高校選手権準々決勝
國學院久我山vs前橋育英


全国高校サッカー選手権準々決勝。
神奈川・三ツ沢会場の第二試合は、東京代表・國學院久我山と群馬代表・前橋育英の関東勢対決です。

 

國學院大學久我山高校

東京都1部リーグ:4位
高校総体:2回戦敗退


今大会は、
1回戦:vs 広島皆実(広島) 1-0
2回戦:vs 明秀日立(茨城) 2-2(PK 3-1)
3回戦:vs 神戸弘陵(兵庫) 2-1

今シーズン2回目の観戦。
関東大会1回戦 vs柏日体
DSC07307

GK
1  平田  周  1年 180/72 FC東京むさし

DF 
2  野村 京平  3年 175/70 横河武蔵野FC

4  上加世田 達也 1年 173/64 Forza’02
5  宮原 直央  3年 166/65 FC多摩
6  山本  研  3年 171/67 横浜F・マリノス

MF 
3  知久 航介  2年 176/64 浦和レッズ
7  鈴木 遥太郎 3年 169/63 東急レイエス
8  内桶  峻  3年 173/64 グランデFC
9  小林 和樹  3年 170/64 ジェファFC

14 名倉  巧  2年 167/58 FC東京深川
FW
10 澁谷 雅也  2
年 163/58 ジェファFC

ーーーーーーーー澁谷ーーーーーーーー
ー小林ーーーーーーーーーーーー内桶ー
ーーーー名倉ーーーーーー鈴木ーーーー
ー山本ーーーーー知久ーーーーー宮原ー
ーーーー上加世田ーーーー野村ーーーー
ーーーーーーーー平田ーーーーーーーー

 

前橋育英高校

プリンスリーグ関東:2位
(プレミアリーグ参入戦進出も敗退)
高校総体:群馬県予選準優勝

今大会は、2回戦からの登場。
2回戦:vs 大津(熊本) 3-2
3回戦:vs 帝京第三(山梨) 3-1

今シーズン4回目の観戦。
マリノスカップ予選リーグ vs京都橘
プリンス関東17節 vs東京ヴェルディ
高校選手権3回戦 vs帝京第三
DSC07306

GK
12 平田  陸  3年 178/68 ジュビロSS磐田

DF
3  小畑 達也  3年 175/68 前橋FC

5  大平  陸  3年 180/70 前橋FC
7  吉田 朋恭  3年 175/68 前橋FC

15 綿引  康  3年 170/60 アントラーズノルテ
MF  
5  尾ノ上 幸生 3
年 167/57 東京久留米FC
8  大塚  諒  2年 172/62 横浜F・マリノス追浜
9  佐藤 誠司  3年 176/65 FC東京むさし
13 金子 拓郎  3年 178/68 クマガヤSC
FW
10 横澤 航平  3年 164/55 前橋FC

11 野口 竜彦  3年 179/69 高槻FC

ーーーー野口ーーーーーー横澤ーーーー 
ー金子ーーーーーーーーーーーー佐藤ー
ーーーー大塚ーーーーー尾ノ上ーーーー
ー吉田ーーーーーーーーーーーー綿引ー 
ーーーー大平ーーーーーー小畑ーーーー
ーーーーーーーー平田ーーーーーーーー

 

 

試合は40分ハーフ。同点終了の場合は、延長なし即PK戦。

最初にチャンスをつくったのは久我山。
5分、右サイドのビルドアップから5宮原が相手の陣形を見て自ら縦へ運びクロスを上げると、
ニアに走りこんだ10澁谷がワントラップから素早く反転、シュートまで持ち込みますが、ゴールわずか左。


ペースを握ったのは出足のいい久我山。前線で球際で上回り、両サイドからチャンスをつくります。

前橋育英は、これまで前線で基準点となっていた10横澤が思いの外、久我山DFに苦戦。
スリーボランチに囲まれ視野を確保出来ておらず、判断が遅れ潰されてしまいます。


久我山は選手の距離感が非常に良く、しっかりと繋いでビルドアップ。コーナー得る場面が増えていきます。
フットサルのごとく密集をショートパスで打開していく久我山に対し、前育は捕まえきることができません。


しかし18分、前育はカウンターから11野口が右サイドでボールを運びヒールでの落としから9佐藤がクロス。
しかしここはキーパーがキャッチします。

前育は、中央の人数で下回り攻守に後手に。得意のサイドチェンジを繰り出すことができません。

25分、久我山はバイタルで前を向いた14名倉からのスルーパス、ラインを抜け出した9小林がつめてネット揺らしますが、
ここはわずかにオフサイド。しかし、相手の最終ライン攻略まであと一歩と迫ります。


36分、前育は左サイド13金子が個で打開しクロスを入れるもボールは流れてしまいますが、
逆サイド9佐藤の落としを15綿引が再びクロス。しかしボールはやや高く、11野口のヘッドはゴールを越えてしまいます。


38分、前育は右サイドからのセットプレー、5尾ノ上の速いクロスに7吉田がヘッドで合わせますが、ゴールわずか右。


39分、久我山は左サイドからの構築から中央スペースで受けた7鈴木がミドルで狙いますが、ゴール上。


前半最後のチャンスは前育。
40分、10横澤が右サイドからカットイン、相手をひきつけて走り込んだ8大塚へ見事なスルーパス。
シュートはやや当たり損ねるも、キーパーの脇を抜けますが、その後ろで5宮原がなんとかクリア。最大の決定機を逃します。

前半は同点のまま終了。

個の力で上回る前育ペースで進むと思われましたが、予想外に久我山も健闘。
スタイル通りショートパスで局面を打開。特に左サイド6山本、9小林の連携がよく、押し込んで起点となっています。
ワントップ10澁谷は、小柄ながら密集でのくさび、反転からのドリブルでいくつか見せ場を作りました。

前橋育英は、チャンスをいくつか作ったものの自分たちのやりたいことができていない消化不良の前半。
10横澤はファーストタッチを複数で潰され、得意のドリブルをほとんど出来ず。
チームの長所であるサイドチェンジもテンポが遅く、ブロックを敷いた久我山を崩すことができません。
守備でも相手のショートパスを遮断できずに、飛び出してくる10澁谷、14名倉を捕まえきれておらず、後半に向け不安の残る内容に。

 
 

後半最初のチャンスは久我山。
44分、ショートカウンターからスルーパスに抜け出した10澁谷が左サイドからシュートを狙いますが、ゴール上へ。

さらに50分、左サイドから押し込んだ久我山は、クロスからクリアを拾った3知久が中へ切り込んで左足ミドルもまたもゴール上。
引き続きペースを握ります。

そして52分、久我山はショートカウンター、左から右へ速い展開を見せると、
8内桶がDFとの一対一、縦への持ち出しから素早く右足を一閃。
強烈に落ちたボールがニアに突き刺さります。見事なゴールで久我山が先制!
〈國學院大学久我山高校 1-0 前橋育英高校〉

後半開始からペースを握られ、ついに先制を許してしまった前育は、
一人一人の責任感が希薄で、意図ある連携というよりも味方に雑に預けてしまっている印象。

流れを変えたい前育は54分、9佐藤に変え2試合連続ゴール中の長身17馬場拓哉(2年/FW/横浜F・マリノスJY)を投入。
10横澤を右サイドへ移します。

56分、前育は早速これが功を奏します。
ミドルパスから17馬場が頭で競り勝ち、ボールはエリア内にいた8大塚の下へ。
ダイレクトでつめますが、ゴールを越えてしまいます。

58分、前育は中盤からテンポよく10横澤、13金子、11野口と繋ぎ、エリア内に侵入。
最後は再び13金子が倒れこみながらシュートを狙いますが、ゴール上。

前育は前線でボールを収められる17馬場の投入により、相手のDFラインを下げることに成功。
中盤で余裕を持ってボールを持てるようになり、サイドへの展開がスムーズに。
いい形でのクロスが増えてきました。守備でも中盤で食い止められるように。

