2015年マイベストバウトTOP10 (10位〜6位)


2015シーズンを、マイベストバウト・ベストイレブンで振り返ります。
まずは、マイバストバウトTOP10。

今シーズンは、プレシーズンのイギョラカップ、マリノスカップに始まり、
プレミア・プリンス、クラ選、インハイ、Jユース、選手権。
観戦数は80試合でした。

その中で、強く印象に残った、心を奮わせられたTOP10をまとめました。
今回は10位から6位まで。


 

10位
2015.05.10
プレミアリーグEAST 第6節
市立船橋高校vs流通経済大学付属柏高校
@船橋法典グラスポ


宿命の千葉対決ファーストステージ。

この時点で、
市船が3勝2分け勝ち点11で2位、流経が2勝3敗勝ち点6で7位、
と順位に差はあったものの、この両チームの対戦であれば熱戦は必然。

観客席含め並々ならぬ緊張感が漂う中、
流経15兼田 晏音睦と市船6椎橋 慧也(共に3年)を筆頭に、
至る所で個々の激しいバトルが繰り広げられます。

60分、その兼田の見事なハーフボレーで、アウェーの流経が先制しますが、
残り15分から輝きを放ったのは、開幕から好調を維持していた市船11工藤 友暉(3年)。

直接FK、そして自ら獲得したPKを決め、わずか5分で2ゴール。
流経が主導権を握る時間帯が多かったものの、工藤の個で市船が逆転勝利。

両チームがどんな結末を迎えるのか、今後に期待が高まる一戦でした。

DSC018211

DSC018131

 

9位
2015.10.18
Jユースカップ 2回戦
横浜F・マリノスユースvsヴァンフォーレ甲府U-18
@日産フィールド小机

夏のクラ選準々決勝の再戦(マリノスが2-0で勝利)。

ヴァンフォーレが、ワントップ8宮川 瑞希(2年)を起点に、両サイドから迫力ある攻撃を見せる一方、
マリノスも、7遠藤 渓太、10和田 昌士(共に3年)の個人技で応戦する一進一退の展開。

シュート本数はほぼ互角ながら、より決定的な場面の数で上回るマリノスでしたが、
ヴァンフォーレ1中村 将(3年)の再三のビッグセーブや、ポストやバーに阻まれ中々得点を奪えず。

嫌な雰囲気が流れ始める中、
89分、この日は左サイドバックでの出場となった19坂本 寛之(2年)から見事なグラウンダークロスが入ると、
途中出場の11中杉 雄貴(3年)がスライディングで押し込み先制弾。

ロスタイムにも1年生の38岩城大助のゴールで止めを刺したマリノスが、リベンジを試みたヴァンフォーレを返り討ち。

唸らせるポストプレーを連発した9渡辺 力樹(2年)やチームに勢いを与えた39堀 研太(1年)など下級生も活躍。
敗れたヴァンフォーレも、紛れもないグッド・ルーザーでした。

DSC04512

DSC04518

DSC04533  
  




8位
2015.08.22
プリンスリーグ関東 第11節
川崎フロンターレU-18vsヴァンフォーレ甲府U-18
@川崎フロンターレ麻生グラウンド

夏の中断期間再開後の、第3クール初戦。
8月終わり、まだまだ暑さの残る時期の一戦でした。

5バックを敷いたアウェーのヴァンフォーレが、
右サイドバック5入間川 景太(1年)を起点に、2点を先行する予想外の展開。

スペースを埋められ攻撃の形が作れないでいたフロンターレでしたが、
31分、10三笘 薫(3年)がバイタルから単騎で3人をかわして中央突破、
キーパーの股をぬいてネットを揺らすゴラッソで1点を返します。

後半開始早々、またもヴァンフォーレが突き放しますが、
徐々に疲れの見えてきたヴァンフォーレに対し、フロンターレが、69分、73分のゴールであっという間の同点劇。

そして75分、またも魅せたのは三笘。
好セーブを見せていたヴァンフォーレ1中村 将(3年)の一瞬のポジションのズレを見逃さず、
エリア外からキーパーの頭を越すスーパーミドル。
この日2つ目のゴラッソで、ついにフロンターレが逆転。

その後ヴァンフォーレが再び攻撃に転じるも、こちらも1名良橋 拓真(3年)がビッグセーブを連発。

両チーム点の取り合いとなったシーソーゲームを、ホームのフロンターレが制しました。

DSC03766

DSC03785

DSC03787




7位
2015.11.01
Jユースカップ 準々決勝
大分トリニータU-18vs横浜F・マリノスユース
@カシマサッカースタジアム

なかなか見る機会がないトリニータ見たさにはるばる茨城まで出向いた一戦。
カシマスタジアムという素晴らしい観戦環境も好印象に後押しを。

両チーム個々のアベレージが非常に高く、締まったゲーム展開も、
獰猛さを感じるプレスで圧力をかける9吉平 翼、左サイドで起点になる10宮地 裕二郎(共に3年)の活躍で、
ペースを握ったのはトリニータ。

しかしマリノスも、レギュラーに定着しつつあった39堀 研太(1年)を起点にチャンスをつくりますが、
クロスバーなどに阻まれ、延長戦まで戦って両者スコアレス。

「歴史を変えるぞ!」との掛け声でPK戦に臨んだトリニータ。
トリニータ10宮地、マリノス10和田 昌士(3年)の両主将が外す波乱の展開も、
マリノスの5人目、5小松 駿太(3年)のキックを、2年生キーパー1真木 晃平がストップ。

夏のクラ選王者マリノスを撃破したトリニータが、チーム史上初となるベスト4に進出。
はるばる鹿島まで訪れていたサポーターともに歌った、チャント「大分よりの使者」には感動させられました。

DSC04966

DSC05005

DSC05019  




6位
2015.11.28
プリンスリーグ関東 第17節
浦和レッズユースvs川崎フロンターレU-18
@浦和駒場スタジアム

残り2節となったプリンスリーグ関東。
敗れた方が、3位までに与えられるプレミアリーグ参入戦出場権争いから脱落。

中断期間中に行われたJユースカップで覚醒し、見事優勝を飾ったレッズは、
この日も球際が非常に激しく、緩いプレーが一切ない充実した内容。
そして2年生キャプテン14渡辺 陽のゴールで先制。

フロンターレは苦戦するも、前半終了間際に左サイドバック3島崎 竜(3年)のゴールで同点で折り返すと、
ゴールデンコンビ、9岸 晃司、10三笘 薫(共に3年)の見事なコンビプレーで逆転。

しかし、ジョーカー19川上エド オジョン智慧(2年)を投入したレッズが再び攻め立て、
PKから14渡辺がこの日2つ目のゴールで再び同点とすると、その後も攻め続けます。

しかし76分、フロンターレがコーナーキックから、またも3島崎が2点目を奪って勝ち越し。

その後レッズが猛攻を仕掛けますが、ゴール枠内に次々飛び込むシュートを、
フロンターレは1名良橋 拓真(3年)とディフェンスが体を張って神がかり的なブロックを連発。

1点が生死を分ける白熱の一戦を制したフロンターレが、出場権争いになんとか生き残りました。

DSC05952

DSC05957

DSC05988

 


Avatar photo

youthkiosk(ユースキオスク)

2種にはロマンがある

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする