高校選手権R16
國學院久我山vs京都橘


年明け最初の観戦は選手権。三ツ沢と迷ったのですが、立地と来年のプリンス関東の展望ということで駒沢へ。

 

國學院大学久我山高校

高校総体は東京都予選ベスト8。
プリンスリーグ関東は9位で降格。

今大会は、
1回戦:vs 前原(沖縄) 1-0
2回戦:vs 日章学園(宮崎) 1-1(PK5-4)

DSC00316
GK 
1  仲間 淋星  3年 178/69 ジェファFC

DF 
2  花房  稔  3年 177/71 横河武蔵野FC

4  野村 京平  2年 175/67 横河武蔵野FC
6  鴻巣 良真  3年 177/68 ジェファFC
10 内藤 健太  3年 176/71 Forza’02

MF 
3  知久 航介  1年 174/59 浦和レッズ

5  宮原 直央  2年 166/63 FC多摩
7  鈴木 遥太郎 2年 169/61 東急レイエス
FW 
9  澁谷 雅也  1年 161/58 ジェファFC

11 小林 和樹  2年 170/63 ジェファFC
14 飯原 健斗  3年 173/60 横浜FC 

ーーーーーーーー小林ーーーーーーーー
ー澁谷ーーーーー鈴木ーーーーー飯原ー 
ーーーーー知久ーーーー宮原ーーーーー
ー野村ーーーーーーーーーーーー鴻巣ー 
ーーーーー花房ーーーー内藤ーーーーー
ーーーーーーーー仲間ーーーーーーーー

 

京都橘高校

高校総体は1回戦敗退。
プレミアリーグWESTは8位で残留。


今大会は、2回戦からの登場。
2回戦:vs 第一学院(茨城) 3-0

DSC00315
GK 
1  矢田貝 壮貴 1年 182/79 FC平野

DF 
2  倉本 光太郎 3年 170/62 京都サンガF.C. 

3  ハウザー ケン 3年 183/73 AS.ラランジャ京都
5  小川 礼太  2年 173/64 京都サンガF.C. 
15 木村 公紀  3年 173/62 京都サンガF.C. 
MF 
6  山村 龍平  3年 169/59 京都市立神川中

7  志知 大輝  3年 160/54 F.C. Alma大垣
10 中野 克哉  3年 168/53 YF NARATESORO
11 大野 拳弥  3年 170/62 京都修学館中
17 堤原  翼  1年 170/65 FCグリーンウェーブ
FW
14 岩崎 悠人  1年 170/64 彦根市立中央中

2015年U-17日本代表/岩崎

ーーーーーーーー岩崎ーーーーーーーー
ー堤原ーーーーー中野ーーーーー山村ー
ーーーー志知ーーーーーー山村ーーーー
ー木村ーーーーーーーーーーーー倉本ー
ーーーー小川ーーーーーハウザーーーー
ーーーーーーー-矢田貝-ーーーーーーー

インフルエンザで4清水 遼太(3年/京都城陽SC)、9仙頭 啓生(3年/ガンバ大阪門真JY)が欠場。怪我のため25林 大樹(3年/京都サンガF.C.U-15)がベンチ。

 

前半、開始から久我山ペース。10内藤から両サイド14飯原、9澁谷へ展開し、チャンスをうかがいます。

10内藤はCBらしからぬテクニシャン。水準以上のドリブルでボールを運ぶ技術があり、キックの質も高いものを持っています。

劣勢の京都橘は、カウンター狙い。10中野のキープから、14岩崎、17堤原への展開を狙います。中野は、トラップの置き所がよくキープ力に優れ、思わぬ方向変換で相手を外す力も。

ボール支配は引き続き久我山。ボールテクニックに優れる右サイド6鴻巣、14飯原の連携から右サイド奥深くまで攻め込みますが、京都橘はボランチ・CBで中央のディフェンスを固め、危険なエリアには侵入を許しません。

すると20分、京都橘はカウンター。右サイドからクロスを上げると、17堤原が頭で折り返したところを、11岩崎が難しい体制からボレーで狙いますが、ボールは惜しくも左ポストへ。

23分には、14岩崎がドリブルでDFを引き付けながら10中野へ繋ぐと、ミドルで狙いますがGK正面をつきます。

再び流れは久我山へ。押し込んでエリア内での攻防を繰り返すと、スペースができた中盤から5宮原がミドルを放ちますが、京都橘GK矢田貝が横っ跳びセーブ。

アディショナルタイムには、14飯原が弾丸ミドルを打ちますが、またも矢田貝が立ちはだかり、はじき出します。矢田貝はセービングに安定感があり、キックの飛距離・質もよく、1年生とは思えない安定感があります。

前半はここで終了。

 

後半も引き続き一進一退。京都橘は14岩崎にボールが入り始めますが、そこから先が進めません。久我山は連携からあと1本が通らず。

膠着状態が崩れたのは54分、京都橘は10中野のキープから右SB2倉本へ大きく展開。エリアに侵入しシュートを狙いますが、DFはブロック。

57分には、久我山9澁谷のパスミスを奪った京都橘11大野がクロスを上げると、10中野が走り込んで合わせますがゴール右へ外れます。

1年生9澁谷は小柄ながら当たりに強く、前半は右足から精度の高いパスを供給していましたが、運動量が落ち、対面する京都橘2倉本のオーバーラップも増えてきたことにより、たまらず13山本 研(2年/横浜F・マリノスJY)にスイッチします。

ペースを引き戻した久我山は、30分過ぎから11小林、交代出場の15名倉 巧(1年/FC東京U-15深川)にボールを集めますが、決定機までには至らず。

試合はスコアレスで前後半を終了。PK戦に突入します。

 

PK戦は、2人が外した久我山に対し、京都橘は3人目まで全員が決め、迎えた久我山4人目2花房のシュートを、京都橘が矢田貝がセーブ。接戦を制した京都橘が、ベスト8へコマを進めました。

 

全国高校サッカー選手権 3回戦
國學院大学久我山高校 0-0(PK1-3) 京都橘高校
@駒沢陸上競技場

 

DSC00369

DSC00339

DSC00405


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です