高校総体R16
立正大淞南vs草津東


インターハイ3回戦は、散々迷った挙句このカードが観れるしあわせの村に。

三宮からバスで30分ほど、神戸市運営の総合レジャー施設です。
施設は丘上で、グラウンドは森に囲まれていることから若干の涼しさも。

 

立正大学淞南高校

プリンスリーグ中国は第10節終了時点で、7勝2敗1分で1位。

今大会は、
1回戦:vs 東北(宮城) 1-1(PK4-3)
2回戦:vs 鹿児島実業(鹿児島) 2-0

今シーズン初観戦。

DSC03405
GK 
1  小笠 姫馬  3年 184/65 大阪セントラルFC

DF 
2  藤井 義治  3年 176/68 兵庫FC
3  澤田 拓実  2年 170/63 AZ’86東京青梅
4  武田 航太朗 3年 182/75 高槻FC

5  饗庭 瑞生  3年 180/72 セレッソ和歌山
MF 
10 上村 大悟  3年 180/71 高槻FC
11 吉田 海都  3年 178/71 玉湯SC

13 白石 直斗  3年 173/65 長野FC
14 上西 健也  3年 174/65 大阪セントラルFC
FW
16 杉本 龍哉  3年 169/67 セレッソ和歌山

17 井上 直輝  3年 170/68 レオSC

ーーーーーーーー杉本ーーーーーーーー
ー上西ーーーーー井上ーーーーー上村ー 
ーーーーー白石ーーーー吉田ーーーーー 
ー澤田ーーーーーーーーーーーー藤井ー
ーーーーー武田ーーーー饗庭ーーーーー
ーーーーーーーー小笠ーーーーーーーー

 

草津東高校

滋賀県1部リーグは第12節終了時点で、10勝1敗1分で2位。

今大会は、
1回戦:vs 盛岡商業(岩手) 4-1
2回戦:vs 三田学園(兵庫) 2-0

今シーズン初観戦。

DSC03406
GK 
1  吉川 翔大 3年 174/85 FC.SETA 2002

DF 
2  上林 聖矢 3年 172/65 SAGAWA SHIGA F.A.
3  宮迫 晶矢 3年 178/65 YASU club

4  馬場 光希 3年 170/65 FC湖東
5  佐藤  拓 3年 175/68 大津市立瀬田北中
MF 
6  山本 琢真 3年 170/61 MIOびわこ滋賀

7  北川  卓 3年 164/59 FC.SETA 2002
10 山本 悠樹 3年 175/60 FC湖東
11 鎌田  麓 3年 173/63 BIWAKO S.C.

14 犬飼  廉 3年 173/62 MIOびわこ滋賀
FW 
9  高橋 晃平 3年 180/68 栗東市立栗東西中

ーーーーーーーー高橋ーーーーーーーー 
ー鎌田ーーーーー山本ーーーーー北川ー
ーーーー犬飼ーーーーーー山本ーーーー 
ー馬場ーーーーーーーーーーーー上林ー
ーーーー佐藤ーーーーーー宮迫ーーーー
ーーーーーーーー吉川ーーーーーーーー

 

序盤、淞南が前から激しくチェックします。

しかし最初のチャンスは草津東。
2分、カウンターから左サイドへ展開。
11鎌田がファーストシュートを打ちますがキーパー正面。

その後も淞南がガツガツくる中、5分過ぎから草津東も陣地を回復。
中盤でのつぶしあいが続きます。

淞南の最初のチャンスは7分、右サイド16杉本が抜け出しますが、シュートはディフェンスがブロック。

対する草津東も9分、右サイドで得たコーナーからのクリアに対し、2藤井が再度前線へボールを送ると、
11鎌田の胸トラップから14犬飼がミドル。
これがクロスバーを直撃します。

冷や汗をかいた淞南は11分、右コーナーから複数人が円を描くように動いてマークをはずし、
グラウンダークロスを17井上が合わせますがDFがブロック。

淞南は、10上村、16杉本がパワフルに突破を仕掛けていきますが、
連動性がなく活かしきれていない印象も。

しかし14分、淞南は16杉本が左サイドでキープ。
フォローにきた17井上にヒールでおとすと、更に追い越してきた14上西へラストパス。
ラインをちぎり、キーパーのまたを抜いてゴールに流し込みます。
押し気味だった淞南が先制!
〈立正大学淞南高校 1-0 草津東高校〉

草津東は中央から攻めいることが多く、密集で潰されてしまいチャンスをつくることができません。

先制点の淞南14上西は気分的にも乗って、スピード豊かにシザーズで相手ラインをちぎっていきます。

20分、淞南は右サイドからショートコーナー。
キッカーの13白岩が再びボールを得て直接狙いますが、これはキーパーがセーブします。

草津東は防戦一方、我慢の時間帯となります。

前半最後のチャンスは淞南。
33分草津東10山本がボールを奪われると、カウンター13白岩から左サイドへ展開。
14上西がドリブルから右足で狙いますが、これはキーパーがセーブします。

そしてこのまま淞南リードで前半を終了。

パワー・スピードで上回る淞南が優勢。
ややハイペースな印象もありますが、比較的抑えられたこの気温であれば後半も行けるかもといったところ。

なかでも16杉本のチェイスは激しく、この時点でスプリントはかなりの数に。
10上村は縦の突破が単調な気もしますが、ガシガシ仕掛けてコーナーをゲットし大きく貢献。

一方、草津東10山本は、孤立して存在感を示すことができず、見せ場のない前半となりました。


後半最初のチャンスは草津東。

37分、右サイドへの展開から7北川がクロス。
9高橋が頭で合わせますが、ディフェンスにあたってしまいます。

後半、草津東はややギアをチェンジしたか。
しかし淞南ディフェンスは出足鋭く、なかなか前でボール持つことができません。


対する淞南は42分、ハイボールから押し込み、こぼれを拾った16杉本が前を向いてシュート、ゴール左へ外れます。


まず動いたのは草津東。
46分、7北川に替え15倉田 拓実(2年/DF/大津市立仰木中)を投入。
2上林を一列前にあげます。


47分、 草津東はバイタルへの縦パス。
14犬飼が相手とうまく入れ替わり、ファウルをもらいます。

すぐにリスタート。
右サイドでボール受けた10山本がクロスを上げると、陣形が整っていなかったか、
逆サイドフリーになっていた3宮迫がヘッドで流し込み、同点とします。
〈立正大学淞南高校 1-1 草津東高校〉


時間は50分を経過。
淞南は前半ほど前から追えなくなってきました。
草津東は11鎌田がいい形でボール受け、ドリブルで仕掛けられるように。


54分、淞南は11吉田に替え15沖西 和馬(3年/MF/大阪セントラルFC)、14上西に替え9千川原 慎(3
年/FW/FC厚木)を投入します。
個人的には、替えるべきはより消耗している10上村のような気も。


草津東は引き続き左サイドから攻撃を仕掛けます。
直後56分、11鎌田が単騎で仕掛けると、エリア内でファウルを獲得。
草津東が逆転のビッグチャンス!

しかし10山本のキックを淞南GK1小笠がセーブ、こぼれも再びブロックし、最大のピンチを切り抜けます。

57分、草津東は11鎌田が中央でドリブル侵入。
相手をひきつけて左サイド9高橋へ、右足のシュートは再び淞南1小笠がわずかにさわってゴール右へ。
決定的なチャンスをモノにすることができません。


その後も守備で奪えるようになった草津東ペースが続きます。 

62分、左サイド11鎌田がうまく相手と入れ替わり、ボランチを介して右サイドへ展開。
2上林がミドルで狙いますが、ゴールわずか左に外れます。


苦しい時間が続く淞南は67分、25mの位置でFKを得ると、17井上が直接狙いますが、キーパーがなんとか弾き出します。


ラスト3分、草津東が猛攻。
淞南は5饗庭を中心に、最終ラインが必死に耐えます。


なかなかゴールを割れず、草津東は69分、PK対策でGK1吉川に替え17西田 和生(3年/GK/オールサウス滋賀SC)を投入します。


そしてロスタイム、草津東はカウンター10山本のドリブルからアタッキングサードに侵入。
ためて右サイドを追い越してきた2上林へ散らし、上林のグラウンダークロスは逆サイドで待ち構える9高橋へ。
しかし届く一歩手前で、5饗庭が触れてなんとか最後のピンチを防ぎます。

そして前後半終了の笛。
前半と打って変わって草津東が形成を逆転したものの、PK含むビッグチャンスをモノにできず。
どちらかというと淞南にとってはPKに持ち込めたのがポジティブという内容だったか。

 

PK戦。

後攻・草津東は、試合中にPKを外した10山本が1番手で蹴りますが、またも失敗。
4人目まで全員が決めた淞南に対し、4人目・5加藤のキックは、この日ビッグセーブを連発した淞南GK小笠がストップ。
キーパーの活躍で、劣勢だった淞南がベスト8に進出しました。

 

淞南は、なんとか耐えて勝利を拾ったというゲームになりました。

ガタイのよい選手が多く、前半は球際で勝りゲームを優位に進めていたものの、後半やはりペースダウン。
全選手がオフプレー時はストレッチの動きをするなど、スタミナ面には気を使っていたようにも見えただけに、
ペース配分には疑問が残るところも。

5饗庭を始め最終ラインの弾き返す力は高く、GK1小笠を含めた守備力はなかなかの堅さを見せていました。


草津東は、後半の決定機に突き放せなかったのが大きく響くことに。

印象的な活躍を見せたのは14鎌田。
スピードに乗ったドリブルで左サイドを蹂躙。
自ら突破してチャンスを作るとともに、相手をひきつける役割も担っていました。

注目のエース10山本は、PKを二度外すなど今日はツキがなかったか。
時折光るラストパスは見せていたものの、全体的には淞南の激しいチャージに存在を消されていた感も。

選手権では野洲など県勢も力を伸ばしてくるはずですが、また冬の舞台で躍動する姿を見てみたいですね。

 

全国高校総体 3回戦
立正大学淞南高校 1-1(1-0)PK4-2 草津東高校
@しあわせの村グラウンド
(淞南)14分 上西健也
(草津)48分 宮迫晶矢

 

DSC03419

DSC03418

DSC03444

DSC03457

DSC03453

DSC03477

DSC03482

 

 


youthkiosk(ユースキオスク)

youthkiosk(ユースキオスク)

2種にはロマンがある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする