高校選手権大阪準決勝
大阪桐蔭vs近大附


引き続き全国高校サッカー選手権大阪府予選準決勝。

第2試合は、大阪桐蔭vs近大附。
共にプリンスリーグ関西に所属し、15節終了時点で前者が1位、後者が2位のまさしく頂上決戦(カテゴリーが上のプレミアウエストに所属する阪南大高はベスト16で敗退)。
近大附は、J入団内定3名を擁し全国的にも注目チームだった興國を準々決勝で撃破。両チームとも通算でも初の観戦なのでどんなスタイルなのか楽しみ。

 

大阪桐蔭高校

主なOBは、阿部浩之(川崎フロンターレ)、三浦弦太(ガンバ大阪)など。

今シーズンは、プリンスリーグ関西所属。
第15節終了時点で、12勝1分2敗で1位。

夏のインターハイは大阪府予選決勝リーグ敗退。

今大会は、
ラウンド16:vs 摂津 3-1
準々決勝:vs 金光大阪 1-0


今シーズン初観戦。
GK
1  藤本 諒哉 3年 セレッソ和歌山
DF
2  加藤  宙 3年 F.C.コーマラント
3  田中 智也 3年 アビスパ福岡
5  深澤 佑太 2年 ガンバ大阪
18 赤澤 大志 2年 神戸FC
MF
7  北田 大亜 3年 ガンバ大阪
8  西矢 健人 3年 ヴィッセル神戸
22 木村 勇大 2年 ヴィッセル神戸
28 清藤 俊介 2年 FCグリーンウェーブ
FW
10 今岡 陽太 3年 ヴィッセル神戸
23 今井 健太 2年 川上FC

ーーーー今岡ーーーーーー今井ーーーー
ー木村ーーーーーーーーーーーー清藤ー 
ーーーー北田ーーーーーー西矢ーーーー 
ー加藤ーーーーーーーーーーーー深澤ー 
ーーーー赤澤ーーーーーー田中ーーーー 
ーーーーーーーー藤本ーーーーーーーー

 

 

 

近畿大学附属高校

主なOBは、辻本茂輝(元京都パープルサンガ)など。

今シーズンは、プリンスリーグ関西所属。
第15節終了時点で、8勝5分2敗で2位。

夏のインターハイは、大阪府予選ベスト16。

今大会は、
ラウンド16:vs 商大堺 3-0
準々決勝:vs 興國 1-0

今シーズン初観戦。
GK
21 石田 哲朗  1年 奈良YMCA SC
DF
2  太田 峻介  3年 FCグリーンウェーブ
5  白木原 一輝 3年 RIP ACE SC
7  福田 清春  3年 岩田FC
MF 
6  尾山 海斗  3年 ガンバ門真
10 内田 将太  3年 RIP ACE SC
13 石田 朋脩  3年 近畿大学附属中
19 寺田 樹生  2年 奈良クラブ
FW
9  田島 和樹  3年 SC大阪エルマーノ

11 河村 慶人  3年 岩田FC
12 平川  尚  3年 ガンバ門真 

ーーーーーーーー田島ーーーーーーーー
ーーー河村ーーーーーーーー平川ーーー 
ー尾山ーーーーーーーーーーーー石田ー
ーーーー内田ーーーーーー寺田ーーーー 
ーー太田ーーーー福田ーーー白木原ーー 
ーーーーーーーー石田ーーーーーーーー

 

 



 

試合形式は40分ハーフ。

キックオフは大阪桐蔭。後ろから大きくボールが蹴りだされると、左サイド桐蔭22木村勇大と近大13石田朋脩が空中戦で激しく交錯。両者頭部からの出血でいきなり一時退場のアクシデント。木村は頭部にテーピングを巻いて復帰したものの、石田はそのまま交代。これは不運すぎる。

近大は13石田に替え14岡嵜司(3年/FC.VOLENTE大阪)。
ーーーーーーーー田島ーーーーーーーー
ーーー岡嵜ーーーーーーーー河村ーーー 
ー尾山ーーーーーーーーーーーー平川ー
ーーーー内田ーーーーーー寺田ーーーー 

しかしアクシデントにもめげず攻め立てたのは近大。サイドから積極的にドリブルで仕掛けると、奪われても分厚い中盤で網にかけ相手陣内でのプレーを続けます。桐蔭は組み立ての精度を欠き、劣勢を打開できません。

それでも8分、桐蔭は23今井健太が前に運び、追い越した右サイド28清藤俊介を使うと、落として8西矢健人からクロス。浅いクリアを22木村勇大がフリーでつめますが、ハーフボレーはミートできずゴール左へ外れます。

その後再びペースは近大へ。3バック中央7福田清春が右足からコンパクトな振りで素晴らしいフィード。サイドに大きく展開し、攻撃を仕掛けます。

20分、桐蔭は左右に大きく回し近大はペースダウンか一旦引くことを選択。しかしこれが裏目に出ることに。右サイド5深澤佑太から中央23今井健太を狙ったクロスはDFにカットされますが、バイタルに零れた所を桐蔭8西矢健人が左足一閃!これがゴール右隅鮮やかに突き刺さります!桐蔭が先制!
大阪桐蔭高校 1-0 近畿大学附属高校>

25分、勢いに乗る桐蔭は前からのプレス。相手陣で22木村勇大が奪い前へ繋ぐと、23今井健太がドリブルからミドルを狙いますがゴール上。

桐蔭は、10今岡陽太と右28清藤俊介のポジションを入れ替え。

28分、近大は左6尾山海斗がカットインから中央へ運び、上がってきたCB5白木原一輝へ。パンチある右足ミドルで狙いますが、ゴール左。しかし可能性を感じさせます。

32分、近大は左コーナー。ニアから頭で繋ぎ、中央11河村慶人がヘッドで狙いますが、ゴールわずか上。

37分、近大は右スローインから横へ繋ぎ、最後はCB2太田峻介が左足ロングで狙いますが、ゴール右。

39分、近大は左6尾山海斗がスピードで縦にちぎり、マイナスのクロス。9田島一樹がワントラップから切り返して左足で狙いますが、DFが体でブロック。

ゴールは割れず、前半は桐蔭のリードで終了。





1分、近大は右サイドからロングスロー。ニア12平川尚が頭で反らすと、桐蔭1藤本諒哉が指先で触りゴール直前大混戦、近大9田島一樹がつめますが最後は藤本が回収。

3分、近大は右サイドからのクロス。DFを越えファーに抜けると、フリーで待っていたのは11河村慶人。左足を振り抜くと、シュートはクロスバーを強打!しかし跳ね返りがDFに当たりそのままゴールイン。近大同点!かに思われましたが、これは事前のプレーにオフサイド?の判定。

8分、桐蔭の交代。
28清藤→9大深拓海(3年/セレッソ大阪西U-15)。
右サイドに入り、10今岡陽太が再びFWに。

11分、桐蔭のカウンター。10今岡陽太が運び右サイドへ展開すると、9大深拓海が一人を剥がしてクロス。ファー23今井健太がインサイドボレーで狙いますが、ここはDFが見事なブロック!ゴール左へ外れます。

15分、近大は左右じっくり回し桐蔭を揺さぶると、攻め込んだCB2太田峻介が左足強烈ミドル。DFの足を掠めややホップしたボールは、対角線上にゴールへ向かうもわずか上に外れます。


その後、リードを追う近大がますます攻撃の色を強めます。ダブルボランチの10内田将太、19寺田樹生が小まめに受けて散らしリズムを作り、両サイド左6尾山海斗は馬力ある突破を、右12平川尚は豊かなトップスピードからクロスと見せかけての切り返しで相手のバランスを崩し翻弄。


19分、近大は左サイドへ大きく展開。空中戦9田島一樹が頭で繋ぐと、中に切れ込んだ6尾山海斗がクロス。逆サイドから入ってきた11河村慶人が頭で競り勝ちますが、惜しくもゴール上ネット。

いよいよ近大も運動量が落ち始めスペースが産まれてくると、桐蔭も前に出るように。本来の姿と思わせるオーガナイズの洗練性を発揮し、起点となるボランチ8西矢健人、7北田大亜は視野確保、受け方とさすがJクラブ出身者という質の高さ。

23分、桐蔭の交代。
23今井→15新侑大(3年/FC SETA 2002 SHIGA)。
左サイドに入り、22木村勇大がFWに。

27分、近大は左サイドへ展開。11河村慶人が右足でクロスを供給すると、ファー走り込んでいた10内田将太が足先を伸ばしますが、あと一歩届きません。

27分、近大の交代。
9田島→18鈴木風光(2年/奈良クラブ)。


32分、桐蔭は右サイド5深澤佑太が潰れ、フォローした9大深拓海が中央へドリブル突破。バイタルに侵入し右へ散らすと、22木村勇大がダブルタッチで一人を交わしてエリア侵入。フィニッシュに持ち込みますが、DFが体に当ててゴール右へ外れます。

いきなり頭部に負傷を追った桐蔭22木村勇大ですが、豪快な突破で存在感を発揮。180ぐらいとサイズがあって預けどころにもなり、来年はエース格になるはず。

33分、近大は11河村慶人が右サイド自陣から長く運んでバイタルまで前進。ファウルを得て絶好の位置でセットプレーを得ると、10内田将太が右足巻いて狙いますが、枠を捉えるも桐蔭1藤本諒哉が横っ飛びセーブ!

35分、桐蔭の交代。
7北田→17福島翔太(3年/トリニータ宇佐)。

35分、近大は7福田清春から中央へ鋭いフィード。DFの浅いクリアはバイタルにいた12平川尚の元へ。すぐさまシュートを放ちますが、体をはって止めます。

桐蔭は、180cmを超える高さを持つCB18赤澤大志が空中戦で防波堤となり、キーパーとしては小柄も反応スピードやキャッチング技術に優れる1藤本諒哉を中心に耐え続けます。

36分、近大の交代。
19寺田→16上田優(3年)
12平川→15石黒吏稀也(3年/近大附属中)。
布陣は以下の通り。
ーーーーーーーー河村ーーーーーーーー

ーーー岡嵜ーーーーーーーー鈴木ーーー 
ー尾山ーーーーーーーーーーーー石黒ー
ーーーー内田ーーーーーー上田ーーーー 


39分、近大は2太田俊介からロングフィード一本、ライン裏絶妙な位置に落とすと、桐蔭はキーパーとディフェンスが見合い、後ろから勇敢に飛び込んだ11河村慶人が頭から突っ込みます!ネットへ転がり込むボール。土壇場でついに近大が追いつきます!
<大阪桐蔭高校 1-1 近畿大学附属高校

会場のボルテージが上がる中、このまま前後半終了。第1試合に続き、延長戦へ。


残念ながらここで会場を後にしましたが、試合は延長でも決着つかずPK戦へ突入。大阪桐蔭が制し、ファイナル進出を決めました。

 

全国高校サッカー選手権大会 大阪府大会準決勝
大阪桐蔭高校 1-1(PK4-3)近畿大学附属高校
@キンチョウスタジアム
(山田)20分 西矢健人
(近大)79分 河村慶人

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です