クラブユース選手権GS
ガンバ大阪vsツエーゲン金沢


ガンバ大阪ユース

今シーズンは、プレミアリーグWESTに所属。
第10節終了時点で、6勝1分3敗勝点19で2位。

今大会は、福岡、鹿島、金沢と同組。
第1戦:vs アビスパ福岡 2-4


今シーズン初観戦。
GK
1  駒井 幸弘 3年 182/83 千里丘FC
DF
2  奥田 勇斗 3年 172/66 ガンバ大阪
4  西村  翔 3年 179/66 ガンバ大阪
5  髙橋 直也 3年 179/70 ガンバ門真
12 久保 賢侑 3年 170/64 横浜F・マリノス
MF
6  長尾 優斗 3年 178/70 千里丘FC
10 食野 壮磨 3年 167/63 ガンバ大阪
13 福井 和樹 3年 165/61 サルパFC
14 中野  歩 3年 168/63 ガンバ大阪
FW
9  唐山 翔自 2年 178/65 ガンバ大阪
18 大谷 優斗 3年 172/66 ガンバ大阪

ーーーー唐山ーーーーーー大谷ーーーー
ー食野ーーーーーーーーーーーー福井ー 
ーーーー中野ーーーーーー長尾ーーーー 
ー久保ーーーーーーーーーーーー奥田ー 
ーーーー西村ーーーーーー髙橋ーーーー 
ーーーーーーーー駒井ーーーーーーーー

57分
18 大谷→
7  伊勢  航 2年 172/66 ガンバ大阪
63分
13 福井→
17 久保 勇大 3年 170/69 ガンバ大阪
66分
10 食野→
30 坂本 一彩 1年 170/61 ソレッソ熊本
70+4分
4  西村→
23 荻野 元伸 2年 177/69 ガンバ大阪

2019年U-17日本代表候補/唐山

 

 

ツエーゲン金沢U-18

今シーズンは、石川県1部リーグに所属。
第10節終了時点で、8勝1分1敗勝点25で1位。

今大会は、鹿島、福岡、ガンバと同組。
第1戦:vs 鹿島アントラーズ 0-3

今シーズン初観戦。
GK
31 上田  樹 3年 188/77 ツエーゲン金沢
DF
2  越元 佑太 3年 172/64 ツエーゲン金沢

5  辰巳 波津 3年 178/69 ツエーゲン金沢
13 今岡 侑大 3年 172/61 ツエーゲン金沢
16 波本  頼 1年 186/75 ツエーゲン金沢
MF
4  宮本 皐佑 3年 168/64 ツエーゲン金沢

6  川口 拓真 3年 165/56 ツエーゲン金沢
8  本多  航 3年 168/58 エスポワール白山
9  沖崎  颯 3年 175/67 ツエーゲン金沢
FW
11 愛宕 翔己 3年 170/65 ツエーゲン金沢

19 駒沢 直哉 2年 175/63 ツエーゲン金沢

ーーーー愛宕ーーーーーー駒沢ーーーー
ー沖崎ーーーーーーーーーーーー本多ー 
ーーーー宮本ーーーーーー川口ーーーー 
ー今岡ーーーーーーーーーーーー越元ー 
ーーーー波本ーーーーーー辰巳ーーーー 
ーーーーーーーー上田ーーーーーーーー

41分
11 愛宕→
7  小林 大佑 3年 175/65 エスポワール白山
50分
8  本多

20 酒尾 竜生 2年 169/55 Pateo FC金沢

61分
9  沖崎→
17 宮本 貫太 2年 170/64 ツエーゲン金沢
66分
4  宮本→

3  河崎 颯太 3年 171/63 ツエーゲン金沢

トップ昇格/上田
2019年U-18日本代表候補/上田
2019年U-17日本代表候補/駒沢
2019年U-16日本代表候補/波本

 

 

試合形式は35分ハーフ。
天候は小雨。

ガンバは前夜J3に出場した塚元大(3年・ガンバ大阪)、大野榛里(2年・SAGAWA SHIGA F.A.)、中村仁郎(1年・ガンバ大阪)ほか計5名が不在。
金沢は過去通じて初めての観戦だが、高2世代が多く名を連ねた石川県選抜が国体本大会で準優勝、高1世代はU-15高円宮杯で準優勝と進境著しく、一度見ておきたかった。

金沢はスタートは4-3-3の布陣だった。
WG、インサイドが中に絞り、横フラットだったのが印象的。
ガンバのビルドに対して、うまく中盤でハメていた。
19駒沢直哉、11愛宕翔己がドリブルで推進したが、ラストパスを通すには至らない。

最初のチャンスはガンバ。
6分、DFのミドルフィード一本で左サイドを抜け出す。
グラウンダーのクロスに中央18大谷優斗が左足で合わせるが、ゴール左へ外れる。

今度は金沢の攻撃。
9分、左スローインから19駒沢直哉が競り勝つ。
そのまま前方に運び左足でミドル。
これはゴール右へ外れる。

序盤は一進一退の展開だった。
ガンバは、1駒井幸弘がコーチングでしきりに球際を強調していたが、
金沢も決して負けていない。

しかし11分、ガンバは右サイドへのフィード。
金沢は16波本頼がカバーリングに入る。
しかしゴールライン際で18大谷優斗に掻っ攫われてしまう。
大谷が角度のないところから確実に決めて先制。
金沢は手応えを感じ始めていた時間だっただけに、非常に勿体無かった。


13分、ガンバは右から左へ展開。
12久保賢侑が縦に運び9唐山翔自とスイッチ。
唐山が
カットインから右足ミドルで狙うが、これはキーパーが弾く。

段々とハメられなくなってきた金沢。
17分、ガンバ右SB2奥田勇斗が加速して縦にちぎる。
切り返してDFを剥がし、左足でシュート。
これは再び31上田樹が弾く。

金沢は、思わぬ形で1点を失いメンタルが落ちたか。
それまでルーズボールを足元で収められていたが、雑になってきていた。

しかし23分、金沢はカウンター。
中盤の底で4宮本皐佑がシェイプでプレスを剥がし左へ展開。
13今岡侑大がスピードで縦にちぎりクロス。
これに19駒沢直哉がヘッドで合わせるが、ガンバ1駒井幸弘がセーブ!

金沢はミスから失点を許したものの、最終ラインはガンバ攻撃陣と渡り合っていた。
1年生16波本頼は高い授業料を払ってしまったが、
身長通りエアバトルに強く、大きく前に跳ね返すことができる。
年代別代表にも名を連ねる有望株で、ガンバ9唐山翔自とのマッチアップもいい経験になるはず。
横で支える5辰巳波津も、カバーリングそして対人で落ち着いたプレーを見せていた。

トップ昇格内定の31上田樹は、単純なサイズだけでなく手足も長く身体的にかなり有望だ。
パントも悪くなく、この中央ユニットの能力は高い。

しかし30分、ガンバは10食野壮磨が前に運んで時間を作り左サイドへ預ける。
前方に走り込み、空けた前方内側のコースに9唐山翔自が抜け出す。
左足で狙うが、やや滑ってゴール上へ外れる。いい形だった。

前半はガンバの1点リードで終了。

 

 

後半最初のチャンスはガンバ。
10分、6長尾優斗が金沢ブロックの前でパスを受ける。
左から中央へ走り混んだ18大谷優斗へスルーパスを通す。
キーパーと一対一の局面も、ここは31上田樹が距離を詰めてブロック。


金沢も応戦。
サイドMFが後ろの上がりを待つプレーが出来ていて、
ドリブルから追い越したSBを使い、サイドを侵攻していく。

16分、金沢は右コーナーのチャンス。
一旦クリアされるが、左サイド裏のボールに20酒尾竜生が抜け出す。
グラウンダーの折返しに、引き気味に位置取った7小林大佑が収める。
右インサイドで確実にゴール右隅をつき、途中出場二人の活躍で金沢が追いつく。

しかし興奮冷めやらぬ18分に、またゲームが動く。
ガンバは、右寄りへの縦パスに18大谷優斗が抜け出す。
ドリブルで前進し、エリア手前の位置でマイナスのパスをつけると、
6長尾優斗がダイレクトでゴール右隅に突き刺す!
金沢の勢いを止める大きな1点だった。


さらに21分、ガンバはエリア手前右寄りの位置で9唐山翔自がDFと巧く入れ替わりファウルを得る。
13福井和樹が左足でゴールへ向かうクロスへ蹴り込む。
これが、誰も触らずそのままゴールへ吸い込まれる。
難しい場面だったが、31上田樹は何とか反応して欲しかった。


徐々に最終ラインが上げられず、金沢は防戦一方に。
しかし前線では19駒沢直哉が孤軍奮闘。
元々状態が良くなかった上、雨で重馬場と化したピッチでも、力強く推進していた。
サイズは然程ないが、クロスへの反応も悪くない。
まだ2年生で掘り出し物だと思っていたら、既に年代別代表経験のある選手だった。

35+4分、ガンバは右寄りの位置でセットプレー。
7伊勢航が左足でグラウンダーのシュート。
31上田樹が正面に構えたが、、まさかのトンネル。


結局、ガンバが4-1で快勝。
金沢は接戦に持ち込む可能性もあったが、致命的なミスが響いた。
ミスをした31上田樹、16波本頼は上のカテゴリーも狙える選手だけに、
彼らの糧になれば全国大会に参加した意義は大いにある。

 

 

2019年7月22日 08:45K.O.
日本クラブユース選手権 Dグループ第2節
ガンバ大阪ユース 4-1(1-0)ツエーゲン金沢U-18
@コーエィ前橋フットボールセンター
(ガンバ)12分 大谷優斗、54分 長尾優斗、56分 福井和樹、70+4分 伊勢航
(金沢)51分 小林大佑

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です