クラブユース選手権準決勝
清水エスパルスvsアビスパ福岡


清水エスパルスユース

今シーズンは、プレミアリーグEASTに所属。
第9節終了時点で、4勝1分4敗勝点13で4位。

今大会は、
GS第1節:vs ベガルタ仙台 3-0
GS第2節:vs 大宮アルディージャ 0-0
GS第3節:vs エストレラ姫路 1-0
2勝1分けで2位通過。
ラウンド16:vs 三菱養和 2-1
準々決勝:vs 浦和レッズ 1-1(PK4-3)

今シーズン2回目の観戦。
4/7 プレミアイースト vs 流経大柏
GK

16 梅田 透吾  3年 183/79 清水エスパルス
DF
3  栗田 詩音  3年 176/70 清水エスパルス
5  監物 拓歩  3年 188/85 清水エスパルス
11 望月 勇伸  3年 165/65 清水エスパルス
14 佐塚 洋介  3年 166/64 清水エスパルス
MF
6  佐野 陸人  3年 173/70 清水エスパルス
17 青島 太一  2年 167/61 清水エスパルス
18 五十嵐 海斗 2年 177/65 清水エスパルス
27 青島 健大  1年 163/54 清水エスパルス
FW
10 齊藤 聖七  3年 171/63 FCパルピターレ
15 川本 梨誉  2年 177/73 清水エスパルス

ーーーー川本ーーーーーー齊藤ーーーー
ー青島太ーーーーーーーーーー青島健ー
ーーーー佐野ーーーーー五十嵐ーーーー
ー佐塚ーーーーーーーーーーーー望月ー
ーーーー監物ーーーーーー栗田ーーーー 
ーーーーーーーー梅田ーーーーーーーー

61分
27 青島→
19 山崎 稜介  2年 167/60 清水エスパルス
78分
10 齊藤→
25 ノリエガ・エリック 2年 182/78 アリアンサ・リマ
87分
15 川本→
20 丸山 優太朗 2年 168/62 清水エスパルス
90+3分
17 青島→ 
8  酒井 湧暉  3年 169/60 山形FC

2018年U-18日本代表/梅田
2018年U-17日本代表/山崎
2018年U-16日本代表/青島健

 

アビスパ福岡U-18

今シーズンは、プレミアリーグWESTに所属。
第9節終了時点で、1勝1分5敗勝点4で7位(2試合未消化)。

今大会は、
GS第1節:vs 浦和レッズ 1-1
GS第2節:vs コンサドーレ札幌 1-1
GS第3節:vs モンテディオ山形 2-1
1勝2分けで1位通過。
ラウンド16:vs FC東京 1-0
準々決勝:vs 名古屋グランパス 3-0

今シーズン初観戦。
GK 
16 桜木 亮太  2年 180/75 ヴェルスパ大分
DF
4  常陸 宙太  3年 172/65 アビスパ福岡
5  鷹巣 直希  2年 173/69 アビスパ福岡
6  桑原 海人  3年 168/68 アビスパ福岡
15 下川 草太  3年 169/64 筑後サザンFC
MF
2  坂口 翔太  3年 167/64 アビスパ福岡
7  児島 信之介 3年 173/76 F.C.コーマラント
10 北島 祐二  3年 168/66 アビスパ福岡
20 吉村 銀河  2年 175/70 アビスパ福岡
FW
12 松田 知己  2年 162/55 アビスパ福岡
18 田村 奎人  2年 164/68 ヴェルスパ大分

ーーーー松田ーーーーーー田村ーーーー
ー北島ーーーーーーーーーーーー坂口

ーーーー吉村ーーーーーー児島
ーーーー
ー桑原ーーーーーーーーーーーー下川ー
ーーーー鷹巣ーーーーーー常陸ーーーー
ーーーーーーーー桜木ーーーーーーーー

HT
7  児島→
8  小嶋 和典 3年 180/70 アビスパ福岡
18 田村→
11 庄司 一輝 3年 159/64 アビスパ福岡
59分
4  常陸→
33 森山 公弥 1年 176/67 アビスパ福岡
85分
12 松田→
39 石井 稜真 1年 181/66 カミーリア筑紫野

 

 

・試合形式は45分ハーフ。
・夕暮れと言えどもまだ暑さの残るコンディションだが、清水が積極的にプレス。ボールエリアの密度を高めて福岡に繋がせない。
・最初の見せ場を作ったのは、左サイドの17青島太一。かなり小柄な部類だがドリブルスピードが滅法速く前に運ぶ。
・その後、清水は縦へのスルーパスを狙う。しかし福岡もCBの4常陸宙太、5鷹巣直希が的確な
カバーリングで対応。フィニッシュに持ち込ませないが、奪ってからの処理がもたついてなかなか攻撃を跳ね返すことができない。
・ファーストシュートは清水。10分、タイミングのいい横パスで中盤中央で受けた6佐野陸人がブロックをちぎり前進し、そのままミドルを放つもキーパーがキャッチ。
・出しどころに困り前に運べない福岡だが、徐々に左サイド10北島祐二にボールが入り始める。北島は1年時のプレミア参入戦決勝でゴールを奪うなど当時から得点感覚が優れていたが、体の厚みが増してドリブルでも簡単に倒れなくなっていた。相手を引きづる豪快な突破で前進。
・最終ラインで受けることの多くなった清水だが、5監物拓歩がサイズを生かしたカバーリングでシャットアウト。足元もあり期待の大きい監物だが、相変わらずポゼッションの意識は高いとは言えず、パスの受け方の動きを修正していればすぐに展開できた場面でも、反応が遅れ形にできないのがもどかしい。相方の3栗田詩音の方が展開への意欲を感じる。
・攻め手を欠く福岡だが、22分左10北島祐二が相手をひきづって前進。バイタル中央へ侵入し右サイドへ散らすと、18田村奎人が縦へのチャレンジからクロスも、キーパーがニアで弾いて逃れる。
・24分、今度は清水のアタック。左スローインから15川本梨誉がアウトサイドで浮かせて相手交わすと、力強い突破から右足で狙うがキーパー正面。
・35分、中盤でのパスカットが前線に残っていた10齊藤聖七に渡ると、エリア左寄りDFとの一対一をちぎって左足を振りぬくも、惜しくもバーを強打!
・40分、清水はミドルフィードを18五十嵐海斗が収めて前へ繋ぐと、右27青島太一から斜めに走りこんだ10齊藤聖七へのラストパスが通る。一対一のチャンスを迎えるが、飛び出した福岡16桜木亮太が体で
ブロック。
・前半はスコアレスで終了。清水が決定機を迎える場面もあったが、両チーム疲労の色を隠せず低調な出来栄え。スコアの動きも重く1点勝負になりそう。

 

・後半スタートから前線を2枚入れ替えた福岡だが、14分にCBの4常陸宙太も足をつって交代を余儀なくされる。
・お互い陣地が間延びしてカウンターの応酬となるが、ともに精度を欠いて形にならず、単調な展開が続く。
・違いを作れるのは共に10番の齊藤聖七、北島祐二だけで集中的にケアされると厳しい。
・しかし徐々にカウンターが形になり始めたのは福岡。25分、ショートカウンターから相手陣への侵入は見事だったが、12松田知己は右から中央への侵入に時間がかかり潰される。
・直後にも福岡。カウンターから左サイドを10北島祐二が強引に運ぶと、エリア内で一旦潰されるも自ら奪い返してクロス。ファー2坂口翔太が内側へのワントラップから利き足の左で完璧に捉える。ニアを強襲し決まったかに見えたが、ここは清水16梅田透吾がビッグセーブ!
・福岡は途中出場で前線に入った11庄司一輝が落ちて縦パスを引き込めるようになったのが大きい。CBはついてこない。
・流れを変えたい清水は、10齊藤聖七を25ノリエガ・エリックに変えて勝負に出る。
・直後31分、そのノリエガのポストからパスワークで左サイドを破ると、27青島健大が抜け出してクロス。ニア途中出場の19山崎稜介が体ごと飛び込むもディフェンスもついてブロック。キーパーが収める。

・35分、今度は福岡の攻撃。中盤でパスカットした8小嶋和典が前につなぐと、10北島祐二が急加速のカットインで一気に三人ちぎりエリアへ侵入。キーパーと一対一のチャンスも、またも清水16梅田透吾が足に当ててストップ!
・福岡に得点の匂いが漂い始めるが、直後36分、清水は左サイドへのフィードから15川本梨誉が仕掛けてシザーズから強引に突破。深く抉ってクロスを上げると、中央19山崎稜介がヘッドで突き刺し、待望の先制点!
・1点を追う福岡は、配球が冴えてきた右バック15下川草太をボランチに移してテコ入れすると、右2坂口翔太がパスを受ける頻度を増やして必死に仕掛ける。坂口は前半はむしろ運動量の少なさが気になっていたぐらいだが、最終盤で驚くほどの関与を見せた。
・右サイドから押し込むも崩しきれないでいるが、既定のATを回ったところでセットプレーをゲット。11庄司一輝の左足クロスを中央10北島祐二がヘッドで合わせるも、キーパー正面をついて万事休す。清水が1点を守り切ってファイナルに進出した。
・プレミア開幕戦以来の観戦だった清水だが、中断前4位のプレミアや今大会の成績を見るにU-15三冠世代の2年生が覚醒か?と期待していたけど、その期待値は下回ったのが正直な感想。ビルドの起点となったボランチ18五十嵐海斗はポジティブだったが、特に期待の大きい15川本梨誉は、決勝アシストこそ記録したものの運動量が少なく、全体的にプレーが雑な印象は否めず何より局面の淡白さが残念だった。間違いなく来年のエースさらには世代を引っ張るくらいの選手。もっと突き抜けてほしい!

 

2018年07月31日 16:00K.O.
日本クラブユース選手権(U-18)大会 準決勝
清水エスパルスユース 1-0(0-0)アビスパ福岡U-18
@味の素フィールド西が丘
(清水)83分 山崎稜介

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です