高校選手権R16
帝京第三vs前橋育英


全国高校サッカー選手権3回戦。
第一試合の興奮冷めやらぬ中、フクアリの第二試合は関東対決。
今季プリンスリーグ関東昇格を果たした山梨代表・帝京第三と、そのプリンス関東2位、群馬代表・前橋育英の対戦です。

 

帝京第三高校

山梨県1部リーグ:2位
(繰り上げによりプリンスリーグ関東参入戦進出→来季昇格)
高校総体:ベスト16

今大会は、
1回戦:vs 高松南高 3-0
2回戦:vs 山口県鴻城高 8-0

今シーズン4回目の観戦。
高校選手権山梨県決勝 vs山梨学院
プリンス関東参入戦 vs桐生第一
プリンス関東参入戦 vs武南

DSC07180
GK
17 松本 大亮  2年 181/65 大阪市ジュネッス

DF 
3  穂坂 勇希  3年 173/60 フォルトゥナSC

4  鮫島  龍  3年 176/68 アスペガスFC
5  山下 直希  3年 178/65 ドルフィンFC
6  木村 祥太郎 3年 174/63 東京ヴェルディ
MF 
2  吉野 巧人  3年 176/60 帝京FC

10 加藤 竜基  3年 170/60 ジェファFC
11 村上 光樹  3年 165/55 帝京FC
14 山元  潤  3年 168/60 RIP ACE SC
FW 
7  梅田  至  3年 173/63 Forza’02

20 泊谷  翼  3年 180/65 ARTE八王子FC 


ーーーー泊谷ーーーーーー梅田ーーーー 
ー山元ーーーーーーーーーーーー村上ー 
ーーーー加藤ーーーーーー吉野ーーーー
ー穂坂ーーーーーーーーーーーー木村ー
ーーーー鮫島ーーーーーー山下ーーーー
ーーーーーーーー松本ーーーーーーーー

エースの9小山駿(3年/FW/AZ’86東京青梅)は、大会直前の骨折により欠場。

 

前橋育英高校

プリンスリーグ関東:2位
(プレミアリーグ参入戦進出も敗退)
高校総体:群馬県予選準優勝

今大会は、2回戦からの登場。
2回戦:vs 大津高 vs 3-2


今シーズン3回目の観戦。
マリノスカップ予選リーグ vs京都橘高
プリンス関東17節 vs東京ヴェルディ

DSC07184

GK
12 平田  陸  3年 178/68 ジュビロSS磐田

DF
3  小畑 達也  3年 175/68 前橋FC
5  大平  陸  3年 180/70 前橋FC
7  吉田 朋恭  3年 175/68 前橋FC
15 綿引  康  3年 170/60 アントラーズノルテ
MF  
5  尾ノ上 幸生 3年 167/57 東京久留米FC
8  大塚  諒  2年 172/62 横浜F・マリノス追浜
9  佐藤 誠司  3年 176/65 FC東京むさし
13 金子 拓郎  3年 178/68 クマガヤSC
FW
10 横澤 航平  3年 164/55 前橋FC
11 野口 竜彦  3年 179/69 高槻FC

ーーーー野口ーーーーーー横澤ーーーー 
ー金子ーーーーーーーーーーーー佐藤ー
ーーーー大塚ーーーーー尾ノ上ーーーー
ー吉田ーーーーーーーーーーーー綿引ー 
ーーーー大平ーーーーーー小畑ーーーー
ーーーーーーーー平田ーーーーーーーー

 

試合は40分ハーフ。同点終了の場合は延長なしの即PK戦。

前半、最初のチャンスは前橋育英。
3分、コーナーキックからのカウンター。
左サイド、ハーフラインから9高橋がスピードでちぎってエリアにまで到達。
中への折り返しをフリーの11野口が左足で流し込みますが、まさかのゴール右。決定機を逃します。

ここからは帝三が押し込む時間となりますが、
徐々にパススピードが増してきた前育も、サイドチェンジでチャンスを狙います。


12分、帝三のフリーキック、2吉野の打点の高いヘッドはゴール上。


その後各所で繰り広げられる肉弾戦。
とりわけ激しいのは帝三の最終ラインと前育の10横澤、11野口の2トップのバトル。

この競り合いの中で帝三2木村が顔面を強打。
起き上がれないほどのダメージで、一時退場を余儀なくされてしまいます。


そして均衡が崩れたのは25分。
前育は、左サイド13金子がテンポを替えて縦への突破を仕掛けると、
鋭い切り返しで、復帰した帝三2木村を完全に剥がし、爪先でふわりと浮かせる意表をつくクロス。
キーパーの頭を越したボールを、走り込んだ10横澤がスライディングで押し込み、前育が先制します。
〈帝京第三高校 0-1 前橋育英高校〉

帝三は、前線に収まりどころなく前に蹴るだけになってしまい、
悪い時のプレーが出てしまっています。


先制し勢いに乗る前育は、30分、5尾ノ上、8大塚の連携で中央突破。
ひいて受けた11野口がためて左サイドへ散らすと、13金子がダイレクトで絶妙なクロス。
ファーから9佐藤が飛び込みますがDFと交錯、こぼれを10横澤がつめますがゴールわずか左。
積極的に追加点を奪いにいきます。


サイドのマッチアップで劣勢にまわった帝三は、なかなか押し返すことができません。

前育は、大きくサイドチェンジして帝三を揺さぶり、右サイド15綿引から速いクロス。
キーパー飛び出しますが、浅くなったパンチングのこぼれを9佐藤がボレーで狙うもゴール上。

帝三の同点のチャンスは37分。
前線へのスルーパスが通り、エリアに侵入した7梅田の折り返しに合わせたのは20泊谷。
キーパー12平田が触ってわずかにコースがぶれたボールは、クロスバー直撃。
これを11村上が押し込みますが、平田が再びキャッチ。
平田の攻守に阻まれ同点に追いつくことができません。


前半最後のチャンスは前育。
AT、カウンターから10横澤が右から中央へ運び13金子へスルーパス。
縦への突破から左足で狙いますがこれはキーパー正面をつきます。

前半は前橋育英の1点リードで終了。
前橋育英は、2トップやボランチを起点にサイド攻撃を徹底。
一対一の局面をつくると、特に左サイド13金子が、帝三6木村をちぎる場面が目立ち、その形で先制点を奪いました。

対する帝三は前に収まりどころがなく、なかなか押し返すことができません。

 
 

後半、帝三は20泊谷に替え181cmの長身19松本大輔(2年/DF/S.T.FC)を最前線に投入。
一方、前育も11野口に替え、こちらも182cmの17馬場拓哉(2年/FW/横浜F・マリノスJY)を投入します。

しかし最初のチャンスは前育。
48分、中盤でボールを奪い右サイドへ展開すると、
9佐藤のアーリークロスにその17馬場が飛び込みますが、DFがクリア。

50分、前育は、フリーキックからのリスタート、
13金子がエリア内でボールを受けると、鋭い切り返しで三人交わし突破。
折り返しに7吉田が合わせ追加点を決めます。
〈帝京第三高校 0-2 前橋育英高校〉

さらに55分、前育は左コーナーを得ると、
5尾ノ上のニアへボールに、17馬場が頭で巧く合わせ三点目。
あっという間に突き放します。
〈帝京第三高校 0-3 前橋育英高校〉

まず一点を返したい帝三でしたが、
65分ごろから運動量落ち始め、出足が遅れる場面が増えていきます。

64分、前育は中盤でのカットから17馬場がディフェンスと入れ替わりエリア侵入。
先制時と同様ループでキーパーの頭を越すと、これをファーにいた10横澤がつめますが、ディフェンスが必死のクリア。

その後帝三は、サイドからクロスをいくつか上げる場面が続きますが、
浅い位置からにとどまっているため、5大平を中心にしっかり準備した前育ディフェンスの前に弾き返されてしまいます。

しかし71分、帝三は左サイドでフリーキックを得ると、14山元の柔らかいクロスからエリア内混戦。
最後は19松本が流し込み、一点を返します。
〈帝京第三高校 1-3 前橋育英高校〉

75分、前育はエリア直前でフリーキックを得るも、10横澤のキックはゴール上。

さらに76分、左サイドをパス回しで完全に崩し、13金子が速いクロス。
ニアで途中出場の14前川優太(3年/MF/FC東京U-15むさし)が合わせますが、枠を捉えることができません。

失点後も引き続きペース握る前育ですが、4点目を奪って勝負を決めたいところ。

そしてアディショナルタイムは4分。
集中のきれない前育はディフェンスが体を張って、局面局面を防御。

80+3分、ミドルパス受けた帝三19松本が右サイド強引に突破しにかかりますが、
前育7吉田が体をしっかり寄せてボールアウト。

そして試合終了のホイッスル。
カテゴリーの違いを見せつけた前橋育英が3点を先取して完勝。
順調な勝ち上がりで準々決勝に名乗りをあげました。 

 

 

前橋育英は、大きなサイドチェンジと前線の突破力で帝京第三を粉砕。
終始ゲームを優位に運び続けました。

帝三もある程度できると思っていたのですが、プリンス関東と県リーグではこれほどまでに個が違うのかと。

今日はとりわけ左サイド13金子が素晴らしかった。
テンポの変化と加速を組み合わせて一対一を制し続け、圧巻の三人抜きなどで2アシストを記録しました。
視野も広く、急所をつくクロスを度々供給。

エース10横澤は、高度なドリブルだけでなく、その体幹が大きな特長。
ボディバランスと瞬発力で、寄せてきた相手の前に体を入れるスキルがお見事。
正確な左足でのサイドチェンジ、カットインからダイアゴナルに走り込む味方へのスルーパスと、パスセンスも兼備。
中央で決定的な仕事を遂行し続けました。


帝京第三は、自慢の2トップ9小山が欠場、7梅田も怪我持ちと、
特に攻撃において戦前から厳しい戦いが予想されていたものの、
守備で前育の10横澤、13金子のドリブルを止められず、押し込まれてしまいました。

特に対人に強かった右サイドバックのキャプテン6木村が、
あそこまで突破を許すことになるとは大きな誤算だったはず。
前半途中に負った負傷がなんらか影響していたのでしょうか。

また、丁寧にビルドアップできる能力はあるにも関わらず、
前後半通じてロングボール中心となってしまったのは相手を実体以上に恐れすぎたためか。
強豪相手のゲームに対する経験不足を露呈してしまいました。

しかし来季はプリンスリーグ関東へ昇格。
並み居る猛者との真剣勝負の経験を積める場は用意されています。

今季のチームが残してくれた確かな足跡を最大限活かし、来年は全国3回戦の壁を突破してほしいですね。

 

 

全国高校サッカー選手権 3回戦
帝京第三高校 1-3(0-1)前橋育英高校
@フクダ電子アリーナ
(帝三)71分 松本大輔
(前育)25分 横澤航平、50分 吉田朋恭、55分 馬場拓哉

 

 

 

DSC07188

DSC07199

DSC07213

DSC07200

DSC07219

DSC07214

DSC07225

DSC07229

DSC07230

DSC07237

 

 

 


youthkiosk(ユースキオスク)

youthkiosk(ユースキオスク)

2種にはロマンがある

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする