高校選手権決勝
青森山田vs静岡学園


青森山田高校

今シーズンは、プレミアリーグEASTに所属。

11勝4分3敗勝点37で優勝。
プレミアファイナルは、名古屋グランパスを下して優勝。


夏のインターハイは、全国大会ベスト16。

今大会は、
R32:vs 米子北 6-0
R16:vs 富山第一 4-1
準々決勝:vs 昌平 3-2
準決勝:vs 帝京長岡 2-1


今シーズン4回目の観戦。
9/21 プレミアイースト vs 柏レイソル
1/5 選手権準々決勝 vs 昌平
1/11 選手権準決勝 vs 帝京長岡
GK
1  佐藤 史騎  3年 180/68 横浜FC
DF
2  内田 陽介  2年 166/60 クマガヤSC
3  神田 悠成  3年 176/68 清水エスパルス
4  箱﨑  拓  3年 177/71 湘南リーヴレ・エスチーロ
5  藤原 優大  2年 180/69 青森山田中
MF
6  古宿 理久  3年 176/66 横浜FC
7  松木 玖生  1年 176/70 青森山田中
8  浦川 流輝亜 3年 168/60 横浜FC
10 武田 英寿  3年 175/63 青森山田中
11 後藤 健太  3年 174/63 FC東京深川
FW
9  田中 翔太  3年 178/72 エクサス松戸

ーーーーーーーー田中ーーーーーーーー
ー浦川ーーーーー武田ーーーーー後藤ー
ーーーー松木ーーーーーー古宿ーーーー
ー神田ーーーーーーーーーーーー内田ー
ーーーー藤原ーーーーーー箱崎ーーーー
ーーーーーーーー佐藤ーーーーーーーー

71分
8  浦川→
13 得能 草生 3年 164/64 コンサドーレ札幌
77分
11 後藤→
15 安斎 颯馬 2年 174/67 FC東京深川
87分
2  内田→
19 鈴木 琉聖 3年 174/69 GRANDE FC
89分

7  松木→
14 金  賢祐 3年 174/63 FCソウル

浦和レッズ内定/武田
横浜FC内定/古宿
2019年U-18日本代表/武田
2019年U-17日本代表候補/藤原
2019年U-16日本代表/松木

 

 

静岡学園高校

今シーズンは、プリンスリーグ東海に所属。
12勝3分3敗勝点39で2位。
プレミアプレーオフ進出はならず。

夏のインターハイは、静岡県大会準優勝。

今大会は、
1回戦:vs 岡山学芸館 6-0
R32:vs 丸岡 3-0
R16:vs 今治東 2-0
準々決勝:vs 徳島市立 4-0
準決勝:vs 矢板中央 1-0

今シーズン5回目の観戦。
6/29 プリンス東海 vs 浜松開誠館
11/6 選手権静岡決勝 vs 富士市立
12/31 選手権1回戦 vs 岡山学芸館
1/11 選手権準決勝 vs 矢板中央
GK

17 野知 滉平 2年 177/71 清水エスパルス
DF
3  阿部 健人 3年 178/68 シュートJY FC
4  田邊 秀斗 2年 180/68 奈良YMCA SC
5  中谷 颯辰 3年 178/64 大阪市ジュネッス

15 西谷 大世 3年 175/64 セゾン滋賀
MF
8  浅倉  廉 3年 168/57 川崎フロンターレ 
10 松村 優太 3年 173/63 東淀川FC
14 小山 尚紀 3年 173/63 セゾン滋賀
16 井堀 二昭 3年 171/62 J-FIELD津山
18 藤田 悠介 3年 170/59 セゾン滋賀
FW
9  加納  大 2年 173/68 静岡学園中

ーーーーーーーー加納ーーーーーーーー
ー小山ーーーーーーーーーーーー松村ー
ーーーーー井堀ーーーー浅倉ーーーーー
ー西谷ーーーーー藤田ーーーーー田邊ー
ーーーーー中谷ーーーー阿部ーーーーー
ーーーーーーーー野知ーーーーーーーー

HT
18 藤田→
19 草柳 祐介 3年 175/62 P.S.T.C.LONDRINA

鹿島アントラーズ内定/松村
2019年U-18日本代表候補/松村

 

 

 

遂にファイナル。
天候は快晴、風もなく最高のコンディション。



試合形式は45分ハーフ。

静学は、怪我明けの9加納大が遂にスタメンに復帰。
この加納が前線でどこまで収められるか、そしてビルドで山田のプレスから逃れることができるかに注目していた。最高レベルの相手と対峙し、いよいよ本領が試される。

加納は、縦パスを巧く引き込んで深い位置で起点を作り細かいパスワークにも絡む。
攻撃の幅を確実に広げていた。



しかしファイナルの闘い方を知り尽くしている山田は、高い位置からプレスをかけて相手陣でコーナーやスローインをゲットし、即エアバトルからチャンスに持ち込んでいく。

10分、左セットから6古宿理久のクロス。
中央に走り込んだ5藤原優大がバックヘッドで先制。
青森山田高校 1-0 静岡学園高校〉


その後も最前線9田中翔太のキープから相手陣で次々とセットプレーを獲得。
藤原優大のジャンプ力が強烈で、都度得点の匂いが漂っていた。
9田中翔太は体が強く相手を背負えるし入れ替わることもできる。
前線で高いキープ力を発揮し、戦術上重要な役割を担っていた。鍛えてきたことが伺える良い選手。



守備ではサイド、中央に関わらずファーストアタックに加え二人目の寄せの速さが強烈で、数的優位をすぐに作り出す。静学はこれまで主導権を握る源泉だった16井堀二昭や8浅倉廉、更にピンチに直結するアンカー18藤田悠介まで時折潰されていた。


静学はマイボール時は左バックの15西谷大世がハーフスペースまで上がってサイドMFを中にピン止めし、大外を開けて14小山尚紀をアイソレーションの形に持っていこうとしていた。にも関わらずすぐさま人数が整う山田を前に突破はできない。


31分、山田は9田中翔太が前プレで3阿部健人から奪う。
追い越した10武田英寿へスルーパス。
エリア右端に走り込むと、飛び出した17野知滉平が倒してPK。

武田が落ち着いて決め、この時点では「いつもの」山田がモノにするゲームという雰囲気が充満していた。
青森山田高校 2-0 静岡学園高校〉


45+1分、静学は中盤で18藤田悠介が運びセットプレーをゲット。
16井堀二昭は右足でファーへクロス。
クリアしきれず15西谷大世が左足ボレー。
これをディフェンスがブロックするが、最後は5中谷颯辰が巧みに左隅に流し込む。
〈青森山田高校 2-1 静岡学園高校


前半終盤のこの一点で展開はわからなくなった。

 


 

静学は後半スタートから藤田悠介を下げ左サイドにドリブラー19草柳祐介を投入。
井堀二昭をアンカーに移しパステンポを上げる。
山田は奪いどころを定められなくなりアタックを受ける中で個人で防いでいく形に。

16分、静学は左サイド19草柳祐介が内側に切れ込み中へ繋ぐ。
エリア手前9加納大がディフェンスを背負いながら収めワンタッチから左足一閃。
ファーサイドネットの凄まじいコースに突き刺す。ストライカーの本領とも言うべき価千金の同点弾。
〈青森山田高校 2-2 静岡学園高校


会場の空気も相まって乗ってきた静学は、速いテンポで回してボールを握る。
CB3阿部健人もリスクを負って相手陣までボールを運んでいた。
山田は耐える時間帯。度々繰り出される10松村優太の突進を身を呈して防ぐ。

残り15分を切り山田もギアを戻してきた。
左サイドを崩し15安斎颯馬が決定機も静学5中谷颯辰が飛び込んでブロック。
セットプレーのチャンスも17野知滉平の好守もあり、あと一歩押し込み切れない。



しかし38分、静学は左サイドで14小山尚紀が仕掛けファウルをゲット。
セットから16井堀二昭のクロス。
ファーに走り込んでフリーになっていた5中谷颯辰が頭でねじ込み遂に逆転。
〈青森山田高校 2-3 静岡学園高校



今大会初めてビハインドを背負った山田。
最終兵器・19鈴木琉聖を投入し、ライナーロングスローを繰り出す。
いつ決まってもおかしくない形だが、静学が必死のクリア。

今大会センセーショナルな活躍を見せた7松木玖生も、ATを前にビハインドの状態でピッチを後に。


AT、静学の4田邉秀斗が負傷し試合が中断した際は、焦る山田3神田悠成がヒートアップ。
それをチームメイトの4箱崎拓が必死の表情で宥める。
どちらの気持ちも痛いほどわかるので胸が痛い。



そしてタイムアップ。
劇的な、劇的すぎる最終決戦は、静学が遂に絶対王者の牙城を崩す結末に。

プレミアファイナルも制した絶対王者山田が、決勝の舞台で2点リードをひっくり返されると誰が予想できただろうか。
2点先取した時は「いつもの」山田のゲームかと内心諦めに近い気持ちも芽生えたが、地力や状況じゃ説明しきれない、あり得ない展開が起こる高校サッカーの奥深さを改めて強く感じた。この先もずっと忘れない試合の一つになると思う。


大会前の個人的な予想で、こうなれば面白いなと思う通りの結果になったけど、内容的には期待を軽々と上回る充実した大会だった。
敗れた青森山田を軸に、きっとここから高校サッカーはますます面白くなっていくはずだ。

 

2020年1月13日 14:08K.O.
全国高校サッカー選手権 決勝
青森山田高校 2-3(2-1)静岡学園高校
@埼玉スタジアム2○○2
(山田)11分 藤原優大、33分 武田英寿
(静学)45+2分 中谷颯辰、61分 加納大、85分 中谷颯辰

 

 


youthkiosk(ユースキオスク)

youthkiosk(ユースキオスク)

2種にはロマンがある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする