クラブユース選手権R16
名古屋グランパスvsFC東京


クラブユース選手権は予選リーグも終わり、ラウンド16。

まだ見ていなかった名古屋とFC東京がいる前橋総合運動公園へ。
前橋駅からバスに揺られて30分ほど。
簡単なスタンドがありますが、屋根なしのため、日陰のある芝生席へ。

 

名古屋グランパスU18

プレミアリーグWESTは、10節終了時点で2勝2分け6敗の9位。

今大会は、横浜FC、町田ゼルビア、モンテディオ山形と同居のグループリーグを1位通過。

今シーズン初観戦。
DSC02830

GK
21 加藤 大智  3年 178/66 名古屋グランパス
DF 
6  加藤 直生  3年 168/62 名古屋グランパス
11 吹ヶ 徳喜  3年 174/67 名古屋グランパス
17 高橋 誠二郎 3年 167/60 名古屋グランパス
26 青山 夕祐  1年 175/66 名古屋グランパス
MF 
4  川崎 健太郎 3年 170/65 千里丘FC
7  柴田  駿  3年 167/61 名古屋グランパス
8  池庭 諒耶  3年 184/66 名古屋グランパス
14 梶山 幹太  2年 167/55 FC五十嵐
FW 
9  北野 晴矢  3年 168/64 スマイス・セレソン
10 森  晃太  3年 172/65 名古屋グランパス


2015年U-17日本代表/梶山 
2014年U-17日本代表/吹ヶ

ーーーーー−森−ーーーー北野ーーーーー 
ー梶山ーーーーーーーーーーーー柴田ー 
ーーーーー池庭ーーーー川崎ーーーーー
ー吹ヶーーーーーーーーーーーー高橋ー
ーーーー−加藤直−ーーー青山ーーーーー
ーーーーーーー−加藤大−ーーーーーーー

 

 

FC東京U-18

プレミアリーグEASTは第10節終了時点で、5勝2敗3分けの5位。

今大会は、ヴィッセル神戸、サンクFCくりやま、ファジアーノ岡山と同居のグループリーグを2位通過。

今シーズン2回目の観戦。
イギョラ杯3位決定戦 vs藤枝明誠
DSC02833

GK
21 波多野 豪 2年 196/83 FC東京むさし
DF 
2  相原 克哉 3年 163/59 FC東京むさし
3  小山 拓哉 3年 172/66 FC東京むさし
5  柳  貴博 3年 183/77 FC東京深川
23 岡崎  慎 2年 179/72 FC東京深川
25 鈴木 喜丈 2年 182/72 FC東京むさし
MF 
7  安部 柊斗 3年 167/64 FC東京むさし
20 生地 慶充 2年 176/64 FC東京むさし
34 品田 愛斗 1年 179/61 FC東京深川
FW 
8  大熊 健太 3年 173/71 FC東京深川
10 佐藤  亮 3年 170/60 FC東京むさし


2015年U-18日本代表/柳 
2015年U-16日本代表/品田

ーーーーーーーー佐藤ーーーーーーーー
ー生地ーーーーーーーーーーーー大熊ー
ーーーー品田ーーーーーー安部ーーーー
ー小山ーーーーーーーーーーーー相原ー
ーーー鈴木ーーー岡崎ーーー−柳−ーーー
ーーーーーーー−波多野−ーーーーーーー

 

前半、まず仕掛けたのはグランパス。
2分、右CKから8池庭がヘッドで合わせますが、キーパーの正面をつきます。

続く4分には、バイタルでボールを受けた10森が振り向きざまミドルで狙いますが、これはゴール上へ。

対するF東は6分、7安部がグランパス14梶山からボール奪うと、8大熊、10佐藤を経由して左サイドへ展開。
20生地のグラウンダーのクロスを、走り込んだ7安部がダイレクトで合わせますが、これは惜しくもクロスバーを直撃します。

冷や汗をかいたグランパスでしたが10分、左サイドから14梶山がドリブルで仕掛けると、10森、4川崎とつなぎ、ワンタッチから左足ミドル。
アウト回転かかったボールはキーパーの前で急激に軌道をかえ、ゴールネットを揺らします。
〈名古屋グランパスU18 1-0 FC東京U-18〉

ペースを握っていたグランパスが先制。
14梶山のドリブルと10森のキープで、着実に陣地を押し上げ、ゲームを優位に進めます。

先行されたF東は、23分、スペースを埋められた中パスをまわして隙を伺うと、
左サイド20生地が一旦あててからミドルで狙いますが、キーパー正面をつきます。

F東は両サイドにボールを展開しますが、グランパス両サイドバックの寄せが早くスピードに乗れず。
ライン裏へのボールにも後手を踏むシーンが目立ちます。

なんとか前半のうちに追いつきたいF東は、44分、左CKを一旦キーパーがクリアから再びクロス。
25鈴木がヘッドで合わせますが、これはファーに流れてしまいます。

さらに45分、F東は左サイド34品田から大きく展開。
逆サイド2相原がダイレクトで7安部につなぎ、後ろから走り込んだ5柳がミドルで狙いますが、ゴールを超えてしまいます。

前半はこのままグランパスリードで終了。

FC東京はリードを許して折り返しとなりましたが、ボランチ7安部柊斗がさすがの存在感。
重心が低くアジリティが高く、両足を使ってうまくボールを保持してチャンスを作り出します。

後半最初にチャンスを作ったのはグランパス。
54分、11吹ヶがキックフェイントから縦にちぎるとグラウンダーでクロスをあげますが、中であわせることができません。


58分、F東はカウンターから10佐藤が抜けだし左足でシュート。
キーパー21加藤大が素早く手を伸ばしなんとか弾くと、後ろにこぼれたボールを8大熊がつめますが、ミートしきれなかったボールは、クロスバーに嫌われます。
前半に続いてビッグチャンスを逃します。


ショックを隠せないF東をグランパスが更に追い込みます。
60分、前線に入れたボールに対し、F東DFの集中がややきれたかクリア浅くなると、拾った4川崎が素早く9北野へラストパス。
追いついたDFでしたが、間合いをはかり損ね寄せが甘くなると、9北野は左足一閃。
キーパーの手を弾いて逆サイドネットへ流れ込みます。
〈名古屋グランパスU18 2-0 FC東京U-18〉


大きすぎる2点目。
ここからは攻めるF東に対して、カウンター狙いのグランパスという構図が色濃くなっていきます。

63分、グランパスは、自陣からのクリアボールを9北野がDFより一瞬早く触って抜け出し、飛び出したF東GK21波多野と交錯。
波多野はこのプレーでイエローカード。


68分、グランパスは左サイドにボールいれると、14梶山がDFと競り合い。
後ろにボールが流れると、またもGK21波多野と10森が競争。
10森が一歩早くかっさらい、エリア外から落ち着いてゴールに放り込みます。
波多野は二枚目のイエローを恐れてしまったか。
〈名古屋グランパスU18 3-0 FC東京U-18〉


止まらないグランパスは72分、カウンターから右サイドを10森がドリブルで持ち上がり左サイドへ展開すると、9北野がダイレクトでシュート。
キーパーが防ぎますが、こぼれを14梶山が叩き込みだめ押し。
〈名古屋グランパスU18 4-0 FC東京U-18〉


76分、F東は左CKに8大熊が合わせ1点を返します。
〈名古屋グランパスU18 4-1 FC東京U-18〉


その後も、グランパスがカウンターから10森、途中出場の19杉浦 文哉(1年/FW/名古屋グランパスU15/14U-15代表)がチャンスを作り出すと、

ロスタイム、再びカウンターから抜け出した10森が、DFそしてキーパーを振り切って、ゴールに流し込みゲームを締めくくる追加点。
〈名古屋グランパスU18 5-1 FC東京U-18〉

決定機がバーに嫌われたFC東京に対し、いい時間帯で得点を重ねたグランパスがグループリーグの勢いそのままに、大勝でベスト8に進出しました。

 

この日2ゴール1アシストのグランパス・10森は、体の強さ、ボールタッチの正確性、
背筋のはった姿勢でのドリブル、タイミングのいいパス、強烈なシュートと、どれも質が高く、
ボールを受けると独力でチャンスをつくりだしました。

11吹ヶは、後半、時折縦への鋭い突破を見せましたが、それ以上に守備で貢献。
対面のFC東京・大熊もスピード豊かな選手ですが、ボールが足下に入った時は素早く寄せ、
裏へのボールも迅速な対応で常に先手を取り、持ち味を消すことに成功していました。

 

 

日本クラブユース選手権 ラウンド16
名古屋グランパスU18 5-1(1-0) FC東京U-18
@前橋総合運動公園
(グランパス)10分 川崎健太郎、59分 北野晴矢、68分 森晃太、72分 梶山幹太、90+4分 森晃太
(FC東京)76分 大熊健太

 

 

DSC02847

DSC02849

DSC02877

DSC02892

DSC02900

DSC02905

DSC02906

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です