高校総体神奈川準決勝
日大藤沢vs桐光学園


日本大学藤沢高校

今シーズンは、神奈川県1部リーグに所属。
第6節終了時点で、4勝2敗勝点12で2位。

今大会は、
R16:vs 弥栄 3-0
準々決勝:vs 横浜創英 EX3-2

今シーズン初観戦。
GK
1  濱中 英太郎 2年 駒沢FC
DF
2  岡田  怜  3年 和光ユナイテッド川崎
3  宮川 歩己  2年 横浜F・マリノス追浜
4  青木 駿人  3年 東急レイエス
5  吉本  武  3年 バディーSC
MF
6  有山 佑汰  3年 川崎フロンターレ
7  斉藤  夏  2年 横浜F・マリノス
8  植村 洋斗  3年 横浜F・マリノス
10 成定 真生也 3年 P.S.T.C.LONDRINA
11 布方 叶夢  3年 横浜F・マリノス追浜
FW
9  平田 直輝  3年 横浜ジュニオール

ーーーーーーーー平田ーーーーーーーー
ーーー成定ーーーーーーーー布方ーーー
ーーーーー植村ーーーー斉藤ーーーーー
ー吉本ーーーーー有山ーーーーー岡田ー
ーーーーー青木ーーーー宮川ーーーーー
ーーーーーーーー濱中ーーーーーーーー

64分
10 成定→
19 栗原  丈  2年 横浜F・マリノス
66分
11 布方→
18 小林 来生  3年 藤沢市立村岡中
89
19 栗原→

20 小川 晶映  2年 横浜FC
90分
7  斉藤→
16 中村  駿  3年 SCH.FC


 

 

桐光学園高校

今シーズンは、神奈川県1部リーグに所属。
第6節終了時点で、4勝2分勝点14で1位。

今大会は、
R16:vs 相洋 4-2
準々決勝:vs 市立橘 1-0

今シーズン初観戦。
GK
1  北村 公平 2年 横浜F・マリノス追浜

DF
4  安久 レオナルド高貴 
         3年 AZ´86東京青梅
5  奈良坂 巧 2年 クラブテアトロ
15 荒井 ジュリアン海都 
         2年 横浜F・マリノス追浜

MF
6  前川 壮太 2年 SCH.FC
7  中村 洸太 3年 東急レイエス

9  佐々木 ムライヨセフ
         3年 横浜F・マリノス追浜
11 神田 洸樹 3年 FC Consorte
13 ラナイメアー 祈安
         3年 FCトリプレッタ

14 岩根 裕哉 1年 FC東京むさし
FW
10 西川  潤 3年 横浜F・マリノス


ーーーーーーーー西川ーーーーーーーー
ーーーーラナイーーーーー神田ーーーー 
ー佐々木ーーーーーーーーーーー前川ー 
ーーーー岩根ーーーーーー中村ーーーー 
ーー奈良坂ーーー安久ーーー荒井ーーー 
ーーーーーーーー北村ーーーーーーーー

58分
13 ラナイメアー→
8  所 新太郎 3年 横浜市立大綱中
81分
15 荒井→
2  池上 遼太  3年 SCH.FC

90+1分
14 神田→
16 金沢 信二郎 3年 Wウイング沖縄


セレッソ大阪内定/西川
2019年U-20日本代表/西川

 

 

試合形式は40分ハーフ。
天候はあいにくの雨。徐々に激しくなっていく。

桐光は4安久高貴、15荒井海都、9佐々木ムライヨセフ、13ラナイメアー祈安と、外国にルーツを持つ選手がスタメンに4枚も名を連ねる。
OBのタビナスジェファーソン(FC岐阜)以来、身体的な伸びも加味してか一つのスカウト方針なのかもしれない。

その桐光は、従来の4-4-2ではなく、3-4-2-1を採用。
中央に枚数を割き、2シャドーを置いて中で圧力を掛けてくる日藤に対し守備重視の布陣か。
3バックはいずれも180cmオーバーと高さがある。



序盤は一進一退。
桐光は、右11神田洸樹がカットインからミドルを狙う場面もあったが、徐々にオーガナイズに上回る日藤ペースに。



日藤は、桐光の布陣を逆手に取り、両サイドバックがかなり高く上がってサイドで数的優位を作る。
ピッチを幅広く使い、CB4青木駿人は左足一振りで打開できるいいフィードを持っている。



キーマンは、やはりインサイド8植村洋斗だ。
ボールコントロールの質、間合い取りの巧みさがあり、局面での落ち着きは群を抜いている。


植村は巧みにサイドに開いて中央パスコースを開ける役割も担い、
縦パスから2シャドーがバイタルで前を向く場面も。
桐光は枚数こそいるものの、このシャドーをボランチとCBどちらが捕まえるのかが曖昧になると怖い。
2シャドーは当然ライン間のいやらしい位置を狙っている。

エアバトルでは日藤9平田直輝が奮闘し五分五分。
平田は180cm近い長身。レフティでタッチの正確さが目を引くが、もう少しシュートに持ち込む強引さも欲しい。

ボールを握られる桐光は、我慢の時間帯が続く。

18分、桐光は相手のミスからカウンター。
中央10西川潤のスルーパスに11神田洸樹が抜け出しエリア侵入。
追いすがるディフェンスをシュートフェイントで交わすと、左足で狙うがゴールわずか右へ外れる。決定的な場面だった。

その後再び日藤のペースに。

存在感を示したのが右シャドー11布方叶夢。
こちらもレフティで、頻繁に落ちボール受けてテンポを作るとともに、狭いスペースでも力強いドリブルで中央突破を仕掛ける。
内向きからのスルーパス、ミドルとチャンスメイク。
しかし、桐光も3バックを中心に体を張って要所は崩させず枠内へのシュートは許さない。

桐光は、マイボールにしても、ボランチとシャドーの位置がかぶるなど出しどころがなく前に進めることができない。
1トップ10西川潤は完全に孤立。
機動力の高いボランチ7中村洸太もほとんどボールに絡めていない。

前半はスコアレスで終了。

 

 

 

後半、攻めに転じてくると思われた桐光だが、システムは変わらず。
多少前に出るようになったものの、有機的な連携はほとんど見られず急造感を隠せない。
 
左WBに入った9佐々木ムライヨセフだが、低い位置からの仕掛けは意図なくつっかけて潰されて場面が多く、見るからに窮屈そうだ。
 
ボール支配は五分五分になったが、桐光が前のめりになった分スペースが空き、日藤が高い位置でボールを収める場面も出てきた。
 
日藤は、左5吉本武が3人を交わしてエリアに侵入、引っ掛けられたかに見えたがノーホイッスル。
 
その後も、11布方叶夢が右サイド二人の間をぬってエリアに侵入しシュート、さらには8植村洋斗がミドルで狙う。いずれも枠を捉えるが、DFのブロックあるいはキーパーの正面をつく。
 
その後も桐光は、10西川潤を介した有機的な形がほとんどない。
一旦西川に預けた後、突破を期待しているのかフォローせず前に走るばかり。
さすがの西川も、二人も三人もDFに寄せられては難しい。
 
日藤は、左サイド深くに侵攻し、マイナスのクロスに合わせる決定機を迎えるも、桐光も体を張ってコースを塞ぎ意地を見せる。
 
結局両チームゴールは割れず、10分ハーフの延長戦は突入
 
 
延長に入り、桐光は4-4-2にシステム変更。
ーーーーー西川ーーーーー所ーーーーー
ーー佐々木ーーーーーーーー神田ーーー
ーーーーー岩根ーーーー中村ーーーーー
ー前川ーーーーーーーーーーーー池上ー
ーーーー奈良坂ーーーー安久ーーーーー
ーーーーーーーー北村ーーーーーーーー
 
やりやすさ故かバランスが劇的に改善。
身体的な疲労はもちろんあるだろうが、ハーフタイムを折り返したかのようなフレッシュさがあった。
 
すると1分、ついにゲームが動く。
桐光は右CKを獲得すると、キッカー14岩根裕哉の左クロスは弧を描いてそのままゴールに突き刺さる!
一年生岩根の値千金のゴール。
 
追い込まれた日藤は、前線に選手を上げてパワープレーに出るが、ロングスローの飛距離も今ひとつで怖さを出しきれない。
 
結局一点を守り抜いた桐光が、全国大会への切符を掴んだ。
 
桐光は、3-4-2-1の布陣を始め、ところどころ完成度の低さが否めない中で、全国出場権を得たのはさすが。
 
周囲との連携に課題を残した大エース西川だが、今後も代表などで抜ける期間が多くなる中で、彼をチームにどう組み込むかが今シーズンの命運を左右するテーマになるだろう。

 

 

 

2019年6月22日 11:00K.O.
全国高校総体 神奈川県大会準決勝
日本大学藤沢高校 EX0-1(0-0)桐光学園高校
@相模原ギオンスタジアム
(桐光)81分 岩根裕哉

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です