クラブユース選手権準決勝
京都サンガF.C.vs名古屋グランパス


京都サンガF.C.U-18

今シーズンは、プレミアリーグWESTに所属。

第10節終了時点で、6勝1分3敗勝点19で1位。

今大会は、
FC東京、横浜FC、ファジアーノ岡山と同組のグループステージを首位通過。

R16:vs 大分トリニータ 3-2
準々決勝:vs 川崎フロンターレ 4-1


今シーズン2回目の観戦。
7/22 クラ選 vs ファジアーノ岡山
GK
1  北原 一樹 3年 191/86 愛南町立御荘中
DF
3  前多 駿佑 3年 180/67 京都サンガF.C.
4  木邨 優人 2年 183/70 大阪市ジュネッス
5  井上 航希 3年 190/73 京都サンガF.C.
6  木村 歩夢 3年 177/65 京都サンガF.C.
MF
7  川崎 颯太 3年 171/65 ヴァンフォーレ甲府
8  野浜 友哉 3年 167/61 バイエルンツネイシ
14 中野 瑠馬 2年 167/63 賢明学院中
19 遠山 悠希 1年 170/63 京都サンガF.C.
FW
10 山田 楓喜 3年 180/71 京都サンガF.C.
15 中野 桂太 2年 167/64 京都サンガF.C.

ーーーー中野桂ーーーーー山田ーーーー
ー中野瑠ーーーーーーーーーーー野浜ー 
ーーーー川崎ーーーーーー遠山ーーーー 
ー前多ーーーーーーーーーーーー木村ー 
ーーーー木邨ーーーーーー井上ーーーー 
ーーーーーーーー北原ーーーーーーーー

47分
7  川崎→
22 勝島 新之助 1年 180/74 京都サンガF.C.
56分
19 遠山→
20 川島 功奨  2年 167/61 京都サンガF.C.
72分
10 山田→
17 上野  剛  2年 171/67 京都サンガF.C.

2019年U-17日本代表候補/中野瑠、中野桂、遠山
2019年U-16日本代表/勝島

 

 

名古屋グランパスU-18

今シーズンは、プレミアリーグWESTに所属。

第10節終了時点で、5勝2分2敗勝点17で4位(1試合未消化)。

今大会は、
大宮アルディージャ、ヴィッセル神戸、サンフレッチェ広島と同組のグループステージを首位通過。

R16:vs 浦和レッズ 2-0
準々決勝:vs 東京ヴェルディ 2-0


今シーズン2回目の観戦。
7/21 クラ選 vs 大宮アルディージャ

GK
16 東 ジョン  2年 185/79 東海スポーツ
DF
3  牛澤  健  3年 177/73 名古屋グランパス
6  新玉 瑛琉  3年 173/68 名古屋グランパス
9  石田 凌太郎 3年 174/71 名古屋グランパス
15 鷲見 星河  2年 185/72 名古屋グランパス
MF
7  倍井  謙  3年 172/69 名古屋グランパス
10 田邉 光平  3年 166/57 名古屋グランパス
14 石谷 光基  2年 169/58 名古屋グランパス
24 豊田 晃大  1年 169/59 名古屋グランパス
FW
8  榊原 杏太  3年 166/56 清水エスパルス
17 武内 翠寿  2年 173/67 前橋FC

ーーーー武内ーーーーーー榊原ーーーー
ー倍井ーーーーーーーーーーーー石谷ー 
ーーーー田邉ーーーーーー豊田ーーーー 
ー新玉ーーーーーーーーーーーー石田ー 
ーーーー牛澤ーーーーーー鷲見ーーーー 
ーーーーーーーー-東-ーーーーーーーー

59分
17 武内→
18 光田 脩人 2年 165/60 ソシエタ伊勢
68分
14 石谷→
28 甲田 英將 1年 165/58 名古屋グランパス

74分
8  榊原→
27 松本 皐誠 1年 168/56 名古屋グランパス
78分
18 光田→
25 斉藤 洋大 1年 172/64 名古屋グランパス
80+1分
6  新玉→
2  岡崎 流也 3年 178/66 名古屋グランパス


2019年U-18日本代表候補/石田
2019年U-17日本代表候補/鷲見、武内

2019年U-16日本代表/豊田

 

 

 

試合形式は40分ハーフ。
京都は、ポイントゲッター11小宮健(3年・西宮SS)が負傷離脱中。
名古屋は、U-18日本代表候補のGK1三井大輝(3年・名古屋グランパス)が負傷離脱中。

7分、最初のチャンスは名古屋。
右サイドへ展開し、9石田凌太郎が浅い位置から斜め前にパスをつける。
エリア右寄りに走り込んだ17武内翠寿が左足ワンタッチで狙うが、ゴールわずか右。


共に4-4-2を採用。
両チームともサイドハーフが大外からハーフスペースに潜って受け皿になる。
しかしその後がなかなか繋がらない。

15分、名古屋はCB15鷲見星河が大きく裏へ蹴る。
6新玉瑛琉が抜け出して左コーナーを獲得。
ファーへのクロスを9石田凌太郎が頭で折返す。
中央3牛澤健が頭で押し込む。名古屋が先制!

