  薫  3年 175/62 川崎フロンターレ
18 田中  碧  2年 178/66 川崎フロンターレ
32 村田 聖樹  1年 168/52 川崎フロンターレ
FW
9  岸  晃司  3年 176/70 川崎フロンターレ

11 瀬川 ヤーシャ 3年 170/67 川崎フロンターレ

2015年U-16日本代表/伊従

ーーーーーーーー瀬川ーーーーーーーー
ー三苫ーーーーー−岸−ーーーーー渡邉ー
ーーーー田中ーーーーーー村田ーーーー
ー島崎ーーーーーーーーーーーー武田ー
ーーーー伊従ーーーーー長谷川ーーーー
ーーーーーーー−名良橋−ーーーーーーー

 

 

 

セレッソ大阪U-18

プレミアリーグWESTは、第15節終了時点で9勝6敗勝ち点27で3位。
クラブユース選手権はグループリーグ敗退。

今大会は2回戦からの登場。
2回戦:vs Y.S.C.C.横浜 7-1


今シーズン初観戦。

DSC04633
GK 
1  松原 秀模  3年 181/75 セレッソ大阪西

DF  
3  高嶋 由哉  3年 175/68 ALPHARD FC
5  庄司 朋乃也 3年 187/74 クマガヤSC

6  堀江 大騎  3年 166/59 セレッソ大阪西
16 舩木  翔  2年 176/61 セレッソ大阪
MF 
4  立石 和真  3年 173/66 セレッソ和歌山

8  丸岡  悟  3年 170/65 徳島市立川内中
12 斧澤 隼輝  2年 165/60 長崎南山中
17 上畑 佑平士 2年 176/62 セレッソ大阪西
FW 
9  井上 泰斗  3年 179/67 セレッソ大阪

10 岸本 武流  3年 174/66 桜FC

2015年U-18日本代表/岸本、舩木 
2015年U-18日本代表候補/庄司
2015年U-17日本代表/斧澤

ーーーー岸本ーーーーーー井上ーーーー
ー丸岡ーーーーーーーーーーーー斧澤ー
ーーーー上畑ーーーーーー立石ーーーー
ー舩木ーーーーーーーーーーーー堀江ー
ーーーー高嶋ーーーーーー庄司ーーーー
ーーーーーーーー井上ーーーーーーーー

 

最初のチャンスはセレッソ。
3分、5庄司のロングフィードから10岸本がエリア内右寄りでボールをキープすると、
落としに走り込んだ9井上がシュートを狙いますが、ここはディフェンスがブロック。

5庄司のフィードは、ライナー性で超高速。
滞空時間が短いため、ディフェンスは対面で対応することが出来ません。 

一方川崎も5分、右サイドワンツーから5武田が突破。
エリアに侵入すると、折り返しを11瀬川がワントラップからシュート。
ディフェンスにあたりコースが変わったボールは、1松原が鋭い反応で触ります。

川崎は続く9分、9岸が中盤で相手とうまく入れ替わりバイタル侵入。
10三笘とのワンツーから最終ラインの突破を試みますが、あと一歩届かず。

12分、セレッソは右サイド12斧澤が単騎で中央侵入し、
右サイドへ流れていた9井上へ展開。
クロスを受けた10岸本がキープから自らシュートまで持ち込みますが、
これはディフェンスにあたります。 

14分、川崎はカウンターから左サイド10三笘が一人を交わして中央へ。
そして絶妙のタイミングでスルーパスを供給。
9岸がラインを抜け出しキーパーとの一対一を迎えますが、
1松原が素早く距離をつめ、シュートは正面に。
9岸は怪我?心なしかいつものキレがないような気も。

両チーム一進一退の展開が続きますが、19分均衡が崩れます。
セレッソは8丸岡が中盤でパスカットすると自らドリブルで持ち込み、左サイド深くに侵攻。
キックフェイントでを相手を交わしクロスをあげると、9井上が触りますがここはディフェンスがブロック。
しかしそのこぼれ12斧澤が左足で強烈ミドル。
キーパー1名良橋も素早い反応を見せますが、その手を弾いて右隅へ突き刺さります。
セレッソ先制!
〈川崎フロンターレU-18 0-1 セレッソ大阪U-18〉

先制された川崎は19分、
左サイド10三苫が両足を駆使しゴールライン際からエリアに侵入すると、
クロスはディフェンスにあたりそのままゴールへ向かいますが、ここも1松原が何とか触ります。

23分、川崎はエリア手前左でFK。
9岸が直接狙いますが1松原がパンチングで冷静にクリア。

ピンチを防いだセレッソは26分、 相手セットプレーからのカウンター。
10岸本がキープから二人を交わして突破、右サイドへ展開すると12斧澤がクロス。
ファーでフリーで待っていた8丸岡が合わせますがここはゴール上へ。
決定的な場面!

27分、今度は川崎がカウンター。
縦パス11瀬川のキープから9岸がミドルで狙いますが、これはゴール上。

30分、セレッソはパス交換から右サイド12斧澤へ展開しクロス。
4立石を飛ばして9井上が合わせますがゴール左へ外れます。

34分、川崎は幾度と起点になっている左サイド10三笘にボールが渡ると、
11瀬川が縦に流れ、中央空いたスペースに9岸が走り込み、そこにミドルパスを通します。
岸は胸トラップからシュートを狙いますが、ここも1松原が素早く距離をつめセーブ。
セレッソは松原の攻守が光ります。

次の1点はどちらに入ってもおかしくない状況が続きますが、
44分得点を奪ったのはセレッソ。
右サイド12斧澤から速いパス交換で4立石→9井上と繋ぎ最終ラインを突破。
折り返しを10岸本が触り逆サイドに流れたボールを、最後は8丸岡が押し込み追加点。
いい時間帯に突き放します。
〈川崎フロンターレU-18 0-2 セレッソ大阪U-18〉

そして前半終了。

ともにチャンスを作りほぼ互角の展開と言える内容ながら、
当たっているGK1松原の攻守もありセレッソが2点をリード。
しかし川崎にもまだまだチャンスはありそうです。

 

後半開始から2点を追いかける川崎が結局的に仕掛けます。
46分、10三笘のキープから左サイド3島崎がグラウンダークロス。
ライン裏へ流れたボールはセレッソ5庄司がスライディングで何とかクリア。


48分、川崎はカウンターから左サイド10三笘が速いクロスを入れますが、
最前線11瀬川には惜しくも一歩届かず。


止まらない川崎は、53分には右サイドでボールを受けた9岸から左サイドへ大きく展開。
3島崎から11瀬川へスルーパスが通ると、エリア内で一人交わして折り返し、
走り込んだ18田中に渡るも、DFが寄せてボールはキーパーのもとへ。


序盤の圧力に耐えたセレッソは56分、川崎9岸を3人で囲んでボールを奪い、
縦パスを受けた10岸本が振り向き様ミドル。
しかしゴールわずか左に外れます。


その後、川崎は4長谷川が空中戦ジャンプの際に、怪我を負っている膝を負傷。
一時退場するほどで、その影響もあってか徐々にクリアをセレッソに拾われ、押し込まれる時間が増えていきます。


58分、セレッソはショートコーナーからのクロス。
混線から9井上が押し込みますが、シュートは左ポストを直撃。


63分、フロンターレは中盤でパスカットをされ、縦パスが10岸本に入ります。
岸本はディフェンス焦らして交わし右足一閃。
1名良橋が何とか足で掠め、シュートはゴールわずか左。

川崎は集中力が切れた感も。
中々ボールを受けられない前線の選手も、徐々にフラストレーションを露わに。


その後、ますます勢いを増すセレッソの波状攻撃が続きます。


流れを変えたい川崎は選手交代で対応。
67分、26伊従に替え24川崎 晶弘(2年/DF/川崎フロンターレU-15)を投入。
左バックに入り、5武田がセンター、3島崎を右に配置換え。


この成果が出たか、
68分、セレッソ5庄司のトラップがわずかに乱れ、これを10三苫がカット。
シザースで相手に飛び込ませず時間作ると、後ろから追い付いた9岸へ展開。
強引にシュートに持ち込むと、
DFに当たったボールはふわりと浮かび、キーパーの頭を越えネットを揺らします。
〈川崎フロンターレU-18 1-2 セレッソ大阪U-18〉


おそらく思う様にプレーできていなかった9岸のゴールで、川崎は息を吹き返します。
以降、右サイドにポジション移した3島崎からの積極的に仕掛けが見られる様に。


しかしセレッソも流れを渡さんと73分、カウンター9井上から左サイドへ展開。
ミドルパスに対し8丸岡が意表をつきダイレクトで折り返します。
これを走り込んだ12斧澤が流し込み、ネット揺らしますがここは惜しくもオフサイドの判定。


そして76分、セレッソは10岸本が左サイドでのキープからクロスをあげると、
中央待っていた9井上の手前でDFが何とか触りますが、クリアしきれず痛恨のオウンゴール。
触っていなくても1点もので、ここは防ぎきれなかったか。
〈川崎フロンターレU-18 1-3 セレッソ大阪U-18〉


痛い失点を喫してしまった川崎は77分、右サイド9岸から大きく逆サイドへ。
10三苫→24川崎と繋ぎ最後は再び10三苫が狙いますが、シュートは惜しくもゴール上。


78分、川崎は10三苫、9岸が得意のコンビプレーで崩し、
最後は10三苫がゴールを狙いますが、わずか右。
チャンスを作るものの決め切ることができません。


逃げ切りを図るセレッソは選手を入れ替え。
交代選手も右サイドに入った18松岡 大智(2年/FW/カターレ富山U-15)、
左サイドに入った34中島 元彦(1年/MF/セレッソ大阪 西U-15)など年代別代表経験者が揃い、層の厚さを感じさせます。


そしてロスタイム、
セレッソはフリーキックから走り込んだその34中島が頭で合わせますが、
1名良橋が集中を切らさずファインセーブ。

しかし試合はこのままタイムアップ。

チャンスをものにできなかった川崎に対し、決めるべきところで決めたセレッソが快勝。
準々決勝に駒を進めました。

 

セレッソは、前半戦プレミアWESTで首位を守り続けていただけあって個々のタレントが豊富。

ディフェンスの中心はやはり主将・庄司。
今日はその長身が活きる空中戦ではなく、地上戦が主。
川崎10三笘のドリブルには苦しめられたものの、
裏へのボールへの反応の速さ、ギリギリのボールに届くリーチの長さはやはり魅力的。
彼が負傷退場していたころは守備が崩壊するゲームもあったようですが、今日はコーチングを含め大きく貢献。
攻撃面でもその高速フィードから最前線10岸本への展開はチームの大きな武器になっています。
U-18代表からは長らく遠ざかっていますが、観戦していた内山監督のお眼鏡に叶うでしょうか。

中盤では、両翼でしっかりとボールを保持でき、ドリブル、パス交換ともに対応できる8丸岡、12斧澤に、
中央は運動量豊富で体も強い4立石、17上畑がしっかりとケア。
攻守で非常にバランスがよく穴がありません。

前線では、前述の10岸本が抜きん出たプレーぶり。
得点こそなかったものの、
相手を弾ける体の強さ、そして腰の強靭さが伺える切り返しの深さで、
卓越したキープ力を披露していました。

チームとして一時期調子を落としていたようですが、選手層も充実し、
今大会頂点も十分に伺えるのではないでしょうか。


一方の川崎はチャンスこそ互角とも言えるほどにつくっていましたが、
相手キーパーの攻守もあり決定力の差が勝敗を分けることに。

苦しいゲームの中でもチャンスメーカーであり続けたのは10三苫。
両足の小刻みな使い分けや自然体のシザーズで、
相手を抜くことも、飛込ませずに時間をつくることもでき、
さらにはパスセンスも完備。
今日は決めきれなかった得点力をもう1ランク上げれば、
上のステージでも活躍を十分に期待できる逸材です。

9岸は今日はおそらく本調子ではなく、時折苛立ちを見せる場面もありましたが、
それでも決め切るところはさすが。
負けん気も強く、戦える選手であることを改めて感じさせました。

一方、下級生コンビで組むボランチは、相手の圧力に屈した格好か。
1年生32村田は肉弾戦で劣勢に立つ場面、18田中は攻撃で後ろに戻してしまう場面が見られ、
チームとして最も成長の可能性があるポジションと言えそうです。

 

 

Jユースカップ 3回戦
川崎フロンターレU-18 1-3(0-2) セレッソ大阪U-18
@時之栖スポーツセンター裾野グラウンド
(川崎)68分 岸晃司
(セレッソ)19分 斧澤隼輝、44分 丸岡悟、76分 オウンゴール

 

 

 

DSC04652

DSC04667

DSC04678

DSC04681

DSC04660

DSC04691

DSC04646

DSC04658

DSC04647

DSC04706

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です