59分、前育はまたも前線にフィードすると、ディフェンスの浅いクリアを8大塚が繋ぎ、最後は10横澤が右足ハーフボレー。
強烈なシュートも、ゴール左へ外れてしまいます。

前育は、11野口、17馬場の前線二枚にシンプルにボールを入れ、二列目の10横澤、13金子が二次攻撃でミドルを狙う意図。
一転押し込まれた久我山は、我慢の時間が続きます。

前育はペースを握るものの決定機までには至らず、試合は残り10分。

72分、前育は5大平のフィードから17馬場が競り勝ち、11野口のキープから左サイドへラストパス。
13金子が得意の左足シュートで狙いますが、軸足がぶれてシュートはゴール上。
決定的なチャンスも決め切ることができません。

その後、前育は27高沢颯(2年/MF/前橋FC)、29渡邊泰基(1年/DF/アルビレックス新潟U-15)を左サイドに投入し
必死の攻撃を見せますが、集中を切らさず弾き返し続ける久我山ディフェンスを崩し切れず。

久我山が1点を守り抜きタイムアップの笛。
関東勢同士の対戦は、カテゴリーで下回る國學院久我山が下馬評を覆しての勝利を果たしました。

 

 

國學院久我山は、厚みある中盤の布陣が攻守に機能。

攻撃では各々が相手のギャップにしっかりとポジショニングをとって受ける準備を整えると、
正確なショートパスでの展開を積み上げてビルドアップ。前半自信を深めながら後半見事なゴールで先取点。

守備では前半、相手のキーマンである10横澤、ボランチの5尾ノ上を囲んで自由を奪い相手の長所を消すと、
後半先制して以降は我慢の時間が続いたものの、最終ラインが最後の局面でしっかり体を入れて防御。
中盤も圧力に対して致命的なミスを一つも犯さず、やるべきことをしっかりと完遂しました。

個々では10澁谷と14名倉のコンビ、左サイド9小林、6山本のコンビが機能。
前者は共に小柄ながらボールへの関与率が高く、相手の裏を欠くファーストタッチと判断の速さでチャンスを創出、
後者は相手の激しいプレスに臆さず、積極的な繋ぎの判断でビルドアップに大きな貢献を見せました。

 

前橋育英は、先制されて以降、17馬場を起点にペースを握り続けたものの、チャンスに決めきることができず1点に泣くことに。
疲労が溜まっていたのか、一つ一つの局面で、踏ん張りが効いていない感が残りました。

後半のハイボールでの展開は、相手を押し込んではいたものの、
今シーズン作り上げてきたチームのスタイルではなかったはず。

プリンスリーグ関東での戦いぶりから、
ショートパスを繋ぐ相手に対しても、ダイナミックなサイドチェンジから個の力で局面を打開する、
自分たちのサッカーをできる力はあったはずですが、山田監督は体力的な問題からかそれは難しいと判断したのでしょうか。

10横澤は、ほとんど抑え込まれた前半に対し、後半右サイドに一列落ちてからは前を向ける場面は増えたものの、
味方との連動を欠き、最終ラインを前に潰されて決定的な仕事はできず。

終了後、涙するわけでも倒れこむわけでもなく茫然自失で立ち尽くす姿が印象的でした。
今後どういったステージでサッカーを続けるのかはわかりませんが、さらなる飛躍が期待できる選手。
またどこかで再会できる日を楽しみにしています。

 

 

全国高校サッカー選手権 準々決勝
國學院大学久我山高校 1-0(0-0)前橋育英高校
@ニッパツ三ツ沢球技場
(久我山)52分 内桶峻

 

 

 

 

DSC07320

DSC07322

DSC07313

DSC07328

DSC07355

DSC07343

DSC07362

DSC07372

DSC07383

DSC07375

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です