高校選手権準決勝
尚志vs青森山田


尚志高校

プリンスリーグ東北は、15勝2分1敗勝点47で優勝。

プレミアリーグ参入戦プレーオフを勝ち抜き、来期昇格。

インターハイは全国2回戦敗退。

今大会は、
1回戦:vs 神村学園 1-1(PK5-3)
2回戦:vs 東福岡 2-0
3回戦:vs 前橋育英 2-1
準々決勝:vs 帝京長岡 1-0


今シーズン3回目の観戦。
12/16 プレミアプレーオフ vs 横浜F・マリノス
1/5 選手権 vs 帝京長岡
GK 
1  森本 涼太 3年 180/75 FC古河
DF
2  石川 竣祐 3年 171/61 バディーSC
4  フォファナ マリック 3年 183/70 町田相原FC
5  沼田 皇海 3年 172/64 アントラーズノルテ
20 黒澤 誓哉 3年 179/70 VIVAIO船橋
MF
6  坂下 健将 3年 166/52 ACカラクテル
10 伊藤 綾汰 3年 166/58 ベガルタ仙台

14 高橋 海大 3年 168/61 市原市立国分寺台中
15 大川  健 3年 172/61 鹿島アントラーズ
FW
9  染野 唯月 2年 178/63 アントラーズつくば
11 加瀬 直輝 3年 164/50 ACカラクテル

ーーーー加瀬ーーーーーー染野ーーーー
ー伊藤ーーーーーーーーーーーー高橋ー
ーーーー坂下ーーーーーー大川ーーーー
ー沼田ーーーーーーーーーーーー石川ー
ーーーー黒澤ーーーーマリックーーーー
ーーーーーーーー森本ーーーーーーーー

74分
14 高橋→
17 吉田 泰授 3年 174/64 ラッセル郡山
90+5分
1  森本→
16 鈴木 康洋 2年 180/70 柏ラッセル

2018年U-17日本代表/染野

 

 

 

青森山田高校

プレミアリーグEASTは、10勝7分1敗勝点37で2位。


インターハイは全国2回戦敗退。

今大会は、2回戦の登場。
2回戦:vs 草津東 6-0
3回戦:vs 大津 3-0
準々決勝:vs 矢板中央 2-1


今シーズン4回目の観戦。
7/1 プレミアイースト vs 鹿島アントラーズ
1/3 選手権 vs 大津
1/5 選手権 vs 矢板中央
GK

1  飯田 雅浩  3年 185/75 東京ヴェルディ
DF
2  橋本 峻弥  3年 181/75 クリアージュ
3  豊島 基矢  3年 177/68 三菱養和SC巣鴨
4  二階堂 正哉 3年 177/70 青森山田中
5  三國 ケネディエブス 3年 195/80 青森山田中
MF
6  天笠 泰輝  3年 175/65 前橋FC
7  武田 英寿  2年 175/65 青森山田中
10 檀崎 竜孔  3年 175/65 青森山田中
11 バスケス・バイロン 3年 175/68 東松山ペレーニア
15 澤田 貴史  3年 172/70 前橋FC
FW
9  佐々木 銀士 3年 183/71 三菱養和SC巣鴨

ーーーーーーー-佐々木-ーーーーーーー
ー檀崎ーーーーー武田ーーーバイロンー 
ーーーー天笠ーーーーーー澤田ーーーー 
ー豊島ーーーーーーーーーーーー橋本ー 
ーーーー三國ーーーーー二階堂ーーーー 
ーーーーーーーー飯田ーーーーーーーー

66分
7  武田→
8  武  眞大 3年 168/60 東京ヴェルディ
80分
15 澤田→
17 藤原 優大 1年 183/73 青森山田中
86分
9  佐々木→
13 小松  慧 3年 175/70 FC東京深川

北海道コンサドーレ札幌内定/檀崎
アビスパ福岡内定/三國
2018年U-19日本代表/三國
2018年U-18日本代表/檀崎

 

 

・試合形式は45分ハーフ。
・雪混じりの小雨が降る天候で、気温はかなり低め。
・尚志は、CB20黒澤誓哉が累積欠場による出場停止から復帰。そしてプレミアプレーオフ以降ジョーカーとして投入されてきた10伊藤綾汰がスタメンに名を連ねた。

・1分、尚志はいきなりのチャンス。左サイド中盤でのセットプレー、5沼田皇海の左足鋭いクロスに、DFがコースが変えるもこれがクロスバーを直撃。

・10伊藤綾汰のドリブルなど積極的に前に出てきた尚志に対し、山田はセオリー通り、サイド攻撃からセットプレーやロングスローで圧力を掛ける。これがじわじわとメンタルに効いて、ポジトラが遅くなった尚志は、セカンドを奪われ押し込まれる。

・10分過ぎ、尚志は早くも中盤以前の構成を変更。10伊藤綾汰が前線に入るなど布陣を以下の通りに。
ーーーー伊藤ーーーーーー染野ーーーー
ー高橋ーーーーーーーーーーーー加瀬ー

・尚志は、10伊藤綾汰と11加瀬直輝の個の仕掛け、山田は9佐々木銀士の裏抜けや左3豊島基矢のオーバーラップで互角の展開。


・そして26分、試合が動く。エリア右の位置でセットプレーを得た尚志は、5沼田皇海が左足でニアへ低いクロスを供給すると、走り込んだ9染野唯月が点で合わせて先制弾!シュート技術の高さを感じさせるゴール。お見事!

・先制を許した山田だが、落ち着いてボールを回す。6天笠泰輝をスタートに、7武田英寿を受け皿にビルドを試みるが、機動力の高い6坂下健将、スペース埋めが冴える15大川健と守備力の高い尚志ボランチを前に、歩みを進めることができない。

・尚志は、10伊藤綾汰が左サイドからカットイン、右足ミドルを放つと、内巻きに起動を変えたボールが枠を捉えるも、山田1飯田雅浩がなんとか掻き出す。伊藤は準々決勝ではボールロストが目立ったが、今日は巧みなトラップで相手を剥がしシームレスなドリブルで違いを作っている。

・先制を許し気負う山田に対し、尚志の選手は時折笑顔を交えながら楽しんでプレーしている様子で、非常にいい流れ。

・攻めあぐねる山田だが、守備でもキーマン9染野唯月をライン間のギャップでぽっと浮かせてしまう場面が見られるのが気になるところ。

・尚志は山田の両サイドアタッカーも人数をかけてしっかり対応し、攻め手を作らせない。

・前半は尚志の1点リードで終了。山田は前半のシュートはわずか1本と、完全に後手に回っている。

 

 

・後半、1点を追う山田はギアを入れ直し、圧力を高める。ロングスローの場面を迎えるが、雨のせいか飛距離が出ない気も。

・しかし、プレーエリアを前進させたことにより、右11バスケスバイロンが高い位置で一対一を仕掛ける局面も増えてきた。

・そして55分、山田のカウンター。10檀崎竜孔から右サイドへ展開すると、濡れた芝に球足が伸び、目測を誤って前に出た尚志20黒澤誓哉が11バスケスバイロンに入れ替わられてしまう。直進したバイロンはエリアに侵入。右に持ち出すと、尚志は黒澤がなんとか追いつくが、誘われる形で後ろから倒してしまう。この辺りの狡猾さはさすが。
・このPKを10檀崎竜孔が確実に決め同点。尚志はよく守っていたのでショックが大きい1点だ。

・しかし、尚志の勢いは衰えない。相手陣内セカンドの回収から20黒澤誓哉が縦パス。バイタル右14高橋海大の折り返しに、エリア内10伊藤綾汰が相手の重心の逆を突く巧みなトラップで完全に剥がし右足を一閃。強烈なシュートは、ゴールわずか上。


・同点後もゲームを掌握しきれない山田だが、底力を発揮。62分、左コーナーのチャンスに、ニア5三國ケネディエブスが頭で押し込んで逆転。流れが悪くてもスコアを動かせるところに山田の強さがある。

・しかし、ゲームは終わらない。67分、尚志は左5沼田皇海から大きくサイドチェンジ、11加瀬直輝が裏街道で突破し折り返すと、エリア内で受けた9染野唯月が、コースを塞ぎにきた3人を見事なシュートフェイクで剥がし、左足で叩き込む!切り返しから左足で持ち出しコースを開けるところまで完璧なフィニッシュワーク!

・尚志はパスワークも冴える。ライン間で巧みに位置どる9染野唯月が確実にボールを収めると、前線の4枚でテンポよく回して山田ブロックを打開。

・74分、尚志は左サイド5沼田皇海の縦パスをスイッチに、9染野唯月のくさびからダイレクトに繋いで中央へ展開。11加瀬直輝の完璧なスルーパスに、エリア左寄り抜け出した染野が、GKとの一対一を冷静に制して再逆転!
・尚志の連動性も素晴らしいが、山田は明らかに起点になっている9染野唯月を自由にさせ過ぎている。コースを遮断せず、ボールが入ってもDFはラインを下げて付きに行かず距離が空いている状態。この辺りが修正されなかったのは疑問が残った。

・まさかの3失点を喫し、流石に焦りが見られる山田。逆転後も正確な繋ぎでペースを握る尚志に対し、山田は取りどころが定まらず後手に回る一方。苛立ちからアフタータックルも増えてきた。

・山田はジョーカー13小松慧を投入。さらには5三國ケネディエブスを前線に上げ、2トップの形に。

・そして87分、山田はロングフィードから5三國ケネディエブスが頭で擦らすと、エリア右寄りに入ったボールはDFはカバーするも、クリア処理がもたつき、チェイスした13小松慧がブロックから抜け出す。ゴール直前、角度はなかったが飛び込んできたキーパーの下を落ち着いて流し込む。土壇場での同点弾!

・その後、カウンターから再び13小松慧がGKと一対一のチャンスを迎えるも、ここは尚志1森本涼太がビッグセーブ。

・同点で前後半を終了。

・PK戦では、専門キーパーとして16鈴木康洋を投入した後攻・尚志に対し、先攻・山田は2人目5三國ケネディエブスが失敗。しかし尚志も3人目が失敗すると、4人目を山田1飯田雅浩がストップ。5人目を任された1年生・17藤原優大が落ち着いて決め、青森山田が激戦を制した。

 


・尚志はいずれも完璧な形での3ゴール、そして再逆転を成し遂げた精神力は賞賛に値するが、それだけにミスからの2失点が本当に勿体無かった。綺麗な形で得点を奪うことももちろん大事だが、頂点を狙う、勝ち切る上では「致命的なミスをしないこと」の方がより重要な意味を持ってくる。

・プレミアリーグ勢が選手権でも好成績を残しているのは、選手層もそうだけど、些細なミスが失点に直結するという厳しい経験をリーグで積み上げていることが要因として大きいんじゃないかな。
・その意味で、崩せなくても相手のミスを見逃さない、完全な負け試合をもモノにした山田はさすがの一言に尽きる。

・とはいえ、今大会ベストバウト級のスペクタクルな一戦でした。

 

 

2019年1月12日 12:05K.O.
全国高校サッカー選手権大会 準決勝
尚志高校 3-3(PK2-4)青森山田高校
@埼玉スタジアム2002
(尚志)26分、68分、75分 染野唯月
(山田)56分 檀崎竜孔、63分 三國ケネディエブス、87分 小松慧

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です