高校選手権準決勝
日大藤沢vs星稜


選手権もとうとう準決勝。今年からしばらくはさいたまスタジアムでの開催です。

第1試合は、初の準決勝進出を果たした日大藤沢と、3年連続のベスト4、昨年の準優勝の雪辱を狙う星稜の対戦です。

 

日本大学藤沢高校

 

高校総体は、神奈川県予選ベスト16。
神奈川県1部リーグは2位。

選手権は、
1回戦:vs 徳島市立(徳島) 2-2(PK4-3)
2回戦:vs 高川学園(山口) 3-2
3回戦:vs 開志学園JSC(新潟) 3-0
準々決勝:vs 静岡学園(静岡) 2-1  
DSC00541
GK
12 鈴木 孔明  2年 182/75 横浜F・マリノス追浜
DF 
3  小野寺 健也 2年 185/74 秦野市立南中
14 大野  樹  2年 172/63 横浜F・マリノス
17 金井 勇人  2年 183/75 SC相模原
22 福屋 凌平  1年 162/52 横浜F・マリノス追浜
MF 
6  砂賀 拓巳  3年 171/60 横須賀シーガルズ
11 中村 恒貴  3年 172/60 川崎フロンターレ   
18 西尾 隼秀  2年 170/65 バディーSC
8  今井 裕太  3年 173/60 SC相模原
FW
9  前田マイケル純 3年 184/75 大磯町立大磯中
10 田場 ディエゴ 3年 172/63 FC湘南

ーーーーーーーー前田ーーーーーーーー
ー中村ーーーーー今井ーーーーー田場ー
ーーーー西尾ーーーーーー砂賀ーーーー
ー大野ーーーーーーーーーーーー福屋ー
ーーーー金井ーーーーー小野寺ーーーー
ーーーーーーーー鈴木ーーーーーーーー

 

星稜高校

夏の高校総体はベスト8。
プリンスリーグ北信越は2位に入ったものの、プレミア参入戦1回戦でベガルタ仙台ユースに敗戦。

選手権は2回戦からの登場。
2回戦:vs 鹿児島城西(鹿児島) 0-0(PK5-3)
3回戦:vs 米子北(鳥取) 2-1
準々決勝:vs 履正社(大阪) 1-0
 DSC00538
GK 
1  坂口 璃久  2年 181/76 星稜中
DF 
2  宮谷 大進  3年 170/61 ヘミニス金沢
3  原田  亘  3年 175/66 ヴィッセル神戸
4  高橋 佳大  3年 174/62 FCサザン
5  鈴木 大誠  3年 182/70 ソレステレージャ奈良
MF 
7  藤島 樹騎也 3年 167/57 名古屋グランパス
8  平田 健人  3年 178/80 千里丘FC
9  前川 優太  3年 172/72 セレッソ大阪西
15 杉原 啓太  3年 179/69 名古屋グランパス
FW
10 大田 賢生  3年 176/66 星稜中
11 森山 泰希  3年 173/68 名古屋グランパス

ーーーー森山ーーーーーー大田ーーーー 
ー藤島ーーーーーーーーーーーー杉原ー
ーーーー平田ーーーーーー前川ーーーー
ー宮谷ーーーーーーーーーーーー原田ー
ーーーー鈴木ーーーーーー高橋ーーーー
ーーーーーーーー坂口ーーーーーーーー

15U-17代表の14阿部 雅志(2年/MF/FC四日市)はベンチスタート。

 

前半は星稜ペース。

5分に、9前川のキープから7藤島へ展開しクロス。フリーの11森山が頭で合わせますが、GKの正面をつきます。

星稜は、9前川と8平田がボディコンタクトの強さと足技でキープをし、7藤島への展開を伺います。

日藤は、9前田と10田場が対面する星稜4高橋、2宮谷とのマッチアップで劣勢に立ち、なかなか押し上げることができないでいると、

徐々に星稜2宮谷はオーバーラップも見せ、7藤島との連携で左サイドを深く攻略していきます。

そして21分、星稜は中盤からのロングボールで日藤DFラインの裏を狙うと、処理がもたついたところを7藤島がかっさらい、ひっかけられてPKをゲット。8平田のPKは、日藤GK12鈴木が一旦セーブするものの、こぼれ球を9前川がループで狙うと、DFはクリアしきれずオウンゴール。日藤にはもったいない失点。
<日本大学藤沢高校 0-1 星稜高校>

星稜は続く33分、11森山が7藤島の連携で左サイドを突破すると、中で受けた15杉原は一旦潰されるもののDFともつれながら押し込み追加点。
<日本大学藤沢高校 0-2 星稜高校>

まず1点を返したい日藤でしたが、43分FKのチャンスに、9前田が頭で合わせるも、ゴール左へ外れます。

すると44分、星稜は右サイドを突破すると、10大田のシュートが日藤DFの手に当たりPKの判定。これを10大田が決め、決定的ともいえる3点目を奪います。
<日本大学藤沢高校 0-3 星稜高校>

ここで前半終了。

まさに経験の差が出てしまったでしょうか。日藤は冷静に行こうという意識が強すぎたのか、インテンシティを失い球際も淡白な印象が。

対する星稜は、左サイドからの構築というゲームプランは徹底しつつ、チェイシングなどの積極性があります。

 

 

後半、日藤は9前田、14大野に代え、13栗林 大地(3年/FC湘南)、15三明 風生(3年/横須賀シーガルズ)を投入。田場をトップ下に移し、劣勢に立たされていた前線をテコ入れします。フォーメーションは以下の通りに。

ーーーーーーーー栗林ーーーーーーーー
ー中村ーーーーー田場ーーーーー今井ー
ーーーー西尾ーーーーーー砂賀ーーーー
ー三明ーーーーーーーーーーーー福屋ー
ーーーー金井ーーーーー小野寺ーーーー
ーーーーーーーー鈴木ーーーーーーーー

星稜が受けに回ったこともあり、日藤はペースをつかみます。10田場もスペースが増えたことによりボールに触れる機会も増えてきました。

13栗林は足元がしっかりしており、ボールが収まり、繋がります。星稜も5鈴木、4高橋の落ち着いた対応で決定機はつくらせません。

時間は刻々とすぎる中、74分、日藤は左サイド15三明が突破しクロスを上げると、こぼれ球を10田場が狙いますがDFがブロック。更にそのこぼれを交代出場の29石井 雄大(2年リトルジャンボSC)のシュートはゴール上へ大きく外れます。

78分には、左サイドこちらも交代出場の20佐藤 拓(2年/SC相模原JY)が突破。13栗林の連携からシュートを狙いますが、星稜GK1坂口がセーブ。

80分には、10田場がPA直前でボールを受けると、振り向きざまに左足で強烈なシュートを狙いますが、ゴールのわずか左へ。

結局スコアはこのまま動かず終了。星稜が2年連続の決勝進出を果たしました。

 

全国高校サッカー選手権 準決勝
日本大学藤沢高校 0-3 星稜高校
@さいたまスタジアム2○○2
(星稜)22分 オウンゴール、35分 杉原啓太、44分 大田賢生(PK)

 

 DSC00563

DSC00572

DSC00609

DSC00651


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です