高校総体準決勝
昌平vs市立船橋


インターハイもいよいよセミファイナル。
暑さは昨日よりも厳しさを増している感も。

広島広域公園第一球技場のカードは、昌平vs市立船橋。

東福岡、静岡学園といった名門を粉砕し、初のベスト4進出、
まさしく台風の目になった昌平は、世代トップを走る市船相手にどこまで戦えるのか。
一方、優勝候補筆頭の名にふさわしく盤石の戦いぶりで勝ちあがってきた市船は、
夏の積み上げになりそうな、今大会ブレイクの新人・郡司に注目です。

 

昌平高校

埼玉県1部リーグは、
第9節終了時点で、7勝1
敗1分勝点22で2位。

高校総体は、
1回戦:vs 中津東(大分)5-0
2回戦:vs 東福岡(福岡)3-2
3回戦:vs 前橋商(群馬)1-1(PK4-3)
準々決勝:vs 静岡学園(静岡)1-0

今シーズン2回目の観戦。
7/31 高校総体準々決勝 vs静岡学園
DSC09619
GK

1  緑川 光希 2年 173/67 FC古河
DF
2  石井 優輝 2年 174/64 C.A.アレグレ
12 篠山  立 3年 172/68 クマガヤSC
15 塩野 碧斗 2年 165/61 1FC川越水上公園
17 関根 浩平 1年 176/61 栃木SC
MF
6  新垣 理生 3年 166/76 クラブドラゴンズ柏
7  針谷 岳晃 3年 166/56 FC古河

10 松本 泰志 3年 178/66 クマガヤSC
11 佐藤 大誠 3年 170/57 S.T.FC
14 山下 勇希 2年 166/56 浦和レッズ
FW

9  本間  椋 3年 164/62 FOURWINDS FC

ーーーーーーーー本間ーーーーーーーー 
ー松本ーーーーー山下ーーーーー佐藤ー 
ーーーー針谷ーーーーーー新垣ーーーー
ー塩野ーーーーーーーーーーーー篠山ー 
ーーーー石井ーーーーーー関根ーーーー
ーーーーーーーー緑川ーーーーーーーー

 

 

市立船橋高校

 

プレミアリーグEASTは、
第9節終了時点で、5勝1敗3分勝点18で1位


高校総体は、
1回戦:vs 秋田商(秋田) 3-0
2回戦:vs 関東第一(東京) 1-0
3回戦:vs 鹿児島城西(鹿児島) 2-0
準々決勝:vs 瀬戸内(広島)2-1

今シーズン5回目の観戦。
3/20 サニックス杯 vs 星稜
4/9 プレミアEAST1節  vs アルビレックス新潟
4/23 プレミアEAST3節 vs 鹿島アントラーズ
6/12 高校総体千葉R16 vs 習志野

DSC09618
GK

1  井岡 海都 3年 183/70 千葉SC
DF
3  真瀬 拓海 3年 173/62 JSC CHIBA
5  杉岡 大暉 3年 178/73 FC東京深川
7  原  輝綺 3年 178/63 AZ’86東京青梅
13 杉山 弾斗 2年 174/65 FC東京むさし
MF

4  金子 大毅 3年 173/62 FCトッカーノ
6  阿久津 諒 3年 173/60 FC KASUKABE
8  西羽  拓 3年 163/60 アントラーズつくば
10 高  宇洋 3年 173/64 川崎フロンターレ
14 郡司 篤也 1年 168/60 JSC CHIBA

FW
12 太田 貴也 3年 172/64 JSC CHIBA

2016年U-19日本代表候補/杉岡
2016年U-17日本代表/杉山

ーーーーーーーー太田ーーーーーーーー
ーーー郡司ーーーーーーーー西羽ーーー
ーーーー阿久津ーーーーー−高−ーーーー
ー杉山ーーーーー金子ーーーーー真瀬ー
ーーーー杉岡ーーーーーー−原−ーーーー
ーーーーーーーー井岡ーーーーーーーー

 

 

試合形式は35分ハーフ。

 

昌平は、らしさを随所に発揮するも市船の激しいチェックにあと一歩の判断がずれる。
そして、サイド攻撃から市船が先制。


このレベルでも際立つ市船5杉岡、7原、4金子のパス回し。受け方が巧みで縦パスの水準は極めて高く、これを基盤にペースを握らんとします。ワンステップで逆サイドまで飛ばす5杉岡のサイドチェンジは驚異。

徐々に市船が押し込み始め、パスを繋げられない昌平は我慢の時間帯。

しかし最初のチャンスは昌平。6分、パスカットから左サイドへ展開。10松本のキープから落としを7針谷がミドル!惜しくもゴール左へ外れましたが、いい形を作ります。

8分、昌平は中盤10松本のターンからワンツーで左サイドを突破。しかしクロスは精度欠きファーへ抜けてしまいます。

その後もキープできる10松本を起点に、じわじわとボールを握る昌平。ダイレクトでの展開にらしさを発揮していますが、市船の激しいチェックを前に、昨日は見られなかった判断の遅れもあってフィニッシュに持ち込めません。これまで有効だった9本間の突破も、市船守備陣の前に沈黙。

12分、昌平のパスミスをカットした市船14郡司がふわりと浮かせるパスで前線へ展開。左サイド縦に抜けた12太田がシザーズから左足でフィニッシュを迎えますが、ゴールわずか右!この試合、最初の決定的を迎えます。

13分、市船のカウンター。左サイド14郡司から中央へ繋ぎ、8西羽から右サイドへ展開。オーバーラップした3真瀬がクロスも中には合わず。

13分、市船は、右サイドを10高が急加速でちぎると、ゴールライン際の折り返しに合わせたのは14郡司!シュートは枠を捉えますが、1緑川が爪先でわずかにコース変え、ゴール左へ外れます。

20分、市船は激しいプレスから中盤でボールカット。14郡司がミドルで狙いますが、ゴール左。

25分、市船は最終ライン4金子から左サイドへロングフィード。走り込んだ14郡司がドリブルを仕掛けると、17関根と一対一の局面もここは後者に軍配。

今大会ブレイクした昌平7針谷は今のところ存在感を示せず。注意を配る市船は、4金子、6阿久津が徹底的に追い回し、ボールを持たせません。

29分、市船は右サイドを3真瀬が素晴らしいスピードで突破。グラウンダーのクロスを上げると、走り込んだ12太田がスライディングで強引に押し込みます!市船が先制!
〈昌平高校 0-1 市立船橋高校〉

35分、昌平は左サイドの展開。10松本、11佐藤が絡んで最後は15塩野が突破。クロスを上げますが、DFがさわってこぼれを1井岡がキャッチ。

35+3分、昌平は7針谷がダブルタッチでプレスを掻い潜り右サイドへ展開。エリアへの横パスを受けた9本間は、チェックした10高に倒されますが、これはノーファウル。

前半は、市船の1点リードで折り返し。

 

 

徐々に見せ場を作り始めた昌平・針谷。
決定的なハーフボレーを見せるが・・・。


開始から昌平の交代。
6新垣→8星野 蒼馬(3年/169/58/三郷JYFC)。
右サイドに入り、14山下がボランチに。

6分、市船は10高の激しいチェックからドリブルで前進。左足で強烈ミドルを放つと、これを1緑川が弾きます。13杉山がつめますが、シュートはミートできず。1緑川がキャッチ。

14分、市船の右コーナー。13杉山のニアへのボールを5杉岡がコース変えると、ボールは枠を捉えますが、DFが頭でクリア。

14分、昌平の左コーナー。再構築から10松本がクロスを上げると、ファーに抜けたボールを、7針谷が強烈なハーフボレー!ゴール強襲のシュートも、1井岡が指先でコース変え、わずか上へ。試合を分けるビッグプレー。

20分、昌平の交代。

11佐藤→13佐相 壱明(2年/172/65/緑山SC)、
15塩野→3柳田 竜成(3年/171/61/三郷JYFC)。

市船も交代。
12太田→11村上 弘有(3年/186/77/Wings)。

24分、市船のカウンター。左から13杉山の鋭いクロスがDFの頭越えると、11村上が胸トラップ、ゴールまであと数mまで迫りますが、飛び込んだ1緑川がシュートを手に当て、ボールはゴールわずか左。追加点の大きなチャンスを逃します。

28分、昌平は右サイド8星野が一旦パスカットされるも、これを自ら拾って左足でミドル。しかしキーパー正面。

29分、昌平は7針谷のキープから右サイド素晴らしいフィード。8星野からボックスの9本間へ繋ぐと、キープから再び8星野抜け出しフィニッシュを狙いますが、1井岡が間一髪キャッチ。

30分、市船の交代。
14郡司→9野本 幸太(3年/170/64/大宮JY)。

33分、市船のカウンター。左サイド9野本がカットインから8西羽とのワンツーで突破。エリアに侵入しますが、1緑川が前に出てカット。

残り3分を切り、市船がキープを開始。時間を有効に使いきってタイムアップの笛を迎えます。

 


個々のレベルの高さを改めて示した市船。
敗れたとはいえ、躍進した昌平は夏のハイライトに。


敗れた昌平が一定のクオリティを持っていた分、市立船橋の個々のレベルが抜きん出ていることを改めて実感しました。

中でも経験豊富な5杉岡・7原のCBコンビの能力は圧巻。パワー・スピード・読み全てを駆使し、ここまでの勝ちあがりであれだけ脅威になっていた昌平9本間に
全く仕事をさせず。昌平の矢を折ることに成功しました。

6阿久津は、今日はポゼッションへの関与は薄かったものの、昌平7針谷のケア、ルーズボールの回収で貢献度大。

注目の14郡司は、今日はいくつか攻撃の起点となったものの、個の特徴はあまり見いだせず。しかし、そもそも新人が、全国の準決勝でそつなくこなすことが末恐ろしいのですが・・。

躍進を続けた昌平の夏は、準決勝で終えることに。決して悪い内容ではなかったのですが、相手が悪かったとしか言いようがありません。一人一人の寄せの速さ、読み、体の強さ、体感したことがないレベルだったのでは。

それでも、攻撃のタレントがその実力を示しました。今大会、一気にトップシーンに躍り出た7針谷は、市船6阿久津などのマークに苦しみながらも、後半見せ場をつくりました。彼はチェックに来る相手に対して、ボールを自ら動かした後、フェイントやヒールなどで奪えない角度に運ぶのが巧み。中盤の密集で、ボールを長く動かせる類まれなプレーを見せる選手です。後半のミドルなど、右足のキックも精度・スピード共に非常に質が高いものを持っていました。

前の選手が目立つ一方、後ろの選手の水準もなかなか。左サイドバック15塩野は、足腰が強く粘り強い退陣を見せるとともに、状況判断も的確。キーパー1緑川は、サイズはありませんがセービングは安定し、左右のキックはかなりの飛距離を誇っていました。

タレント・志向するサッカー共に魅力的だった昌平は、夏のハイライトと言えるチームでした。

 

 

全国高校総体 準決勝
昌平高校 0-1(0-1) 市立船橋高校
@広島広域公園第一球技場
(市船)30分 太田貴也

 

DSC09656

DSC09655

DSC09634

DSC09639

DSC09627

DSC09631

DSC09663

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です