クラブユース選手権
印象的だった選手30選


今年はグループステージ4試合と準決勝2試合を観戦。

35分ハーフに今年の涼しい気候も味方して、
序盤からインテンシティ激強、緩む時間もなく充実しっぱなしの試合が多かった。
特に前橋フットボールセンターは、観客席とピッチが目と鼻の先で臨場感もハンパなく、
選手の息遣いまでビシビシと伝わってきた。

上位には喰い込むべきチームが喰い込んでいく一方で、
長崎、松本、岡山、山形といった比較的歴史の浅いチームの健闘も目立った。
参加チーム間の実力差もかなり詰まってきた感もあり、益々面白くなっていくだろう。

余談だが、開幕戦と同じ時間帯に高3世代の久保建英がレアル・マドリーでデビューを果たした。
さすがに彼程の逸材はなかなか現れるものではないけど、
彼の影響で日本の若手に欧州クラブの目が一層向き、若者の海外志向も相まって、
この世代、この大会が草刈り場になるのもそう遠い話ではないかもしれない。

以下今大会で印象的だった選手30選を。

 

 

#1 石田 凌太郎 (3年・名古屋グランパスU-18)
2019年U-18日本代表候補

#2 田邉 光平 (3年・名古屋グランパスU-18)

#3 鷲見 星河(2年・名古屋グランパスU-18)
2019年U-17日本代表候補

#4 倍井  謙(3年・名古屋グランパスU-18)

#5 榊原 杏太(3年・名古屋グランパスU-18)

#6 武内 翠寿(2年・名古屋グランパスU-18)
2019年U-17日本代表候補

#7 中野 桂太(2年・京都サンガF.C.U-18)
2019年U-17日本代表候補

#8 中野 瑠馬(2年・京都サンガF.C.U-18)
2019年U-17日本代表候補

#9 山田 楓喜(3年・京都サンガF.C.U-18)

#10 板橋 洋青(3年・サガン鳥栖U-18)
2019年U-18日本代表候補

 

 

#11 相良 竜之介(2年・サガン鳥栖U-18)
2019年U-17日本代表候補

#12 本田 風智(3年・サガン鳥栖U-18)

#13 田中  禅(2年・サガン鳥栖U-18)

#14 中野 伸哉(1年・サガン鳥栖U-18)
2019年U-17日本代表候補

#15 日隈 雄作(3年・横浜F・マリノスユース)

#16 池田  航(3年・横浜F・マリノスユース

#17 吉尾 虹樹(3年・横浜F・マリノスユース)

#18 髙田 颯也(3年・大宮アルディージャU18)
トップチーム昇格内定
2019年U-18日本代表候補

#19 中山 昂大(2年・大宮アルディージャU18)

#20 山田 恭也(3年・ファジアーノ岡山U-18)

 

#21 渡邉 吏海(2年・ファジアーノ岡山U-18)

#22 駒沢 直哉(2年・ツエーゲン金沢U-18)
2019年U-17日本代表候補

#23 上田  樹(3年・ツエーゲン金沢U-18)
トップチーム昇格内定

2019年U-18日本代表候補

#24 辰巳 波津(3年・ツエーゲン金沢U-18)

#25 波本  頼(1年・ツエーゲン金沢U-18)
2019年U-16日本代表候補

#26 鮎川  峻(3年・サンフレッチェ広島ユース)
2019年U-18日本代表候補

#27 松本 太一(2年・サンフレッチェ広島ユース)

#28 小田 裕太郎(3年・ヴィッセル神戸U-18)
2019年U-18日本代表候補

#29 佐々木 貴哉(2年・ヴィッセル神戸U-18)

#30 三浦 敏邦(2年・ヴィッセル神戸U-18)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です