クラブユース選手権準決勝
ジェフ千葉vs大宮アルディージャ


ファイナルまで、残る1枚の切符をかけた第2試合は、関東対決。

 

ジェフユナイテッド千葉U-18

千葉県1部リーグは第12節終了時点で、10勝1敗1分けで1位。

今大会はグループをEを2位で通過。
ラウンド16:vs 鹿島アントラーズ 2-0
準々決勝:vs 柏レイソル 2-1

今シーズン初観戦。
DSC03063

GK 
1  辻  周吾  3年 187/78 ジェフ千葉

DF 
2  齋藤 拓海  3年 170/62 ジェフ千葉

3  柳田 健太郎 2年 179/77 ジェフ千葉
4  岡野  洵  3年 186/77 ジェフ千葉
6  川村 優太  2年 178/64 ジェフ千葉
MF 
7  大塚 一輝  3年 166/61 ジェフ千葉

8  横山 玄徳  3年 170/66 ジェフ千葉
11 北原  渓  2年 167/63 ジェフ千葉
FW
10 氣田 亮真  3年 172/61 カナリーニョFC

14 中村 駿太郎 2年 170/60 ジェフ千葉
19 伊藤 大将  3年 167/63 ジェフ千葉

2015年U-18日本代表/岡野

ーーーーーーーー伊藤ーーーーーーーー
ー氣田ーーーーーーーーーーーー中村ー
ーーーー北原ーーーーーー大塚ーーーー
ー川村ーーーーー横山ーーーーー齋藤ー
ーーーー柳田ーーーーーー岡野ーーーー
ーーーーーーーー−辻−ーーーーーーーー

 

 

大宮アルディージャユース

プレミアリーグEASTは第10節終了時点で、5勝5分勝ち点20で2位。

今大会は、グループDを2位通過。
ラウンド16:vs 川崎フロンターレ 4-0
準々決勝:vs コンサドーレ札幌 4-0

今シーズン5回目の観戦。

プレミアイースト1節 vs柏レイソル
プレミアイースト4節 vs鹿島アントラーズ
クラ選予選リーグ vsサンフレッチェ広島
クラ選ラウンド16 vs川崎フロンターレ
DSC03062
GK  
1  加藤 有輝  3年 187/79 大宮アルディージャ
DF  
2  古谷 優気  3年 170/70 大宮アルディージャ
3  朝妻 佑斗  3年 174/70 大宮アルディージャ
16 北西 真之  2年 181/71 大宮アルディージャ
19 野崎 玲央  3年 181/72 大宮アルディージャ
MF  
4  山田  陸  2年 175/71 大宮アルディージャ
7  松崎  快  3年 171/65 大宮アルディージャ
10 黒川 淳史  3年 170/60 大宮アルディージャ
14 長谷川 元希 2年 177/64 大宮アルディージャ
FW  
8  藤沼 拓夢  3年 171/66 大宮アルディージャ
11 川田 拳登  3年 170/61 大宮アルディージャ


2015年U-18日本代表候補/加藤、黒川 
2014年U-17日本代表/川田

ーーーーーーーー川田ーーーーーーーー
ー藤沼ーー長谷川ーーー黒川ーー松崎ー 
ーーーーーーーー山田ーーーーーーーー 
ー朝妻ーーーーーーーーーーーー古谷ー
ーーーーー野崎ーーーー北西ーーーーー
ーーーーーーーー加藤ーーーーーーーー

 

キックオフからジェフが積極的なプレス、アルディージャを追い込みます。

しかし、ファーストシュートはアルディージャ。
4分、カウンターで10黒川がドリブルからミドルで狙いますが、ゴール上へ外れます。

7松崎、8藤沼の鋭いしかけで徐々にアルディージャがボール保持。
両サイドをまわしていきますがジェフもしっかり対応。

お互いがボールを回す時間が続きますがスペースがなく、チャンスをつくることができません。

20分以降はアルディージャがボールを握りますが、疲労からか要所でのキレがなくなかなか崩せず。
サイドにふってクロスを入れますが、そこは長身のジェフ5岡野が立ちはだかります。

29分、ようやく7松崎が左足ミドルで狙いますが、これはキーパー1辻がキャッチします。

アルディージャは、10黒川がジェフ8横山が徹底マークされ存在感が希薄に。
黒川にボールが入ると、横山がまずつめて、あっという間に二三人で囲んでしまいます。

しかたなく、アルディージャはポジションを川田と入れ換えて対応します。

一方ジェフは40分、右サイドを細かく繋ぎ、19伊藤が深くえぐって折り返すと、
フリーの11北原がボレーで狙いますが、ゴール上へ外れます。

更には44分、左サイドからのセットプレー。
際どい位置に入ったハイボールは誰も触れず、ゴールを僅かに右へ外れます。

前半はこのままスコアレスで終了。

アルディージャは疲労の色濃くポゼッションに従来のキレが欠け、シーズン序盤のような詰まり気味の展開に。

ジェフはいかにも「強いチームに強い」チームで、
極力リスクはかけず、ポゼッションに寄せるだけ寄せて相手の自滅を待ちます。
終盤に際どいシーンを作ったセットプレーで、得点も期待できそうです。

後半、最初に仕掛けたのはジェフ。
47分、左サイドから攻めると10氣田がライナーのクロス。
アルディージャ16北西のクリアミスを19伊藤が狙いますが、シュートは惜しくもサイドネットへ。


一方アルディージャも51分、カウンターから11川田がおとして8藤沼がキープ。
スルーパスに走り込んだ10黒川が倒されたかに見えたが、これはノーホイッスルの判定となります。


53分、右サイド11川田がしかけ、7松崎が潰れて再び11川田がシュートを撃ちますが、サイドネットを揺らすにとどまります。


その後は、更に疲れが要所に感じられるペースに。
より強いのはアルディージャの方でしょうか。


しかし60分過ぎからは、ジェフも徐々に疲れが見え始めると、
アルディージャは66分、右CK、クリアからのやり直しを再び10黒川、7松崎と繋ぎ、
ライン際ダブルタッチで相手交わしてゴール手前まで侵入すると、キーパー股を抜く技ありゴール。
苦しんでいたアルディージャが、個人技で歓喜の先制点をあげます。
<ジェフユナイテッド千葉U-18 0-1 大宮アルディージャユース>


そして75分以降は、アルディージャもいよいよ体力的余裕がなくなり、
カウンター狙いに切り替え徹底的に守備を固めます。


ジェフがサイドから攻め上がりますが、センターバックが外へ出てしっかり対応。


その後もアルディージャは耐える時間が続きます。
ジェフが引き続き攻めこみますが、シュートに入ると、アルディージャDFがいち早くコースに入り、体でブロック。

なかでも左サイドバック3朝妻の対応が素晴らしく、スピードに乗った対面のジェフ14中村のドリブルに対し、
うまく体を寄せライン際追い込んで抜かせません。

右サイドバックの2古谷も、終盤にもかかわらず、よくオーバーラップして突破を図り、陣地の回復に貢献します。


5分を超えたロスタイム。

ジェフは左サイドから押し込み、中央への折り返しをミドルで狙いますが、
これをコースに入ったアルディージャDFが頭でブロック。
最後のピンチを身を呈して防ぎます。

そして試合終了を告げるホイッスル。

連戦を続けてきた両チーム、力の限りを尽くした一戦は、
苦しみながらも先取した1点を守りきったアルディージャが勝利。

ファイナルへとコマを進めました。

 

ジェフは、県リーグ所属ながらベスト4進出の大健闘。

ボランチ横山を中心に、秩序よくアルディージャの前線に寄せてミスを誘い、攻め手を与えず。
後半一瞬の隙を突かれて決勝点を奪われてしまいましたが、その後もテクニックのあるサイドアタッカーを中心に、
アルディージャをあと一歩のところまで追いつめました。

CB岡野はトップレベルのアタッカーたちに対しても、1vs1で圧倒。
後半、負傷退場してしまったものの、空中戦だけでなく地上戦でもさすがの存在感を見せつけました。


勝利したアルディージャですが、これまでのような華やかなプレーは見られず。
それがゆえに改めて群馬の消耗の激しさを感じさせられました。

連戦後のこのゲームは、技術だけでは対応しきれるものではありませんでしたが、
アルディージャは、両サイドバックの2古谷や3朝妻のように、最後まで走って、集中を切らさず対人し続けられる選手もいるのが、
真の強さを感じさせるところ。

残るあと1試合も、スマートには勝ちきれない厳しい戦いになりそうですが、
彼らならきっと心に訴えかけるゲームを見せてくれるはずです。

 

 

日本クラブユース選手権 準決勝
ジェフユナイテッド千葉U-18 0-1(0-0) 大宮アルディージャユース
@ニッパツ三ツ沢球技場
(大宮)60分 松崎快

 

 

 

DSC03090

DSC03076

DSC03137

DSC03133

DSC03138

DSC03154

 

 

 


youthkiosk(ユースキオスク)

2種にはロマンがある

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする