高校選手権R16
前橋育英vs山梨学院


高校サッカー選手権、3回戦第2試合は関東の強豪対決。

今シーズンの公式戦は1勝1敗でイーブンの両チームの対戦です。

 

前橋育英高校


夏の高校総体は3位。
プリンスリーグ関東は3位に入ったものの、プレミア参入戦2回戦で履正社高校に敗戦。

選手権は2回戦からの登場。
2回戦:vs 初芝橋本(和歌山) 1-0

DSC00416

GK 
1  吉田  舜 3年 183/73 クマガヤSC

DF 
2  下山 峻登 3年 175/65 クマガヤSC
3  岩  浩平 3年 175/65 横浜F・マリノス追浜
4  宮本 鉄平 3年 184/74 前橋FC
16 上原 大雅 3年 176/67 FC厚木JY DREAMS
MF
10 渡邊 凌磨 3年 176/66 クラブレジェンド熊谷
11 坂元 達裕 3年 167/58 FC東京むさし
13 吉永 大志 3年 174/61 JFAアカデミー福島
14 鈴木 徳真 3年 168/63 FC古河
FW 
9  青柳 療汰 3年 180/70 クマガヤSC
15 関戸 裕希 3年 169/62 ヴェルディ小山

2014年U-19日本代表候補/渡邊、鈴木

ーーーー青柳ーーーーーー関戸ーーーー 
ー渡邊ーーーーーーーーーーーー坂元ー
ーーーー吉永ーーーーーー鈴木ーーーー
ー岩ーーーーーーーーーーーーー下山ー
ーーーー宮本ーーーーーー上原ーーーー
ーーーーーーーー吉田ーーーーーーーー

 


山梨学院大学附属高校

夏の高校総体はベスト16。プリンスリーグ関東は6位。

今大会は、
1回戦:vs 滝川第二(兵庫) 1-0
2回戦:vs 岐阜工(岐阜) 0-0(PK7-6)
DSC00415

GK
17 古屋 俊樹  3年 173/65 ヴァンフォーレ甲府
DF 
2  山中 登士郎 3年 172/68 インテリオールFC
3  渡辺  剛  3年 182/67 FC東京深川
4  大野 佑哉  3年 179/66 AZ’86東京青梅
5  安西 亜蘭  3年 172/64 JFAアカデミー福島
MF 
6  大場 祐樹  3年 174/67 フォルトゥナSC
7  多田 倫浩  3年 174/62 M.FC高松
8  福森 勇太  3年 165/62 FC東京深川
11 伊藤 大祐  3年 170/60 ヴァンフォーレ甲府
FW 
9  原  拓人  3年 188/75 Uスポーツクラブ
20 宇佐美 佑樹 3年 165/64 アストロンSC

ーーーー原ーーーーーー宇佐美ーーーー 
ー福森ーーーーーーーーーーーー伊藤ー
ーーーー大場ーーーーーー多田ーーーー
ー安西ーーーーーーーーーーーー山中ー
ーーーー大野ーーーーーー渡辺ーーーー
ーーーーーーーー古屋ーーーーーーーー

FC岐阜内定の10小川 雄大(3年/FCヴァリエ都留)は怪我のためベンチスタート。

 

序盤は、育英が攻勢。3分、11坂元が右サイドからカットインし左足でシュートを狙うも、山学GK17古屋がセーブ。こぼれ球を拾うがうち切れません。

6分、左サイドを10渡邊が13吉永とのパス交換から突破。巧みなボール扱いでゴールライン際まで攻め込みが折り返しを詰め切れず。

8分には13吉永のロングボールに9青柳が走り込みシュートを狙うも、再びGK古屋に阻まれます。

山学は、カウンター狙い。20宇佐美、11伊藤が俊足を活かして、相手DFをちぎります。

そして17分、右サイドへの大きな展開から11伊藤がクロス。長身の9原がフリーで頭で合わせるも、ゴールは左ポストを直撃。決定的なチャンスを作りだします。

11伊藤のスピードは驚異的。スペースがある中で前を向かせると止められません。育英DFは徐々にラインを下げてしまい、山学は相手陣地でボールを展開できるように。

33分には、またも11伊藤がドリブルで2人をかわし、左サイド、フリーの8福森へパスを通すも、シュートはゴール上へ。

34分には、20宇佐美が8福森との連携から育英DFを突破。左足で狙うもまたもゴール上。ゴールこそ奪われていませんが、育英DFは1対1で劣勢になり、簡単に抜かせてしまいます。

その後も両チーム決め切れず、前半はこのまま終了。

 

後半、最初にチャンスをつかんだのは山学。42分、11伊藤→20宇佐美とつなぎ、ドリブルは一旦潰されるも粘り強くDFラインを突破し、バランスを崩しながら右足を一閃。育英GK1吉田の手を弾いて左ネットに突き刺さります。
<前橋育英高校 0-1 山梨学院大学附属高校>

先取点を奪われた育英は、10渡邊と15関戸のポジションを変更。渡邊のキープ力により、前線でのタメが生まれ、ペースを戻します。

すると50分、右サイドで得たコーナーキックから、ファーにいた4宮本がドンピシャヘッド。2試合連続のゴールで、すぐさま同点に追いつきます。
<前橋育英高校 1-1 山梨学院大学附属高校>

ここで山学は、51分に20宇佐美に代え、故障を抱えるエース10小川を投入します。

すると23分、ショートカウンターから左サイドでボールを受けた10小川は、カットインから右足で狙うと、ボールは右ポストを直撃。運動量こそ限られるものの、決定的な仕事を成し遂げる期待が高まります。

育英は、15関戸に代えて23横澤 航平(2年/前橋FC)、13吉永に代えて6渡辺 星夢(3年/クマガヤSSC)、更に怪我?の16上原に代えて8小泉 佳穂(2年/FC東京U-15むさし)を次々に投入。フォーメーションは以下の通りに。

ーーーー青柳ーーーーーー渡邊ーーーー 
ー横澤ーーーーーーーーーーーー坂元ー
ーーーー小泉ーーーーーー鈴木ーーーー
ー渡辺ーーーーーーーーーーーー下山ー
ーーーー宮本ーーーーーー岩ーーーーー
ーーーーーーーー吉田ーーーーーーーー

すると育英は、交代選手がそれぞれの持ち味を発揮します。68分、6渡辺が左足で正確なクロスを供給すると、9青柳が競り合ったボールを、10渡邊が押し込みますがこれはオフサイドの判定。

76分には、6渡辺と23横澤と繋ぎ、連携は逸れますが、それが結果的に9青柳に渡りGKと1対1に。しかし山学17古屋が素早く寄せてコースを消し防ぎます。

23横澤は165cmと小柄ながらも、左足の正確なタッチで果敢にドリブルを仕掛け、また大きな展開も見せるなど、流れを変える仕事をやり遂げます。

PK戦も見えてきた終盤、試合を決めたい育英の攻勢が続きます。

78分、またも6渡辺のクロスからゴール前混戦、10渡邊が見事なキープから左足を一閃。強烈なシュートは枠を捉えたかに見えましたが、僅かにそれ右ポスト!

アディショナルタイムには、またも10渡邊が、終盤とは思えない強烈なミドルを放ちますが、GKが何とかセーブ。

結局、ゴールは割れず同点のまま前後半を終了します。

 

PK戦は、6人目まで全員が決めた育英に対し(2人目・渡邊はクッキアイオ!)、山学6人目・4大野のシュートは、GK吉田の手に阻まれ試合終了。前橋育英がベスト8に進出しました。

 

全国高校サッカー選手権 3回戦
前橋育英高校 1-1(0-0)PK 7-6 山梨学院大学附属高校
@駒沢陸上競技場
(育英)50分 宮本鉄平 
(山学)42分 宇佐美佑樹

 

DSC00448

DSC00433

DSC00508 


youthkiosk(ユースキオスク)

youthkiosk(ユースキオスク)

2種にはロマンがある

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする