クラブユース選手権GS
大宮アルディージャvs名古屋グランパス


大宮アルディージャU18

今シーズンは、プレミアリーグEASTに所属。
第10節終了時点で、5勝1分4敗勝点16で5位。


今シーズン初観戦。
GK
1  久保 賢也  3年 181/72 大宮アルディージャ
DF
3  村上 陽介  3年 183/77 FCトッカーノ
5  早乙女 勝海 3年 174/68 栃木SC
18 福井 啓太  2年 177/72 大宮アルディージャ
19 山田 結斗  2年 169/64 大宮アルディージャ

MF
7  林 勇太朗  3年 177/65 FC深谷
10 髙田 颯也  3年 180/64 坂戸ディプロマッツ
17 谷口 大晟  2年 174/65 大宮アルディージャ
22 中山 昂大  2年 185/69 大宮アルディージャ
FW
8  瀬良 俊太  3年 171/63 大宮アルディージャ
9  新井 成志郎 3年 170/65 大宮アルディージャ

ーーーー瀬良ーーーーーー新井ーーーー
ー髙田ーーーーーーーーーーーーー林ー 
ーーーー谷口ーーーーーー中山ーーーー 
ー早乙女ーーーーーーーーーーー山田ー 
ーーーー福井ーーーーーー村上ーーーー 
ーーーーーーーー久保ーーーーーーーー

26分
7  林→
26 山崎  倫  1年 170/60 FCコンソルテ
66分
8  瀬良→
15 大澤 朋也  2年 175/72 大宮アルディージャ
10 髙田→
24 鈴木 大策  2年 172/66 東松山ペレーニア

トップ昇格内定/髙田
2019年U-18日本代表候補/髙田
2019年U-17日本代表候補/村上

 

名古屋グランパスU-18

今シーズンは、プレミアリーグWESTに所属。
第10節終了時点で、5勝2分2敗勝点17で4位(1試合未消化)。

今シーズン初観戦。
GK
16 東 ジョン  2年 185/79 東海スポーツ
DF
3  牛澤  健  3年 177/73 名古屋グランパス

6  新玉 瑛琉  3年 173/68 名古屋グランパス
9  石田 凌太郎 3年 174/71 名古屋グランパス
15 鷲見 星河  2年 185/72 名古屋グランパス
MF
7  倍井  謙  3年 172/69 名古屋グランパス

10 田邉 光平  3年 166/57 名古屋グランパス
14 石谷 光基  2年 169/58 名古屋グランパス
24 豊田 晃大  1年 169/59 名古屋グランパス
FW
8  榊原 杏太  3年 166/56 清水エスパルス

17 武内 翠寿  2年 173/67 前橋FC

ーーーー武内ーーーーーー榊原ーーーー
ー倍井ーーーーーーーーーーーー石谷ー 
ーーーー田邉ーーーーーー豊田ーーーー 
ー新玉ーーーーーーーーーーーー石田ー 
ーーーー牛澤ーーーーーー鷲見ーーーー 
ーーーーーーーー-東-ーーーーーーーー

47分
5  黒田→
18 光田 脩人 2年 165/60 ソシエタ伊勢
62分
14 石谷→
25 斉藤 洋大 1年 172/64 名古屋グランパス
8  榊原→
27 松本 皐誠 1年 168/56 名古屋グランパス

2019年U-17日本代表候補/鷲見、武内
2019年U-16日本代表/豊田

 

 

試合形式は35分ハーフ。
名古屋はU-18日本代表候補のGK1三井大輝(3年・名古屋グランパス)が不在。

序盤から大宮のエース10髙田颯也のドリブルが猛威を振るう。
トラップからタッチが細かいにも関わらず移動速度が凄まじい。
相手を引きづりながら内側に侵入し、右足でチャンスメイク。

6分、大宮は右から左へ大きく展開。
10髙田颯也が、意表をついてすぐさま左足でクロス。
ファー9新井成志郎がヘッドで合わせる。
これは名古屋16東ジョンがビッグセーブ!

最終ラインそして中盤の球際で優勢に立つ大宮ペース。
マッチアップで勝利した際に雄叫びを上げるなど気合十分。

ボランチの長身22中山昂大が面白い。
次のイメージが出来ていて、トラップを挟まずダイレクトで的確な場所に配球できる。
体が出来ておらず動きの緩さは残るが、かなりのポテンシャルを感じた。

劣勢の名古屋だが、最終ラインの対応はよくシュートには持ち込ませない。
こちらも長身のCB15鷲見星河。
対人とカバーリングは問題なく、浮き玉で一列飛ばしての配球を狙っているのが好印象。

前線では、徐々にレフティ8榊原杏太が起点に。
狭いスペースでも前を向き、足元にボールに置いて位置を細かく変えてチェックを剥がす。
スルーパスを狙うが、やや持ち過ぎなところも。

26分、名古屋は右SB9石田凌太郎が前線までオーバーラップ。
外に持ち出して強引にシュートもブロックされるが、
こぼれを8榊原杏太が左足で巻いて狙う。
しかし惜しくもクロスバーを直撃。

名古屋は、徐々にボランチがチェックを剥がせるようになり前進。
左の連携で時間を作り、右へ大きく展開する形。

バイタルまで駆け上がる9石田凌太郎の迫力が凄まじい。
序盤10髙田颯也の対応に追われたが、こちらも遜色ない能力の持ち主。
エネルギー溢れるプレーっぷりが気持ちよく、昨年からお気に入りの選手。
軸足の踏み込みが強くバチッと当たるキックが魅力で、シュート性のクロスを次々に供給する。

両チーム、ゴールまでには至らず。
前半はスコアレスで終了。

 

 

後半も、スタートから名古屋のペース。
人数かけてバイタルまで押し込む。
パス交換を繰り返してギャップを狙うが、
3村上陽介中心に統率が取れた大宮最終ラインが耐え、フィニッシュには持ち込ませない。

名古屋は、12分に17武内翠寿を下げる。
出で立ちや表情の一つ一つなど今時珍しいぐらいキャラが立っていて、自然と目で追ってしまう選手。
クロスへの飛び込みなど惜しい場面もあったが、今日はプレーの特徴まで見定められなかった。
15分、大宮のカウンター。
中盤で9新井成志郎がドリブルを開始。
20m以上を運び、左寄りから右足でミドルを放つ。
枠を捉えるが、これは名古屋16東ジョンが左手一本で上に弾き出すビッグセーブ。

押し込みながら打ちきれない名古屋に対し、
新井、髙田、8瀬良俊太と高速ドリブラーが揃う大宮のカウンターは脅威。

しかしついに均衡が崩れる。
27分、名古屋は左サイドを10田邉光平が持ち上がる。
中へパスをつけてバイタルで18光田脩人がキープ。
右横へ落とすと、これを7倍井謙が右足一閃。
ゴール左隅に突き刺すスーパーミドルで名古屋が先制する!

名古屋は、先制点の起点になった主将10田邉光平が効いている。
1年時から試合経験を積む選手で当時から捌きに長けていたが、
敵のドリブル、パスを鋭い読みで度々ストップし守備面が向上していた。
間違いなくぺースを握っている原動力。
残り10分を切り、後が無い大宮がカードを切って猛攻を仕掛ける。
31分、左バックに入った24鈴木大策がアーリークロス。
DFの処理ミスを拾いエリア左寄りに侵入した15大澤朋也が左足でフィニッシュ。
これがバーを強打!

大宮は、ストライカー色の強い15大澤朋也を投入。
ゴール前の危険な位置への動き出しへの配球からチャンスを作り出す。

CKやロングスローから押し込む大宮。
しかし35分、名古屋はクリアからハーフで18光田脩人がDFと入れ代わり独走。
キーパーと一対一の局面を迎え、右足インサイドで右隅を狙う。
これを大宮1久保賢也が超反応で当て、ボールはゴール右へ外れる。


35+2分、大宮は右サイドのセットプレー。
クロスに中央18福井啓太がヘッドで合わせる。
これに名古屋16東ジョンが横っ飛び左手で反応してボールはバーを直撃!
ゴール目前に落ちたボールに、再び福井が頭で詰める。
決まったかに思われたが・・・。
バウンドにほんの僅か反応が遅れ、ゴールを超えてしまう。

 

高密度の熱戦は、このままタイムアップ。
このグループはやはり4チームともレベルが高く、この試合の最後の場面に象徴されるように、今日の勝敗も僅かな差でしかなかった。
やっぱりクラ選は面白い。


 

 

2019年7月22日 11:00K.O.
日本クラブユース選手権 Bグループ第1節
大宮アルディージャU18 0-1(0-0)名古屋グランパスU-18
@コーエィ前橋フットボールセンター
(名古屋)62分 倍井謙

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です