高校選手権1回戦
桐光学園vs大津


桐光学園高校

プリンスリーグ関東は、5勝4分9敗勝点19で9位。
神奈川県1部リーグに降格。


インターハイは全国準優勝。

今シーズン6回目の観戦。
4/29 プリンス関東 vs 矢板中央
5/6 プリンス関東 vs 東京ヴェルディ
8/26 プリンス関東 vs 前橋育英
11/4 選手権神奈川準決勝 vs 東海大相模
12/2 プリンス関東 vs 川崎フロンターレ

GK 
1  北村 公平 1年 172/67 横浜F・マリノス追浜
DF
3  金子 開研 3年 170/63 横浜F・マリノス
4  内田 拓寿 3年 180/68 FC多摩
5  望月 駿介 3年 175/70 FC多摩
6  岡  孝樹 3年 176/70 FC渋谷
MF
8  中村 洸太 2年 163/61 東急レイエス
7  國谷 敦史 3年 169/71 GRANDE FC
9  阿部 龍聖 3年 161/58 FC多摩
11 佐々木 ムライヨセフ
         2年 173/66 横浜F・マリノス追浜

FW
10 西川  潤 2年 180/66 横浜F・マリノス
15 敷野 智大 3年 175/76 FC川崎栗の木

ーーーー西川ーーーーーー敷野ーーーー
ー佐々木ーーーーーーーーーーー阿部ー
ーーーー中村ーーーーーー國谷ーーーー
ー金子ーーーーーーーーーーーーー岡ー
ーーーー望月ーーーーーー内田ーーーー
ーーーーーーーー北村ーーーーーーーー

54分
8  中村→
18 鷲塚  蓮 3年 188/80 平塚市立金旭中
58分
19 佐々木→
20 松永 陽平 3年 163/60 クラブ与野

69分
15 敷野→
13 西牧  蓮 3年 173/65 横浜FC鶴見

2018年U-19日本代表候補/西川

 

 

熊本県立大津高校

プリンスリーグ九州は、11勝5分2敗勝点38で2位。
参入戦プレーオフを勝ち抜き、プレミアリーグ昇格。

インターハイは全国ベスト8。

今シーズン3回目の観戦。
8/11 インターハイ vs 昌平
12/16 プレミア参入戦 vs 矢板中央
GK
1  松村 龍之介 3年 170/63 ロアッソ熊本
DF
2  西原 大地  3年 175/66 ソレッソ熊本
3  岩本 侑大  3年 175/66 宇城市立小川中
5  吉村 仁志  3年 183/72 宇土市立住吉中
6  福島 隼斗  3年 180/72 宇城市立松橋中
MF
7  松原 亘紀  3年 174/63 ソレッソ熊本
8  大竹 悠聖  3年 176/68 ブレイズ熊本
10 水野 雄太  3年 173/66 ソレッソ熊本
15 富永 大翔  3年 173/63 ブレイズ熊本
FW
9  大崎  舜  3年 186/68 セレソン都城
11 奥原 零偉  3年 175/65 府ロクジュニア

ーーーー大崎ーーーーーー奥原ーーーー
ー大竹ーーーーーーーーーーーー水野ー
ーーーー松原ーーーーーー富永ーーーー
ー西原ーーーーーーーーーーーー岩本ー
ーーーー吉村ーーーーーー福島ーーーー
ーーーーーーーー松村ーーーーーーーー

11分
7  松原→
14 高見 柊真  3年 175/66 ガンバ大阪
69分
8  大竹→

19 濃野 公人  2年 175/60 VALENTIA
76分
10 水野→
24 馬場 大暉  3年 165/60 クレフィオ山口
79分
9  大崎→
29 宮原 愛輝  1年 177/66 ロアッソ熊本

80+1分
11 奥原→
12 吉田 陽三郎 3年 168/65 ヴィテス福岡

湘南ベルマーレ内定/福島
2018年U-18日本代表/吉村、水野

 

 

・試合形式は40分ハーフ。
・風もなく、冬としては暖かい天候。
・大津は、両翼の8大竹悠聖、10水野雄太を左右逆に配置してきたのが目新しい



・キックオフからペースをつかんだのは桐光。大津はボールが足につかず、ミスから桐光のラッシュを受けて面くらっている様子。アーリークロスが抜けたところ9阿部龍聖が際どいシュートを放つ場面も。

・しかし4分、大津はライン裏へのフィードから桐光最終ラインが処理をもたついたところで左サイドのスローインをゲット。落としから8大竹悠聖が右足正確なクロスを供給すると、これをニア9大崎舜がヘッドで突き刺す!大津がファーストチャンスで先制。桐光は時間帯的にも質的にも勿体なさすぎる失点。

・早く追いつきたい桐光は、両翼9阿部龍聖と11佐々木ムライヨセフのドリブルで前進するが、落ち着いた大津は受けた9大崎舜に裏を狙わせるプランに変更。

・そして10分、大津はカウンターから右サイドに引き込んだ9大崎舜がDFと入れ代わり前進。驚異のスピードで大きくゲインすると、マイナス折返しにフリーで待っていた8大竹悠聖がダイレクトコースにきっちり決める。お見事。

・大津は幸先よく加点したが直後アクシデント。左のプレースキッカーも務めるボランチ7松原亘紀が負傷退場。

・早くも2点のビハインドを背負った桐光が引き続き前掛りで攻める。大津の巨漢CB5吉村仁志に対し、桐光は15敷野智大が想像以上に戦えていて、コンタクトにも負けずエアバトルでも頭で逸らしたり潰れて起点になる。献身的なチェイスで6福島隼斗のフィードにもケア。

・CKを度々獲得し、当てる場面も。大津の強力2トップのキープを許さず二次攻撃に繋げ、この時間は桐光がペースを握っていた。
・右9阿部龍聖の鋭い突破からクロスに潰れたところ、ニア15敷野智大が左足で狙うもファーわずかにコースを外れる。

・その後もセットプレーなどでチャンスを伺うが、クロス撃墜力がとりわけ高い大津に対し、揺さぶりの工夫を欠き崩しきれない。10西川潤もボールを持つ場面はわずか。

・前半は大津の2点のリードで折り返し。

 

 

・後半、リードを追う桐光がスタートから仕掛ける。
・中心は左11佐々木ムライヨセフ。縦のスピードと柔らかいタッチで対面を抜き去る。サイド深く、さらには中に切れ込む場面もあるが、その先のクロス・フィニッシュで違いを作れない。右足ミドルでも打てれば大分違ってくるが。

・10西川潤がバイタルから強引にシュートを放つが、コースを防がれた状態でのプレー選択に焦りの色も見える。

・大津は、スタートで入れ替えてきた8大竹悠聖、10水野雄太の位置を戻す。ここまで1得点1アシストの大竹に対し、自分で行ききれていなかった10水野雄太の調子見ての判断かな?
・そして12分、大津のカウンター。中盤11奥原零偉が巧みに前を向いて繋ぐと、14高見柊真が引きつけて左へ展開。これを10水野雄太が右足内巻きのコントロールショット。惜しくも左ポストを叩くが、8大竹悠聖が素早く反応してしっかり流し込む。大きな3点目。

・さらに18分、大津は右サイド中盤で8大竹悠聖が前方にフィード。これがゴールへ直接向かうと、ファー、バー際のボールをキーパー懐に収めたが、これがインゴール内の判定で大津に追加点。

・ハットトリックを達成した8大竹悠聖。タッチが正確で奪われず確実に展開できる味方にとっては実に信頼できる選手だ。攻撃のプレーの選択肢も豊富で、大学経由でJも狙えるレベルのプレーヤーだ。

・エース10水野雄太は、得意の左に入った後半、縦の急加速やカットインからの滑らかなフィニッシュで片鱗は見せたが、まだまだこんなものではないはず。

・桐光は、その後前線に巨漢18鷲塚蓮を投入し、圧力を高めるが大津ディフェンスを崩せず。

・79分に退いた大津9大崎舜は殊勲の先制弾で結果を残した。高さとスピード、身体的な特長がよく出ていたが、ポイントゲッターとしての意識の高まりが伺えるのが好印象。フィードの受け方や試合中のムラに課題は残るが、身体的な成熟も含めてやはりポテンシャルは特大。

・80分、大津は24馬場大暉が右サイドから運び中央繋いでエリア左寄り侵入した29宮原愛輝が二度の切り返しでDFを完全に振り切り5点目をゲット。

・終わってみれば大差で大津が勝利。初優勝に向け、理想的な形でスタートを切った。


・桐光は、とにかく序盤に失点を許したことに尽きる。もちろん大津の鉄壁と決定力があっての大敗だけど、チーム力で若干劣る桐光が勝つなら、攻め込んできた大津の浅いDFラインを10西川潤や両翼のスピーディなドリブル、スルーパスでちぎる攻め方だったはずだが、先制を許したことで大津を受けに回してしまった。軽い判断ミスからの失点。このレベルではそれだけでここまで命運が分かれる。

・期待の10西川潤は、鋭いターンで6福島隼斗を置き去りにするなど瞬間的なスペシャリティは見せたが、低い位置からブロックを固めたDFに対するドリブルの怖さはさほどなく、序盤に加点されたことで運動量が低下しメンタルに課題を覗かせた。

・下級生から出場していた選手も多く、今季6試合を見た桐光には思い入れもあるけど、夏のインハイ準優勝から反転、県リーグ降格そして今日の敗退と厳しい1年になってしまった。シーズンは短いようで長くもあって、ピークや結果が先に来ると、心身の疲労の蓄積やバランスが崩れて強烈なしっぺ返しにもなりうるんだという難しさ、怖さも感じた。


・最後まで誠実さに溢れていたキャプテン5望月駿介。カバーが上達し(2年時から比べると本当に軽いプレーが減った)、今日は望月の相方として以上の存在感を放った4内田拓寿。今日は失点に絡んでしまったけど、1年生ながら今季窮地を救いまくった1北村公平。試合終了後、落ち込む彼をいち早く励ます姿があり、本職はボランチながらチーム事情に応じてサイドバックもこなした7國谷敦史など印象に残る個は多かった。彼らの今後に幸あらんことを。


 

2018年12月31日 12:05K.O.
全国高校サッカー選手権大会
1回戦
桐光学園高校
0-5(0-2)熊本県立大津高校
@ニッパツ三ツ沢球技場
(大津)5分 大崎舜、10分 大竹悠聖、53分 大竹悠聖、59分 大竹悠聖、80分 宮原愛輝

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です