高校総体大阪決勝リーグ
興國vs履正社


今日はヤンマースタジアム長居へ。

所用で大阪へ行ったついでに、インターハイ大阪府予選を観戦。

大阪府予選は、先週準々決勝を終え、残り4チーム。総当たりのリーグ戦で、上位2チームが全国への切符を手にします。

今朝のCL観戦で、第一試合には間に合わず。第一試合は、東海大仰星が大阪学院に後半AT
のゴールで勝利した模様。

 

興國高校

大阪府1部リーグは、
第8節終了時点で5勝1敗2分で2位。

今大会は、
ラウンド16:vs 大商学園 2-0
準々決勝:vs 賢明学院 2-0

今シーズン初観戦。

DSC09069
GK
1  田中 大智 3年 ゼッセル熊取
DF 
2  今掛 航貴 3年 RIP ACE SC
4  坂口 貴哉 3年 長坂SC
5  山口 達也 3年 長野FC
8  長井 一真 3年 大阪セントラルFC

MF 
3  加田 淳哉 3年 大阪市ジュネッスFC
6  掃部 勇哉 3年 ヴィッセル神戸伊丹

7  大塚 智也 3年 レオSC
10 大垣 勇樹 2年 枚方FCマシア
11 北山 雄大 3年 セレッソ大阪和歌山

FW  
9  西村 恭史 2年 長野FC

2015年U-15日本代表候補/大垣

ーーーーーーーー西村ーーーーーーーー
ー大垣ーーーーーーーーーーーー北山ー
ーーーー大塚ーーーーーー掃部ーーーー
ー今掛ーーーーー加田ーーーーー山口ー
ーーーー長井ーーーーーー坂口ーーーー
ーーーーーーーー田中ーーーーーーーー

 

 

履正社高校

プリンスリーグ関西は、
第5節終了時点で4勝1分で1位。

今大会は、
ラウンド16:vs 関大一高 2-1
準々決勝:vs 大阪桐蔭 1-0

今シーズン初観戦。

DSC09067
GK

12 滝浪 朋生  2年 大阪市SS2001
DF  
4  難波 智博  3年 FC江坂
5  清  翼空  3年 川上FC
14 左居 隼人  2年 高槻FC
15 夏山 瑞輝  3年 明倫クラブ
MF 

6  大塩 真生  3年 千里丘FC
7  安羅 修雅  2年 ガンバ大阪
8  弓場 大輝  2年 千里丘FC
13 坂本  樹  2年 千里丘FC
33 野口 天葵  1年 千里丘FC
FW

9  荻久保 康太 3年 東淀川FC


ーーーーーーー–荻久保–ーーーーーーー
ー安羅ーーーーー弓場ーーーーー野口ー 
ーーーー大塩ーーーーーー坂本ーーーー
ー難波ーーーーーーーーーーーー左居ー

ーーーー–清–ーーーーーー夏山ーーーー 
ーーーーーーーー滝浪ーーーーーーーー

 

試合形式は35分ハーフ。

最初のチャンスは興國。1分、左寄り30mの位置でセットプレー。6掃部が直接狙うも、キーパー正面を突き、12滝浪ががっちりキャッチ。

興國は、長いボールは使わず、最終ラインからじっくり回します。

しかし5分、左サイドで7大塚が奪われてしまうと、相手を倒してセットプレーを与えてしまいます。履正社6大塩が左足でファーへのハイクロスを供給しますが、ここはクリア。

8分、興國はラスト1/3をダイレクトでの素速いパス交換で打開。ラストパスは惜しくもオフサイドになりましたが、形を見せます。

その後、興國がボール握る時間が続きますが、履正社もしっかりと対応。中盤の位置取りがよく統制されており、中々ギャップは生まれず。しっかりとチェックして、ボランチ以前にボールを進ませません。奪ってからのショートカウンターを狙う意図を感じます。

11分、興國はCB8長井が相手陣内でボール奪うと、そのまま自ら運びロングで狙いますが、ゴールを大きく超えます。

そして最初の決定機。15分、興國は最終ライン4坂口からの縦パス。右サイド11北山がカットインから股抜きで縦に破ると、エリア内侵入、フィニッシュに持ち込みますが、履正社12滝浪が果敢な飛び出しでストップ。

興國は、このプレーからミドルパスを交え始め、右サイド11北山を積極的に使います。

18分、右サイドでのコーナーキック。8長井が打点の高いヘッドで狙いますが、ゴール右へ外れます。

中々チャンスを作れない履正社でしたが、22分、左サイドから仕掛けると、4難波がワンツーで最終ラインを突破。折り返し、ルーズボールに9荻久保が飛び込みますが、興國1田中が体を張って防ぎ、キーパーチャージを得てピンチを脱します。

25分、興國は左サイド2今掛が単騎で仕掛け、ファウルをゲット。セットプレー、6掃部がクロスを上げますが、ここはディフェンスがクリア。

33分、興國は最終ラインからのミドルパス。右サイド11北山が相手と上手く入れ替わりエリアに侵入。角度のないところから右足で狙いますが、枠を捉えきれずゴール左へ外れます。

前半最後のチャンスは履正社。35+1分、バイタルで得たセットプレー。早いリスタートから、右サイド33野口の柔らかい折り返し、ファー7安羅が走り込みますが、3加田が体を入れて防ぎます。

前半はスコアレスで終了。

最終ラインからじっくり回す興國に対し、履正社は中盤の位置取りが統制されており、ギャップは生まれず。決定機は興国2:履正社1と両者わずかで、両キーパーの果敢な飛び出しもあり、ゴールの予感は薄い前半となりました。

興國は、8長井、4坂口のCBを起点にゲームを組み立てますが、中盤以前が中々繋がりません。中頃からミドルパスを織り交ぜ、右翼11北山を使ってチャンスを幾つか創出。後半は、左サイド10大垣をもっと使いたいところです。また、ボランチが自陣でボールを奪われる場面が数度あり、その後素早く囲んで事なきを得ていますが、後半に向け修正したいところ。

履正社は、ボールこそ握られていますが、組織的に対応できており想定範囲内か。前線は小柄で線の細い選手が多いのですが、ここまでは特徴を出せていません。リーグ戦ということで色々プランもあると思いますが、攻撃の積極性も見たいところです。

 

後半、履正社はスタートから前線を入れ替え。
9荻久保→11町野 修斗(2年/FCアヴェニーダソル)。

36分、後半最初のチャンスは興国。右サイド5山口が履正社11町野を潰してそのまま前に運ぶと、クロスまで持ち込みますが、キーパーキャッチ。

履正社も39分、バイタルの空中戦に11町野が勝利し、左サイドへ展開。7安羅がクロスを上げますが、これはラインを割ってしまいます。

そして41分、履正社はカウンター。右サイドに流れた11町野がタイミングをずらして抜け出すと、一旦追い付かれるも、相手を引きずりながら突破。ファーへのクロスに、待っていた7安羅がワントラップから左足を一閃!ゴール左上隅、見事なコースへ突き刺し、履正社が先制します!
〈興國高校 0-1 履正社高校〉

失点直後、興國が動きます。
7大塚→16村岡 正梧(2年/セレッソ大阪U-15)。

履正社は、アシストを記録した11町野が存在感。サイズと走力を兼ね備え、サイドに流れて独力で仕事ができるプレーヤー。カウンターの威力が増し、相手に与える不安感も大きな効果に。

一方の興国は、引き続きボールは握るも、連動性がなく形は作れず。ボランチの動きをもっと増やしたいところ。

48分、興國はまたもボランチを入れ替え。
6掃部→14村田 透馬(1年/ガンバ大阪堺JY)。左ウイングに入り、関与が少なかった10大垣が中へ。

52分、興国は右サイド5山口のロングスロー。ディフェンスがクリアも、こぼれを3加田が左足で強烈ミドル!シュートは枠を捉えますが、キーパー12滝浪が指先でコースを変え、ゴールわずか上に外れます。

