クラブユース選手権GL
ガンバ大阪vs川崎フロンターレ


正午に近づくにつれて気温もますます高まってきた石関公園。

クラ選グループリーグ。
第2試合は、文字通り死の組となったHグループの一戦です。

 

ガンバ大阪ユース

プレミアリーグWESTは、10節終了時点で6勝3分け1敗の2位。

今大会は、第1節:vs ヴァンフォーレ甲府 4-3
第2節:vs アルビレックス新潟 2-3で、現在1位。


今シーズン初観戦。
DSC02751

GK  
1  羽野 匡哉  3年 197/75 兵庫FC
DF  
2  山中 海斗  3年 175/70 新居浜市立北中
3  川浪 龍平  3年 176/72 津ラピドFC
4  松岡 秀平  3年 175/68 ガンバ大阪
17 杉山 天真  2年 173/66 ガンバ大阪
MF  
7  市丸 瑞希  3年 174/66 ガンバ大阪
10 岩本 和希  3年 174/60 ガンバ大阪
13 大原 俊輔  3年 169/58 伊丹FC
20 食野 亮太郎 2年 170/64 ガンバ大阪
FW  
9  髙木 彰人  3年 175/68 ガンバ大阪
11 武田 太一  3年 183/80 枚方FCマシア


2015年U-18日本代表/高木 
2014年U-17日本代表/市丸、岩本

ーーーーーーーー武田ーーーーーーーー
ー食野ーーーーー高木ーーーーー大原ー
ーーーーー市丸ーーーー岩本ーーーーー
ー杉山ーーーーーーーーーーーー山中ー
ーーーーー松岡ーーーー川浪ーーーーー
ーーーーーーーー羽野ーーーーーーーー

 

 

川崎フロンターレU-18

プリンスリーグ関東は第10節終了時点で、5勝5敗勝ち点15で5位。

今大会は、第1節:vs アルビレックス新潟 1-0
第2節:vs ヴァンフォーレ甲府 1-2で、現在3位。

今シーズン2回目の観戦。
プリンス関東7節 vs浦和レッズ
DSC02752

GK 
1  名良橋 拓真 3年 181/71 川崎フロンターレ

DF 
3  島崎  竜  3年 172/62 川崎フロンターレ

5  武田 太一  3年 173/60 川崎フロンターレ
26 伊従 啓太郎 1年 184/73 川崎フロンターレ
7  原島 亨太  3年 172/60 川崎フロンターレ
MF 

8  渡邉 啓太郎 3年 166/58 清水エスパルス
10 三苫  薫  3年 175/62 川崎フロンターレ
18 田中  碧  2年 178/66 川崎フロンターレ
32 村田 聖樹  1年 168/52 川崎フロンターレ
FW 
9  岸  晃司  3年 176/70 川崎フロンターレ

23 藤井 柾人  2年 167/61 座間FC

2014年U-16日本代表/田中

ーーーーーーーー渡邉ーーーーーーーー
ー三苫ーーーーー−岸−ーーーーー藤井ー
ーーーー田中ーーーーーー村田ーーーー
ー島崎ーーーーーーーーーーーー原島ー
ーーーー伊従ーーーーーー武田ーーーー
ーーーーーーー-名良橋-ーーーーーーー

 

最初にチャンスを作ったのはフロンターレ。
1分、ショートコーナーから10三苫がアウトサイドで狙うと、ループ気味のボールはクロスバー直撃。
5武田がボレーで狙いますが、ゴール右へ外れます。


一方ガンバも7分、左サイド10岩本からのFK。
クリアが浅くなったところを13大原が頭から飛び込みますが、これはゴール左へ外れます。


両チームとも高温の中でもインテンシティが高く、中盤の攻防は見ごたえ十分。
特に両キャプテン、フロンターレ9岸と7市丸のマッチアップは、両者とも体の使い方うまいがゆえ、絡み合って競る状態に。


フロンターレは、左サイド10三苫が徹底マークにあいます。
潰されて、いつものように持ち上がることができません。


ガンバは13大原の突破から好機を。
対面の3島崎はファウルを余儀なくされ、際どい位置でセットプレーを度々与えてしまいます。


14分、ガンバはフロンターレ10三苫からボール奪った9高木がミドルで狙いますが、キーパー正面。


16分、再び9高木の力強い突破から左サイド20食野がカットイン。
右足で巻いて狙いますが、ゴール右へ外れます。


ガンバ優勢の中、均衡を破ったのはフロンターレ。
19分、左サイドから10三苫、9岸がパス交換。
二人だけでDFをちぎり、最後は9岸が強烈なシュートを叩き込んで先制します。
〈ガンバ大阪ユース 0-1 川崎フロンターレU-18〉


先制を許したガンバは21分、CKのこぼれに10岩本が飛び込みますが、左足のシュートは抑えきれず。


ガンバは左サイド20食野にボールを集めます。
ボールテクニックに優れる食野は、対面の相手を剥がしますが、その後を繋げることができません。
また、9高木はフロンターレ18田中がしっかりマークについており、なかなかゲームに絡むことができません。


39分、20食野が右サイドから左足で意表を突くシュートを狙いますが、ゴール左へ外れます。

前半はフロンターレリードで終了。

中盤の攻防がかなりのハイレベル。
肉弾戦を交えお互いに潰し合う45分に。

このままいくとフロンターレが予選リーグ通過。
ガンバ3冠の夢は、早くも潰えてしまうのでしょうか。

後半、ガンバは9高木と20食野のポジションを入れ替えます。

41分、ガンバは13大原が右サイドをドリブルで前進。
クロスに対しDFのクリアが浅くなったところを11武田が左足ミドルで狙いますが、キーパー1名良橋がセーブします。


46分、フロンターレはガンバDFの処理ミスを8渡邉が拾いエリアに侵入。
決定的な場面を迎えますが、シュートはDFにあたってゴール右へ外れます。

そのコーナーから、最後は26伊従がヘッドで狙うますが、惜しくもゴール上へ。

48分、ガンバ左CKから4松岡が頭で合わせますが、ゴール右へ。


49分、ガンバは13大原からラストパス、オーバーラップした2山中へ。
角度のないところから狙ったシュートはGKがセーブ。
こぼれが川崎DFの手に当たったかに見えましたが、ここはノーホイッスル。


ガンバ右サイドの攻防が激化。
大原、山中に対して、フロンターレ島崎が体をぶつけ合い、ギリギリのせめぎ合いが続きます。


そして54分、ガンバはバイタルでボールを受けた20食野が間合いをつくり、意表をつくタイミングで右足を一閃。
ボールはゴール左隅へ飛び込み、歓喜の同点ゴールを挙げます。
〈ガンバ大阪ユース 1-1 川崎フロンターレU-18〉


さらに突き放したいガンバは56分、10岩本が相手のクリアをブロックして右サイドを突破。
グラウンダークロスを上げると、ニアで11武田が合わせますが、これは惜しくもクロスバー直撃。
このチャンスを決められなかったことが後々大きな痛手となってしまいます。


63分、フロンターレは、疲れの見えるワントップ23藤井に変え、11瀬川 ヤーシャ(3年/FW/川崎U-15)を投入。
前線からのチェイシングを強化します。

そして66分、川崎はハーフライン近くでセットプレーを得ると、山なりのボール、正面に迎えたガンバGK1羽野がまさかの後逸。
26伊従が頭で押し込み、フロンターレが待望の追加点。ガンバにとっては痛すぎる失点となりました。
〈ガンバ大阪ユース 1-2 川崎フロンターレU-18〉


ガンバは13大原に替え、14小田垣 旋(3年/MF/ガンバ大阪JY)を投入。
何とかフロンターレゴールをこじ開けにかかります。

しかし72
分には、フロンターレ10三苫がクリアをカットしラストパス。
受けた9岸が一人をはがし左足で決定的なシュートを放ちますが、これはキーパー1羽野が意地のセーブを見せます。


ここからは両チーム生き残りをかけた死闘に。

その中で光っていたのはフロンターレ3島崎。
前半苦しんでいた一対一も、終盤は全勝。
上体の動きに惑わされず、ボールにしっかりと対応し、足が止まってきた10三苫のフォロー含めて獅子奮迅の働きを見せます。

ハイボールに対しては、キーパー名良橋が持ち前の機動力で、攻守を連発。

そして歓喜、失意のタイムアップ。

勝利したフロンターレが予選通過、敗れたガンバが予選敗退と、文字通り生死を分けるにふさわしい内容のゲームとなりました。

 

フロンターレはガンバの中盤の圧力に対し守勢に回りましたが、キープレーヤーの高木、市丸に仕事をさせず。
守備においても高いチーム力を発揮しました。

特筆すべきは、キャプテン岸。
得点シーンもさることながら、このレベルでもボールを全く失わず、局面局面の関与率の高さ。
改めて素晴らしい選手だと思わされました。

そして上述の島崎に加え、決勝点の伊従も終盤まで集中を切らさず、ぬかるんだピッチに泥だらけになって守りきりました。
まだ1年生の彼にとっては、才能を何倍にも伸ばし得る素晴らしい経験になったはず。


対するガンバは、優勝候補ながらまさかのグループリーグ敗退。
今季は3冠も狙えるポテンシャルを備えるチームだっただけに、落胆はかなりのものがありました。

今日は攻撃が右サイドに集中しすぎていた印象。
怪我明けの高木はまだ本調子でないのか見せ場をつくれず、さらにはサイドバック初瀬 亮(3年/DF/ガンバ大阪JY/15U-18候補)の不在が響いたか。


普段はリーグ戦の観戦が主ですが、やはり負けたら終わりのゲームはより一層胸をうたれるものがありました。
一つ一つの球際の激しさ、剥きだされた感情のぶつかり合い、選手たちの研ぎ澄まされた表情に、ぐっと引き込まれてしまいます。

敗れたガンバ・キャプテン市丸は、試合後の挨拶で頭をなかなか上げることができず。
今シーズンを振り返った時に、必ず思い出すであろう素晴らしいゲームでした。

 

 

日本クラブユース選手権 グループリーグ第3節
ガンバ大阪ユース 1-2(0-1) 川崎フロンターレU-18
@石関公園サッカー場
(ガンバ)54分 食野亮太郎
(川崎)19分 岸晃司、66分 伊従啓太郎

 

 

DSC02757

DSC02771

DSC02797

DSC02801

DSC02808

DSC02803

DSC02794

DSC02812

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です