16分、名古屋は自陣で最終ラインがパスミス。
中央19遠山悠希が拾いすぐさま右足ミドル。
アウト気味の軌道でゴールへ向かうがバーを強打!

17分、京都は左14中野瑠馬がカットイン。
DFを引き付けて、エリア左寄りに繋ぐ。
抜け出した15中野桂太が左足を迷いなく降りぬく。
キーパーの股を鋭く抜き、京都がすぐさま追いついた。


スコア・内容共に拮抗していたが、徐々に名古屋ペースに。
ボランチの10田邉光平、24豊田晃大が高い位置で奪うようになる。
両サイドハーフ特に左7倍井謙が鋭いドリブルで引きづりバイタルへ侵入。
ラストパスを狙うか、時間を作ってオーバーラップした右バック9石田凌太郎を使う。


名古屋が攻略しつつあったところで、前半が終了。



 


 

4分、名古屋は左サイドでセットプレー。
7倍井謙の右足クロスは、誰も触らずそのままファーネットへ突き刺さる!
名古屋が早速勝ち越し。

さらに直後、名古屋は中盤でのカットからショートカウンター。
右寄りを抜け出した17武内翠寿が深いシュートフェイントでDFを剥がす。
利き足の左でファーを撃ち抜くコントロールショット。お見事。
名古屋があっという間に突き放す。


17武内翠寿は、リアルストライカーだ。

組み立ての関与は最低限に留めゴール前の働きに特化。
味方の配球元を伺いながら入り込む位置、体の向きを微調整し、
常にダイレクトまたは少ないタッチからのシュートを狙っていた。

名古屋は最終ラインを上げて対応。
京都はCFに入った22勝島新之助、右にスイッチした10山田楓喜が収めるが、
ゴールからは遠く、剥がせずに単発で攻撃を終えてしまう。


20分、名古屋は7倍井謙が左からドリブル開始。
甘いチェックにスピードを上げて中央突破。
そのまま右足一閃、豪快に突き刺して試合を決める4点目。


7倍井謙はこれで本日2点目。
サイドからの推進力が凄まじく、京都ディフェンスを決壊させた立役者だ。
少しでもスペースがあると見るやグングン加速してゴール前まで持ち込む。
右足ミドルまで備えているので手のつけようがない。
プレースタイルとクラ選でのブレイクぶりは、遠藤渓太(横浜F・マリノス)を思い出させる。


28分、京都は中盤から15中野桂太がドリブルで持ち込み左足ミドル。
DFが足に当てて、惜しくもゴール上へ外れる。

気持ちを切らさず、気を吐く京都15中野桂太。
体格差のある名古屋15鷲見星河とのマッチアップに苦しんでいるが、
全身をフルに使った左足キックはやはりスペシャルだ。

上のカテゴリーで光るには、もう少し武器が欲しい。


35分、京都はロングフィードに14中野瑠馬が抜け出す。
キーパーとの一対一で交錯して倒れるが、ノーホイッスル。


40+4分、名古屋は15鷲見星河が左足フィードでプレスを打開。
右サイド9石田凌太郎が縦をぶち抜いて30m近く運ぶ。
鋭いクロスにDFはクリアしきれず、ファー27松本皐誠が詰めて5点目。


ダメ押し点をアシストした9石田凌太郎は、
このレベルでも頭抜けた働きを見せた。
見事な対人守備を連発。
瞬発力やバネといった身体的な特長と相手を制する気迫を備えている。


結局、名古屋が大勝でファイナルに進出。
7倍井謙や17武内翠寿など大会を通してブレイクした選手をそろえ、
勢いに乗っている状態。間違いなく強い。

 

 

2019年7月29日 18:30K.O.
日本クラブユース選手権 準決勝
京都サンガF.C.U-18 1-5(1-1)名古屋グランパスU-18
@味の素フィールド西が丘
(京都)17分 中野桂太
(名古屋)14分 牛澤健、42分 倍井謙、43分 武内翠寿、61分 倍井謙、80+4分 松本皐誠

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です