高校選手権千葉準決勝
八千代vs市立船橋


引き続き柏の葉公園。

全国高校サッカー選手権千葉準決勝。第二試合は、八千代vs市立船橋。
選手権から大分選手を入れ換えてきた様子の市船。宿命のライバル流経がコマを進めた23日のファイナルに、無事進めるでしょうか。

 

千葉県立八千代高校

今シーズンは、千葉県1部リーグ所属。
第15節終了時点で、6勝5分4敗で5位。

夏のインターハイは千葉県予選ベスト16。

今大会は、
ラウンド32:vs 八千代松陰 1-1(PK5-4)
ラウンド16:vs 暁星国際 2-0
準々決勝 :vs 検見川 6-0


今シーズン初観戦。
GK
1  堤 輝一郎  3年 クラブ・ドラゴンズ柏
DF
2  岩井 巧真  3年 VIVAIO船橋SC
5  尾藤 周平  3年 ACカラクテル
8  中井 悠大朗 2年 FCクラッキス松戸

9  飯村 晴季  1年 FCクラッキス松戸
MF
6  鈴木 右人  3年 ジョカーレFC

7  正田  稜  3年 VIVAIO船橋SC

10 吉田  奨  2年 ジェフ千葉
11 稲葉 翔和  3年 三井千葉SC

FW
14 青木 奏人  1年 柏レイソルA.A.TOR’82

16 小堀 潤也  3年 三井千葉SC

ーーーーー青木ーーーー小堀ーーーーー
ー稲葉ーーーーーーーーーーーー吉田ー
ーーーーー正田ーーーー鈴木ーーーーー
ー岩井ーーーーーーーーーーーー飯村ー
ーーーーー中井ーーーー尾藤ーーーーー
ーーーーーーーー-堤-ーーーーーーーー

 

 

 

 

船橋市立船橋高校

今シーズンは、プレミアリーグEAST所属。
第15節終了時点で、4勝2分9敗で7位。

夏のインターハイは、全国ベスト4。

今大会は、
準々決勝:vs 中央学院 2-0

今シーズン6回目の観戦。
4/23 プレミアEAST第3節 vs FC東京
6/17 高校総体千葉準決勝 vs 翔凛
7/9     プレミアEAST第8節 vs京都サンガF.C.
7/31 高校総体R16 vs 阪南大高
9/10 プレミアEAST第12節 vs FC東京
GK
1  長谷川 凌 3年 191/70 順蹴F.A.
DF
4  岸本 駿朔 2年 180/75 アントラーズつくば

5  余合 壮太 2年 178/65 FC東京深川
16 岡井 駿典 2年 170/68 Wings
MF

2  杉山 弾斗 3年 178/65 FC東京むさし
7  井上  怜 2年 165/58 VIVAIO船橋
12 金井 満生 3年 171/65 川崎フロンターレ
13 畑  大雅 1年 175/65 AZ’86東京青梅

FW
9  有田 朱里 3年 164/60 1FC川越水上公園
10 福元 友哉 3年 180/68 横浜F・マリノス

11 佐藤 圭祐 2年 181/64 栃木SC

水戸ホーリーホック内定/長谷川
ジェフユナイテッド市原・千葉内定/杉山
ファジアーノ岡山内定/福元
2017年U-19日本代表/杉山
2017年U-16日本代表/井上

ーーーーーーーー福元ーーーーーーーー
ーーーー佐藤ーーーーーー有田ーーーー
ー杉山ーーーーーーーーーーーーー畑ー

ーーーー金井ーーーーーー井上ーーーー
ーーー岡井ーーー岸本ーーー余合ーーー 
ーーーーーーー-長谷川-ーーーーーーー

 

 

 



 

試合形式は40分ハーフ。

市船はびっくりの3バック採用。今シーズン攻撃で自重気味だった2杉山弾斗と新星13畑大雅の両サイドを高い位置にセット。最終ラインの一角には、脅威の左足を持つ16岡井駿典が先発。

1分、市船は右サイド浅い位置から13畑大雅がクロス。10福元友哉が競ってこぼれたボールを2杉山弾斗がミドルで狙いますがキーパー正面。

3分、市船は右サイド中盤でのセットプレー。2杉山弾斗のアーリークロスに5余合壮太がボレーで合わせますがキーパー正面。

9分、市船は最終ラインで動かし左16岡井駿典から一気にロングフィード。10福元友哉が抜け出すと、エリア左寄り左足で狙いますが当て損ないキーパーがキャッチ。

10分、市船はミドルフィードから中央9有田朱里がDFと入れ替わりGKと一対一の大チャンス!持ち運びシュートを狙いますが、一歩手前で八千代2岩井巧真がスライディングでブロック。決定機を逃します。

八千代はいかんせん中盤以前の線が細く、市船の選手と比べると一層際立つ印象。それでも、180超のサイズがある16小堀潤也が奮闘。囲まれながらもキープ力を発揮し、前線の起点になります。一方で、10吉田奨や14青木奏人など一定の技術水準があり、しっかりパスを繋いで構築できるのは強み。

17分、八千代は左サイドのスローインからエリア内16小堀潤也が収めると、キープから横に流れた所を7正田稜がダイレクトでシュート!これがゴール右隅へ突き刺さり、まさかの八千代先制!
千葉県立八千代高校 1-0 船橋市立船橋高校>

25分、市船は左右に回して左16岡井駿典からロングフィード。9有田朱里がエリア内で収めなおも繋ぐと、最後は11佐藤圭祐が狙いますが、これは八千代1堤輝一郎がセーブ。

31分、市船は左16岡井駿典からロングフィード。右サイド9有田朱里が収めて外を使うと、13畑大雅は囲まれますが、こちらのサイドまでフォローしていた2杉山弾斗がフォロー。一旦奥深くに広げてリターンを受けると、左足を一閃!ファーサイド上段にぶちこむ圧巻のゴラッソ!市船がスーパーゴールで同点とします。
<千葉県立八千代高校 1-1 船橋市立船橋高校

33分、市船は最終ラインで回し5余合壮太から縦へロングフィード。13畑大雅が抜け出すと、グラウンダーのクロスは走り込んだ10福元友哉の一歩手間でDFがクリア。

40分、市船は最終ラインのパス交換から落ちた7井上怜がスイッチを入れる縦パス。受けた12金井満生が振り向きざまライン裏へスルーパスを送ると、左寄り抜け出した10福元友哉はエリア手前から迷いなく左足を振り抜きます!ゴール右隅をついて逆転!
<千葉県立八千代高校 1-2 船橋市立船橋高校

10福元友哉は持ち味の裏抜けから、シュート精度を高めて自信をつけたのかフィニッシュに迷いがなくなった印象。位置に関わらず躊躇なくシュートを打ってくる凄味があります。

市船がひっくり返したところで前半終了。





2分、市船は浅い位置から7杉山弾斗がクロス。走り込んだ10福元友哉がヘッドで合わせますがゴール上。

4分、市船は右サイド9有田朱里にボールが入ると、縦に仕掛けて折り返し。これを走り込んでいた5余合壮太が収め、シュートを放ちますがDFがブロック。

市船は3バックがオール2年生となり、例年のような驚異的な集中力を維持できるかどうかは未知数。しかし、今期ここまでレギュラーを務めてきた5余合壮太が、対人に加え果敢なオーバーラップを見せ大分自信をつけているように感じられるのは朗報。

7分、八千代は2岩井巧真が13畑大雅を潰して前進。バイタルまで運ぶと、一旦潰されますが14青木奏人がフォロー。ヒールでスイッチして再び前を向き左足で狙いますがゴール上。

10分、市船の交代。
11佐藤→20郡司篤也(2年/JSC CHIBA)。
郡司は2017年U-17日本代表候補。

14分、八千代の交代。
14青木→13奥貫颯(3年)。

20分、市船は中盤で10福元友哉が巧みな体使いで二人を交わしスルーパス。これに反応した20郡司篤也が抜け出すと、エリア右寄りからフィニッシュ。しかしDFにブロックされるも、再び9有田朱里とのワンツーで打開。フリーの状態から右足で狙いますが、力んでしまいゴールを越えてしまいます。これは勿体ない場面。

26分、八千代は中盤でのパスカットから16小堀潤也が右寄りを前に運んでそのままミドルシュート。しかしゴール右へ外れます。

31分、八千代の交代。
11稲葉→19中山将希(2年/ジェフ千葉U-15)。


34分、市船の交代。
9有田→15町田雄亮(1年/クマガヤSSC)。
ボランチに入り、7井上怜が2列目に。


38分、八千代のカウンター。右サイド10吉田奨がひとりをちぎり突破。バイタルに侵入し逆サイドに展開すると、19中山将希が右足で狙いますがゴール上。

40分、八千代は19中山将希が縦に運んで左に散らすと、2岩井巧真のクロスはクリアされますが、これを再び中山がミドルで狙うもまたもゴール上。

結局スコアは動かず。落ち着いてゲームを締めた市船が、流経の待つファイナルへとコマを進めました。



市立船橋は、常勝チームにかける言葉ではないですが、システム・選手起用とあっと驚くようなアプローチを行うので、やはり面白い。ここに来てまさかの3バックを採用。そしてこれがハマりました。最終ラインでボールを動かし、相手のスライドの遅れを見逃さず最前線の10福元友哉、あるいは2杉山弾斗、13畑大雅の両WBを使って一気に裏に展開。中でも16岡井駿典の左足フィードが冴えていました。最終ラインに落ちて中継点になるのは7井上怜。細かいテクニックと左足のキック、そして何よりも積極性が魅力的。もはやチームの中心で、今シーズンここまで一番成長した選手では。ボランチが2枚と薄くなったため、中盤の能力が高い相手だと守備でどこまで踏ん張れるかは未知数。この辺りは相手によっての採用になるでしょう。キャプテン2杉山弾斗は、しばらく見ない間に貫禄が出てきたように感じました。体つきの問題でしょうか?このレベルだと局面の乗り切り方は一味違いますし、今日のゴールは彼にしかできないものでした。クライマックスに向けいよいよ本領発揮も期待できそうです。

今年もファイナルは2強の対戦に。どちらが勝つか読めないのですが、市船は例年の安定感こそ欠けるも、逆にここに来てぐっと到達点に可能性を感じるチーム状態になってきました。ここから本大会までにどこまで伸びるか見てみたいチーム。しかし流経も夏の全国王者として譲れないはず。向こう数年の市船のタレント力を考えると、叩くには今年が最大のチャンスになる気がします。守備はある程度計算できるので、攻撃それもセットプレーが鍵になってくるのではないでしょうか。

 

全国高校サッカー選手権大会 千葉県大会準決勝
千葉県立八千代高校 1-2 船橋市立船橋高校
@柏の葉公園総合競技場
(八千代)17分 正田稜
(市船)17分 杉山弾斗、40分 福元友哉

 

 

 

 


youthkiosk(ユースキオスク)

youthkiosk(ユースキオスク)

2種にはロマンがある

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする