高校総体2回戦
青森山田vs久御山


インターハイ2回戦。

三木防災第二競技場の第2試合は、J内定者2名を擁する優勝候補・青森山田と1回戦で強豪・桐光学園を破った久御山の対戦。

 

青森山田高校

プレミアリーグEASTは第10節終了時点で、6勝2敗2分けで3位。

今大会は2回戦からの登場。

今シーズン2回目の観戦。
プレミアイースト1節 vs流経大柏
DSC03369

GK
12 廣末  陸 2年 180/72 FC東京深川
DF 
3  常田 克人 3年 187/80 大宮FC
4  近藤 瑛佑 3年 190/76 三井千葉SC
5  原山 海里 3年 173/66 クマガヤSC
6  北城 俊幸 3年 168/63 青森山田中
MF 
7  高橋 壱晟 2年 176/67 青森山田中
8  住永  翔 2年 171/64 コンサドーレ札幌
9  豊島 祐希 3年 179/73 青森山田中
10 神谷 優太 3年 176/68 東京ヴェルディ
15 嵯峨 理久 2年 165/55 ウインズFC
FW
17 鳴海 彰人 2年 171/64 新ひだか町立静内中


2015年U-18日本代表/廣末 
2014年U-16日本代表候補/住永

ベガルタ仙台内定/常田 
湘南ベルマーレ内定/神谷

ーーーーーーーー鳴海ーーーーーーーー
ー嵯峨ーーーーー神谷ーーーーー豊島ー
ーーーー住永ーーーーーー高橋ーーーー
ー北城ーーーーーーーーーーーー原山ー
ーーーー常田ーーーーーー近藤ーーーー
ーーーーーーーー廣末ーーーーーーーー

 

久御山高校

京都府1部リーグは第11節終了時点で、10勝1敗で1位。

今大会は、
1回戦:vs 桐光学園(神奈川) 1-1(PK5-4)

今シーズン初観戦。

DSC03345
GK 
1  佐藤 由維斗 3年 177/69 京都サンガF.C.
DF 
2  小森 優輝  3年 171/58 宇治FC
3  中村 禄郎  1年 176/63 宇治FC
5  平木 海都  3年 172/53 京都城陽SC
8  長谷川 輝  3年 169/58 宇治FC
MF 
6  玉村 光輝  3年 166/56 AS.ラランジャ京都
10 八田 陸斗  3年 163/53 朱六FC
14 山本  蓮  3年 171/60 京都サンガF.C.
FW 
7  和田 幸之佑 3年 175/62 木津川南中
9  築山  隼  3年 180/62 京都J-マルカFC
11 河崎 蒼太  3年 167/57 舞鶴少年SC

ーーーーーーーー築山ーーーーーーーー
ー和田ーーーーーーーーーーーー河崎ー 
ーーーーー八田ーーーー山本ーーーーー 
ー平木ーーーーー玉村ーーーーー中村ー
ーーーーー小森ーーー長谷川ーーーーー
ーーーーーーーー佐藤ーーーーーーーー

 

序盤はショートパスで繋ぐ久御山に対し、青森山田はサイドを大きく使って攻め手を探ります。

最初にチャンスを掴んだのは青森山田。
3分、17鳴海が中央でのキープから右サイド9豊島へ展開。
中への折り返しを7高橋がミドル狙いますが、これはキーパーがセーブ。

一方久御山も6分、14山本がボールキープからスルーパス。
ライン裏7和田が抜け出しシュートを放ちますが、キーパー12廣末が出足早くセーブ。
決定的なチャンスを作ります。

その後は久御山がポゼッション。
6玉村を起点に、バイタルにしっかりとボールを入れていきます。

対する青森山田も、ペース配分の意識か、無理には詰めていきません。
しかし久御山のタッチが細かく、なかなかアクションを起こせないといった面も。

しかし12分、中盤で久御山のパスミスを拾った青森山田7高橋がドリブルで持ち上がると、
久御山は油断したか寄せが甘く、そのまま高橋がミドルで左ネットに突き刺し、青森山田が先制します。
〈青森山田高校 1-0 久御山高校〉

先制し青森山田ペースになるかと思いきや、ここから更に久御山が攻め手を強めます。

14分、久御山は14山本がドリブルからスルーパス。
11河崎が角度のない中シュートを狙いますが、ディフェンスがブロックします。
このコーナーキックのこぼれ、6玉村が一人交わしてシュートまで持ち込みますが、これはキーパー正面をつきます。

押し返したい青森山田は16分、3常田のロングフィードから9豊島が縦へ迫力ある突破を見せ、シュートを撃ちますがゴールを大きく越えます。

続く23分、17鳴海が前線のチェイスからパスミスを誘い、9豊島がカット。
折り返しを、10神谷がミドルで狙いますがキーパーがセーブします。

青森山田も単発的に攻めますが、その後も続く久御山のポゼッション。
攻め込まれる青森山田は、ひいてスペースを埋めますが、徐々にラインを抜かれるシーンが見られるように。

27分、久御山は25m正面でフリーキックを得ると、14山本の落ちるボールはゴールわずか右へ。

30分、トリッキーな動きで仕掛け続けていた10八田からスルーパス。
ダイアゴナルに動いた11河崎がラインを抜け出すと、キーパーをかわしてゴールに流し込みます。
久御山同点!
〈青森山田高校 1-1 久御山高校〉

続く34分、勢いに乗る久御山は、中盤での争いから一旦バイタルで潰れると、6玉村が浮き玉で密集を越えるスルーパス。
同点弾の11河崎が完全にキーパーと一対一の場面を迎えますが、ここは力んでゴール上へ外してしまいます。
しかし、逆転も時間の問題か。

そしてAT、久御山はサイド攻撃から10八田がやり直し。
キープからアウトサイドで前線にパスを送ると、走り込んでいた6玉村が混戦から強引に押し込み、前半のうちに逆転に成功します。
〈青森山田高校 1-2 久御山高校〉

そして前半終了。

久御山は優勝候補の青森山田を翻弄する、衝撃的ともいっていい出来栄え。

一人ひとりに剥がす力があるため、青森山田は奪いどころを定められず、ラインを下げざるを得ない状況に。
スペースは埋めていますが、14山本蓮と10八田陸斗の個人技がその上を行き、
上体の動きで詰めた相手を剥がしつつタメをつくり、細かいところをアウトサイドのパスで抜いていきます。
ここまでやられるとは。

後半、追い付かなければならない青森山田が、前から積極的に奪いに行きます。

37分、青森山田は右サイドからのフリーキック。
オフサイドを狙った久御山のラインミスを3常田が抜け出しますが、うまくあわせきれず。


39分、青森山田は左サイドから5原山のロングスロー。
キーパー後逸しますが、その後ろでDFがクリアします。


序盤押された久御山も40分、右サイドから10八田が侵攻。
中の9築山に繋ぎ、フリーでシュートを撃ちますが、威力なくキーパーがキャッチします。


ここからは一進一退の展開が続き、両チームチャンスをつくれません。


42分、山田は15嵯峨に替え、11田中 優勢(3年/FW/青森山田中)、
そして負傷した6北城に替え14三上 孝太(3年/MF/青森山田中/14U-16候補)を投入します。


44分、久御山は14山本がドリブルでボールを運びます。
タッチが細かいため、ディフェンスは詰めることができず、そのまま左足でシュートを撃ちますがこれはゴール右へ。


一方、青森山田は10神谷が中盤で仕掛けますが、潰される場面が目立ち相手の奪いどころになっている感も。

45分、久御山はカウンター14山本から左サイドへラストパス。
7和田がインカット、右足で狙いますが、12廣末が左足でセーブします。


続く46分、久御山はコーナーからヘッドでゴールネットを揺らしますが、ここはファウルの判定。
リードしながらも一歩も引かずに攻め続けます。


攻めあぐねる青森山田は、11田中と10神谷のポジションを入れ換えてテコ入れ。


しかし止まらない久御山は53分、右サイドからのセットプレー。
14山本がいいクロスをあげると、逆サイド10八田のヘッドは左ポストを直撃します。
引き続き久御山のペース。


青森山田は、二列目の選手で潰されてしまい、なかなか決定機をつくることができません。
久御山は、ディフェンスにおいても一対一での強さを発揮します。


それでも62分、青森山田は右サイドのコーナーキック。
ニアに入った3常田の頭をかすめ、ボールは10神谷のもとへ。
ワントラップから強烈なハーフボレーで狙いますが、これがクロスバー直撃。
決定的なチャンスを逃します。


28分、青森山田は疲れの見える9豊島に替え、16吉田  開(3年/MF/FCクラッキス松戸)を投入します。

なんとか同点に追いつきたい青森山田ですが、
高校最長身のセンターバックコンビ、そして原山のロングスローという武器がありながら、
セットプレーで意外にチャンスをつくれていない印象も。
久御山は押し込まれはじめますが、しっかり相手について要所は防いでいます。


30分、青森山田にアクシデント。
10神谷がつってしまい一時退場を余儀なくされてしまいます。


ラスト5分に入り、久御山は完全に引いて対応。
数的優位をつくってボールを奪います。


33分、久御山はキーパーへのバックパスをミス。
青森山田は左サイドいい位置でファウルを得ます。
これを復帰した10神谷が直接狙いますが、シュートはゴール越えてしまいます。


その後も耐える久御山。


34分、青森山田は右サイド5原山のロングスローからエリア内混戦となりますが、
こぼれたボールはキーパーのもとに。


苦しい時間帯ですが、久御山は10八田のドリブルで陣地を回復。
チャージ受けるも素晴らしいボディバランスでなかなか倒されず、ファウルもらって時間を稼ぎます。

ラストチャンスは久御山に。
左サイドから展開し、14山本からのラストパス。
7和田の左足シュートはゴールわずか右へ。

そして試合終了のホイッスル。
久御山がジャイアントキリングではなく持ち味を存分に発揮した内容で勝利。
1回戦に続き強豪校を撃破しました。

 

久御山は今シーズン見てきた中でかなりのインパクト。

ボランチ6玉村とインサイドハーフ10八田、14山本の3人での崩しは鋭く、
なかでもキーになっている14山本は、細いパスルートが良く見えているのに加え、こねることで相手を動かし、穴を自ら作ることもできます。

プレミアリーグでも堅守を誇り、この日もスペースをしっかり埋めていた青森山田のバイタルを、ここまで簡単にパスで抜くとは。
次戦はまたも優勝候補筆頭・市立船橋ですが、番狂わせを起こす可能性も十分にありそうです。


一方の青森山田。

プレミアリーグでも好調で、ここ数年で最強ではと個人的に思っていたのですが、あまりにも早く夏を終えることに。

選手個々で光るプレーを見せていたのはU-18代表でレギュラー格にまで上り詰めたGK12廣末。
彼のキックは今シーズン見てきたキーパーの中でナンバーワン。
左右厭わず蹴れる上に、蹴ったボールはライナー性で非常に良く伸び、チームの大きな武器に。

一方、エース神谷は、完全に押さえ込まれてしまったとしかいいようがありませんでした。
今日はネガディブな声が幾度と響きました。クロスバーに阻まれたとき、後半足がつってしまったときに悔しがる声。
そして、終了後に泣きじゃくる声。

ヴェルディの頃の印象では、こんなに感情を表す選手だとは思いませんでした。
その悔しさを胸に、プレミア、選手権ではさらに輝いてくれることを期待しています。

 

全国高校総体 2回戦
青森山田高校 1-2(1-2) 久御山高校
@三木総合防災公園第2陸上競技場
(青森)12分 高橋壱晟
(久御山)30分 河﨑蒼太、35+1分 玉村光輝

 

DSC03359

DSC03351

DSC03364

DSC03347

DSC03370

DSC03381

DSC03385

DSC03394

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です