53分、流れを引き戻したい履正社が交代。
7安羅→28松田 泰生(1年/セレッソ大阪U-15)。

追い付きたい興国は、攻撃時のシステムを微調整。右サイド5山口が高い位置を取り、11北山が内側へ。
ーーーー西村ーーーーーー北山ーーーー 
ー大垣ーーーーーーーーーーーー山口ー
ーーーー大垣ーーーーーー村岡ーーーー
ー今掛ーーーーーーーーーーーー加田ー
ーーーー長井ーーーーーー坂口ーーーー

55分、興国は右サイドでコーナーを獲得。クロスから、ヘディングは当て損ねてしまいますが、こぼれを9西村がつめると、枠内を捉えますがキーパー12滝浪が倒れ込みボールを収めます。

興国は人数をかけた右サイドからじわじわ押し込みます。5山口は、出足鋭く相手の前でボールをかっさらうと、自ら推進する力も。

59分、興国はまたも右サイドでセットプレー。クロスはキーパーの正面を突きますが、12滝浪がまさかのファンブル。これを10大垣がボレーで叩きますが、履正社5清が奇跡的にブロック!9西村がつめますが、体を張って防ぎ寸前のところでゴールを守ります。

しかし、このプレーで積極性を高めた興国は、ボランチの飛び出しが増え、パス回しでラスト1/3まで進めるように。

61分、興国は右サイドの展開で、攻め上がった16村岡がクロス。中の9村上に渡りますが、ディフェンスがなんとか外に出します。

最終ラインでの守備が増えてきた履正社ですが、怯えることなく冷静に対応。キャプテンの5清は、ボールを奪うと空いている選手へ冷静に散らし時間を使います。

63分、履正社が交代。
8弓場→32茨木 諒佑(1年/ガンバ大阪JY)。右サイドに入り、33野口がトップ下へ。

70+1分、履正社が交代。
33野口→29塩谷 周造(1年/ヴィッセル神戸U-15)。

70+1分、興國のラストチャンス。左サイドへのロングボールに14村田が抜け出すと、エリア内のルーズボールに、キーパーとの競争。村田が一瞬早く触り、倒されたかに見えましたがノーホイッスル。これに抗議した、興國・内野監督がまさかの退席処分。

結局、このまま終了。

決勝リーグ大事な緒戦は、昨年に続く全国を狙う履正社が勝利を飾りました。

 

履正社は、組織的な守備が奏功。ボールを握られても慌てることなく陣形を保ち、崩された場面はほんのわずか。セットプレーから幾つかピンチを迎えましたが、守備面ではまだ余力がありそうでした。一方、攻撃は、先制した場面以外はあまり形が作れていなかったのが正直なところで、今のままだと、全国では上位進出は難しいかもしれません。
 
ただこの重要な試合でも、多数の1年生を起用するなどJ下部始め有能な選手が多数加入しており、伸び代が大きい彼らの成長次第では、冬に向けて大幅なレベルアップも期待出来そうです。

興國は、ポゼッションを志向したサッカーは相変わらずで、手堅く勝利を求めがちな高体連にあって、その姿勢は賞賛に値します。

しかし、今日はパスで相手を崩せた場面は皆無に等しく、普段プレミアリーグを見ている身からすると、完成度はまだまだ。特にボランチ3枚の動きの量は圧倒的に足りていないので、その辺りのテコ入れが必要になりそうです。
 
注目の8長井は、昨年の選手権予選時のような、驚くほどの運びは見られませんでしたが、左足のロングフィードは非常に鋭さがあり、精度をもう一歩上げれば、上のレベルでも通用しうる大きな武器になりそうです。今日は、守備で仕事をする機会は非常に限られていましたが、その僅かの機会が失点につながってしまい、その辺りは守備者として大きな課題か。
 
課題こそあるものの、間違いなく可能性を感じるチームなので、次戦は監督不在と厳しい戦いになりそうですが、なんとか全国の切符を掴み取って欲しいですね。

 

全国高校総体大阪府予選 決勝リーグ第1節
興國高校 0-1(0-0)履正社高校
@ヤンマースタジアム長居
(履正社)41分 安羅 修雅

 

 

DSC09113

DSC09125

DSC09127

DSC09078

DSC09105

DSC09115

DSC09146

DSC09134

DSC09140

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です